ツンデレblog

淡路島の弁護士が考えたこと

(9月末までこのエントリをトップに固定します)
 現在手持ち事件が多くなりすぎ、処理能力の限界を超えましたので、思い切って、平成2928年9月の終了まで、新規事件の受任をお断りさせていただきます。9月3日の無料法律相談を除き、法律相談の申込みもお断りさせていただきます。
 法律トラブルを抱えられたみなさまにはご不便をおかけすることになるかもしれませんが、このままでは、新たな相談を受けたところで、ろくな解決にならないことは同じですので、ご了解ください。
 ブログの更新も、一層間隔があくことになると思い
ます。

 5月11日の「保育園騒音訴訟:騒音規定値はどのように決まるか」以来、久々の保育園騒音訴訟の報告です。
 この間なにをやっていたのかを説明する書面を、この度作成せざるをませんでしたので、それを転載します。
第1 裁判所は、被告代理人に法廷で認否を確認し、調書に記載すべきである。
 1 被告が原告の主張について認否を明らかにすると約束してから本日までの経緯
  ⑴ 平成28年3月2日の期日において、被告は、東亜由美裁判長より、本件保育園開園の経緯について主張立証をしてほしいと言われ、承諾した。その際、原告は、これまで原告の主張の中で保育園開園の経緯に触れた部分があるので、それについて認否をしてほしい旨申し入れ、被告代理人はそれを承諾した。
  ⑵ ところが、同年5月9日に行われた期日までに、被告は準備書面を用意できず、被告代理人は、同日の期日において、再び次回までに、本件保育園開園の経緯の主張と、原告の主張の中で保育園開園の経緯に触れた部分についての認否を行う旨約束した。
  ⑶ しかし、同年6月22日に行われた期日までに、被告は本件保育園開園の経緯についての主張を記載した準備書面(8)を提出するに止まり、やはり、原告の主張の中で保育園開園の経緯に触れた部分についての認否はされなかった。原告は、同日の期日において、保育園開園の経緯についての原告の主張に対して認否を明らかにするよう求め、被告代理人はそれを承諾した。
  ⑷ しかししかし、同年7月27日に行われた期日までに、被告は本件保育園開園の経緯についての主張を記載した準備書面(9)を提出するに止まり、やはり、原告の主張の中で保育園開園の経緯に触れた部分についての認否はされなかった。
    同日の期日において、原告代理人が、原告の主張の中で保育園開園の経緯に触れた部分についての認否がないことを問いただすと、被告代理人は、「どの部分について認否すればよいのかわからなかったので認否をしなかった」旨回答した。
    そこで、原告代理人は、同年8月3日までに認否を求める部分を明らかにし、被告は、同年9月5日までに、その部分について認否を明らかにすると約束した。そして、同年8月2日、原告は、被告に認否を求める部分を明らかにした第7準備書面(下記図面)を被告代理人事務所にFAXした。
  ⑸ 平成28年9月8日、ようやく被告より準備書面(10)が直送されたが、前回期日で約束したにもかかわらず、その書面には、原告の主張の中で保育園開園の経緯に触れた部分についての認否はされていない。
 2 以上のとおり、被告が、原告の主張に対して認否をする旨約束してから半年以上、経過しているにもかかわらず、被告は、原告の主張に対する認否を明らかにしない。
   上記の経緯に鑑みれば、被告に、自主的に原告の主張に対する認否を求めるのは、もはや期待できないというべきである。
   幸い、開園までの経緯に関する原告の主張は、ほとんどすべて被告代理人服部弁護士がその場にいる場面で行われたことがらである。裁判所は、明日9月13日の期日において、訴訟手続に不慣れな本人訴訟の場合と同様、原告第7準備書面に記載された事項について、1個1個丁寧に、記載が合っているのか間違っているのか、問いただし、調書に記載すべきである。
   平成27年6月17日に行われた検証及び鑑定の日から1年以上経過し、この間、本件保育園から出る騒音の程度に変更はなく、原告はこの間ずっと苦しめられて続けている。裁判所は事件の終結に向けた努力を最大限に急いでいただきたい。
 3 なお、被告が、原告の主張のうち、準備書面(10)に記載したもの以外の部分については争わない趣旨であるというのであれば、その旨を明確にすべきである。いずれにせよ、裁判所は積極的に釈明を行う必要がある。
img-914195839-0001img-914195839-0002img-914195839-0003img-914195839-0004























































































































 さて、これを受けて、昨日、平成28年9月13日の期日。
ツ ン デ レ :どうして認否しないんですか?
被告代理人:原告の主張には法的評価が含まれているからできない。
ツ ン デ レ :それなら、事実の部分だけでも認否したらいいんじゃないですか。評価できない部分は「評価だから認否しない」って書けばいいじゃないですか?(普通は、法的評価の部分について認めないときは「争う」とか書くんだけどね。)
被告代理人:認否の対象は具体的事実だ。書いてあることが抽象的だから認否できない。あなた弁護士なのにそんなことも分からないですか?
 上記にうpした書面て、そんなに抽象的ですかね?「いつ、誰が何を言ったんだ?何年何月何時何分何秒?」 そういう話に思えますが。保育園に対して訴訟を提起したはずで、保育園児に対して訴訟を提起した記憶はないんですけどねえ。
 裁判所は、「認否をされるんならどうぞと言ってこれまで時間をとって来たわけで、被告はもうしないって言ってますから。」ですって。少しでも認める部分があれば、それは事実上裁判所を拘束するわけで、判決で認めてもらえるかもらえないか分からない状態におかれるのは当事者としてはいやなんだよね。積極的に認否するよう指示してもらいたかったなあ。
 「原告の主張について争いないなら終結でもいいから」と言って、認否を求めてきたんですが、結局、次回に本人尋問となりました。おそらく、これで終結。そして判決へって感じかと。

ツンデレblogの過去の「保育園と騒音」に関係するエントリの一覧

あえて保育園を擁護しない
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/39625846.html

保育園児の声は騒音? 近隣住民の1人が提訴 神戸
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40050869.html

騒音裁判の請求の趣旨
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40086879.html

隣人訴訟と保育園騒音訴訟
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40122877.html

保育園の音、不協和音 「苦痛」の訴えに園側困惑 神戸
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40249249.html

毎日新聞て、取材せずに書くのが伝統なの?
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40325353.html

保育園から反論きたよ
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40349747.html

保育園・公園と騒音 雑感
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40365174.html

子どもの声 騒音規制見直しへ
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40382568.html

ひとの主張をすり替えて、叩く人
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40402604.html

百聞は一見にしかず(保育園騒音関係)
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40436496.html

「子どもの声」騒音にあらず=環境条例改正へ-東京都
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40643388.html

自作自演じゃないよ
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40660252.html

保育園と住民 トラブル急増
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40684696.html

保育園騒音訴訟準備書面
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40856586.html

保育園の設計変更
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/40874305.html

日本の未来はツンデレに託されたw
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41059421.html

悪いが運動会の声への苦情と一緒にしないでもらいたいんだが…
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41079417.html

テレビにでます
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41098840.html

急増する「保育園と住民のトラブルの記事」
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41171184.html

学童保育の利用、最多93万人 待機児童は3年連続増
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41236501.html

保育園騒音訴訟第3回
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41523465.html

業務連絡 12/2
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41569960.html

子どもの声は「騒音」?増える訴訟
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41621634.html

子供の声うるさい…苦情で保育所整備滞る例
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/41678467.html

来年4月の保育園定員を100人分(1歳児)拡大!(東京都港区)
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/42019412.html

保育園騒音訴訟反論(連休明け提出予定)
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/42258189.html

「子供の声等に関する規制の見直し」について意見募集します だそうだ。
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/42264018.html

保育園の新設難航問題の落としどころはどこに求めるべきか?
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/42337163.html

シカーネ(Schikane)って何?
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/42472093.html

保坂展人さんがいらっしゃいました
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/42477799.html

暗騒音をどうやって除外するか
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/42541008.html

保育園騒音訴訟:騒音訴訟でなぜ騒音測定を行うのか
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/43116119.html

保育園騒音訴訟:子どもの声 特別視せず騒音規制対象に
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/44346890.html

保育園騒音訴訟:騒音測定しました。
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/44712821.html

保育園騒音訴訟:東京都の新条例について
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/45373567.html

「園児の声、騒音」35%が「同感」 厚労省が調査、白書記載へ
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/45517601.html

保育園騒音訴訟:1億総活躍社会の実現で和解のチャンス?
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/46340744.html

保育園が足りない 建設めぐり住民と事業者が対立
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/46483741.html

保育所不足 建設反対続き…目黒区苦渋の庁舎敷地貸し出し
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/46881883.html

<私立保育園>「子供の声うるさい」開園断念 千葉・市川
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/47343652.html

杉村太蔵が憤慨「子供の声が騒音扱いされるなんて」
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/47356111.html

毎日新聞「子どもの声は騒音じゃない」キャンペーン記事
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/47416744.html

子どもの声と騒音:壁に囲まれた公園発見
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/47450683.html

保育園騒音訴訟:騒音規定値はどのように決まるか
http://blog.livedoor.jp/bakara2012/archives/47533284.html


KAGEYAMA_140120

このページのトップヘ