まずは、見ていただいてありがとうございます。筆馴らしに、準備編から書いていこうと思います。
同じようにNZ旅行や海外旅行を計画している方は参考に、そうでない方は暇つぶしにしていただけると幸いです。



ずっとずっと長い間夢だった、LotRのロケ地、最近ではHobbitのロケ地でもあるNZへの旅を決めたのは、なんと出発の2ヶ月前くらいでした。
Hobbit三部のBoFAの公開も始まり、今行かずしていつ行くの!と一念発起したのです。笑
しかも、初の海外旅行。
ツアーでなく、個人旅行です。
これは私にとって、本当に思いがけない旅だったのでした。



と、決めてからが大変だった。
長期休暇が厳しい職種なのですが、なんとかお願いして祝日や休日を入れ込んで13日間の休みをもらい、毎日英文のホームページやメールとにらめっこしながら、現地ツアーや宿、飛行機や長距離バスまで全部自分でブッキングしました。
質問や予約変更もお願いしたりしましたが、それも全部英語。
よくやったよ自分…。






北島から南島まで移動が多いので45ℓ容量のバックパックで、基本的にYHAのドミトリーを泊まり歩くバックパッカーの一人旅。英語は中学レベルです。
カメラはデジ一眼とフィルムカメラを持って行った。二刀流で写真撮るの大変だった。笑

◎旅行中役立ったものはこちらのとおりです。
もう知ってる!とかそれは違う!なこともあるかもしれませんが、飽くまで参考にどうぞ。
その会社の回し者とかではなく、超個人的意見でおすすめしてるので悪しからず…笑



・偏向サングラス
NZはとにかく紫外線が尋常じゃない。
目からも日焼けします。必須。
普通のサングラスでもいいですが、光の反射が多く、綺麗な景色は全体的に白みがかって見えます。
それでも十分すぎるほど美しいのですが、偏向サングラスだと、木々の緑、土の茶色、空や湖や川の青が、光の反射が減り本来の色でくっきりと見えるので、とてもおすすめ。
どんな風に見えるかは一度ググってみてください。たくさんヒットしますので。
お店でちゃんと試着して、紫外線が入ってこないようにできるだけ顔との隙間が空かないもの、一日中つけることがほとんどだったので軽いものを選びましょう。
ここは値段をケチらずに登山メーカーなどのちゃんとしたサングラスを買う方がよいかと思われます。
ちなみに私はSWANSという日本メーカーのものを買いました。


・帽子
これも紫外線対策に。バスの中でも被ってた。


・日焼け止め
同じく紫外線対策。
アネッサの一番数値とプラス値が高いのを持って行きました。
とくに南島は紫外線が痛く、こまめに塗り直してました。


・ウインドブレーカー
雨対策はこれだけで済ませました。笑
こちらは風が強いので傘は要らないかなと。
紫外線を通さなかったので、暑い昼間は上着としてよく着ていました。
アクティビティに参加する人は特に必要ですね。
黒は避けたほうがいいかな?暑そうだったので。


・スイムタオル
これはNZ関係なく旅行では大活躍するかと。
小さいものでも沢山水を吸ってすぐ乾く。
バスタオル持ってかなくてもこれだけでOK。
タオルの感触が恋しくなるかな、とフェイスタオルも持って行きましたが要らなかった。
なかなか乾かない洗濯物にも使えた。
ミズノのものでした。


・方位磁石
トーリンなので。笑


・百均のサンダル
帰りは捨てて帰ってきた。
宿ではずっとこれ。
シャワーにも履いたまま入ったりした。


・サンドフライ用の虫除け
日本から持って行かず、現地で購入します。
私が買ったのは、自然なものしか使っていないオーガニックのもの。よって、肌に優しい。
刺された後のかゆみ止めにも効果あるようです。
今度ミルフォードに行くという同室の子にあげちゃったためにもう持ってなくて、名前はわかりません。
南島の水辺に行くなら必ず必要。


・カラビナ
サブバッグとかにつけておいて、帽子や買い物した袋、ヘアゴムなどをくっつけたりしてました。便利。


・安全ピン
ポケットの口とめたり、チャックをとめたり。
たくさん持って行った。
スリ対策。


・ビニール袋
多めに!


・圧縮袋
夏でも朝晩寒くて、そこそこ服が要る。
丸めたものをさらに圧縮してかさを減らす。


・冷湿布
乗馬の後おしりとか足首とか痛かったので。笑
乗馬するけど慣れてないって人は、あると良いと思います。
かさばらないし。


・ボールペンとメモ
ボールペンは飛行機内で入国カード書かないとだし、メモも何かと使う。


・液体洗剤
ほぼ毎日手洗いしてたので。
粉より液体のほうが粉末が残らなくていいです。
ランドリー使うなら洗濯ネットは必要。傷みます。


・クリップとハンガー
洗濯物をとめるのに。


あとはカメラ、携帯、レンタルwifi、衣類、クレジットカード、パスポート、空港までの交通費諸々etc...


逆に小説は要らなかった。
景色見てる方が楽しかった。

ハンドクリームもボディクリームも現地で買ったので十分。

ドライヤーはある宿とない宿があったな。
そんなに重くもないしかさばりもしない海外対応のやつもあるので、必要な人は持っていくのが良。たしか二千円くらい。

wifiはレンタルしました。
でも、町では大体繋がるけど、自然だけのところではほとんど繋がりませんでした。







◎ちなみに、使えたアプリはこちらのものです。


・Pocket (オフライン可)
オンラインのときに、オフラインでも見たい英語のフレーズ集や現地情報などのツイートやサイトをポンポン放り込む→アプリデータを更新→オフラインでも見られる!
重宝しました。


・Midori (オフライン可)
辞書アプリ。例文も出るので活用しやすくて良かった。
有料だけどとても使いやすい。


・Google Maps (保存すればオフライン可)
オフラインで使えるけど現在地見たかったから
オンラインでばかり使ってた。


・Google翻訳
オンラインでしか使えないけど、例文探しても見つからないフレーズはこれを参考に。
しかしめちゃくちゃな翻訳が出てきがちなので、これを間に受けないほうが…。笑


・Pbook (オフライン可)
簡単な英語のフレーズが探せます。
あれなんて言うんだっけ、が大体見つかる。


・eCurrency (オフライン可)
通貨変換アプリ。有料だけどそう高くない。
レートも見られるしシンプルなデザインでよかった。
レート見られないけど、無料がいいならCurrencyもいいですよ。


・TripAdvisor (多分保存すればオフライン可)
街のレストランやショップを探すときに。


・iBooks (オフライン可)
iphone公式。
予約票・地球の歩き方(必要箇所だけ自炊でスキャン)・作った行程表・ツアー情報をPDF化したものを携帯に送り、携帯でも見られるようにしていました。


・Booking.com
日本での宿の情報探しに。
現地ツアー組んでたので、宿も日本で予約して行きました。
日本語なのでよくわかる。笑

話逸れますが、YHAは日本で会員になる場合2500円かかります。
会員割引の価格を計算してどちらの方が安いかで、会員になるか、会員にならずに通常料金で予約するかを決めるとよいです。
通常料金で良いのなら、YHAのサイトよりもここでまとめて予約しちゃうのが楽だと思います。


・Zaim (オフライン可)
お金の管理に。
現地通貨で入力できるのがいい。
途中から入力しなくなったけど。笑


・天気レーダー
海外でも天気を細かく見られる。
出発前に予め登録しておいてよかった。
出発後はとにかく忙しかったので。
iphone公式アプリも良かったけど、一応二つチェックしてた。






という感じ。
まだ何か忘れてる気がするけど、思い出したらその都度追加していきますね。
いよいよ次から旅1日目書いていきます。
どきどき。