Diner Road|BakerBounce オフィシャルブログ

【Diner Road - people & place -】三軒茶屋 BakerBounce オフィシャルブログ



Baker Bounce ホームページ













この秋
最後のお弟子さんが巣立って行きます
ありがたい事です

以後、作り手はわたし一人になります
とても幸せな事です

以前のブログにも記しましたが
今後は人材の育成をするつもりは御座いません

今までどれだけ多くの方に
自分の味を教えようと試みたでしょうか

ですがこればかりは不可能な事なのです
何を教えてもその人の味になってしまいます

これは悪い事ではなく
当たり前の事なのです

味はその方の持っている理解力に基づいて
忠実に表現されるからです

例えばお鮨屋さんなどで
親方の握るお鮨とお弟子さんが握るお鮨
おんなじ材料
おんなじ環境
おんなじ条件
だとしても決して親方の握る味にはならない様に

込めている心の精妙さだけは
誰かから与えられるものではなく
自分で得て行く世界のものなのです

誰かの影を追うのではなく
あくまでも自分自身を深く追求し
真の自分というものを見つけて行く
とても自由でありますが
それと同等の不自由さもある世界なのです

わたしはこのBaker Bounceを出す時に
今まで師事してきた恩師の
レシピは一切使いませんでした
それをしてしまうと
恩師のコピーにしか過ぎなくなってしまうからです
逆に今まで頼ってきたものを一切断ち
自力で一から作り上げ事を成して行く方が
今まで育ててくれた恩師への
本当の恩返しになると思ったからです

ですが今思えばこういう想いも
自分が自分を更に高めて行きたいが為に
敢えて課した行為でもあったと思います

見よう見まねから自分自身へ


教える立場になると逆になり
人に教えられる事は何もない事に気づきます

その人がわたしの背中を見て
その人が善き思いを持てるように
わたし自身の成長が全てになって行きます

見えない感性、感覚は文字や言葉では
けして伝えられるものではないからです

その方の得方、捉え方が全てだからです

わたしは得たものに
弛まず自分で磨きを掛けてきただけです
他に何をした訳でも御座いません

このようなシンプルな事なのですが
なかなか出来ないものでもあります

追求した分が帰ってくる
高めてきた分が帰ってくる
嘘偽りのない平等の世界


それこそが主観宇宙の捉えきれない姿なのです





Baker Bounce ホームページ







9月 
10(月)・11(火) 
連休とさせて頂きます

どうぞ宜しくお願い致します






BakerBounceホームページ 













良かったり悪かったりを繰り返す
相対の世界
この世はあらゆる意味で
必ず対になっております

わたしは16年間バーガーのパテを
練り続けて参りましたが
これを繰り返しております

きっとこの先も終わりが来るまで
そうだと思っております

だから楽しいのです
だから歩んで行けるのです

仮にどんなやり方や努力をしても
おんなじ味になるものだとしたら
きっとこの仕事はやっていないでしょう
つまらないと思えてしまうからです


この仕事の素晴らしさは
今日上手く出来た!嬉しい!
明日はもっと美味しく作ろう!
という自分に対する
無限なる向上心が芽生えて来る所だと
思っております


ですがその意気込みとは裏腹に
上手く出来ない時期もあるのです
気持ちだけが先走っている時です

心技体という言葉がありますが

創造する心に技が芽生えそれに体が馴染んで行きます

この三つの調和がとれるまでが
上手く出来ない時期なのです

なのでそうなるまで
焦らず淡々と練習を繰り返してゆくしかないのです

気持ちはせっかちです
いつも早くやりたいと思います

ですが技と体はすぐには付いて参りません
それなりに作り上げる時間が必要なのです

そんな逸る気持ちに手綱をつけて
真心を込め繰り返して行きます
続けて行くと心技体の関係自体が熟して参ります
そうなりますとその領域より下に下がる事が
少なくなって参ります
あとは上を目指して行くのみです

ですが上手く出来ているもので

基本的な心と技と体が出来あがって来ますと
今度は心理状態が鍵となり
こちらに左右されやすくなって来るのです

本質の追求に限りがないと知りながらも
「出来るようになった」
という慢心にやられやすくなってしまうのです
すると結果は然りで伸び悩む時期に入ります

ですが悪い事ではないのです
この慢心こそが
本来在るべき姿を思い出させ
また進む道に引き戻させてくれるからです


光と闇
善と悪
美と醜
生と死
喜と悲
男と女


他にも沢山ありますが
必ず対になっております
全てが二つで一つです


どちらか片方だけの存在だけでは
二つの事を解かり合える関係など
生まれるのでしょうか


ありえません


たとえ苦しくとも乗り越えるから幸せなのであり
毎日の必然に対し決意と理解が深まり
ふいに湧きおこる慢心にも対処出来るようになって行くのです

体を使ってやる事には
めんどくさい事が多いです

そのめんどくさい想いを
やるぞ!
という意気込みに変換するのです

生きている限りこの正反の体験は
ま逃れる事は出来ません

良い事には悪い事が付いており
悪い事には良い事が付いています

相対を受け入れると

良い事も悪い事もない
みんな良い事になるのです

自分の心の領域のみでしか解からない事です

苦しく思っても楽しく思っても
時間は過ぎて行きます

どんな体験も良い事と思えて生きれる方が
わたしは幸せだと思っております





↑このページのトップヘ