2018年01月11日

明治の改元の前か後か・・・

佐賀は風が強く、とても寒い一日でした。
平野部の我が家の辺りでも、朝はうっすらと雪が積もっていました。

小出千之助について調べる一日でした。

明治の改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定められました。
だから明治時代とは新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指します。

小出千之助の位牌には、明治元年9月5卒とあるので、改元以前に亡くなっているのですが、佐賀藩の英学校の学頭に任命されたのは明治元年9月11日。いずれも旧暦です。

村瀬寿代さん著の『日本のフルベッキ』には、フルベッキの大阪の旅に、小出千之助はフルベッキの使用人として同行したことがかかれています。この旅は1868年10月18日午後2時長崎出航。25日頃この旅は終わり、小出は長崎から肥前へ向かう途中で落馬し、脊柱を打ってまもなく死亡したとあります。
村瀬さんの『日本のフルベッキ』はグリフィスの『日本のフルベッキ』の翻訳で、グリフィスの日付は全て陽暦。

小出千之助が亡くなったのは、明治に改元の前なのか後なのかはっきりしません・・・

位牌の日付、間違っていることがあるのだろうか・・・

bakumatusaga at 23:00│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字