穴優先主義 競馬通信 ━━━━━Vol.673 2010.5.27号□□□


1.先週の回顧
2.全提供レース回顧&分析(一部一般公開)


□□□━━━━━━━━━━━━━━Produced by TAKEZO


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.先週の回顧  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※過去の全提供内容は有料会員のみ会員専用ブログ及び
http://masters.kir.jp/zisekitop.htmlの全提供内容&結果の欄から閲覧可能です。

5月23日(日) 5戦0勝【指定S--/A3-0/B2-0】C(オマケ)なし
日曜は東西ともに思ったより馬場は悪かったですが、まぁ狙ってる馬のリスクを考えると気にする程ではない誤差。4着も殿負けも同じハズレですがアニメイトバイオ、ユキノハリケーンあたりはもうちょい(オークスは10番人気◎コスモネモシンと11番人気アニメイトバイオから7:3推奨)。東京最終はもう少し2着馬の邪魔をしていれば3連複◎○→で10万馬券(流石に降着になるか(爆))◎ユキノハリケーンは外への逸走が半端なかったですがこのレースあたりは内がかなり悪かった印象。一連の馬場傾向からオークスも先行&内優勢のイメージでしたが雨の影響でそうでもなかったか。それにしても最近日曜最終に組まれているプレミアムシリーズてのは前日の段階であまり票が入ってないのかやけにオッズが下がりますね。先週のアグネスエナジー同様◎も前日の段階では8番人気、単15倍くらいついてたと思いますがレース前には単勝が2,3番人気になっていて焦りました(最終的には5番人気でしたが)。まぁ一気に売たのは単勝だけだったようですが(´・ω・)


【裏穴優先主義(土日2戦2勝)】------------------------------
東京9R ガーベラ賞 ◎5.ケイアイルーラー(1〜2番人気)
3. 9. 14. 11. 4. 6. 8. 注7
C【10. 13】D【1. 2. 12. 15. 16】
注目馬なし
■見解
◎ケイアイルーラーは恐らく1番人気ですが3,9,11,14番あたりもそこそこ売れそうなので一本被りて程ではないとみての本命。まだキャリアの浅い3歳馬同士で不確定要素もありますが人気でも買ってみたい理由は前走の内容と前走と今回の相手関係の比較。前走は道中故障で下がってきた馬がいて大きな不利を喰らった馬が何頭かいましたがその中の1頭がこの馬。よくあそこから5着に盛り返したといった内容で、上位馬は前に行った馬が占める中で直線大外へ持ち出して上がりはメンバー中最速をマーク。前走の決め手なら府中コースはプラスだろう。先週の府中は馬場的に前が断然に残っているので前走より少し前目で運べるかがポイントになりそうです。相手は上位4頭が有力の見立て。○ボンジュールメロンは前が止まらない馬場を考えると先行力が魅力。距離も合う上にここまで比較的強いところ戦ってきている。▲ガンドックは危険な人気馬も紙一重で時計や相手関係からの強調材料には乏しいところですがスピードがあるのは今の馬場を考えると魅力。☆レインスティックは▲以上の相手関係とやってきていますが外枠と一息入っている分でどうかで3番手。△ドリームバスケットも先行力兼備。アニメイトバイオの2着などもある馬。
■結果
土曜 東京9R ガーベラ賞 1番人気◎ケイアイルーラー2着
馬連☆◎780円 3連複☆◎△7,400円
複勝130円


京都11R 聖護院特別 ◎10.フサイチオフトラ(3〜4番人気) 
2. 11. 7. 14. 13. 1. 12. 注9
C【-】D【3. 4. 5. 6. 8】
注目馬なし
■見解
ガツガツ飛ばすタイプはいないのでここも前有利に運びそうなレースですが、前有利の展開&京都1800の舞台設定が一番シックリくるのが◎フサイチオフトラ。やや勝ち切れないところはがあるがここは他も似たようなタイプが多いのでここはチャンスとみる。1800では4走前オートドラゴン(次走1600万下2着)と0.1秒差や6走前テイエムアンコールの2着など休養前の相手関係を考えればここでは実力的にも最上位。休み明けの前走は長距離輸送で馬体を大きく減らしての初ダート戦で惨敗で度外視できる。果たして今回走れるか半信半疑なところはありますがこれくらいのリスクはないと本命サイドの狙いも面白くない(誰もが買いやすい馬から買って儲かるなんて旨い話はそうない)。中間馬体を戻してるとのことのことなので本来の走りを期待。○ファビラスボーイは前走案外も元々現級2着がある地力上位馬。巻き返しを警戒。▲リアルプリンスは手元の新聞ではグリグリ◎。前走勝った馬は強かったが離された3着。同馬とハナ差2着ミッキーチアフルは長期休養明けだったことを考えてもこの3着の価値はそれ程大きいとは思わないが他との比較、◎が粘り込む形を考えての2番手。2〜6番手くらいまでは差がない見立て。
■結果
土曜 京都11R 聖護院特別 2番人気◎フサイチオフトラ3着
3連複▲△◎2,800円
複勝170円

 

ここ最近14-10
単勝回収率167%(2340/1400)
複勝回収率125.%(1750/1400)

 

5月22日(土) 3戦1勝【指定S--/A2-1/B1-0】C(オマケ)なし
指定A 東京11R メイS ◎1.ブライティアパルス(7〜8番人気)
6. 14. 3. 11. 16. 15. 8. 注12
C【10. 13】D【2. 4. 5. 7. 9】
注目馬なし
■見解
シルポート、ブライティアパルス、オースミダイドウ、ショウワモダンなど先行馬が揃っており差し馬に目がいくところですが先週の競馬をみても先行馬は簡単に止まらない。道中息の入れやすいこの距離ならペース、先行馬の兼ね合い、後続の出方次第では粘り込みは十分考えられる。狙ってみたいのが◎ブライティアパルス。まずは高速決着の秋華賞4着、府中でも3走前に勝っておりコース替わりが魅力。ここ2走は前半競りかけてきたショウナンラノビアの存在がネックでしたが2走前はハイペースの大逃げ、前走は終始ショウナンの半馬身後ろを併走するともに苦しい形。2走とも小回りコースの外枠で最初のコーナーまでにある程度仕掛けて行ったところで競りかけてくる馬がいるとスピードに乗ってしまいペースが上がってしまうパターン。今回は内枠を引いたのでシルポートあたりが行くなら控える選択肢もあるとみる。実際どう乗るかは定かではないですが秋華賞時のように好位差しの競馬でも力は出せるので競り合いやオーバーペースを避ければ巻き返せるとみる。相手○シルポートは前残りのラインを狙って本線。前走は1600を1:32.4で通過している軽快なラップ。普通にハナは切れそうですが1200で逃げれるスピードのあるオースミダイドウの出方は少し気になります。2番手は迷うところですが4走前の勝ちっぷりと2走前がいい▲キングストリート。府中巧者☆トウショウウェイヴは可能性としては○▲と同等以上に馬券に絡む可能性はあると思いますが◎が前で押し切る線では○▲の方が上にくる可能性が高いという見立てで3番手。
■結果
指定A 東京11R メイS 5番人気◎ブライティアパルス3着
3連複△○◎10,950円
◎ブライティアパルスはこの枠なら控える競馬、オースミが少し絡んで途中からシルポートがハナ、それでも前残りの馬場。前が残してトウショウは想定通り届かずの4着・・・まさに見解で想定した通り(´・ω・)y−~~~1、2着馬は厚めにいっていたラインでしたが残念だったのは◎がハナ差の3着止まりで3連複のみだったこと。直線スムーズだったら2着はありましたがこの辺はツキがなかった。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.全提供レース回顧&分析(一部一般公開)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5/27(木) 競馬通信は本日21:00配信。
http://blog.livedoor.jp/bakenshi_takezo/

会員頁に下記のレース回顧&分析更新。
5/22(土)東京11、12R、京都10
5/23(日)東京9、11、12R 京都10R、新潟11R

裏穴優先主義 
土曜東京9R、京都11R


会員頁でレース毎に回顧。
先週の回顧で触れてないレース他、触れたレースも味付けて回顧分析していきます。

↓その週のは会員頁トップに更新
http://masters.kir.jp/kaiin/episode3.html
↓数週分提供レース毎の回顧&分析(予想&見解付き)頁に収納
http://masters.kir.jp/kaiin/2010kaikobunseki.htm
↓2010年度全提供倉庫に収納
http://masters.kir.jp/kaiin/2010kekka1.htm


■一部一般公開---------------------------------


オークス回顧&分析
指定A 東京11R オークス(G1) ◎1.コスモネモシン(10番人気)
6. 3. 17. 18. 4. 2. 15. 注14&13
C【5. 8. 11】D【7. 9. 10. 12. 16】
注目馬13.アニメイトバイオ(11番人気)
■見解
予報では雨量はさほど多くないものの午前中もしくは正午くらいから雨。重までいかないまでも少し切れ味の削がれる馬場になるでしょうか。前売りは当日の天気予報、アパパネとサンテミリオンが極端な外枠を引いたのも人気に影響してるのかショウリュウムーンが1番人気。外枠の2頭は外枠から好走してますが距離を考えると外より内の方が競馬はしやすいのも確か。まぁいい材料ではないでしょう。また今年は桜花賞が9着コスモネモシンでも0.4秒差と力は接近している。別路戦組ではフローラS組には注意が必要ですが忘れな草、スートピーS組はメンバー的に低調だったので少し落ちる印象。狙いはやはりオーソドックスに桜花賞組。最近ではスイープトウショウ、フサイチパンドラ、トールポピーでこのレースは獲っていますが基本この手の桜花賞負け組からの巻き返しを狙うのがセオリー(昨年は桜花賞組からの逆転は厳しいとみて別路線組を狙いましたが)。

結論から言えば馬券は◎コスモネモシンとアニメイトバイオから7:3の割合いで購入。コスモは桜花賞で狙いましたがフェアリーSでアプリコットフィズに先着、フラワーCでオウケンサクラの2着、サンテミリオンに先着しているように人気どころと能力的には遜色ない。特にフラワーCはオウケンより1キロ背負ってスローの前残りの流れを追い込んでの2着で距離延長にも期待させる内容だった。桜花賞はパッとしない走りでしたがこういう馬が距離延長で巻き返してくるのがオークス。桜花賞は輸送前の発表から18キロ減でしたか、かなり輸送で馬体重が減っていた影響は少なからずあった思われる(直前の調教も輸送を考慮してかかなりソフトな仕上げだった)。関東圏での競馬の今回は前走のような馬体減もないはず。

注目馬アニメイトバイオも11番人気の人気薄。ここまで人気がなければこの馬から少し買ってもどちからくれば見返りは十分。こちらも前走は-20キロという大幅な馬体減。同じく関東圏で調整はしやすい。ローテーション的にもこのレースで穴をあけるタイプ。正直この距離は微妙なタイプかもしれないがオークスは1年後マイル路線を使われているような馬でも馬券になってしまうようなレース。G1(阪神JF)2着、府中コースの実績だけで狙える要素は十分。相手は上位は人気には拘らず距離延長が良さそうな○オウケンサクラ、府中でのパフォーマンスがいい▲アプリコットフィズを選択。この2頭とも競馬をしやすい枠を引いた。コスモ、アニメイトともに頭より2、3着で穴をあけるイメージの方が強いので3連複は手広く。

■回顧&分析
日曜は雨の影響で後半かなり時計が掛かっていた。2:29.9上がり3F35.9要したオークスも稍重ながら水分含んだ馬場で乾いた重馬場よりむしろ時計は掛かってそうな状態。前半1000M通過60.6は馬場を考えると結構速いペースと思われる。結果的に2番手から進めたアグネスワルツは3着に残しているものの逃げたニーマルオトメが殿負け、前で進めたショウリュームーン、コスモネモシンが17,15着に崩れ、上位には差し馬がきているので前が厳しい流れの中でアグネスが強い競馬をした形とみていいだろう。また馬場も内があまり良くないように見えたので1着同着の外枠の2頭はむしろ外でよかったのかもしれない。10番人気◎コスモネモシン、11番人気アニメイトバイオから7:3推奨でしたが◎コスモネモシンは桜花賞に続き狙ったが期待外れ。両レースとも9,10番人気で実力と人気のバランスは文句なしだったが・・・。注目馬アニメイトバイオも馬券的妙味はマックスで直線見せ場十分の4着。上位3頭が走り過ぎたが狙いとしては悪くなかった。今回完全に人気の盲点になっていたのはコスモよりこちらだったのでこちらからの配分を7にする方がセンスは良かったか。上位視したオウケンサクラ、アプリコットフィズは5,6着。ともに内枠のアドバンテージがないような馬場と展開になった感はある。オウケンは距離延長とタフな馬場はいいと思われたが案外。アプリコットは軽い走りをする馬なので馬場悪化が進み過ぎたのはマイナスだった印象。

 

東京クラウンP回顧&分析
指定B 東京12R 東京クラウンP ◎16.ユキノハリケーン(7〜9番人気)
14. 12. 7. 13. 10. 8. 9. 注3
C【1. 2. 4. 11】D【5. 6. 15. 17】
注目馬なし
■見解
前が残せる馬場ということでまずどの馬が逃げるか考えればやはり◎ユキノハリケーンがハナを切る可能性が高い。他に逃げる可能性があるのはショウナンカッサイ、ロリンザーユーザー、ヘヴンリークルーズくらいですがショウナンは2走前に差す競馬をしているので微妙、ロリンザーは芝の短いところでハナを切れるようなスピードがあるか微妙、ヘヴンリーもハナに拘るタイプではない。また有力どころに後ろからいくタイプが多い、となるとユキノが比較的マイペースで運べる可能性が高いのではないか・・・というのがまずは狙ってみたい理由の1つ。前走は殿負けですが中山マイルでは不利な大外枠から果敢にハナをとって直線途中までは見せ場十分。着順程酷い内容ではなかった。前走の負け方なら一変があっていいとみる。休養前の2走はともにこの舞台で3着から適正に関しては申し分ない。当時差のない競馬をしていた馬にサンクスノート、トウカイオスカー、エイシンパンサーなどメンバーレベルとそこそこ高かったので当時くらい走れば勝ち負けになるはず。問題は11ヶ月休養明けを一叩きでどれくらい粘りが増してくるかの一点。相手は前走を素直に評価して○ショウナンアルバ、休み明けも力のある▲ストロングリターン。1400は若干短い感はありますが京都1400の葵S4着が上がり最速の33.4でエイシンタイガーと0.1秒差。府中なら間に合う。C群くらいまでは穴臭い面々で印は悩んだ。手広く流す(前売り2番人気のゲイル、6番人気のワルキューレあたりの実績馬を少し下げたのは◎が前で残す展開ならもう少し前の位置で捌きやすい3、8、9番あたりの方が面白いとみて)。
■回顧&分析
東京最終はもう少し2着馬の邪魔をしていれば3連複◎○→で10万馬券(流石に降着になるか(爆))◎ユキノハリケーンは外への逸走が半端なかったですがこのレースあたりは内がかなり悪かった印象。一連の馬場傾向からオークスも先行&内優勢のイメージでしたが雨の影響でそうでもなかったか。それにしても最近日曜最終に組まれているプレミアムシリーズてのは前日の段階であまり票が入ってないのかやけにオッズが下がりますね。先週のアグネスエナジー同様◎も前日の段階では8番人気、単15倍くらいついてたと思いますがレース前には単勝が2,3番人気になっていて焦りました(最終的には5番人気でしたが)。まぁ一気に売れたのは単勝だけだったようですが(´・ω・)。1,2着は妥当なライン。3着に単勝万馬券16番人気オリオンザドンペリ。中山が得意の馬ですが5走前に現級府中1800で4着に激走。この時に注目馬リストに挙げていましたがここで激走。当時のメンバーを考えればここで3着にこられても不思議ではない。◎は4着と言ってもかなり外へ寄れてのもので1〜3着馬との差も僅差で狙いとしては悪くなかった。長期休養明け殿負けの叩き2走目。引き続き惨敗もありえる臨戦過程だがこの手のパターンは激変率も高い。


※↓次走注目馬の更新は一時中止します。
http://masters.kir.jp/kaiin/chumokuba.htm(会員専用ページ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:穴優先主義
URL:http://masters.kir.jp/
MAIL:takezo_ozaki@hotmail.com
MAIL:sub(masters@kagoya.net)
--------------------------------------------
有料会員窓口:http://masters.kir.jp/madoguti.html
--------------------------------------------
※お振込み確認は基本的に一括金曜日に行ないます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□