呼子から筑後まで明治の頃の学制

2019年07月11日

佐賀の青山家

本日は南里邸歴史倶楽部の研究会。
クーデンホーフ光子さんについて、3人がそれぞれが見つけた資料を持ち寄り、あ〜でもない、こ〜でもないと、話が続きました。
今日は、光子さんの実家である佐賀の青山家について話し合いました。過去の研究でいろいろと調べられているようだけれども、佐賀とのかかわりについては調べられていないようです。
多分、佐賀の歴史についての知識がなければ、わからないことが沢山で、調べられなかったと思うのです。

私たちも、もうわからないかもしれないと思っていたけれど、想像をたくましくして、資料を繋ぎ合わせると、見えてくるものがありました。

簡単にはあきらめない60歳代の女性3人、楽しみながら前進しています。

bakumatusaga at 22:30│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
呼子から筑後まで明治の頃の学制