カマシ田中充興~負けないための馬券塾Blog

リアル馬券生活者と言えばやはりこの男。『カマシ』『指数予想』など予想術の最先端を生み出してきた田中充興だ。それらの多くが馬券ファンの支持を集め、いまや馬券術のスタンダードとなっているものばかり。そんな彼が次に始めたのがこのブログ。初心者~上級者まであらゆる競馬好きの質問に答え、馬券に役立つ『Raceレート』まで極秘公開している。 奇才と呼ばれる孤高の馬券師が導き出す結論とは?

2016年12月


こんばんは田中充興です。


今日は【12/3.4中山 Raceレート】を公開していきましょう。

使い方に関しては『Raceレート』の使い方や、過去のブログも参考にして下さい。

161203中
161204中

この2日間であれば

・12/3 10Rチュラカーギー
・12/3 9Rレイデオロ
・12/3 4Rディアシューター

・12/4 11Rセンチュリオン
・12/4 1Rアメイズミー

の5頭が『高レート馬』に該当します。

センチュリオンは元々デビューから2連勝して、青葉賞⇒レパードSと3歳重賞まで駒を進めていた馬。

ただレパードS時は厩舎サイドも「まだ力が足りない」と認めていたみたいだね。その後は1600万を行ったりきたりしていましたが、ここに来て力をつけてきたんじゃないかな。

早速新春の1/7(土)中山11RポルックスSに出走登録しています。

指数的には上のクラスでは少し足りないけど、馬力型だから寒い時期の力の要るダートは合っているし、条件がプラスにはたらけば馬券的に面白いかもしれません。

あと★★★★★★★★★(高レート↑注目馬)は、覚えている方もいるかもしれませんが、前走も高レートをマークしていた馬でアッサリ昇級もクリアしましたね。

このパフォーマンスを次走も出せれば勝負になるのですが、間隔をつめて使ってくると不安がありました。

でも、どうやら現在トレセンに在厩していないようなので次は春の中山でしょうかね。リフレッシュした状態で出てくれば買いでしょう。勝ちっぷりが良いだけに人気を集める可能性はあるでしょうが。



高レート↑注目馬が
またまた馬券に!
先々週のトーセンアーネスト②着
マイネルオフィール(8番人気)③着に続き

<12/17阪神10R>
ビップライブリー②着
<12/17阪神9R>
サンライズノヴァ③着
<12/18中京10R>
スクエアフォールド①着
<12/23中山8R>
アメリカントップ①着
<12/25中山8R>
[特注]レッドゲルニカ①着

<12/25中山9R>
レイデオロ①着

これがリアル馬券で
生活する男の答え

(65位あたりをチェックして下さい)
※最終予想(結論)ではありません

こんにちは田中充興です。

今日は久々に【Q&Aのコーナー】へいきましょうか。

今日の質問は今週から馬券予想に役立つ内容なので、競馬『上級者の方』もまだ競馬をはじめて間がない『初心者の方』も、是非見てください。




Q、 Q、今年の3歳馬のレベルは高いのでしょうか?それとも古馬に比べると低いのでしょうか?田中さんはどう思われますか?
(競馬歴6年 30代 熊本在住さん)

田中: A、現3歳世代(2017年4歳世代)は芝部門では圧倒的にレベルが高く、層も厚いです。よって年明けからも芝の条件戦では現3歳世代の馬をとりあえず狙うべき流れが続くでしょう。


Q、 田中さん悩みを聞いて下さい。最近また競馬をやり始めたんですが、予想をするときにどの新聞がいいか分かりません。先輩からは「自分が見やすいやつにしたら」と言われるのですが、見やすいと言われても‥‥。何を基準に競馬新聞を選んだらいいのでしょうか?教えてください!
(競馬歴2年 20代 製造業勤務さん)

田中: 自分が読みやすいと感じる新聞を選ぶべきでしょう。私もその先輩と同じ答えです。最近はネット上にも競馬新聞が存在していますが、じっと長く見ていると目が疲れてしまってとても集中できません。長い時間熟考するわけですから見やすいことはまず大事です。そしてできるだけ馬柱が長い新聞のほうがよいでしょう。近5走程度ではなく近7走、近10走くらい載っている新聞は理想的です。成績の流れのようなものが掴みやすくなります。またあとで新聞を見直すときのことを考えると、レース順がしっかりと並んでいる新聞のほうが、後で面倒にならないと思います。


Q、 仕事の都合上、毎週土日の全てレースを予想できないので、絞って買いたいんですが。馬券を買うレースを絞るために良い方法はありますか?
(競馬歴8年 30代 大阪在住さん)

田中: 自分の中で【1】★★★★★★★★(これがリアルに馬券で喰う男の答え⇒いつもの場所で公開)を選択すべきでしょう。悩む要素が出るレースというのはやはり的中する確率はぐっと下がります。またそのレースにおいて【2】★★★★★★★★を選ぶというのもありです。
 


<出演・掲載>

・月刊誌『競馬最強の法則』連載中
・競馬サイト『うまスクエア』(土日更新)
・新聞『東京スポーツ』GI予想連載
(GIウィークの金曜掲載)

新聞・雑誌には書けない
馬券に役立つ話を公開中


田中充興


1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。
芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。
現在は、東京スポーツや月刊誌「競馬最強の法則」で連載中。馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。


負けないための馬券塾へのご質問、お便りをドシドシお待ちしております。競馬が好きな皆様が今抱える「馬券予想の悩み」「競馬で知りたいこと」「今更恥ずかしくて聞けないこと」など競馬に関するご質問に田中充興がお答えします。

ご質問はコチラへメールをお送り下さい
↓↓↓↓
bakenjyuku@gmail.co.jp

質問内容、競馬歴、年齢、ペンネームを必ず記入してお送り下さい。
(※ご質問を取り上げさせて頂いた方にのみご返信させて頂きます)


高レート↑注目馬が
またまた馬券に!
先々週のトーセンアーネスト②着
マイネルオフィール(8番人気)③着に続き

<12/17阪神10R>
ビップライブリー②着
<12/17阪神9R>
サンライズノヴァ③着
<12/18中京10R>
スクエアフォールド①着
<12/23中山8R>
アメリカントップ①着

12/25出走[5頭]
高レート↑注目馬

(60位あたりをチェックして下さい) 


こんばんは田中充興です。

いよいよ2016年も最後の開催になりますね。有馬記念が25日に控えていることもあり、この2日間(23.24日)まで盛り上がりにかけた印象があります。

そのぶん明日は盛り上がりそうですね。


ちなみに来年(2017年)は24日に有馬記念が終わり、その後28日ホープフルSが行われるというスケジュール。

どうも祭り(有馬記念)のあとだけに、盛り上がりにかけそうな気が‥‥。競馬関係者は正月休みが減ることから不満を持っている人も多いみたいですね。

と‥話が脱線していまったので有馬記念に戻しましょう。

金曜の東スポの予想をご覧になった方はご存知のとおり、今年の有馬記念は思い切って


キタサンブラックを消しました。

枠順抽選会で武豊騎手が1番を引き当てたときは

「キタサンがやっぱり運を持っている」
「今年の有馬もキタサンで決まりか」


と思った方もいるんじゃないでしょうか。実際テレビで見ていて会場もそういう雰囲気がありましたからね。

ただ今回に関しては、この最高の枠と言われる1番が“アダ”に可能性があると見ています。

人気があって配当妙味がないから嫌っているわけじゃないんですよ(オッズは高ければ高いほうがいいが‥)。キタサンを消しにしたのはちゃんとした理由があるんです。

ヒントは‥‥タップダンスシチーです。

詳しくはレース当日うまスクエアさん公開の『人気格付けチェック』で見てください


さて今日は【12/3.4阪神 Raceレート】を公開していきましょう。

使い方に関しては『Raceレート』の使い方や、過去のブログも参考にして下さい。

161203阪
161204阪

2016年最終日に
高レート↑注目馬が
5頭スタンバイ

(60位あたりをチェックして下さい)

この2日間であれば

・12/ 3 8Rアメリカントップ
・12/ 3 7Rオルナ
・12/ 3 6Rペルランヴェール

・12/ 4 9Rサトノアーサー

の5頭が『高レート馬』に該当します。

この中には木曜にもオススメした金中山8Rのアメリカントップ①着もいます。 12/25阪神10Rに出走するオルナも、ダ1000万の標準値に近い高レートで勝ち上がっているように注意が必要です。

他の3頭も次走で注意が必要なので名前はしっかり覚えておいて下さい。




<出演・掲載>

・月刊誌『競馬最強の法則』連載中
・競馬サイト『うまスクエア』(土日更新)
・新聞『東京スポーツ』GI予想連載
(GIウィークの金曜掲載)

新聞・雑誌には書けない
馬券に役立つ話を公開中


田中充興


1968年、東京生まれ。98年に競走馬のダートと芝の成績はまったく関連性がない、という考え方から導き出された「KAMASI!田中式馬券戦術」(KKベストセラーズ刊)を発表。
芝で好成績を残す馬が、突然ダートを使って大敗した後、次走の芝レースで激走する「ダートカマシ」、その逆の「芝カマシ」という革命的な概念を披露。多くの馬券ファンの支持を集め、馬券術のスタンダードとなっている。
現在は、東京スポーツや月刊誌「競馬最強の法則」で連載中。馬券生活者として、さらなる高回収率を目指し、日々馬券術の発展に務めている。


負けないための馬券塾へのご質問、お便りをドシドシお待ちしております。競馬が好きな皆様が今抱える「馬券予想の悩み」「競馬で知りたいこと」「今更恥ずかしくて聞けないこと」など競馬に関するご質問に田中充興がお答えします。

ご質問はコチラへメールをお送り下さい
↓↓↓↓
bakenjyuku@gmail.co.jp

質問内容、競馬歴、年齢、ペンネームを必ず記入してお送り下さい。
(※ご質問を取り上げさせて頂いた方にのみご返信させて頂きます)


高レート↑注目馬が
またまた馬券に!
先々週のトーセンアーネスト②着
マイネルオフィール(8番人気)③着に続き

<12/17阪神10R>
ビップライブリー②着
<12/17阪神9R>
サンライズノヴァ③着
<12/18中京10R>
スクエアフォールド①着
<12/23中山8R>
アメリカントップ①着

阪神★R出走の
高レート↑注目馬

(60位あたりをチェックして下さい) 


こんばんは田中充興です。

本日発売の東京スポーツは見てもらえましたか?

下半期もあっという間に過ぎ、掲載するGIも最後の1レースとなりました。

一年の締めくくりですからね、最後もバシッと当てて終わりたいですね。まあ有馬記念に関しては、また明日お話しようと思っているで、楽しみにしていて下さい。

さて土曜のレースには、注目の『高レート馬』が出走します。

前走で叩きだした19というレートは、上のクラスの標準に近い高レートです。

しかも今回はシッカリ間隔も開けリフレッシュした状態で出走してくるのも好印象。メンバー的にもこの馬と対等な数字を出している馬はおらず、普通に走れば負けないというレースだと思います。

ただ競馬には絶対はないので、雑誌でも挙げた好走、凡走の落差が激しい可能性がある点だけは少し引っ掛かりますが、まあまず大丈夫でしょう。

あとはオッズ次第なのですが、新聞の印を見ているとどうでしょうかね‥‥。


さて今日は【12/3.4中京 Raceレート】を公開していきましょう。

使い方に関しては『Raceレート』の使い方や、過去のブログも参考にして下さい。

161203中京
161204中京

雑誌でも名前を挙げた
12/24阪神★R
高レート↑注目馬

(60位あたりをチェックして下さい)

この2日間であれば

・12/ 3 10Rシゲルベンガルトラ
・12/ 3 6Rワンダーヴィーヴァ
・12/ 3 4Rショウナンマッシブ
・12/ 3 1Rブラックジェイド

・12/ 4 12Rキタサンサジン
・12/ 4 7Rモンドアルジェンテ
・12/ 4 3Rコロマンデル
・12/ 4 2Rナムラケイト

の8頭が『高レート馬』に該当します。 この週は非常に多いですね。

特にシゲルベンガルトラは2歳の時点でこの数字はかなり高いので、同じ2歳同士なら大きく崩れる事はないでしょうね。

これらの名前はしっかり覚えておいて下さい。


こんばんは田中充興です。

本日は金曜に出走する『高レート馬』を何頭かピックアップしたいと思います。

・中山8R アメリカントップ(前走レート16)

前走ですでに1000万に標準に達するレートをマークしています。今回叩き3走目で状態がさらに上向いているようなら、ここは突破できる能力がある事は示していますが、3走とも間隔が詰まり気味なので、大幅な上積みまではどうか?ただこれまで安定した成績を収めているように、大きく変動するタイプではなさそうなので、ここも買い目には入れておく必要がありそうです。


・阪神7R ストライクイーグル(前走レート15)

前走勝ったオルナがマークしたレートは、500万の標準を超えているもので、タイム差なしのこの馬も同じ評価ができます。近2走②②着としているように、このクラスで力が上なことは数字が証明しています。元々乗り難しいところがあった馬ですが、ブリンカー&岡田祥Jの起用が大成功。ここでもとお薦めしたいところですが、如何せん常に危うさが同居しているだけ、絶対的信頼を置きにくいタイプですね。


あともう1頭注目しているのが

阪神●●R ★★★★★★★★★(前走レート18)

※いつもの場所で公開中

元々体質がかなり弱く、牧場とトレセンを行き来していた馬で、ここにきてやっとまともに使えるようになってきましたね。春に500万を勝ったときの②着が、ブログや雑誌でも取り上げたマイティティー。マイティティーはこのあとトントン拍子で勝ち上がり、現在オープンクラスまで上がっています。

そのあたりを物差しにしても、1000万クラスは通過点といえるでしょう。前走から間隔を空けてきたことも、良い印象を受けますし、あとはオッズと相談したいですね。



前走で高レートを出した馬の次走の見極めには、経験と知識が必要となってきます。ただ今回来なかったからといって、忘れてしまうと人気が落ちたときに好走することもよくあります。

『高レート』を出したときのパフォーマンスを出すことができれば、通用する能力をもっているわけですから、必ず今後もチェックしておいてください。


さて今日は【11/26.27東京 Raceレート】を公開していきましょう。

使い方に関しては『Raceレート』の使い方や、過去のブログも参考にして下さい。

161126東
161127東

昇級即突破の能力
12/23阪神★R
高レート↑注目馬

(60位あたりをチェックして下さい)

※最終予想(結論)ではありません

この2日間であれば

・11/26 8Rレッドゲルニカ
・11/26 6Rサンライズノヴァ
・11/26 3Rヴェルラヴニール

・11/27 10Rナスノセイカン
・11/27 9Rトーセンマタコイヤ
・11/27 8Rルールソヴァール
・11/27 1Rトリリオネア

の7頭が『高レート馬』に該当します。 これらの名前はしっかり覚えておいて下さい。


↑このページのトップヘ