カマシ田中充興~負けないための馬券塾Blog

リアル馬券生活者と言えばやはりこの男。『カマシ』『指数予想』など予想術の最先端を生み出してきた田中充興だ。それらの多くが馬券ファンの支持を集め、いまや馬券術のスタンダードとなっているものばかり。そんな彼が次に始めたのがこのブログ。初心者~上級者まであらゆる競馬好きの質問に答え、馬券に役立つ『Raceレート』まで極秘公開している。 奇才と呼ばれる孤高の馬券師が導き出す結論とは?


すでにワンランク上の数値
12/10中山8R
★★★★★★★★★
(高レート↑注目馬チェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません


競馬ブログランキングへ


こんばんは田中充興です。

早速12/10(日)に出走する馬の中からは『高レート↑注目馬』を紹介しておこうかな。

<12/10出走の高レート馬>
中山8R ★★★★★★★★
中山8R フェニックスマーク
中山8R アスタリスク
中山10R ★★★★★★★★
中京8R ★★★★★★★★
中京9R ロードソリスト
中京10R カフジバンガード
阪神9R エアウィンザー
阪神10R クリノリトミシュル
阪神12R チェイスダウン
阪神12R メイプルキング


オッズにも影響!?ブログでは言えない

12/10中京8R
★★★★★★★★★
(70位あたりをチェックして下さい)

※最終予想(結論)ではありません


まずは中山8R★★★★★★★★★(高レート↑注目馬)から。

成績のムラを見れば分かるとおり、毎回安定して能力を発揮できるタイプではない。

近2走のジョッキーコメントを見て「気持ちの問題」と答えている。

今回は間隔をあけて立て直して迎える一戦。正直こういうタイプだけにいつ走るか分からない。だが、そういうタイプだからこそ人気も落ちやすいのも事実。

『Raceレート』的には上のクラスでも戦えるレベルにあり、普通に走ればアッサリがあっても驚けない。


次は中山10R★★★★★★★★★(高レート↑注目馬)

この馬は安定勢力だけに人気は集めるだろう。

それでも、前走⑥着に崩れたあとだけに狙いやすいタイミングではある。

能力的にはこのクラスも突破できるレベルにあるが、厄介なのが体重の変動が激しいタイプだという事。

こういう馬は直前の馬体重までチェックしないと、安心して馬券を購入できない。

前走のように大幅プラス体重時に崩れている傾向があるから、もしも直前の体重を見て危なそうであれば、素直にパスするほうがいいだろう。


最後は中京8R★★★★★★★★★(高レート↑注目馬)

うーん。土曜と同じく日曜も選びにくい馬が多いね。

カンタンに選べる馬は人気を集める事が必至だし、それ以外には信用できるほどの馬はいない。

そんな中で一変を期待するならコノ馬かな。

前走は2番手についていながら、直線では全く見せ場なし。そのイメージであれば買いにくいところだが、未勝利勝ち時が秀逸で。

この能力が発揮されれば・・・・



あと重賞予想は、日曜昼13時頃に【うまスクエア】さんのほうで公開している。


気になる方は⇒うまスクエアへアクセスしてチェックして欲しい




<出演・掲載>

・月刊誌『競馬最強の法則』連載中
・競馬サイト『うまスクエア』(土日更新)
・新聞『東京スポーツ』GI予想連載
(GIウィークの金曜掲載)

うまスクエアで
公開の重賞予想


[10/22菊花賞(GI)]

◎クリンチャー(10人気)

△キセキ
<馬連4点勝負>
1万0660円的中!
 

[8/27キーンランドC(GⅢ)]
◎エポワス(12人気)

△ソルヴェイグ
ナックビーナス
<3連単1頭軸マルチ>
11万4130円的中!

[5/7NHKマイルC(GI)]

ボンセルヴィーソ(6人気)

アエロリット
リエノテソーロ(13人気)
<3連単1頭軸マルチ>
29万6160円的中!

人気が落ちた所で狙い目
★★★★★★★★★(12/10中山10R)
(高レート↑注目馬チェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません


競馬ブログランキングへ

田中充興


1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。
芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。
現在は、東京スポーツや月刊誌「競馬最強の法則」で連載中。馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。


負けないための馬券塾へのご質問、お便りをドシドシお待ちしております。競馬が好きな皆様が今抱える「馬券予想の悩み」「競馬で知りたいこと」「今更恥ずかしくて聞けないこと」など競馬に関するご質問に田中充興がお答えします。

ご質問はコチラへメールをお送り下さい
↓↓↓↓
bakenjyuku@gmail.co.jp

質問内容、競馬歴、年齢、ペンネームを必ず記入してお送り下さい。
(※ご質問を取り上げさせて頂いた方にのみご返信させて頂きます)


一息入れて得意の舞台なら
12/9中山7R
★★★★★★★★★
(高レート↑注目馬チェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません


競馬ブログランキングへ


こんばんは田中充興です。

早速12/9(土)に出走する馬の中からは『高レート↑注目馬』を紹介しておこうかな。

<12/9出走の高レート馬>
中山7R ★★★★★★★★
中山7R トリリオネア
中山8R スレッジハンマー
中山12R クラークキー
中京2R ★★★★★★★★
中京3R オールドベイリー
中京6R ボナパルト
中京8R ドウディ
中京10R ナンヨープルートー
中京10R ケイツートール
阪神8R サハラファイター
阪神8R ドゥリーミン
阪神10R ★★★★★★★★


オッズにも影響!?ブログでは言えない

12/9阪神10R
★★★★★★★★★
(70位あたりをチェックして下さい)

※最終予想(結論)ではありません


まずは中山7R★★★★★★★★★(高レート↑注目馬)から。

この馬は3走前に、1600万下でも通用するレベルの『高レート』をマークしている。

ただ気が難しいところがあるようで、左回りだとモタれるし、直線で手前をかえなかったりもする。

今回は一息入れて立て直し効果もあるし、現級でも①⑭③③②①⑥着と比較的得意としているコース。

正直気の悪さを見せられるとその時点で終了。だが、まともに走ればアッサリの能力は秘めている。人気さえ落ちるなら軽い気持ちで、単勝かアタマ固定の3連単を買っておきたい。


次は中京2R★★★★★★★★★(高レート↑注目馬)

休み明け2走目で良化の兆しを見せたこの馬を取り上げよう。

飛びぬけて良い数値をマークしているわけではないが、デビュー戦で負かした相手の中には、10月に1000万下を突破したテルペリオンもいる。

昇級してからも強いメンバーを相手に0.1、0.3秒差なら評価できる。

そこから約10ヶ月ほど休養していたが、復帰して状態は良くなっていっている。今回あたりはスムーズに走れば勝ち上がれる馬と見ている。


最後は阪神10R★★★★★★★★★(高レート↑注目馬)

1600万下クラスまでくると、どのレースにも骨っぽい馬がいる。

前走は昇級初戦で⑧着ということもあり、評価は低めだが今回は見直せるんじゃないかな。

ハンデ戦ではあるが、全体的に斤量差がないのが残念。近2走はハナを奪う競馬がつづいているように、今回もメンバー的に同じような競馬になるだろう。

個人的には少し控えたほうが良さがでると思っているんだけどね。

それはさておき、番手にいる馬が直線に入るまで可愛がってくれれば、十分残り目はあるだろう。



あと重賞予想は、日曜昼13時頃に【うまスクエア】さんのほうで公開している。


気になる方は⇒うまスクエアへアクセスしてチェックして欲しい




<出演・掲載>

・月刊誌『競馬最強の法則』連載中
・競馬サイト『うまスクエア』(土日更新)
・新聞『東京スポーツ』GI予想連載
(GIウィークの金曜掲載)

うまスクエアで
公開の重賞予想


[10/22菊花賞(GI)]

◎クリンチャー(10人気)

△キセキ
<馬連4点勝負>
1万0660円的中!
 

[8/27キーンランドC(GⅢ)]
◎エポワス(12人気)

△ソルヴェイグ
ナックビーナス
<3連単1頭軸マルチ>
11万4130円的中!

[5/7NHKマイルC(GI)]

ボンセルヴィーソ(6人気)

アエロリット
リエノテソーロ(13人気)
<3連単1頭軸マルチ>
29万6160円的中!

メンバー的にもここは威張れる存在
★★★★★★★★★(12/9中京2R)
(高レート↑注目馬チェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません


競馬ブログランキングへ

田中充興


1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。
芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。
現在は、東京スポーツや月刊誌「競馬最強の法則」で連載中。馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。


負けないための馬券塾へのご質問、お便りをドシドシお待ちしております。競馬が好きな皆様が今抱える「馬券予想の悩み」「競馬で知りたいこと」「今更恥ずかしくて聞けないこと」など競馬に関するご質問に田中充興がお答えします。

ご質問はコチラへメールをお送り下さい
↓↓↓↓
bakenjyuku@gmail.co.jp

質問内容、競馬歴、年齢、ペンネームを必ず記入してお送り下さい。
(※ご質問を取り上げさせて頂いた方にのみご返信させて頂きます)


再度故障発症も復帰を待ち
★★★★★★★★★(10/8東京7R勝ち馬)
(高レート↑注目馬チェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません


競馬ブログランキングへ

こんにちは田中充興です。


さて今日は【10/7~10/9京都・東京 Raceレート】を一気に公開していこう。

使い方に関しては『Raceレート』の使い方や、過去のブログも参考にしてもらいたい。


171007京都

171008京都

171009京都

171007東京

171008東京ぼかし

171009東京ぼかし


前走の結果が嫌われれば
★★★★★★★★★(10/9東京12R勝ち馬)
(70位あたりをチェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません



まずは10月8日(日)東京7R★★★★★★★★★(高レート馬)

この馬は2歳時から注目されていたが、故障が続いて休み休みになってしまっている。

その分出たとこ勝負といった感じで、狙いやすいタイプ。まあ過剰人気してしまうから、馬券妙味って点では今一つだけどね(笑)

指数的には、もっと上のクラスで戦えるレベルにある馬。きっかけ一つでポンポン勝っていきそうな感じだが、先日1000万下③着にした後にまた故障してしまったみたいだね。

次に出てくるのは来年になってしまうが、出たとこ勝負は変わらないだろう。


あとは10月9日(日)東京12R★★★★★★★★★(高レート馬)

やっぱり東京ダ1600mがこの馬には合うみたいだね。

今年の春ぐらいから良い競馬ができるようになってきた馬で、この500万下勝ち時に高指数をマークした。

今回取り上げたのは、その後の昇級初戦(10/29三峰山特別)の負け方が良かった。数字上は0.5秒差の⑤着で、まぁ昇級初戦でクラスにメドは立てたかなってくらいだろう。

ただこのレースは1枠1番という枠順が悪影響だっただけ。指数的にはこのクラスを突破できる能力は秘めているし、次走でこの成績が嫌われるようなら狙いたいね。


重賞予想は、日曜昼13時頃に【うまスクエア】さんのほうで公開している。


気になる方は⇒うまスクエアへアクセスしてチェックして欲しい




<出演・掲載>

・月刊誌『競馬最強の法則』連載中
・競馬サイト『うまスクエア』(土日更新)
・新聞『東京スポーツ』GI予想連載
(GIウィークの金曜掲載)

[10/22菊花賞(GI)]
◎クリンチャー(10人気)

△キセキ
<馬連4点勝負>
1万0660円的中!



[8/27キーンランドC(GⅢ)]
◎エポワス(12人気)

△ソルヴェイグ
ナックビーナス
<3連単1頭軸マルチ>
11万4130円的中!

[5/7NHKマイルC(GI)]

ボンセルヴィーソ(6人気)

アエロリット
リエノテソーロ(13人気)
<3連単1頭軸マルチ>
29万6160円的中!


まだ底を見せておらず
★★★★★★★★★(10/8東京7R勝ち馬)
(高レート↑注目馬チェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません


競馬ブログランキングへ

田中充興


1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。
芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。
現在は、東京スポーツや月刊誌「競馬最強の法則」で連載中。馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。


負けないための馬券塾へのご質問、お便りをドシドシお待ちしております。競馬が好きな皆様が今抱える「馬券予想の悩み」「競馬で知りたいこと」「今更恥ずかしくて聞けないこと」など競馬に関するご質問に田中充興がお答えします。

ご質問はコチラへメールをお送り下さい
↓↓↓↓
bakenjyuku@gmail.co.jp

質問内容、競馬歴、年齢、ペンネームを必ず記入してお送り下さい。
(※ご質問を取り上げさせて頂いた方にのみご返信させて頂きます)

↑このページのトップヘ