不透明な時代を見抜く「統計思考力」不透明な時代を見抜く「統計思考力」
神永 正博

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-04-15
売り上げランキング : 140

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 今日は、『統計思考力』の本をご紹介します。
 このジャンルの本が話題になることは、これまで少なかったのでは?(ワタクシが知らないだけかも知れませんが・・・。)
 帯には、あの小飼 弾氏激賛!!とあります。
 『統計思考力』について弾言されているのでしょうか。
 それでは、いつものように行ってみましょう

概要 
その報道は真実か? その解説は適切か? その通説は正しいか?

 多くの報道、通説、専門家による解説の多くが、正確なデータに基づいて書 かれているものではありません。ほとんどの人が元データに当たることなく、あるいは、データを正しく扱うことなく、言説だけが一人歩きしているのです。

 けれども、的確な判断、対策のためには、現状を正しくとらえることが必要であり、そのためには、今起こっている事実をとらえなければなりません。その事実の多くは、データすなわち、統計という形で、今や多くが公開されています。すなわち、データを正しくとらえることができれば、誰でも評論家やジャーナリストに勝るとも劣らない「眼」をもつことができます。

 そして、それは、この不透明な時代を生きるわたしたちの必須のスキルです。 本書では、数式を用いることなく、ウェブ上にある実際のデータを通して社会問題を考えていきます。それぞれのトピックスの考察だけでも十分に価値あるものですが、さらに、その過程で、統計学の重要な部分が自然に理解できるように工夫されています。 

目次
第1章 基礎編●データを読む
それ、ほんとう? まず元データに当たる習慣をつけよう! 
 1 生データを入手する
 2 データを図にする

2章 中級編●データを読む
統計の基本を知って、正しく読もう
 1 基本をおさえる
 2 足したら出てくる 正規分布ワイプル分布
 3 一を聞いて十を知る 大数の法則
 4 分けて考える べき分布
 5 因果関係と間違えるな 相関 

第3章 上級編 データを利用する
過去データから未来を予測する
 1 未来を予測する
 2 思考を錬磨する オープンコラボレーション
 3 自力で考えることの最大の敵

ポイント
 この本は、基礎編・中級編・上級編と分類し書かれておりますので、ポイントも各々に分けて書いてみます。 

基礎編 データを見る
 自分の考えを補強するデータが見つかったといって、それが事実とは限らない。

1.データを先に見る
2.だれかが解釈する前のデータを見る
3.自分の仮説に反するデータを集める

 たとえば、データ付きの新聞記事があるならば、まず、データを先に見てから記事を読むようにする。そうすることにより記事に書かれていないことまで見えてくるそうです。
 記事の内容にあったデータを後付し、記事の内容を補強している場合がありますからね。
 また、だれかが解釈する前のデータを見ることや仮説に反するデータを集めることも大切ですね。
 データをあまり見ずに記事を鵜呑みにすることがないように注意したいですね。

◆似たようなニュースが続く理由
ポアソン分布−『稀にしか起こらない互いにまったく無関係の事件(事象)が、一定期間に何回起きるかを記録すると現れる分布。

事故は密集して起きる可能性があります。

 航空機事故がニュースで報道されると、その時期に集中して事故があるように思うのは、ニュースを見る側の心理的なものと考えていたのですが、どうもそれだけではないんですね。
 この、ポアソン分布が関係していたとはビックリです。
 地震の発生も、このポアソン分布に近いということです。
 うーん。恐るべしポアソン分布

中級編 データを読む

平均値が実感と合わないのはなぜ? 

 そうですね。全体数があまりに少ない場合。たとえば2〜3個の場合のデータ平均はあまり意味がないかも知れないですね。平均値を使うのが適切がどうか考える必要がありですね。
 
 そして、平均といえば、無意識に左右対称な分布を想像しますが、実際はそうでないことが多いらしい。
 うーん。思い込みのワナにハマってしまっているワタクシです。

 だから、よく発表される『平均所得』や『ボーナスの平均』は、どこの平均とっとんじゃいそんなに誰が貰ってるのと感じるのか。納得です。

上級編 データを利用する
 未来を予測する

◆経済予測はなぜプロでもむずかしいのか?

 それまで一度も起きたことがないことは、どんな分析手法を使っても予測できないのです。

 経済現象では、そのような現象がわたしたちの想像以上に頻繁に起きる。

 経済って、魔物なのね
 昨今の100年に一度の不況も、予測できないはずですね。
 でも100年に一度だから、今度の予測できないような不況は100年後かい

◆人口ピラミッドで日本のこれからを読む

『従属人口指数』が下がる時期を人口ボーナス期、上がる時期を人口オーラス期という。

 この人口ボーナス期から、国の発展を予測するというのは非常におもしろいと思いました。

簡単には、
『従属人口指数』=(老人+子供)/働く人×100%が小さければ働く人の収入が多いということなので経済成長状態と言うことになる。
 
 この人口ボーナスの観点からは、中国、インドの発展はしばらく続き、21世紀前半の間には中国とインドの勢力バランスが逆転するという構図になっているようです。
 説得力アリって感じじゃないでしょうか。

まとめ
 
 私の場合は、まず、データを鵜呑みにせず、データを見て考える習慣をつけることから考えないといけないなと・・・
 新聞や雑誌などでは無意識に記事⇒表やグラフのデータという順序で見てますからね。反省
 書き手は、自分の記事にあったデータを引っぱってくるのですから、そのデータの出典とか数値も見てみる必要があるでしょう。
 著者の神永さんは、自分にとって大事な数字を頭にいれておくことを勧めております。政府の公開している統計情報などをチェックしておければベストですね。

 『統計思考力』って奥が深いな。
 この力を鍛えれば、いろんな場面で役に立ちそうですね。
 フェルミ推定とかにもイイかも。

 統計というと難しく考えてしまいますが、本書では、日頃なぜと思っている興味深い事象について解説していますので読んでいて非常におもしろいし参考になります。
 たとえば、『なぜ、選挙の開票率数%で『当確』がでるのか?』など。
 これは、『大数の原則』と呼ばれているんですね。
 詳しくは、本書で読んでみてください。

 数学が苦手な人も、この本で統計が勉強できる入門書という感じがイイです。

不透明な時代を見抜く「統計思考力」不透明な時代を見抜く「統計思考力」
神永 正博

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-04-15
売り上げランキング : 140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

編集後記
 週末は、近所の公園にて『親子遠足』でした。
 子供の成長を身近に感じることができ、少々疲れましたが充実した気持ちになりました。

 写真は、私のふるさと『いなかの駅』です。
 えき
えき posted by (C)わんわん