タイプ記

日々行うタイピングの記録だったりその他だったり。

12月23日 Colemak配列練習記-前編の巻

こんにちは。

今回は、12月に入ってから練習を始めたColemak配列の練習記録をまとめたので、もし将来Colemak配列に興味を持った人がこの練習記録を読んで少しでも参考になることがあればいいなと思い、毎日日記形式でその日の練習の記録を付けてみました。

12月6日に練習を始めてから18日。

当初2週間でタイプウェル英単語総合SSのGeniusが出せれば理想的だなと思っていたので少し遅くなってしまいましたが、無事目標に到達できたのでここで一つ今までの軌跡をまとめてみました。

量が多くなってしまったので前編と後編に分かれますがご了承ください。

それでは1日目から8日目までの練習記録に続きます。続きを読む

12月23日 Colemak配列練習記-後編の巻


後編は9日目から18日目までの練習記録です。

今回も長くなるので続きを読むからどうぞ。

続きを読む

12月5日 リアフォ体験会+αの巻

こんにちは。

今日は今年の5月に開催されて好評を博した(のかはわからないけど)リアルフォース体験会の第二回が秋葉原で開催されるということで、数日前から指折り数えて楽しみにしておりました。
なんと、参加してアンケートに答えると、Realforceのキーストラップがもらえるのです!!
⇒キーストラップや会場の写真を含んだ当日のレビューは悠木さんのタイピングニュースサイトシャドールームリアルフォース体験イベント2ndのレポート+Realforceストラップ紹介という記事にとても詳しく書いてあるようなので、是非訪れてみてください^^

そんなこんなで10時半ころ体験会会場に到着。
ピカチュウのお面を付けたみこやんさんはすぐに見つかりましたw
しかし、社員の人と熱い談義を交わしていたので話しかけるのは後にすることに。
悠木さんの記事と被るけど、自分が打って気になったキーボードを簡単にまとめると……

1.キートップが指にフィットするように谷形になった入力業務向けキーボードがあった
2.キーボードに付いているツマミを捻ると打鍵から入力の認識の位置を変えることのできるキーボードがあった
3.Realforceの静音モデルと通常のReaforceを、毎パソ練習ソフトを用いて試打してみた

まず、1の入力業務向けキーボードについて。
打ってみたときに物凄く面白い感触がありました。
リアルフォースは通常の状態でも打鍵後に指に吸いつくようにキーが
戻るような印象があったのですが、キートップが指にフィットするような形なのでその印象がかなり強まった感じ。
確かにこのキーボードを使うと入力業務が捗る……というより楽しくなりそうです。
ただ、スライド打鍵がし辛いという欠点もありました。

2のキーボードはとても説明が難しい。
あまり記憶にないのですが、ツマミの周りには浅い・やや浅い・やや深い・深いという印があり、ツマミを回すことで打鍵の深さに対する文字認識の位置を変えることが出来るようです。(印は4つですが、つまみは滑らかなので設定の強弱も滑らかに変化するはず。)
打鍵が強い人ならば、打鍵認識をいちばん深い位置に設定すれば巻き込み系誤打をしても認識されなくて便利、なんてことがあるかもしれないし無いかもしれないw
私には使いこなすことが難しそうですが、将来的に様々な可能性を秘めたキーボードかと思いますので今後の開発に期待。

3はご存知Realforceの静音モデル。今回のイベントで初めて試打することになりました。
私は毎パソの英文を使って練習してみたのですが、確かにリアフォ独特のスコンと抜ける様な打鍵音が軽減し、「シュトッ」というような音に変わっていた様な印象を受けました。
様々な現行モデルではスペースやエンター等、普通のキーより大きいキーを押すとかなり音が響いていたのですが、それが軽減できていたのは職場使いの方にとってはかなりありがたいことかもしれません。
私は音も小さく、少し気に行ったのですが、他のタイパーさんの意見を聞くと、
・リアフォ独特のスコンという打鍵音が心地が良いので、それが弱まっていたのは残念(確かぐーさん、suinoさん)
・キーストロークが浅くなっていることが気になった(Pocariさん)
確かに、そう言われるとそうだなぁという感じがします。
先程も言いましたが、タイパー向けと言うより業務向けという感じが強いキーボードでしょう。

また、前回展示されていたらしいコンパクトサイズのRealforceに触れることを楽しみにしていたのですが、今回は展示されておらず。
みこやんさんが社員さんに伺った所、開発中止されたらしい\(^o^)/オワタ
また、全キー30gのRealforce106Sが生産中止されたことについてsuinoさんが社員さんに伺った所、やはり出荷数が少なかったことが原因とのこと。
タイパーには人気の機種のようですが、どうやら一般の方の受けはそこまで良くないようで……
現行の全キー30g108キーRealforceも将来的には無くなる方向に進んでしまいそうかも?とのことです(これもsuinoさんが聞いてくださった情報。細かいところが間違っていたらすみません)。

なので、耐久性が高く濡れでもしない限りかなり長い間、下手すると一生もののキーボードになりえるRealforceですが、全キー30gモデルをこれからもずっと使い続けたい方は、どんどん新キーボードを買って東プレに貢いだ方が良いかもしれませんねw(もしくは現行モデルを予備の分まで複数買いしておくか。)

最後に、私がもらったキーストラップは赤でした( ´∀`)
比較的早い段階で赤のストラップは無くなっていたようですので、人気カラーだったのかもしれません。


この後のことはプチタイパーオフ会的な要素が入るので気になる方は続きをどうぞ。続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ