小出千之助さんのことウィーン、チェコまであと一月・・・

2019年10月07日

小出千之助と精煉方

小出千之助さんについてのこと、まとめています。

幕末の佐賀藩は洋学を学び、科学技術に秀でていたことはよく知られています。
佐賀藩の理化学研究所である精煉方で、通訳として仕事をしていた小出千之助は、一番最初に洋書に触れ、翻訳し、佐賀藩の科学技術の発展に大きく寄与したと思います。

今、精煉方跡は佐賀市が発掘中だそうです。
これから、いろいろなことが出てくるだろうし、千之助さんの働きもわかってくると思い、楽しみです。



bakumatusaga at 22:48│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
小出千之助さんのことウィーン、チェコまであと一月・・・