2014年01月13日

初めてバイトをしたのはコンビニでした。

オーナーの家に併設しているコンビニで、夜になると酔っぱらったオーナーオヤジが酒を自分でレジを打ってお金をレジに入れて戻って飲んでいた。

なんだか機嫌が悪そうにくることも度々あったし、まだ飲むんすかというくらい泥酔状態で来たこともあった。

自分達の最後の仕事はレジのお金合わせだ。どう考えてもオヤジがお金を間違えたのでは?というようなこともあったりした。

レジの金額が合わないと嫌味を言われましたね~。あれは嫌だった。ちょっと疑っているような感じすらしたし。

ただ一つ学んだのは、そんな飲んだくれている時間も自分達が働くことでその親父の収益になっているという事実。オーナーという制度について考えさせられました。

そんなオーナーの仕事はそんなもんなのかなとも考えましたけれど。 

2014年01月04日

大学生の頃にバイトをしていたところは社員さんと車に乗って移動することが多いバイトでした。

仕事の辛さや大変さを色々聞いた覚えがあります。

そして、将来を考えて就職した方が良いよというアドバイスもいただきました。俺のような生活は大変だぞといった感じが多分に含まれていました。

いつも疲れて辛そうな印象を受けて、社会の厳しさも感じることができました。

こんな風にならないためにも学生のうちに頑張っておきなさいというアドバイスをいただきながらも全く活かしきれていない自分が悔やまれるところではありますが…。 

2013年12月28日

今までに色んなバイトをしてきたので、それらについてはちょっとした専門性のような知識があります。

お歳暮のラッピング包みの短期バイトをしていたことがあるので、包装紙で物を包むのはかなり上手にできます。ピザ屋のデリバリーをしていたので、最短で目的地に着くルートもある程度知っています。コンビニで働いていたので、雑誌が入荷するタイミングも知っています。

たわいのないことかもしれませんが、そんな知識や技術がいつどこで発揮できるかわかりませんよね。突然重宝される場面がくることだってあるのです。

これらはバイトをしていないと身についていないものですから、バイトをしていて良かったと思えるのです。 

2013年11月22日

バイトをすることで、その業界のことが少しでも分かってくるようになります。

それだけでも視野が広がりますが、それを知ることができたために推測することができるようになったりできるようになるというか…。

全く知らないことについては想像もつかないってことが多いと思いますが、少しでも知ることで推測の幅や精度が高まるような気がするのです。

その積み重ねでいろんなことを知っていくことができるのではないかと思うのです。

バイトをすることで若いうちから世の中の仕事について知っていくことができたのは自分の糧になったと思っています。 

2013年03月16日

よくも大変なことを頑張ったね~ということも、「仕事ですから」という一言で片づける先輩がいます。

同じバイトなのに、ここまで意識の違いを感じさせられるのは本当に尊敬に値する市、自分の意識の低さを反省することとなります。

気概を持って仕事に当たることで、仕事の質の向上にもつながることでしょう。

先輩の背中を追って、これからバイトをすることができることを誇りに思っています。 

2013年02月25日

今までいくつか単発バイトをしてきたのですが、その中ですら光る人とそうでない人がいるのがずっと不思議でした。みんなよーいドン!で始めた仕事であるはずなのに、そしてたっち1日しかないのにそれほどの差が出るのは何故なんだろうと思うわけです。

私が思うに、もともとの人間性と仕事に対する考え方がとっても大事だということ。何のためにその仕事があって何のために自分がそれをしているのかを考えて動いている人はきっと輝くことでしょう。ただし、そうした人口は限りなく少ないのですけれど。

そうした人が単発バイトであってもきっと光り輝いて尊敬されるのではないでしょうか。最近は単発バイトを見つけるサイトなるものがあるので今まで以上に簡単に単発バイトが見つかりやすいのでとても羨ましいのですが、私もバイト情報誌を血眼で探しまわっていたあの頃がとても懐かしいと思います。

何人か見かけたあの光っていた人たちはきっと社会に出てますます輝いているんでしょうね~。会ってみたいものです。 

2013年02月11日

今の店長はバイトを育成しようという気持ちは良くわかるのだが、どうも行動が伴っていない。いや、育成するまでの魂レベルが達していないとも言える。

これではバイトはついていこうとは残念ではあるが思えないのではないかと思っている。

みんな気持ちがアンチになっているので自分勝手に行動する場面が目につく。

もちろん仕事はしっかりしているのだけれど、組織としてまとまっている感がないのである。

最近新しいバイトが入ったのだけれど、すでに店長キモイなんてことを言っている始末。

もし、このまま自分が社員に慣れたとしたら私もこんな道を歩むことになるのだろうか。人間としての器を大きくして仕事を一生懸命にやってバイトのことを考えて仕事をすることで違う道へ続いていくのであろうか。

しかも、毎年のようにいや、もっと早いスパンでバイトが辞め何もしらない新しいバイトが入ってきて一から指導する必要があるのだ。もう、指導することが嫌ならできない仕事なんだろうと思う。

自分はどうなんだと自問している今日この頃である。

2013年02月03日

昔、ピザの宅配バイトをしていた時のこと。

前に走るバイクを追い越そうとしたけれど対向車が来たのでやめる。

それを二度やって追い越すのをあきらめた。

交差点を右折すると突然その前方のバイクが「降りろ」とこえをかけてきた。

なんすかと私。

なにをあおっとんねんとバイク男。

今思うと、ずっと?マークだった私だが、とにかく看板を背負っている自負があったのですみませんと謝罪。

看板なんて背負ってなかったらきっと喧嘩してたんだろうな~。

なに勝手に勘違いしてんねん。ボケ!!ってなもんですよ。

どこかの組織の中で働くということは看板を背負う必要があるんですよね。

2013年02月01日

私には歳の少し離れた弟がいて、高校一年生の時からずっと暇な時間を見つけては短期バイトをしています。

バイトの有効性について今まで何回も話したことがあって、いつもはそんなにいうことを聞かない彼も、この話だけはなぜか真剣に聞いて、しかもアドバイスを忠実に守っているのである。

というのは、バイトはどんどんとした方が良いということ。いろんな経験をして深みのある人間になったほうがいいかもしれないということを伝えたのでした。

なかなか学業で忙しいのだけれど長期休暇の時やちょっとしたイベントのときなんかに短期バイトをしているのだが、しっかりと高校生でもできる短期バイトの探し方を実践してサクサクと見つけているようです。こんな良いサイトを私も高校生のうちから知っていたかったですよ。羨ましい…。

ですからかなりいろんな経験をしているし、いろんなことを知っているのでかなり大人になりました。このままこうした生活をつづけていけばかなり仕事のできるいい青年になるのではと密かに期待している兄がいるのです。

やっぱりバイトをして学べばいい社会人へとなっていくような気がしますね。

2013年01月29日

バイトを主な戦力とした携帯の店舗というものは、一人だけ管理者として正社員がいるということが多いと思いますが、私がバイトをしていて思うのは、こうした形態の仕事はできるだけ避けたいということです。

バイトの扱いがとても大変で、かなりの労力をかけてバイトの教育をしていなかくてはいけないからです。

若い頃そんなことを考えていたのですが、何も知らずに入社したその会社がそんな携帯をとっているところだった。

ただ、やっていくうちに教育する楽しさみたいなものが出てきた。

正直とても大変だった。

たくさんの本を読んで勉強したこともあった。

でも、そういった苦労があるから自分も努力できたし、いい思い出もできたし、バイトの子らともいい仲間に慣れたと思う。

これはバイトしていた当時には思い描くことができなかったことである。

少なくともそういった楽しさを当時のその正社員の人は感じることができていなかったのであろう。
いざ敬語を使おうと思っても普段から使うことがないととっさに適切な敬語は使えないのではないでしょうか。

あとは、本当の正しい敬語は他の人から学ばないとなかなか覚えられません。

気になるところは本などで学ぶことはあるでしょうけれど大半は他の人の使用例で学ぶもの。

敬語も当然ながら言葉だからでしょう。

バイトをしてそうした学びをしていることで、いざ社会人となっても対応できるってもの。

いい年した社会人でもおrくに敬語も使えない輩を見かけることがありますが、きっとこうした学びをしていないのでしょう。

年相応のスキルはみにつけておかなくてはいけませんよね。

2013年01月28日

私の昔からの友人が横浜に移住することになったそうです。

なんでも家庭の事情とのことで詳しくはわからないのですが、とにかく移住してもアクティブに頑張っているそうで、すぐにバイトも見つけたそうです。

情報をたくさん持っている人で、何でも下調べをしてから行動するので確実な行動をする人なのです。このバイトだって、横浜のバイト検索サイトというのを事前に見つけてから効率良く活動してすんなりとバイトをみつけちゃったのだから凄いですよね。

しかも、今まで面接で落ちたことがないというのだからどんな面接をしているのか非常にきになるところ。まぁ、顔もいいし性格も良いし、学力も高いしで非の打ちどころのないいい子ですからね~落とす理由が見当たりません。

そんな人でも石橋をたたくがごとく情報を仕入れてから行動しているのですからもう完全院有利に物事が進むわけですよ。

私も負けじと頑張りたい。。

先天的なものはどうもならないけれど後天的なところでは追いつき追い越せで努力したいと思います。

みっちゃんバイト見つかって良かったね!こんど遊びに行くよ~
学生時代はずっと先輩のことをクンづけて呼んでいましたが、バイトをしていてふと気付きました。

みんなサンづけで読んでいるではありませんか。

なんだか大人っぽい。

いつまでもクンづけしているなんてジャニーズくらいなもんですよ。

あ~恥ずかしい!!

ということで、その気付きを得た日から急に今までクンづけて呼んでいた先輩にサンづけで呼んでみました。

気持ち悪がられたけれど、少し経ったらスッカリ自然となりました。

バイトをしていなかったらもしかしたらずっとジャニーズ的なことになっていたのかもしれません。

2013年01月23日

昔はいやいやしていたバイト。

喧嘩してすぐに辞めてしまったものや、居心地が良くて長いことなっていたものがあり、様々な思い出がある。

そんなバイトも社会人となって当時を思い返してみると、多くの経験をすることができた場となっていたということに気が付きます。

バイトをしていたからこそ今の自分があるとおいっても過言ではないように感じています。

自分の能力を高めることができたこと、社会について知ることができたこと。

そういったことでバイトは私の力となっているのです。
人気のアイテム

最新コメント
最新トラックバック
RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
ブログランキングに登録してます
  • ライブドアブログ