後味の悪い話 まとめブログ【ネタバレ注意】

2ch、オカルト板の後味の悪い話のまとめ 気分を害する話や、様々な作品のネタバレがありますのでご注意を

動けなくなったゴマフアザラシの赤ちゃんがいた

661 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/26 22:38
北海道の流氷の間に挟まれて動けなくなったゴマフアザラシの赤ちゃんがいた。
その親アザラシは、赤ちゃんを目の前に何もすることができない。
さびしい声で泣くだけ。
地元の漁師の間で可愛そうだ、助けてやるか、でも危険だから近づけない。
という話をしていたら、いつのまにか親アザラシはいなくなった。
それなら赤ちゃんの方も死んだんだろう・・・と噂をしていたら、
その話が、某国際的な動物愛護団体に伝わる。

その動物愛護団体は、危険をかえりみず、氷河の中へ入って行き、
親アザラシと赤ちゃんアザラシを発見する。そして救助。
しかし、親アザラシは衰弱が激しく、涙を流しながら赤ちゃんを見ながら息を引き取る。
赤ちゃんアザラシの方は、 衰弱が激しかったものの、
点滴や投薬、ありとあらゆる手を施され、なんとか一命を取り留める。

662 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/26 22:38
赤ちゃんアザラシは元気になったが、急に自然に帰す事はできない。
自ら餌を取るように訓練し、体力をつけて自然に帰してあげなければと、
動物愛護団体は 1年の歳月をかけ、赤ちゃんアザラシを育てる。
この時点で、赤ちゃんアザラシはゴマちゃんと呼ばれ、
お母さん代わりのスタッフ、幸恵さんに大切に育てられる。
幸恵さんはカナーリ美しい方で、ゴマちゃんの育児日記などを執筆していた。
自然がどれだけ素晴らしく大切か。切々とした思いが日記に書かれていた。

ゴマちゃんも健康になり、別れはつらいが幸恵さんと別れる日がやってきた。
地元の第一発見者の漁師、又その仲間、役場の人々、そしてその人達の家族たち、
近所の幼稚園児、隣接する自治体の小学生、中学生達がゴマちゃんの旅立ちを見守る事になった。
新聞社やテレビ局も取材にやってきた。
とにかくすごい人出で幸恵さんもうれしいやら悲しいやら、涙ぐみながらゴマちゃんを撫でる。


663 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/26 22:40
ゴマちゃんと幸恵さん、そして大勢のスタッフや見物人を乗せ、出航するフェリー。
沖合いにある氷河に近づく。ゴマちゃんと幸恵さんとスタッフは氷河に乗り移る。
ゴマちゃんを足元において、いとおしく撫でる幸恵さん。
別れを惜しむように幸恵さんがゴマちゃんを見つめていると、沖合いで魚が跳ねた。
その音に反応したのか、ゴマちゃんは海に向かって腹ばいで歩き出す。そして海へ。
ああ・・・帰って行くんだねと、見つめていると、
ゴマちゃんが名残惜しそうに振り返ったような気がした瞬間、
ゴマちゃんは海中から現れたシャチに一口で食べられてしまった。
いついつに自然に帰されるという予定の報道があったきり、
二度とゴマちゃんについて報道される事は無かった。

671 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/26 23:07
>>663自然って厳しいなぁ・゚・(ノД`)・゚・。

筒井康隆の小説で

643 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/25 22:23
筒井康隆の小説で、本の名前は忘れちゃったけど、後味悪い話があった。

顔は悪いけどアイドルになりたい女の子がいて、その人は毎日努力してるんだけど、
あるときある男の人がテレビに出させてやると声をかけてきて、女の子はその人の
いう事務所に行ったんだけど、かなり待遇が悪いくせに厳しいトレーニングをやらされたり
罵られたりするんだけど、女の子はテレビに出るためにがんばって耐えていて、家に帰った後、
実は未来人だった事務所のオーナーとかがあそこまで醜いやつが必死になってる姿を
未来にテレビに流したらヒットするみたいな話して終わった。

俺はてっきりそういう女の子がテレビで成功するほんわか良い話を期待していただけに
かなり嫌な終わり方だった。しかもSFなのは最後だけだし。

644 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/25 23:15
同じ筒井の小説で、取り上げた医者や看護婦が気絶するほど
醜い子を絶世の美女と本人に信じ込ませ、アイドルに育てるという話があったなあ…

ブス子をアイドルに育てるのはTV業界の面々。
TV業界の力を知らしめたい、という意図だったはず。
何歳だかの誕生日記念ライブで、本人にドブスで演技も下手で歌も下手と
いうのを知らしめ、晒し者にするつもりが、本人、自分に渡された台本と、
スタッフの台本の厚さが全然違うのに気づき、スタッフの台本を読んで事情を知ってしまう。

ショックで呆然としているところに、悪魔が現れお前の望みをかなえてやろうと言う。
美しくなることも何でも自在だと。

しかしながら、気絶するほど醜い自分を絶世の美女と信じ、
子供の頃与えられた本に載っていた妖怪こそがこの世で最も美しいと
憧れていた主人公、トップアイドルとして君臨してきた彼女のプライドは、
これまで醜いと信じていたものと同等になることを許さなかった。

……と、ここで終わるなら後味ワルーなんだよな……
(ラストがかなりトンデモなので、後味ワルーどころの話じゃないんだが)

>>643はまさにそういう話だったのでつね。

645 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/25 23:23

>644
トンデモなラストを教えてクレー!

647 名前:644じゃないけど 投稿日:03/03/25 23:51
>>645
コンサート会場に集まったやつらを、ブスがイチゴミルクみたいにして
食ってしまうのですよ。

648 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/25 23:58
イチゴミルクみたいしてに食うっていう謎の描写にワラタ


後味の悪い話 その8
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043515361/
関連リンク (Amazon

吉村達也 「文通」

604 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/24 20:08
角川ホラー文庫の吉村達也の文通が最高に後味悪いです

ある高校生の女の子が、雑誌で文通相手を募集する。
何人か返事がきたが、その中の年も性別も違う4人と文通することになる。
何通かやり取りしている間に、切手の消印がすべて同じ事に気づき、
色々調べていくと、4人とも、おじいさんが一人で手紙を駄々していたことがわかった。

おじいさんは、身内の誰かを殺してその骨でつくった万年筆で手紙を
書いているということを聞かされ、恐怖におののく高校生。
おじいさんにどんどん恐怖をあじあわされて、逃げることができなくなっていく。

そのおじいさんが、高校生の地元の夏祭りにやってくるらしいことがわかり、女子高生は困惑する
そして、、近所に住む同級生の男の子にお爺さんのことについて相談することにした。
家族にも相談し、みんなでおじいさんがきたらお前を守るから、
といって家族&同級生といっしょにお祭りに行く。

605 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/24 20:10
つづきです

祭りの日、お爺さんが高校生に近づいてきた。
お爺さんは骨製?万年筆をちらつかせながら小声で高校生にこういった。
「こうなりたくなかったら、いうことをききなさい」
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルの女子高生
そこに同級生の男の子が助けに来た!
「このじーさんか?君を脅迫してるのは」
そこで女の子はこういった。
「ううん、ちがうの、このお爺さんはすごく親切でわたしが勘違いしてたみたい」
「だからみんな、心配しなくて大丈夫よ!」
ニヤニヤ笑うお爺さん・・・

でおしまい

読んだあと胸糞が悪くなりました
ってかうまくかけなくてスマソ


後味の悪い話 その8
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043515361/
関連リンク (Book Amazon

アリー my Love S5 第21話「封じ込められた心」

587 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/24 02:45
今日のアリーmyラブちょっと後味悪かった。
以下 公式サイトからのあらすじ。

ライザとリチャードは、ヘレナという女性から、夫スティーブンと離婚したいという依頼を受ける。
婦人服のチェーン店を経営しているヘレナは、自信にあふれた非常に高圧的な女性だった。
ところが、その直後、アリーが事務所のトイレでヘレンという女性と出会う。
語り口からして気弱そうなヘレンは、自分がどこにいるかも分かってないようで、
とても不安げな様子だ。
実はヘレンは多重人格者で、別人格のヘレナとしてアリーたちの事務所にやってきたのだった。

オチは今まで弱々しくヘレナに脅えていたヘレンが自分の意志で
「私の人生を夫と生きてゆきたい」と証言し裁判に勝って夫と喜びを分かち合う。
アリー達は一安心で家でアリーの誕生日パーティを開くんだけど
そこにヘレンの家から緊急の電話が。
医者の勧めで多重人格者に発生した別人格を消し去る強力な薬をヘレンに投与したところ
別人格のヘレナではなく、主人格のヘレンが消滅してしまい
(医者の話では彼女の心の中での人格の割合がヘレナの方が大きかったため
薬がヘレナの方を多重人格が産んだ人格だと判断してしまったためらしい)
結局ヘレナは夫を置いて家を出て行ってしまう。

588 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/24 03:42
>医者の勧めで多重人格者に発生した別人格を消し去る強力な薬を

ワラタ。後味悪いというよりはギャグだな


後味の悪い話 その8
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043515361/
関連リンク (Amazon

うっかりさん

536 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/21 15:21
3年くらい前、中国で実際にあった話で、

ガソリン(灯油だったかな・・?)を被って焼身自殺を図ろうとする女に
男が必死で説得。
必死の説得の甲斐あって、女は自殺を思いとどまる。
男は安堵したと同時に疲労がこみ上げてきて、
胸ポケットからタバコを取り出し、ライターでそのタバコに火をつける。
と同時に目の前の女に引火。
慌てて消火を試みるも、その甲斐なく女は焼死。
哀れ男は殺人で逮捕されましたとさ。
  

この話ってガイシュツ?
スポーツ新聞で読んだ時は不謹慎にも笑ってしまったが。


537 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/21 15:25
>>536
後味悪いな・・・確信犯か?

538 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/21 16:44
>>536
俺もうっかりさんだからたばこに火つけちまったことに共感できる。



後味の悪い話 その8
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043515361/

記事検索
お気に入り

ブログパーツ
  • ライブドアブログ