来る10月よりリニューアルするテレビ朝日の看板番組『報道ステーション』(報ステ)が、早くもドロドロ劇の様相を呈している。その火種は同局の人気者、竹内由恵アナともっぱらだ。

    竹内アナは今月いっぱい、夕方ニュース『スーパーJチャンネル』のMCとして出演。それが報ステのスポーツ担当に事実上、降格させられるというから、穏やかでいられるはずはないだろう。

    74164739-EA93-48F1-ADE4-CE1074D0AFB7
    「夕方ニュースは、早い局は連日、午後4時からスタート。ニュースというより情報バラエティーとして、各局の競い合いとなっています。テレビ朝日は『相棒』など視聴率が取れる再放送ドラマを開始前に持ってきていますが、日本テレビに次ぐ2位が指定席。とはいえ、そのエースアナを外すというのですから、全く意味不明の人事です」(テレビ朝日関係者)

    報ステの新MCは、かつてテレビ朝日の局アナだったフリーアナの徳永有美。『ウッチャンナンチャン』の内村光良との不倫が発覚し、2005年に追放的に同局を辞めている。

    「徳永は、バックに幹部が付いているというエリート局員と結婚。しかし、内村との不倫がバレて、2人が社内で大ゲンカするところも目撃された。最後は徳永と夫、幹部と内村の4人で会議室で話し合い。夫が激高し、徳永を平手打ちするなど悲惨な話し合いでした。徳永が退職することと、共同名義のマンションを夫に渡すことで、一応決着を見たのです」


    素行不良の竹内アナを追い出したいのが本音?



    徳永は局を退職し、すぐ内村と再婚。その後、2児を出産。育児に専念し、フリーアナとは名ばかりで実績はないに等しい。

    「報ステは、視聴率が頭打ちでプロデューサーが交代。目玉として徳永を起用したらしいのですが、徳永はもともと人気もなかったし、イメージも悪い。おおよそ起爆剤になるとは思えない。その徳永の下に竹内アナが異動になったのですから、竹内アナは『なんでッ!』と怒りまくったほど」

    当然、今も納得していない竹内アナは、スタートまで時間があることから、人事に掛け合っているという。

    「局としては、週刊誌にスッパ抜かれまくる竹内アナを追い出したい“裏本音”があるようなのです。最近もプロバスケットの田臥勇太選手との“10カ月破局”を女性誌に書かれたばかり。でも、竹内アナにも言い分がある。彼女は独身だし、恋愛は自由。それを局が文句を言うのはお門違いだというのです」

    まさにごもっとも。竹内アナを応援する声が、日に日に増えていきそうな気配だ。


    https://myjitsu.jp/archives/62166


    ------------------------------


    竹内アナ頑張れ‼️

    なんか泥沼化してますね(泣)

    人事異動ってなんか神経つかいますね^_^

    もっと穏便にいかないですかね?

    とはいえ、竹内アナ、徳永アナのご活躍に期待したいですね^_^


     第31回東京国際映画祭(1025日~113日開催)のコンペティション部門に、邦画2作品が選出された。稲垣吾郎が主演した阪本順治監督作「半世界」と、岸井ゆきの&成田凌が共演した今泉力哉監督作「愛がなんだ」が、映画祭の顔ともいえる同部門で上映される。

     「半世界」は稲垣、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦らが出演したオリジナル作品。39歳の男3人の視点を通して「残りの人生をどう生きるか」という葛藤や、家族・友人との絆、そして新たな希望を紡ぐ。阪本監督は「製作過程において、映画作りは自分の居場所を見つける作業ではなく、自分の中に他者の居場所を見つける作業だということを、あらためて知ることができました」と振り返り、「新しい地図を携えて、未知なる土地へと。そんな私たちの新たな道行きを、ぜひご堪能ください」とコメントを寄せた。

    CE7FA41B-707B-4DAD-A3BC-9939096D1941
     さらに「愛がなんだ」は、直木賞作家・角田光代氏の小説を映画化。好きになってくれない男を一途に追いかけてしまう主人公テルコ(岸井)の、“完全なる一方通行の恋”を描く。今泉監督は「ストーカーやサイコパスになる可能性がない恋愛なんて存在するのだろうか。それを愛と呼べるのだろうか。テルコをはじめとした、“誰かを思いきり好きな登場人物たち”に嫉妬しながら、また、その好意が持つ温度に気をつけながら、この映画を作りました。みなさまにも楽しんでもらえれば幸いです」と呼びかけた。


     なおコンペ部門は20181月以降に完成した長編映画が対象。世界109の国と地域から1829本が応募され、厳正な審査を経た16作品が開催期間中に上映される。プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦氏は、邦画2作品選出にあたり、「両作品ともに本年の日本映画を異なる形で代表する作品である」と語る。そのうえで、講評を「(『半世界』は)主人公の姿には崇高なリアリティーが備わっている。自然な佇まいの稲垣吾郎は天性の映画俳優としての演技力をいかんなく発揮し、池脇千鶴が絶品の存在感で脇を固める」「(『愛がなんだ』は)恋愛ゲームは基盤にあるが、好きな相手に対する想いが究極の形を取るに至り、『愛がなんだ』は並の恋愛映画の枠を超えてゆく。女性作家の視点を得て、今泉ワールドが深化した。コケティッシュな魅力が溢れる岸井ゆきの、ふてぶてしい説得力の成田凌の演技も特筆に値する」と述べている。

     第31回東京国際映画祭は、1025日~113日に六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷などで開催。


    http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/eigacom/entertainment/eigacom-74533?fm=topics


    ------------------------------


    東京国際映画祭の時期が近づいてきましたね^_^

    楽しみですね^_^

    稲垣吾郎さんも活躍してますね^_^

    これからのご活躍に期待したいですね^_^



    国内最大のゲームの展示会「東京ゲームショウ2018」(会期:92023日、2021日はビジネスデイ)が20日、千葉県・幕張メッセで開幕した。41の国と地域から、668の企業と団体が出展した会場では、人気コスプレイヤーとコンパニオンが各ブースに花を添えており、ひと際熱い注目を集めていた。

    1ACA0FB7-95B6-4AE7-8CC9-F5604CFB60AE

    「東京ゲームショウ2018」では、コンパニオンだけでなく、『アビス・ホライズン』の大和に扮した人気コスプレイヤーの宮本彩希をはじめ、コスプレイヤーも多く登場。公式衣装に身を包み、ブースをPRしていた。

    ソニーモバイルの最新機種を触ることができるほか、ステージでのショーも注目を集めるSmartphone Special Areaは、Xperiaらしいスタイリッシュなコスチューム。多くのスマホ向けゲームアプリを開発しているKLabGamesブースはアイドルテイストのかわいらしい衣装で、ブースごとに個性が際立っていた。


    またセガゲームスブースでは『キャサリン・フルボディ』、コナミでは『ラブプラス EVERY』など、各社の最新タイトルをモチーフにしたコスチュームもあり、会場で存在感を放っていた。


    https://news.mynavi.jp/article/20180921-tgs2/

    D09911CB-56E4-4C49-B5ED-B53FBF1AA65B

    ------------------------------


    東京ゲーム🎮ショー開催していますね!

    たくさんのゲーム、コスプレ美女が集まったいて楽しいですよね^_^

    今回も華やかですね^_^

    このページのトップヘ