2013年02月01日

彼の愛車

友人から、17年乗り続けた愛車を手放すとのメールが来た。

心なしかその文面はちょっと寂しそう。


かくいう私も学生時代、彼の愛車にはさんざお世話になった者の1人。

飯を食うためだけに深夜の新大阪からわざわざ京都や三重まで出向いたり、雪が降ると「滑って楽しいから」と山道のドライブに誘われたり、私の課題に付き合って一緒に本州半周してもらったり、あげくぶつけたり…。

あれやこれやの思い出は山ほど。


そんな懐かしさもあってアルバムを開くと、意外にもその車がまともに写ってる写真はたった1枚。

幸いハンドルを握る友人を写したものだったので、額にでも入れて明日にでも送り付けてやろうと思います



ありがとう、おつかれさん。

Posted by baka_baka_bongu at 23:30│Comments(2)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
滝下様、こんばんは。
ご友人の愛車。17年ですか… ものすごく物を大事にされる方なんですね。(私が持っている車の約2倍!)

もう、ご友人の子どものような感じではなかったのでしょうか?寂しい気持ちわかるなぁ。私も2台めだから。車って本当に助けてくれますから…ね。
本当にお疲れ様!ですね。
Posted by oshiri-pechin at 2013年02月02日 20:59
>>oshiri-pechinさま
ブログを見た友人が、oshiri-pechin 様のコメントに喜んでおりました。
Posted by タキシタ at 2013年02月05日 12:40