2015年12月31日

【パゴーヂネタ】2015年度パゴーヂ小ネタ〜ボーカル異動集

毎度、遅筆な当該ブログ。

過去最高遅延、丸一年放置。

まあパゴーヂ業界そんなに動くわけではないんで、、、。


今年のわかりやすい話題としてはメンバーチェンジ。

FundoやBom Gostoのボーカル変遷については過去既に論じたところですが、今年は近年まれに見る勢いで動いてます。


まずはBom GostoにAdriano Ribeiroがボーカルとして加入。当ブログにおいてすでにVOZ変遷は紹介していますが、今一度おさらいです。

これの左から二番目が



こうなって
deco改


さらにこうなって(右から三番目)


そしていなくなって


こんな感じに


Adriano自体正直だれなのかよくわからんのですが、2012年ごろにWarner Brasil所属で音源をだしているようで、パゴーヂ界では数少ないメジャーレーベルからだしているところ、当時はかなり有望株だったのでしょう。
(現在のWarner Brasilのブラジル関係を見るとFERRUGEM、IMAGINA SAMBAがいますな。他にANITA、ROGE等)

youtubeにあるオフィシャルの音源を聞くと、このときからどことなくBom Gostoに似ている、、、というか、その路線で売りたかったんだろう。(ゲレゲレ=curtinda a vida)を歌ったりしている)ということでなるべくしてBom Gostoに投入されたってとこですかね。


ただこれはジャブ。穴があいたところに代替が入ったということで、まあそんなもんだろうなというところですが、ニュースバリュー的にはrevelacaoのvoz変遷ですかね。

特に触れてなかったけど、去年Revelacaoの顔であるボーカル&カバコのXandeが脱退。これ、Revelacaoにとって極めて深刻なダメージがあるところなんですが、Xandeのあとに速やかにかのFundo de quinatalのAlmir gueinetoの息子Almirzinho(そのままだな)が参加。

彼の特徴は見た目がXande。しかもXandeより背が高い。

これが


これに




歌の感じはXandeより土臭いすね。親父のギネトのほどではないけど。「食い」「ずれ」を重視している歌い方。それがRevelacaoらしいかということは別として。

過去のyoutube見ているとソロ時代にDeixa contenserを歌っているのがあるので、これが発端だったのかな。

でもやっぱりXandeのボーカルの穴は大きく、でも代わりにreco recoのArtur luisが積極的に歌うようになったりしてバランスを探りながらやっていこうという感じが、これはこれかなーと思っていたけど、やっぱり正直ちょっと足りない感はあった。

そしたらいきなり新しいボーカルが加入。
ツインボーカル体制。


この人も「食い」「ずれ」な歌いかたをする人だが、Almizinhoよりは今風な声で、Almizinhoと二人で歌うと、まさに足して2で割る効果で、Xandeな感じがするという。。。
プロデューサーの意向はしかと受け取ったなり。
ちなみにかれSambaiというバンドのボーカルで、このバンド、オーセンティックだけど今風感を漂わせるバンドで、Revelacao路線ではあった。

これで新生Revelacaoとしてはとりあえずいいバランスになったなー、よかったなーと思っていた矢先。

recoreco Artur luisが抜けた!

思うにXandeの穴を埋めるべくフロントで積極的に歌っていた彼。でも専門vozのDaviが加入することでもめたか?

あーー、と思っているうちに、Almizinhoも抜けた!!



てかそうなると、もう全然別のバンド!!!!



なんか苦労が顔にでてる感じがしますが、決してDaviがわるいわけではないので、今後に期待。


最後にSamboの、これまた看板ボーカルであるDaniel Sanが抜けました。

これから

これに


彼が抜けたらもうsamboじゃないの、、、、と思いつつ、なんか似たようないい声のボーカルが加入。よく見つけてくるな。でもDaniel Sanが得意のパンデイロ回しは見れないかも。




と、こんなネタばかり。

まじめに書くと、FerrugemとGrupo clareouがいいすね。

これはまた別の機会に。

(アイシュウ)

2014年12月31日

俺ジルディスク大賞に代わりまして昨今のパゴーヂ2014




もうしばらく俺ジルブラジルディスク大賞をやってないんですが、今年もディスク単位でどうこうってのはありませんでした。CDはちょくちょく買ってはいるものの、旧作ばかりなもんで、、。

アルリンドの新譜がおそらく頗るよさそうなんですが、新宿ディスクユニオンで一瞬入荷後、完売。その後、全くその姿を見ない状況です。iTunesもブラジルでは購入できるのに日本は不可。高度情報通信社会のこのご時世だというのになんか意味ないな。。さては邦版をだすつもりか?、、、ないなー(youtubeにころがってますが、そこは聴かないようにして、、、)

でもここ数年間アルリンドの勢いは相当なもんで、実際アルリンドバンドの演奏はキレッキレっで、ワールドカップアンセムにもなるべくして抜擢。それと同時に若干停滞気味だったパゴーヂ業界にも新しい風が吹いている。ヘベラサォンからXandeが抜け、ポストヘベラサォン時代。そこは戦国、Bom Gosto、Turuma Do Pagodeが凌ぎを削る中、元Exalta Samabaのペリクルス、チアギーニョがそれぞれのソロで天下を狙う。

そんな中いきなりでてきたMumuzinho。若い。軽やかなサンバノリがありつつ、若い勢いがあります。


で、小職の今期一番はClaleou。


バンドスタイルは一人一楽器型。ちなみにBom GostoやTuruma Do Pagodeはパーカスがマルチ型。パンデイロ上手い。ボーカルも今風感のあるお兄ちゃんだがよい。曲もそれぞれよいが、これだと思った曲はやはりデリシオルイスの曲だった。ほんとどれだけいい曲書けば気がすむんだよ!フンドジ首になったけど!!!(黒歴史)ボーカルとデウシオ曲の親和性が高いのがポイント。

またヘベラサォンのライブで共演していたりして、すでにブレイクが約束されてたんすねー。この曲もいい。因みにヘベラサォンのパーカスパートを奪って叩いてます。



あとは 、オーセンティック型腕太新人Balacobacoや中堅新人のTRIO PRETOの勢いもあるところ、来年もパゴーヂを続けていく所存です。可能な範囲で。

(アイシュウ)

2014年12月01日

【ライブ告知】12/13(土)Festa Sophia para Adultos〜大人のソフィア祭〜

261213大人のソ祭
あっという間に師走。

昨年の青山ブラジル忘年祭2013からほぼ一年。久々にライブやります。

もはや、低空飛行パゴーヂバンドの代名詞となっているおる紀尾井バグンサですが、引き続き老犬スタイルのままがんばります。

なお、今回は紀尾井バグンサ結成依頼、静かにバグンサを牽引してきたhisashi(Grupo Y-noErva-Verdemocidade vagabunda bateria nota 1000)が参加する、おそらく最後のライブとなります。

一方で、新規メンバーとして、pandeiroにスワが加入する最初のライブ。

思えば、いつごろからか「パゴーヂは長く続けることに意味がある※」というようなことがバグンサの基盤意識となっていて、一般的な「バンド」という意味から離れて、集会というか、寄り合いというか、レーベル名というか、そんな感じになってました。当然良い面、悪い面ある意識なんだけども、メンバーの流動性についてはあまり気にしないというのが独特なんだと思う。まあ、パゴーヂはやりたくなったらいつでもウエルカムであるべきで、それを体現しているのはいい話なんじゃないかと。

※たとえばロックバンドであれば、明確なバンドの方向性があって、それにむかって若さと情熱で猪突猛進するようなイメージだけど、パゴーヂの場合、まずは巷にいい曲があって、それを演奏したくて演奏するもの。そして増え続ける新曲もフォロー&コピーし続ける。もう写経ですね。しかも原典が増える写経。なので持続可能性が必要とされる。と勝手に思ってます。

いずれにせよ、少々サークルイベント色のきらいがあるイベントで恐縮はありますが、hisashi君の勇士を見に来ていただきたく、ぜひともご足労いただければと思っています。Erva-Verde、Grupo Y-noにもでますんで。(小職も)

紀尾井バグンサは一番手の予定です。

(infomation)
___________________

秋色日毎に深まり、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、来る2014年12月13日(土)、「Festa Sofia para Adultos(大人のソフィア祭)」と称しまして、皆様に上智大学OBOGによる演奏をお届けする運びとなりました!!
上智中南研OBGが新旧入り乱れ、錚々たるメンバーでお送りします!

師走の忙しい時期ですが、皆様の年末を彩る一日になること請け合いですので、是非ぜひ足をお運びください。
日程、参加バンドは以下の通りです(多少変動有)。
----------------------------------------------------------------------------

★☆Festa Sophia para Adultos〜大人のソフィア祭〜☆★

https://www.facebook.com/events/735917866443983/

【日時】2014年12月13日(土)
【開場】17:10
【開演】17:30
【会場】宮地楽器 zippal Hall
(URL) http://www.miyaji.co.jp/zippalhall/access

◎出演者
・camaci+2
・Erva-Verde
・Grupo Y-no
・親父ショーロ
・紀尾井バグンサ
・東京さざなみパラダイム
(アルファベット、50音順)

_____________

【紀尾井バグンサ】

2000年の結成以来、「混沌」のバンド名とは裏腹に、ゆるやかに継続する持続可能型パゴーヂ衆。
日本では数少ないベース、ドラムを擁するパゴーヂバンドスタイルであるが、他のバンドミュージックと異なり、「パゴーヂは演り続けることに意味が ある」を一つのテーマに、フンドジのど定番もアイドル曲もパゴり続ける人々。

《Membro(メンバー)》
Voz:アラタ
Tantan:さなだ
Baixo:チーニョ
Bateria:アイシュウ
Cavaco:hisashi
Banjo:ヒッキー
Pandeiro:スワ

________________

(アイシュウ)


2014年06月13日

【ワールドカップ】FIFAマスコットキャラ フレコ君の唄: 'Tatu Bom De Bola' by Arlindo Cruz御大

ワールドカップがいよいよ開催ってところです。

過去、当ブログではワールドカップがらみで「ゴー!ゴー!ロナウジーニョ/SambaTri & Ronaldinho Gaucho 」をとりあげたこともありました。これもこれでよかったけども、今回はアルリンドクルス御大が今期のワールドカップマスコットキャラ「フレコ」のマスコットソングを歌ってるのを紹介します。

Fuleco's song: 'Tatu Bom De Bola' by Arlindo Cruz


(↑オフィシャルのyoutubeだけど、埋め込み再生不可のようで、youtubeサイトに飛びなおして再生、、)

今のアルリンドの曲の路線よりも、70〜80年のサンバって感じですな。泣きメロ路線。明るい感じのキャラとのギャップを楽しむ曲だな。

このフレコってマスコット、アルマジロが元ネタで、サッカーボールにトランスフォームできる設定のようなんだけど、アルリンドは最初っから丸いよな、、。

ちなみにアルリンド御大。泣く子も黙る前人未到のディズニーパゴージソング「Pagode na disney」(公式)の実績があります。DVD映像ではミッキーと共演してました。それが故の今回のFIFA抜擢でしょう。

(アイシュウ)

2014年06月09日

【Radio mania備忘録】Truma do pagode



revelacao、bom gostoに続いてでてきた、オーセンティックと今風のベストミックスのバンド、鶴間のパゴーヂ、ではなく、truma do pagode。

radio maniaから、とりあえず「pensa bem」。



フロントの黒光りグラサン軍団がたまに見分けがつかなくなるのはご愛嬌。

DVDを一枚もってるけど、どの曲も今風ってだけでなくメロディもいい。捨て曲少なく、いい意味で食傷するくらい。で、パーカスがみんなうまい。正規メンバーでパンデイロ2枚ってのも実は珍しいんだよなあ。一番スルドぽっくないスルドの彼も結構鋭いフレーズを刺してきてます。ヘコヘコの彼はドライバーで擦ってます。友達になれそうです。


ちなみにバグンサでもこの曲練習していたけど、お蔵入りの状況。普通にやると結構単調になってしまうもんで、trumaの上手さを痛感す。

(アイシュウ)

2014年05月24日

【備忘録】パゴーヂ映像 Radio Mania 〜 Arlindo Cruz

どうもアイシュウです。

諸事情ありまして超遅筆の当ブログです。

先日のライブからもはや半年。そこそこよいライブでしたが、何も記事を書かず反省。

といってもライブレポをするわけでもなく、渋谷blenblenbelnの月一パゴーヂに参加したりして、パゴーヂと共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い 共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い 共に抱き  共に迷い 共に築き 共に願いそんな日々を描きながら、ヘコヘコをダイソーのマイナスドライバーで擦る日々です。

さて、今後も遅筆ブログが続くのですが、備忘録的に気が向いたら残しておこうかなと思うログがあります。

ここ最近youtubeといえばこれを見てます→Radio Mania
一年ぐらいちら見してきましたが、pagodeに関してはリアルタイムで充実しています。人はこれをパリ充という。

youtubeの場合映像の出所が怪しいものもあるので、オフィシャルページということも地味にいいと思う。なので、気が向いたら今後、備忘録的にちょくちょくリンクしたいと思います。

特に、revelacao→ bom gosto → truma do pagode → arlindo cruz → mumuzinho → balacobaco → calerou を抑えていて、パゴーヂリアルタイム感がよいです。

今回は、パゴーヂど直球で、alrindo cruz 。激アツなバックバンド(clareou × balacobco かな?)。キレキレの演奏。



問答無用のバンドなんですが、今回の注目点はスルド&タンボリンの重量級なおっさん。
まずは1:00ごろのタンボリンを注目。

うん、タンボリンとはそういうことだ。小宇宙(コスモ)を感じるぐらい【出典:聖闘士星矢】。パゴージ・コスモ。君はコスモを感じたことがあるか(ラモス氏ではなく。)


(アイシュウ)







2013年12月27日

【パゴーヂネタ】Bom GostoとFundo de Quintalにみる近年のボーカル変遷

先日のアナウンスのとおり、ライブやります。

全6グループでますが、サンバ、サンバダンス、サンバエンヘード、サンバヘギ、サンバJパゴーヂ、と全てジャンルに「サンバ」がつきます。当該紀尾井バグンサはサンバパゴーヂです。ちなみにサンバJパゴーヂはGrupo Y-no。
さて、以前より当バグログにおいても紹介しているBom Gosto。今年は3枚目のDVDを出して、もはや中堅。ライブでもやります。
さてBom Gostoのおさらい。
ボーカルが結構変遷するのです。
初代バンジョーボーカル。Deco。その名のとおり額が聡明です。
これの左から二番目が




そして、僕が前回ブラジルでBom Gostoをみたときは、ロンゲになって昭和の高校球児から、大学デビューしていた。

その後、ファーストDVDでは、違う人(チアゴソアレス)に変わってました。
(右から三番目)

で、今回のDVDを買ってみたら、、


そしてだれもいなくなった。。。
なんだかんだチアゴも悪くなかったのだけど、preto統一なのか。。

ボーカルメンバーチェンジ。チェンジは1回まで無料かの様相ですが、ボーカルチェンジといえば、フンドジキンタウのマリオセルジオ。


そして脱退、これに。(一番左)


彼、Grupo 100%のフラビーニョ・シウバ。Bom GostoのセカンドDVDでフンドがゲストで出演しており、ギラギラした若さで登場してる。


で、結局、特にCD音源は残さず、いつのまにか脱退。DVDもこのゲスト参加が唯一と思われる。

さて、そうこうしているうちに訪れた衝撃。「パゴーヂの誠意」こと、Grupo Raca、Kilocuraのデルシオ・ルイス。これからまた伝説が始まるのかと、日本のファン(約5名程度)に衝撃。


音源の発表が熱望されるなか、Bom GostoのサードDVDで、ついに降臨。


と、この直後、、、、、


、、、またマリオセルジオにボーカルに戻ってました。デルシオの跡形もなし。
つまりBom GostoのDVDにでるフンドジのボーカル新メンバーは、音源を出す前に脱退してしまうと。。
そんなフンドジの曲ももちろんライブでやります。どうぞ御贔屓に。(アイシュウ)

_________________________

2013.12.30.月.
「青山ブラジル忘年祭2013」presented by Grupo Y-no

http://www.moonromantic.com/?p=17617

早いもので2013年も残すところあとわずかとなりました。皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年もまた格別のサンバ年間となり、まことに有難く厚く御礼申し上げます。

さて早速ですが、2013年12月30日、本年を締めくくるサンバ大忘年会を行います!!今年の1月5日青山ブラジル新年祭として大盛況だったサンバイベントを今度は年末に!

出演:
Girrasol
紀尾井バグンサ
BANDA FABIANA
Soluz
Clube Copiando Samba de Enredo(エンヘードコピーの会)
Grupo Y-no
-
op 17:30 st 18:00 ・ 前 2,000 +1D 500

(アイシュウ)

2013年12月15日

【ライブ告知】2013.12.30.月. 「青山ブラジル忘年祭2013」

1463634_373298642816032_804437942_n

1474421_373299006149329_377879440_n

ライブやります。
今年一回目のライブです。そして、年内最後のライブです。
行くバグ、来るバグです。

Grupo Y-no主催のパーティーイベントで、題して「青山ブラジル忘年祭2013」。
好評の本年1月に開催された「青山ブラジル新年祭2013」の第二段。このときの模様はbrarioで取り上げられていますが、今回は紀尾井バグンサがこのイベントに参加させてもらいます。
Grupo Y-noをはじめ、ガツンと華やかなBanda Girassolなど出演グループもバラエティに富んでいて、本年のつらき思ひ出どもを、大量のビールで忘却のかなたに押し流すこと間違いなし。僕はそうします(笑)本年もつらいことがデフォルト設定な一年でした。まあ飲みましょう。ちなみに比較的最近のBom Gosto、Arlindo Cruzの曲と、鉄板のフンドジ曲やりやす。
____________________

2013.12.30.月.
「青山ブラジル忘年祭2013」presented by Grupo Y-no

早いもので2013年も残すところあとわずかとなりました。皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年もまた格別のサンバ年間となり、まことに有難く厚く御礼申し上げます。

さて早速ですが、2013年12月30日、本年を締めくくるサンバ大忘年会を行います!!今年の1月5日青山ブラジル新年祭として大盛況だったサンバイベントを今度は年末に!

出演:
Girrasol
紀尾井バグンサ
BANDA FABIANA
Soluz
Clube Copiando Samba de Enredo(エンヘードコピーの会)
Grupo Y-no
-
op 17:30 st 18:00 ・ 前 2,000 +1D 500

(アイシュウ)

2013年08月12日

【ご案内等】今夏ブラジル関係イベント多い。8/16(金)Grupo Y-noブラカルフェス出演など。

いつやるの?(ブログいつ書くの?)

来世。


ということで、久しぶりのブログです。


2013年夏。今年は逗子でのバグンサライブは残念ながら見送りということなんですが、それでも今夏はブラジル関係イベントが山ほどあるなー。

すでに終了していますが、毎年恒例ブラジルフェスタ。
ラモス氏パゴーヂ見に行きました。やはりパゴーヂ大好きっこ、ラモス。求心力があります。
演奏最後のほうでステージに合流して一緒に盛り上がっていた司会のブラジルハーフの女の子。一部でかわいいと話題に。
ちょいと調べると、アマンダさん。そのとおりでハーフだそうだ。よくあるローラ路線か、といえばそのままなのだけど、以下、HPのプロフィールより


 【語学】 日本語、ポルトガル語


バイリンガルすね。ローラ要件を満たしています。


 【資 格】 調理師免許


ローラにない新境地。シュハスコ店開業いけます。いつかお願いランキングに取り上げられて、口元がマンジョッカだらけの川越スマイルを見てみたいものです。


【趣味・特技】 生け花、サンバ 、スケートボード、パンデイロ(楽器)、ダイビング


きましたね。ついに。趣味がパンデイロ!!括弧書きで(楽器)とは泣かせる。
趣味はサンバです。趣味はパンデイロ(楽器)です。高らかに言いたい。小職もそうです。と。

で、所属事務所は、


 浅井企画


そう、萩本欣一の浅井企画。なにより、小堺一機、関根勤、すなわちコサキンの浅井企画。
コサキンについては、過去当バグログでも語ったとおり。

「【特別寄稿】コサキンとブラジル〜コサキン放送終了に寄せて」

当時コサキンとブラジルをつなげるのにはかなりの無理矢理100%感があったわけですが、奇跡のリンク。

もう少し調べたら、カンコンキンシアターもでてるじゃないすか。。!!来年見に行こう。。
(このネタはだれに需要があるんだろうか。)


さて本題に話をもどして、

2013年8月16日(金)〜18日(日)で、横浜赤レンガ倉庫で、Brasil Culture Festival 2013 があります。ブラフェスじゃなくて、ブラカルフェス。
赤レンガ倉庫前広場に出店がいろいろでて、ライブの特設もステージたちます。

そこで、先日ブラジルのテレビにとりあげてもらったGrupo Y-noがでます。

日程は8月16日(金)。17:30〜18:30。

もちろん無料。


一時間たっぷりのステージです。曲は総力戦で、さらにこの日しか見れないY-no Batucadaに加えて、小職のパンデイロソロの時間もある予定。熱中症で倒れなければー。

なお、8月17日(土)は、元紀尾井バグンサで、先日、ソロ・アルバム「5+1」をリリースしたcamaciさんがでます。
そちらは19:20から。

翌8月18日(日)は、逗子海岸ピレキーニョで渋谷のbar blenblenblenのイベントとあります。こちらもcamaciさんが出演するとのこと。また、パゴーヂ(ケンゴさん主催)もあるとのことで、真田さんが演奏メンバーとして参加とのことです。小職も遊びにいきます。


その他、浅草・パウラ リマ・ミッシェル テロのまさかのトリプルブッキング。
(浅草のホッピー横丁パゴーヂはパゴデイロにとっては外せないすね)

池袋でもブラジルフェスタ。

今年で2年目。昨年は大いに盛り上がった、中央線ブラジル計画「 VAMOSブラジる⁉」2013

と目白押し。これはまたの機会に書きます。

(アイシュウ)

2013年01月19日

【パゴーヂ レジェンド】Grupo Y-no ブラジル有名テレビにでる(TV Globo 「Fantastico」)

日本パゴーヂ界にニュース。youtubeでブラジルを中心に180万回ビューをたたき出し、「Japagode」と称されたGrupo Y-no。

過去ブラジルメディアから取り上げられたことも何度かありましたが、現在Y-noのメンバーがブラジル探訪しているところ、ブラジルの超有名番組fantasticoから密着取材を受けたとのこと。番組HPでもヘッドライン扱い。現地のTVCMでも流れていて、ついにブラジル全土にその姿が流れることに↓

http://g1.globo.com/fantastico/

(現地 日曜20日20時。
 日本は月曜 21日 22時(スカパー IPCチャンネル)

日本残留中の僕も情報聞いて仕事に集中できなかった。。仕事は集中しないと危険。たまらんつらさでした。
掛け値なしで快挙!パゴーヂレジェンド。

日本パゴーヂがブラジルから逆輸入になれば、日本パゴーヂ/サンバ界にも新しい風が吹くかもなー、とか。

(アイカワ)
_______________________

Grupo Y-no somos:
Kenta (Rebolo e voz)
Hisashi (Cavaco Eletrico)
Yamagataro (Bateria)
Tanaka Yuji (Baixo)
Bekki (Surdo)
MAX (Banjo)
Aixu (Pandeiro)
Itu (Teclado, Repique de mao)

Primeiro single "Querido meu amor"
http://www.youtube.com/watch?v=4XKGfziuw5c


Segundo single "YASEI!!"
http://www.youtube.com/watch?v=HiVPN6R4emU


Terceiro single
A"Decada de amor"
http://www.youtube.com/watch?v=sY-1-jJyp_U


B 2D elegia
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=rNHW8qopKf0



Grupo Y-no official website:
http://grupo-yno.cocolog-nifty.com/blog/