ランコポポビッチ

「人生で一番影響を受けた人物の前での試合」。ランコ・ポポヴィッチ監督が特別な感情で臨む千葉戦へ(BLOGOLA)

ポポヴィッチ監督はオシムさんがパルチザン・ベオグラード、シュトゥルム・グラーツで監督をされていた時にプレーしていたんですね。
ということはマリオ・ハースさんともチームメイト。

20世紀終盤から21世紀に入ってオシム監督時代頃までのジェフの外国籍選手は東欧路線だったし、マスロバルさんがいたのでジェフの情報も伝わっていたというのは納得。

オシム監督が見守る中、ポポヴィッチ監督がフクアリで指揮を執る町田ゼルビア、手ごわいな。