Microsoftは先週末、「Windows 10 November Update」を突然自社ダウンロードサーバから削除した。これを受けて同社は米国時間11月24日、一転して同アップデートの提供を再開した。そうした中、同社は今回急な決断を下した理由についても説明した。

 新たな声明は次のとおりだ。

「われわれは先頃、ある問題を認識した。この問題は、Windows 10を既にインストールし、November Updateを適用していたごく少数のユーザーに影響を及ぼしていた可能性がある。これらの顧客において、November Updateをインストールした時点で、カスタマイズした設定の一部が保持されないという予期せぬ問題が発生した恐れがある。これらの顧客に対し、われわれは今後数日間のうちに元の設定を復元するつもりであり、ご不便をおかけしたことをお詫びする。われわれは、この問題をできる限り早急に解決できるよう努めた。本日提供を開始したNovember Updateを今後インストールする場合に影響はない」

 Windows 10の「Media Creation Tool」(メディア作成ツール)は、「Build 10586」のダウンロードを再び可能にしている。Media Creation Toolは、Windowsユーザーがクリーンインストールやアップグレード用のインストールファイルをダウンロードできるようにするものだ。Build 10586は、November Updateを組み込んだ完全なインストールパッケージになっており、クリーンインストールやアップグレードに使用できる。

 新しいインストールファイルの最大の利点は、Windows 10を「Windows 7」や「Windows 8」「Windows 8.1」のプロダクトキーを使ってアクティベートできる点だ。

 詳細を把握する人物らに筆者が取材したところ、Build 10586に存在する一見些細なバグに遭遇したのは、同アップグレードを実行した「極めて少数のWindows 10ユーザー」だという。

 この種のアップグレードでは、「Windows Setup」がすべてのユーザー設定を新しいインストールに移行することになっている。しかし今回のケースでは、4つの設定がそのリストから予期せず除外され、デフォルト値にリセットされていた。

アプリが自分の広告識別子を使うことを許可する
SmartScreenフィルタをオンにしてWindowsストアアプリが使うウェブコンテンツを確認する
アプリのバックグラウンド実行を許可する
デバイスと同期する

 4つの設定はいずれもデフォルトのインストールで「On」になっている。Windows 10の最初のインストール中、もしくはその後にこの4つの設定をオフにしていたユーザーは、Build 10586へのアップグレード時にこれらをオンに戻していた。

 11月のアップデートは、7月にリリースされたBuild 10240を搭載するWindows 10端末に対し、Windows Updateを通じてあらためて提供されている(Windows 7と8.1のユーザーは影響を受けていない)。

 リリースされたばかりの新たな累積アップデートは、前回アップグレードしたユーザーの設定を復旧させるようになっている。

 メディア作成ツールで、Current Branchの最新リリース(今回の場合はBuild 10586)が再びダウンロード可能になった。

 日本マイクロソフトの新タブレット「Surface Pro 4」が発売された。

 今回発売されたモデルはCore m3搭載モデルが1種類、Core i5搭載モデルが2種類の計3モデルで、店頭価格は税込134,000円~194,000円前後(詳細は「今週見つけた主な新製品」参照のこと)。

 本体の発売に合わせて、オプションの「Surface Pro 4 タイプ カバー」(5色)や「Surface ドック」、「Surface ペン先キット」なども発売されている。店頭価格は順に税込17,700円前後、同27,400円前後、同1,500円前後。

 なお、Core i7を搭載したモデルは12月に発売予定となっている。

■ 12.3インチ/2,736×1,824ドットの液晶を搭載したWindows 10 Proタブレット

 Surface Pro 4は、Windows 10 Proを搭載したタブレット型端末。昨年7月に発売された「Surface Pro 3」に続くモデルで、最新の第6世代CoreシリーズCPUを搭載するほか、ディスプレイの大型化・高解像化、本体の薄型化・軽量化などの強化が図られている。

 本体サイズ(約)は292.1×201.4×8.4mmで、重量(約)はCore m3モデルが766g、Core i5/i7モデルが786g。ディスプレイサイズは12.3インチで、解像度は2,736×1,824ドット。10点マルチタッチに対応するほか、同梱のSurfaceペンによる入力が可能。バッテリーによる動作時間は、動画再生時で最長約9時間。

 メモリ/ストレージの容量については、Core m3モデルが4GB/128GBの1種類、Core i5モデルが4GB/128GB、8GB/256GBの2種類、Core i7モデルが8GB/256GB、16GB/256GB、16GB/512GBの3種類が用意されている。

 主な搭載機能・インターフェイスは無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、リアカメラ(8メガピクセル)、フロントカメラ(5メガピクセル)、USB 3.0、Mini DisplayPort、microSDカードスロット、各種センサー。オフィスソフトは「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」がプリインストールされている。

 米Microsoft Corporationは10月29日(現地時間)、アプリ作成Webサービス“Windows App Studio”をアップデートしたことを明らかにした。主な変更点は、Windows 10の「ストア」向けのパッケージ生成がサポートされたこと。

 “Windows App Studio”は、Windowsを搭載したデスクトップ・タブレット・スマートフォン向けのアプリケーションをプログラミング不要で開発することができるWebサービス。現在ベータ版として提供されており、“Microsoft アカウント”があれば無償で利用できる。今年5月のアップデートでは、Windows Phone 10からXboxにまで対応する“ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)”アプリケーションの開発もサポートされた。

 今回のアップデートでは、“Windows App Studio”で作成したアプリケーションパッケージを、途中で「Visual Studio」を利用することなく、直接“Microsoft ストア”へ提出できるようになった。“Microsoft ストア”に掲載されるアプリケーションのスクリーンショットを自動で撮影することもできるという。

 また、フルスクリーンのアプリケーションシミュレーターをサポート。実機に近い状態でアプリケーションの動作を確かめることができるようになった。さらに、新たにリリースされたアプリ「Windows App Studio Collections」を利用すれば、開発したアプリケーションのデータ部分のみを編集することが可能。同アプリは“Microsoft ストア”から無償でダウンロードできる。

↑このページのトップヘ