歴女目線で見る佐賀の歴史何とか形に・・・

2018年03月11日

故人を偲ぶ一日・・・

今日もとても素敵な一日でした!!

朝は地域のお墓掃除でした。20人程度で掃除をしていたところ、通りがかりの男性が、「あの〜、ここに小柳さんのお墓がありますでしょうか」と声をかけてこられました。
小柳という姓は何軒かありますので、「どのような方だったのですか?」とお聞きすると、なんと私の父のことだったのです!!
その方は、墓地のそばを度々通られていたらしいのですが、いつもは誰もいない墓地なのに、今朝は大勢人がいたので、思い切ってたずねられたとのことでした。

父には世話になったと言われ、「どがんしよっかい?(どうしてる?)」と、その方の家にも度々上がって話し込んでいたそうです。
わざわざ、お墓に手を合わせに来てくださったことに、娘としてはとっても感激しました。
家に帰ったら、叔母から電話があったのでそのことを伝えると「お兄ちゃんったら、家の事にはかまわず、いつも他所の家の世話ばかりしていたからね〜」とのことでした。

午後からは、「西村さんを偲ぶ会」でした。私が佐賀市内を散策中に道を尋ねられたのが最初の出会いで、不思議なご縁でした。本日は12人集まったのですが、私と同じく偶然に出会って縁ができたような方ばかり・・・。

黙祷を捧げることもなく、生前の西村さんに接しているようにみんな思い思いのことを言って楽しい時間をすごしました。

亡くなられて2年が経ちましたが、こうして集まる偲ぶ会は3回目です。
回を重ねる度に、みんな進化しています。
西村さんも喜んでおられると事思います。

今日は故人を偲ぶよい一日となりました。




bakumatusaga at 21:41│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
歴女目線で見る佐賀の歴史何とか形に・・・