まったりとゲーム作成

製作中のゲームがひとまずの完成にも至りませんでした、ということで晴天です。
「あ、やっぱりここ微妙! 作り直そう!」
「これは面白いのですか・・・? 面白いってなんだよ(哲学)」
などなど邪念やら何やらが噴き出してきます、なんてこったい。

なんとなく、楽しみにしている同人ゲーやらフリーゲームやらが
延期をする理由が垣間見れたような気もします。

でもでも、完成には順調に近づいてるので来月には完成させちゃいましょう。

作成中とゲェム

WS000625

まったり作成中、今月中にはひとまずの完成にいけるようにがんばろー。
何が出来るか、どういうことが出来るかをポチポチやっていくのはとっても楽しいです。

ゲームバランスは半ば内輪向けということもあり
『ゲーム慣れはしているけれど、FE系はあんまりやったことがない』くらいの人を想定して調整。
この辺り、FEは覚醒のみをプレイしたことがあるフレが
テストに付き合ってくれている僥倖モードなのでたぶんきっといい感じだと思います。

とはいえ自分で楽しめる、というのもとっても大切なので色々と自分好みのバランスもぶち込んでます。



WS000629

ストーリーはフルスロットルオナニーです。

ヴェスタリアサーガとキャラ感想2

DSC_0035



買ったぜ。










ヴェスタリアサントラの上にあるCDは同作曲者のライセンスフリーのゲーム用CDです。
関連商品にあったのでなんとなくポチってしまいました。こういうゲーム制作用のBGMって
ゲーム専用に書き下ろされたBGMとはまた趣が違って好きなのです。
聴く人によって思い浮かぶゲームの情景が違うのってなんだか素敵じゃありませんか。
と、いうわけで、こちらもwktkしつつ早速聞いてみたのですが…………
\使用していい権利を買ったぞ!/
ヴェスタリアサーガサントラに全部入ってるじゃありませんかコレ!
ですが将来的になんかで使うかもしれないので大切にとっておきましょう。


ゲーム制作用の曲といえば、こちらも。
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ162779.html
2012年ごろまでアリスソフトでBGMを作曲をされており
今はフリーで活動されているshade氏の作られたゲーム製作用BGM集です。
製作用に使えるとあって、サントラとしてだけの購入と考えると少々お高めですが(全8曲
聴き応えバッチリなBGM集なのですよ。制作を始めたゲームにも使わせていただいてます。

ゲームBGMに関してはなんか色々と書きたいのでまたあとで。



さてさて、ヴェスタリアサーガのサントラですが、
どれもこれもスゲーカッケェBGMばかりです。
個人的に一番好きなのは5章や11章で流れる【解放〜liberation】です。
序盤や中盤の佳境で流れる曲って印象に残りますね!
5章初見時の「えぇ・・・(ドン引き)」からなんとかなったのもこの曲のおかげでしょう。
あと印象に残っているのは味方戦闘時BGMの【進軍】タイトル画面の【ヴェスタリア】ですね。
【進軍】はまさに戦闘!って感じで大好きです。
【ヴェスタリア】は起動するたびにヤルゾォー!と活気付けになっていた勇壮な曲です。
全70曲以上と同人としての規模をぶち抜いてるCD、ぜひぜひ買いましょう(ダイマ


と、いうわけでシルティン側を中心にキャラの感想です。
シルティン側は20章15ターン時のスクリーンショットを使用してます。続きを読む

ヴェスタリアサーガとキャラ感想

やるゲームが沢山あるって幸せですね〜ってな感じで晴天です。

ヴェスタリアサーガ、クリアしました。
プレイ時間は40時間くらいでしょうか。

TSシリーズが好きなら絶対にプレイすべきですね。

今は攻略wiki見ながらホヘホヘフーンしていますが
プレイ時の主観で書いていきます。見落とし多いなオイィ!



全体的に戦闘開始前に考えるよりは何かがあっても死なないようにしとけ、というゲーム性
というのも自軍が有利になるにしろ不利になるにしろ
予測不可能なイベントやら増援が起こりまくるので
常にどんな状況にでも柔軟に対応できるような陣形がマジに求められます。
戦場の霧の再現と言ったところでしょうか。
とはいえそのための5ターンセーブ、そのためのロード。
初見ノーリセは変態さん以外はやめておきましょう、絶対詰む。

戦略性の大部分は武器やアイテムをいかに消費し、補充していくかにつきます。
常に金欠に悩まされ、なんでこんなものを購入したんだこのクソバカプレイヤーと
己を罵ることもありますし、その辺の葛藤がえも言われぬ楽しさなのです。

この辺のリソース管理のバランスは流石といったトコロ
使用回数一桁の武器がストックに転がりまくっているぜ!



以下、ネタバレ乱舞でキャラの印象を書き書きしていきます。スクショは20章開始時点
とりあえず順不同で全体の半分、残りは文章が思いついたら書き書きします。続きを読む

製作中とゲーム

WS000567












とりのすみか。様よりフェイスグラフィックをお借りしています。

いろんなフリーゲームで使われています、すっごい可愛いイラストですね!




全4章で現在2章MAPゴリゴリ作成中、なんかそれっぽくなってきました。
戦記物ではなくファンタジーRPGっぽい感じ。
とりあえず自分が楽しめるバランスを目指して頑張りちう。
参考書として紋章の謎攻略本が

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドと感想

『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』面白すぎたというのもありますが、
最新ゲームジャンルにおける完成形の一つという印象。ネタバレはほぼなしでカキカキします。
というか体験一つ一つが新鮮で書くもの全部ネタバレなんじゃないかと思うような
よく分からん領域に辿り着いてしまっております。

まずは動作の安定性、オープンワールド系のジャンルをプレイしていて
フリーズやバグが発生するのは『当たり前のこと』と認識していた私にとっては衝撃的でした。

そもそもオープンワールド系のゲームにとってフリーズやバグはある程度避けられないものであり、
多少あったとしても囃し立てるものではないと思っていますし、
物理エンジンが愉快なことになっていてもスルーするのが普通と思っていますし
今後もその考えはさほど変わらないでしょう。
(実際、先日プレイしたニーア オートマターも4回ほどフリーズに遭遇しました
 ストラテジーゲームになりますが1年前のXCOM2なんぞ未だにバグが結構あります、しかしどちらも間違いなく私にとっての名作です)


ですが、この『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』はエンディングまでの間、フリーズやバグは一切発生せず、珍妙だと思える挙動すら数える程度でした。
だからこそ、この世界に違和感は一切なく、思うがままに目一杯楽しめる、自由に冒険できる。
もちろんエンディングのあとも冒険を続けられます、続けています。

そして本作に存在する戦闘、狩り、クエスト、NPC、天候、地形、ストーリー…などなどの要素
すべての要素がゲームプレイに調和し、ゲームプレイにおける破綻を許してはいません。
特筆すべきは『プレイヤーの行動に対する世界の反応』
プレイヤーの行動に対する反応が多種多様です。
プレイヤーのとる行動全てを許しているかのように、世界が反応してくれます。
これが至福の心地良さなのです。


少しでも異物が混入してしまっていれば、すぐにでも世界が崩壊してしまいそう
そんな危ういバランスの上を見事に渡りきった傑作。
去年はHTC-viveでのVRゲームでゲームの革新を存分に味わいましたが
今年は『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』でオープンワールドジャンルにおける一つの完成形を体験できました。


ゼルダそのものはゲームボーイカラーの『夢を見る島』以来なので
シリーズについてはなんとも言えないのが残念なトコロです・・・!だいぶ色々出ているんですねコレ
そもそもMAPがゼノブレイドっぽいな〜(実際モノリスソフトが協力していたそうです)
という印象で買ったのが始まりでした、期待値を上にすっ飛んでいきました、ほんっと最高です。



そんなわけでこの調子で今年もゲームを楽しめれば良いなーと思います。

あとあと、フェルミリシアに影響されてSRPG Studioを購入してしまいました、いつも通り影響されやすく流されていきます。
モチベはかなりあるのでエターならないように短編を一つ、作っています。

フェルミリシアと感想

【フェルミリシア─キルバス動乱─】
SRPG Studio制作のゲームプレイは初めてとなります。
以前記事で書いた『ヴェスタリアサーガ』は公式サイトの文言に
プレイ時間100時間を余裕で超えると記載されてあったのでちょっと重く中々手を出しにくいのです(貧弱
とりあえずいずれは……ということで晴天です。


基本的にネタバレは抑えめで書き書きしていきます。
公開されたばかりのゲームというのと初見でMAPを見たときに頭を抱える感覚が中々にたまらないという理由です。是非一緒に頭を抱えましょう。
とはいえ気になる方は速攻でダウンロードしてゲームプレイ!




以下続きから、ネタバレ注意。続きを読む

フリーゲームとメイジの転生録

img20161205003047

















✝✝✝前世覚醒せよ✝✝✝


というわけでフリゲ2016メイジの転生録に投票してきました、晴天です。

転生録プレイ後はついリヒトくんポーズを取りつつ✝前世覚醒せよ✝とか
気やヶったか…などとメイジ語を呟いてしまう、そんな心境のカスメSSです、光源調整難すい。



メイジの転生録はぶっ飛んだテキストと独特なグラフィック、謎の疾走感がまず全面に出て、
非常に丁寧な調整のなされたRPGシステム部分が後ろで支えています。
ストレスフリーな設計で、不快になる部分がほぼ皆無なRPGでした。

そんなわけで、メイジの転生録に投票する大きな理由となった部分を書き書きしていきます。

✝以下ネタバレ注意✝続きを読む

Leap MotionとカスタムメイドVR

img20161101021604





続きを読む

ヴェスタリアサーガとフリーゲーム

http://site.wepage.com/vestariasaga


エムブレムサーg…いやベルウィックサーガ…
いや、ティアリングサーガの精神的続編だ!(予想
当時ティアリングサーガはFEと同じ会社が作ってるのだと思いながら
プレイしていたことを思い出します。
裁判沙汰を知ったのは自宅にネット環境ができてから、ですね。


グラフィックは動画見る限り問題なさそうですが、UI周りの快適度合いが気になるところ。
SRPG Studio製のゲームはまだプレイしたことがないのではてさて
流石に覚醒・ifレベルは求めませんが、それなりではあってほしいところ。

BGMは超カッコイイですね!

難易度は通常モードでスタートする予定ですが
ティアリングサーガ以上の難易度なのはほぼ間違い無しとのこと
中々に不穏な空気を醸し出していてワクワクします。



なんにせよ、楽しみな一作です。
プロフィール
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ