目まぐるしく過ぎた明治150年・・・モニュメントの背を見て・・・

2018年12月29日

暮れの餅

叔母の畑から白菜と大根をいただいて来ました。
自家製のお餅も頂きました!

また、一昨日餅をついたようで、玄関から直ぐの板の間は、餅に占領されていました・・・。

我が家も、ズーッと昔、暮れの餅つきでは、座敷まで餅に占領されていたことを思い出しました。
我が家の辺りでは、一抱えもある重ね餅を、その家のお嫁さんの実家に贈る風習があり、叔母の家からは毎年滑々して、肌に皺のない大きな餅が、オート三輪車で届けられていました。

我が家は車がなかったので、母の実家にはリヤカーで運んでいました。

叔母とそんな話をしながら、お鏡餅以外を扱いやすい大きさに切る作業を少し手伝い、たくさんのお餅をいただいて来ました・・・。

暮れらしい一日でした。



bakumatusaga at 21:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
目まぐるしく過ぎた明治150年・・・モニュメントの背を見て・・・