ツンデレblog

淡路島の弁護士が考えたこと

 昔、交通事故のむち打ち事案で、個々の事案と無関係に、期間の経過だけを根拠に症状固定を主張し、保険会社が治療費の支払を拒否する場合の対策についてアイディアを書いたことがあったのだが(症状固定を争う方法について)、その後、なかなか「保険会社が治ってないのに治療費をうち切るっていうんです」という相談がなかったのだが、一昨年ようやく、そういう相談があり、相談者も素直にツンデレの指示に従ってくれた(ときどき、「こうしたらどうですか?」っていう提案をすると、露骨にめんどくさがって指示に従わない、反発する相談者もいるのだ。検査結果を比較することが大事なのに、一回だけ検査してもらって、「もういいでしょ」みたいな人)。
 その人は、平成27年9月に事故で受傷
      平成27年12月、治療費打ち切りで相談

という事案で、そこから、自費で治療を開始し、次のように検査を受けた。最初の平成27年11月30日の検査結果は、相談に来る前に作った後遺障害診断書に記載された数値だと思われる。この日が保険会社が当初主張していた最終受診日なので。

img-615213412-0001img-615213412-0002img-615213412-0003img-615213412-0004img-615213412-0005










































































































































 検査結果をまとめると
⑴ 頸部屈曲(右)
 H27.11.30  30度
 H27.12.28  40度
 H28.01.29  40度
 H28.02.29  35度
 H28.03.28  45度
⑵ 頸部伸展(右)
 H27.11.30  25度(痛みあり)
 H27.12.28  40度
 H28.01.29  50度
 H28.02.29  45度
 H28.03.28  55度P
⑶ 頸部側屈(右)(左)
 H27.11.30  30度  30度
 H27.12.28  40度  35度
 H28.01.29  30度  35度
 H28.02.29  35度  30度
 H28.03.28  35度  40度
⑷ 頸部回旋(右)(左)
 H27.11.30  60度  70度
 H27.12.28  70度  75
 H28.01.29  75度  70
 H28.02.29  70度  75
 H28.03.28  80度  70度
⑸ 体幹屈曲(右)
 H27.11.30  65度
 H27.12.28  70度
 H28.01.29  60度
 H28.02.29  65度
 H28.03.28  60度
⑹ 体幹伸展(右)
 H27.11.30  20度
 H27.12.28  25度
 H28.01.29  30度
 H28.02.29  35度
 H28.03.28  35度P
⑺ 握力(右)(左)
 H27.11.30  20.1㎏ 22.7㎏
 H27.12.28  20.8㎏ 22.7㎏
            21.6㎏ 19.6㎏
 H28.01.29  22.4㎏ 21.9㎏
            23.9㎏ 21.9㎏
 H28.02.29  22.7㎏ 21.2㎏
            24.8㎏ 19.9㎏
 H28.03.28  29.6㎏ 24.0㎏
            26.0㎏ 21.4㎏
となった。お医者さんは、「振り幅はあるけどだんだんよくなってますね」みたいなことを言っていたそうだ。
 この事件における保険会社の示談金の提案は、当初平成27年11月末日までの治療期間として、約55万円であったが、こちらで治療期間を平成28年3月31日までとして損害額を計算したところ、約170万円+弁護士費用17万円+遅延損害金となった。
 そこで、依頼者の意向もあり、あくまで訴訟という方針をとらず、170万円を提案したところ、最終的に150万円で示談ということになった。治療期間については何も言われなかった。

 本当は、検査結果はカルテに書いてほしかったし、こちらのお願いの書面をコピーして使うんなら、検査した人の署名もほしいところだった。裁判になったとき、真正文書かどうかで揉める可能性があるから。まあ、その辺は書式を考える必要があるんだろう。



KAGEYAMA_140120

7月3日に、過払金返還請求事件で最高裁が弁論を開くんだそうだ。

平成29年7月3日 午後1時30分 平成28年(受)第1463号 過払金返還 弁論 第一小法廷
無題







 ツンデレが消息筋から聞いた話だと、事案は次のようなものだという。
1) 司法書士が債務整理を受任し、約330万円の過払金について、CFJと200万円で和解を成立させた(和解書は本人名義)。
2) 本人が和解無効を主張してCFJ提訴。司法書士はCFJに補助参加。
 ※途中で本人が破産して破産管財人が承継
3) 第1審富山地裁は、和解は本人がしたものなので有効と判断して請求棄却。
4) 控訴審名古屋高裁金沢支部は請求認容(和解無効)
 ①本人がCFJと直接交渉した事実は認められないので和解は司法書士が代理人としてしたもの
 ②権限外なので司法書士に代理権はなく、委任契約は無効であるから,同契約に基づく和解も無効
5) CFJが次のような理由で上告
 委任契約は無効でも,和解契約は直ちに無効とならない。
 本和解は早期解決のメリットがあったし、全くの非弁ではなく司法書士の権限外行為に過ぎないから、公序良俗に反するとまではいえず有効

 
最高裁が開くんだから、高裁判決が覆されるんでしょうけどねえ。「委任契約は無効でも和解契約は直ちに無効にならない」って意味わからんな。権限外なら表見代理でも成立しないと有効にならんだろ。
 ひっくり返すなら、「司法書士が代理した」という認定は経験則に反するって、事実に踏み込むしかないように思うがなあ。
 ちなみに、ツンデレは、最高裁にとっても、事実認定の権限はないっていう法律は邪魔なんだろうなと想像している。立憲主義に基づく憲法が権力者にとって邪魔存在なのと同じ構造。裁判所は上から下まで、自分の権限に関しては、禁止と許容と義務の区別がつけられない(禁止の概念はない。)。今現在、具体的な必要がなくても、将来が必要があるかもしれないと考えるだけで時効援用の積極的釈明してもいいと言っちゃう高裁判決とか…

KAGEYAMA_140120

6月1日付け 最高裁人事

東京地裁部総括(最高裁上席調査官)伊藤雅人
最高裁上席調査官(東京地裁部総括)斉藤啓昭

新しくツンbloリストに掲載された裁判官
最高裁上席調査官(東京地裁部総括)斉藤啓昭
 あんまり関心ないんですけど、4月の人事異動の時期でもなく、上のポストが空いたわけでもないのですが。こういう人事異動って、どういう意味があるんでしょうかね。まあ、いいや。


大阪地裁所長  並木正男     平成29年06月25日65歳 刑30期
高松高裁長官  小久保孝雄  平成29年09月01日65歳 民33期(広大、長官着任順3)
広島高裁長官     川合昌幸      平成29年10月23日65歳 刑29期(東大、長官着任順1)
千葉地裁所長  柴田寛之   平成29年10月24日65歳 民29期
横浜地裁所長  富田善範   平成29年12月22日65歳 民29期
東京地裁所長  奥田正昭   平成30年01月01日65歳 民31期

-------寺田最高裁長官退官(東大、26期)-------平30.01.09.退官 民

大阪高裁長官      井上弘通    平成30年01月24日65歳 刑29期(九大、長官着任順5)
知財高裁所長    清水節     平成30年05月05日65歳 民31期
甲府地家裁所長   岡本岳     平成30年07月12日65歳 民32期
東京家裁所長    田村幸一    平成30年08月26日65歳 民30期
東京高裁部総括   菊池洋一    平成30年08月27日65歳 民30期
名古屋高裁長官   原優      平成30年09月04日65歳 民31期(東大、長官着任順4)
司法研修所所長   小泉博嗣    平成30年12月16日65歳 民31期
さいたま地裁所長  山田俊雄    平成31年02月25日65歳 民32期

-------山﨑最高裁判事退官(東大、27期)-------平31.08.31.退官 民

東京高裁長官   深山卓也    平成31年09月02日65歳 民34期(東大、長官着任順7
福岡高裁長官    小林昭彦    平成32年02月05日65歳 民33期(東北、長官着任順6)
東京高裁部総括    都築政則    平成32年02月28日65歳 民37期
札幌高裁長官     綿引万里子   平成32年05月02日65歳 民32期(中大、長官着任順2)
東京高裁部総括    植村稔     平成32年07月20日65歳 刑34期
仙台高裁長官     秋吉淳一郎   平成32年09月19日65歳 刑34期(東大、長官着任順8)
東京高裁部総括    川神裕      平成32年12月18日65歳 民34期
水戸地裁所長     垣内正        平成33年01月11日65歳 民38期
東京高裁部総括    栃木力     平成33年02月27日65歳 刑33期
東京高裁部総括    永野厚郎    平成33年04月08日65歳 民35期
東京地裁所長代行   近藤昌昭    平成33年04月30日65歳 民38期
東京高裁部総括    青柳勤     平成33年05月06日65歳 民33期
東京高裁部総括    藤井敏明    平成33年06月15日65歳 刑34期

-------小池最高裁判事退官(東大、29期)-------平33.07.03.退官 民

東京高裁部総括   深見敏正    平成33年07月09日65歳 民34期
東京高裁部総括   合田悦三    平成33年08月02日65歳 刑34期
大阪家裁所長    小野憲一     平成33年10月07日65歳 民36期
東京高裁部総括    杉原則彦    平成33年11月13日65歳 民33期
東京高裁部総括    野山宏    平成34年01月18日65歳 民33期
東京高裁部総括   豊沢佳弘    平成34年02月06日65歳 民34期
東京高裁部総括   安浪亮介    平成34年04月19日65歳 民35期
裁判所職員総合研修所長
           白井幸夫    平成34年04月25日65歳 民36期
法務省民事局長    小川秀樹    平成34年05月21日65歳 民37期

-------大谷直人最高裁判事退官(東大、29期)-----平34.06.23.退官 刑 

-------菅野博之最高裁判事退官(東北大、32期)----平34.07.03.退官 民

法務省訟務局長     定塚誠      平成34年08月27日65歳 民37期
最高裁首席調査官    林道晴      平成34年08月31日65歳 民34期
静岡地裁所長    廣谷章雄    平成34年11月02日65歳 民37期
最高裁事務総長     今崎幸彦    平成34年11月10日65歳 刑35期
さいたま家裁所長   秋吉仁美    平成35年01月05日65歳 民35期
最高裁経理局長    笠井之彦    平成35年05月21日65歳 民42期
長野地家裁所長   若園敦雄    平成35年06月29日65歳 刑36期
東京高裁部総括    尾島明       平成35年09月01日65歳 民37期
最高裁民事局長兼行政局長
           平田豊     平成35年11月29日65歳 民39期
新潟地裁所長    足立哲    平成36年02月27日65歳 民38期

-------戸倉最高裁判事退官(一橋、34期)-------平36.08.11.退官 刑

東京地裁所長代行  中里智美   平成36年09月10日65歳 刑37期
仙台地裁所長    大善文男    平成36年11月03日65歳 刑38期
前橋地裁所長    八木一洋   平成37年01月08日65歳 民37期
東京地裁部総括    岩井伸晃    平成37年02月25日65歳 民38期
東京地家裁立川支部長 太田晃詳    平成37年10月06日65歳 民39期
東京地裁所長代行   矢尾和子   平成37年12月07日65歳 民39期
宇都宮地裁所長    菅野雅之    平成38年03月07日65歳 民37期
刑事局長兼最高裁判所図書館長
           平木正洋    平成38年04月03日65歳 刑39期
最高裁総務局長    中村慎      平成38年09月12日65歳 民40期
最高裁人事局長    堀田眞哉    平成39年07月22日65歳 刑41期
東京地裁部総括判事 伊藤雅人    平成39年09月08日65歳 刑40期←最高裁上席調査官
最高裁上席調査官  小林宏司     平成40年03月01日65歳 民41期
最高裁家庭局長    村田斉志    平成40年08月25日65歳 民42期
最高裁上席調査官  森英明       平成41年10月06日65歳 民42期
最高裁上席調査官  斉藤啓昭   平成42年01月23日65歳 刑42期←東京地裁部総括
最高裁審議官    門田友昌    平成45年04月03日65歳 民45期



KAGEYAMA_140120

このページのトップヘ