縁の下の力持ち、金赤ガラス唱歌の会の皆様

2018年10月12日

藤山種広と板ガラスの製法

藤山種広は板ガラスの製造にも成功したとのことです。

で、副島ガラスさんに、板ガラスの製法についてお尋ねしました。
板ガラスはロール状になったガラスを切り開いて平らにしたのだそうです。

そうか・・・。ガラス作りの工房で、管の先に飴のように溶けたガラスをくっつけ、吹いてコップを作っているのを見たことがあります。
吹きガラスでは、板ガラスは出来ないのですね!

また、水銀の上に流し込んで板ガラスをつくる方法もあるとのことです。

とっても身近なガラスなのに、私はその製法を何にも知らないことに大いに驚いてしまいました・・・。

昨日は、神埼にある藤山種広のお墓にも行きました。
この人は不慮の事故で、48歳で亡くなっています。

近代日本の発展を支えた技術者の一人として、覚えておかなくてはならない人だと思いました。
28938318_550297628675599_1531999282_o








bakumatusaga at 22:32│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
縁の下の力持ち、金赤ガラス唱歌の会の皆様