573 :1/2:2010/03/19(金) 13:29:08 ID:PMdTqWXK0 ID:
18禁PCゲーム「沙耶の唄」。
嫌いな人はスルー推奨。


ゲームの内容は以下の通り↓
・主人公の郁紀(ふみのり、大学生、男)は家族ともども大事故に合い天涯孤独。
 後遺症から目に映るもの全てが、ぐちょぐちょに異臭を放つ肉塊のような醜いものに見える。
・友人たちも医者もその事実は知らないが、様子がおかしいとは感じている。
・人の声も主人公には不快な音にしか聞こえないが、コミュニケーションは可能。
・唯一、主人公の目に人間として映るのがヒロインの沙耶。
しかしその正体は腐臭を放つ肉塊のような生き物。


後味が悪いのは、主人公の隣人のエピソード。


塩見は主人公・郁紀の隣家に住む中年男。妻と幼い娘の三人家族だ。
事故以来、郁紀の様子がおかしいのが気になっている。
家はまったく手入れされず、庭の雑草も伸び放題。
何より、何かが腐ったようなひどい異臭がする。
さりげなく手入れするよう話しかけたが、
郁紀は態度が悪く会話するのも不愉快と言った様子。
ひどい事故でショックを受けているのはわかるが、
せめて悪臭だけでもどうにかならないか・・・
あの草むらで猫でも死んでるんじゃないか・・・
と妻と娘もうんざりしているようだ。

ある日の昼間、塩見は一人で自宅にいた。
塩見の職業は画家。こうして好きな絵を描いて暮らし、
愛しい家族もいて、改めて自分の幸せをかみ締める。
と、塩見はただよってくる悪臭に気付く。
異常を感じリビングに降りると、
薬品でもかけられたように溶解した窓ガラスと、ますます強くなる悪臭。
不意に腐肉の化け物に襲い掛かられ、
細い触手が耳や鼻から侵入してくるのを感じながら塩見は意識を失った。

574 :2/2:2010/03/19(金) 13:30:55 ID:PMdTqWXK0 ID:
しばらくして目を覚ますと、塩見の世界は一変していた。
間取りは自宅とまったく同じなのに、どこもかしこも腐った臓物をぶちまけたような醜い建物。
恐慌状態に陥る塩見の前に、先ほど襲い掛かってきたのと同様の化け物が二体現れる。
パニックのまま塩見はイーゼルの破片で滅多刺しにして殺し、外に出る。
化け物を倒せば元の世界に戻れるのではないかと期待して。
だが、街並みも空もどこまでも、臓物と肉塊にまみれた世界だった。


実は、はじめに塩見を襲ったのが沙耶。
沙耶は「生き物の体や脳を作り変える」能力を持った生き物で、
塩見の脳をいじって郁紀と同じ状態にしていた。
だから、塩見に見えている汚い世界は他の人から見ればまったく普通。
後から現れた二体の化け物は妻と娘。
塩見本人は気付かないけれど、
刺される娘が「パパ!やめて!パパ!」と何度も叫んでいたりして後味悪い。
沙耶が塩見の脳をいじったのも「実験のため」で、
たまたま隣に住んでいただけで・・・というのもまた後味悪い。

575 :本当にあった怖い名無し:2010/03/19(金) 13:37:05 ID:0DQNhM850 ID:
> 後遺症から目に映るもの全てが、ぐちょぐちょに異臭を放つ肉塊のような醜いものに見える。

「火の鳥」でこういう状態になった主人公の話があったっけな

578 :2/2:2010/03/19(金) 14:37:02 ID:PMdTqWXK0 ID:
>>575
一応「火の鳥」のオマージュというか、リスペクト的な意識はあったみたい。
作中で主人公が「火の鳥」について(作品名は出さないけど)言及してるシーンがある。

宇宙編はあれかな?タイトルと内容が一致してるか自信がないが
過酷な環境の無人星に漂着した地球人が、その土地に適応した姿に体を変えてもらう話かな。
その姿って言うのが、巨大な植物のような、人の足のような気味の悪い形。
主人公が思いを寄せていた女性もメタモルフォーゼしてしまい、
主人公だけが人間の姿のまま孤独に生きる・・・って話だったような。


後味の悪い話 その112
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1266122265/
関連リンク (公式 Amazon