「暗騒音をどうやって除外するか」に記したとおり、神戸の保育園騒音訴訟は、現在、どうやって保育園で実際の騒音測定をするかという話になっている。それで、それを踏まえて下のような意見書を出した。準備書面の中でも触れているが、被告からは、保育園にいつ何人の園児が園庭に出ているかという資料が提出されている。。
 もう一つ、この事件では「すでに原告自身が測定した結果がすでにあるのに、なんでわざわざ裁判所立ち会いで騒音測定をするんだ、保育園が子どもをわざと騒がせないようにするかもしれないじゃないか。」ということを考えなければならない。実は原告側の関係者でそのような意見の人もいた。
 準備書面の後半はそれに対するツンデレなりの回答である。説得的だろうか?img-309233110-0001img-309233110-0002img-309233110-0003




















































































KAGEYAMA_140120