岡鹿之助の点描日々進化する南里邸

2018年04月11日

南里邸人気・・・

喉の奥の痒みがなかなか取れません・・・
花粉症で不快な症状はまだまだ続くようで、今日はお薬をもらいに行ってきました。
薬局の薬剤師さんが「南里邸行ってきましたよ!ミツコをシュッとしていただき良かったです!!」とのことでした。
ちょうど私が留守のときだったみたいです。

さて、南里邸の「世界を見ていた佐賀の人」「佐賀に縁ある女たち」展は、おばさん二人で走り続けて何とか開催していますが、内容が良いということで、人気が上がり、南里邸を目指してこられる、熱心なお客様が増えています。
私たちのパネルの説明トークも人気で、サービス精神旺盛なおばさんたちは、結構ヘトヘトになっています。

メディアでも取り上げられ、今後ますますお客が増えることが予想されるので、佐賀市さんから「説明トークの動画を撮影し、画面を見てもらえるようお客様サービスをしましょうか」と提案があり、その方向で準備が進められそうです。

声だけにして欲しいのですが、私たちが映像で説明するらしいです。おばさんたちは戸惑いながら、協力することにしました。

しかし、おばさんたちの説明を画面で見るというのが、なかなかイメージできません・・・

いろいろ想像しながら、私がこれはいいと思ったのは、ウェアラブルのめがね型ディスプレイ。
これだったら、パネルをバックに、私たちの説明が聞けて、Good!!

150年前の歴史に思いを馳せ、未来にどう生かせるか、新しい形での表現としていいんじゃないかな〜と思います。








bakumatusaga at 22:08│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
岡鹿之助の点描日々進化する南里邸