2006年09月18日

白い悪魔再びなの

続いて今日はもう一品。ネタは、ムービック発売?だったかな?
白い悪魔ことなのはさんです。今度のシリーズは、少々年齢がお高くなるそうで
ちょっと残念はそんな今日この頃。

今後、市販キットとしては各社出てくるわけですが、夏後第一陣が
こちらでした。本当は8月発売が一ヶ月延びた。他社も随時それにしたがう
感じですね。

で、こちらのキット。写真から感じていたよりもでかいです。
価格も、7000円台。おそらくもっと小さく感じたのは情報量の少なさから
かも。情報が凝縮されたキットはスケール以上に大きく感じるのですが
それがこれにはない感じ。

感想は個人で違うでしょうが、顔の造形はアニメに一番似ているかなと。
ただ、塗装がまず安っぽい。ゴールドの表現が典型的な間違いに
陥り、黄緑色の鈍い色になってます。その点アルターのは金色そのもの。

また、顔・髪の毛ともにのっぺりな塗装になっているのが残念至極。
おそらく塗装というよりは色の調合にあるような気も。

とりあえず我が家のレイジングハートはアルターのに変更しました。

白い悪魔 再び



かぼちゃ娘

なんか、WF以降アプする暇もあまりなかったのでいまさら感が
ありますが、順番に…。

まずは確かマックスファクトリーのメリッサ?
え〜、なんかもうキャラがどの原作とか知りません(´・д・`)
イベントレポで見たときにネタにかかわらず買いたいとおもいました。

そう、漢が造形に惚れたってやつ|´ω`)y-~

そして次のイベントで買いそびれた数分後にマックス連合ブースで
市販化の報を確認しました。

…恐ろしいスピードですべてが進んでます。
もはやクロックアップでも間に合いません。

で、肝心のネタはというと磐石の内容でした。PVCならではの
かぼちゃの表現とか出来ることをすべてしている感じです。
おまけにローレグ・ローレグo(・∀・)O


やっぱりつるぺた、ローレグ、八重歯のコンボには負けちゃいますね。

カボチャムスメ(;゜∀゜)=3



2006年09月11日

そのガレージキットは・・・

と、ARIAのタイトル風に入りました今回のお題はカグツチノさんの
新作からARIAです。藍華がショートカットになっているのがミソ。

毎度のことなんですが、氏の作品はどれも小さいです(´・д・`)
小さい分早くできるかといえばそういうわけでもなく、このキットに
いたっては予想外にパーツ数も多く疲れました。

とりあえず総評から入りますと、写真の写り方もありますが
サイズの小ささに負けて塗装のメリハリをつけることが出来ずちょっと
写真写りとしては安っぽさがでて残念。

今度はこういう小さいキット向けな塗装も頑張らんと。

塗装に関しては、3人それぞれの肌の色を意識して調合。
アリスが一番白い感じで、灯里が真ん中、藍華がややピンクが
入った感じとアニメから判断。
このコントロールはうまくいったかなと。ただ、写真では
その差異があまり出てこず…。

うまいこといかなかったなぁとおもったところとしては髪の毛。
特にアリスのエメラルドグリーンが表現しづらくて、結果、逃げに
はいってしまいました(汗

久しぶりに全体がホワイトで、いろのはっきりする赤・黄・青
といったあたりが登場してきたのも難解にさせました。
この色構成はガンダムですね、懐かしい|´ω`)y-~

なんだかんだ、気になるところはでてしまいましたがとりあえず
完成ってことで、100円ショップとかで手ごろな背景があれば
バックにベネチアらしいジオラマ表現とか入れてみるのもおもしろいかと
おもってます。

そうそう、ベースは風呂場でつかうタイル一枚28円を採用です。

ウンディーネさん



2006年08月24日

自由工作 その過程

ナディア全身




























さて、今回のキット製作にかかった時間ですが、火曜の夜からはじめたので
まる2日くらいでしょうか。
同時に、別のキットの整形作業も進めつつですが。
基本的に、サフは吹かない塗装で最近のキットは進めてます。
これを厳密にサフレスというかはまた別ですが、一応サフレス塗装としましょう。

カラーのレシピですが、毎度ナディアの肌をどうするか悩みつつ
今回は初めてのパターンで

 タン+クリアーオレンジ+ウッドブラウン? 

だったかと。おもっていたよりは落ち着いた感じになってよかったかな。
髪の毛は、紫+インディーブルー 
髪の毛は海から上がった後でぬれて垂れ下がっているという解釈でそれらしい
ところは暗めに。

タンクはベースにシルバー。ところどころに黒く吹く箇所に黒とシルバー、
黒と白で作ったグレーなどを適当に吹いてます。

タンクにつくバーが多少変形していて自立が難しく長さの調整などしました。

チューブは、中に針金を入れて昔ガンプラ用に買っていたウェーブのチューブを
使用(嗚呼、スゴイ懐かしいξ´∀`ξ

瞳は、キャスト字の白を白い部分には活用。

ちなみに、今回は顔のパーツだけ妙にトラブル続き。
シンナーでドボンすること4回。それも最後は、クリアー吹けば次の段階へという
ところで間違ってホワイトの入っているブラシを吹いてしまい、気分は
すごろくでゴール手前「ふりだしへ戻る」のますを踏んだ気分。


工工エエェェェ(*゜Д゜*)ェェェエエ工工

という感じで己のあほさ加減にしばらく憤り、このままぶーたれて終わろうかと
マジでおもう。

でも、このままでも何も変わらんとべそかきつつ、ドボンでリカバー(´・д・`)

そんなこんなで出来上がりましたナディア嬢です。
このキットで残暑、お見舞い申し上げます。o(・∀・)O









夏休みの自由工作(;゜∀゜)=35

becb2f1f.jpg














さて、WF前々日よりお休みを取っていた私の夏休みも
今日でいったん終了。まぁ、明日出社してまた週末ですが
一応気分的には。

おかげさまで、何をするわけでもなく、自堕落に過ごせました|´ω`)y-~
目標の一つ「ときかけ」をもう一度見るというのは達成。
本当は「スーパーマンリターンズ」が見たかったが、個人的に
感情移入したいので洋画でも吹き替えを選択するのだが、近場で
見つからず。

品川でやっているらしいのでまたどっかで見に行きたいところ。

暴れん坊将軍もみたし、らしい夏休みをすごしたトリはやっぱり自由工作。

お題は、WFで買ってきたばかりのほっかほっかのネタで
チェリーブロッサム 桜坂さんの新作「ナディア」です。
元のイラストはタンクを背負って、海に入っているところなんですが、
背負うと色々大変だそうで、それはしなかったそうです。

でもタンクはついてます。
このイラストは当時ニュータイプに掲載された奴なんですが、
リアルタイムにみていた中学生時代、鮮明に覚えているイラストのひとつです。

確か、折込のポスターに貞本氏が浜辺でタンクをはずして休みイラストも
描いてますね。いや、懐かしい〜

とりあえず、感慨に浸ったところで、製作レポは次のブログへ。

2006年08月22日

WF2006夏 レポ その2 

美しゅうございますo(・∀・)O















さて、WF当日の一日を振り返りつつ…

:早朝スタート
毎度のことながら、設営準備やご挨拶周りをしていると
全然時間がないので現地7:00を目標に朝は5時に起きる。
荷物の忘れ物もないかチェックしていざ出発。

画像は、早朝でも多少湿気が感じられる朝の一幕。
現地には予定通り7時には到着。

出立前にすでにサンプル提出に苦闘する冨樫氏は現地合流は
無理と確認。遠方から来る武夷氏ももともと時間は別だったので
菱沼氏を待ちつつ、会場近くへ。

ずらっと並ぶ人、人、人。

こちらはその列を尻目に会場へ。7時の時点ですでに
ゆりかもめの手前の駅に向かって列が伸びてました。

:現地到着、いざ設営。
とりあえず、会場内のほうが涼しいので、菱沼氏を待ちつつ
会場内へ。すでに設営準備に入っていたメーカー担当さんにご挨拶。
お一人で大量の商品を裁くのは大変そう(;・`д・´)

時間をおかず、菱沼氏が合流。二人で設営準備。
2卓とったものの商品は1卓で終了、残りは会社の作品販促に
当てることに。

設置している時に作品を見た人から、「2回もう見たよ」と
声をかけてもらう。開場後もこっちの反応はよくて、いろんな方から
似たような感想や見れない地域にいる残念な声などが聞こえてきた。
作ってきた自作の名刺カードが好評であっという間になくなった。

ホントありがたいことですM(_ _)M。


:開場30分前ですが…
バスが遅れていた、武夷氏がようやく到着。
あわてて、全員で梱包作業。これこそ、作業を「マキマキ〜」な感じ。
であと数分ってところでようやく完了。

と同時に、「WF2006夏開催です」とアナウンス。
こちらも事前に確認した段取りであわてず走らずお買い物。
有名どころだとカグツチノさんのARIAをゲット。
これは早く作ろう。

そうそう、買えなかったけど再販もあるようですし、いずれは
卓球模型さんのるーこもホスイ。めがっさ、エロエロでしたよξ´∀`ξ

:会場を回って…
作品で言うと、今回がピークなのが「なのは」ですかね。
各所で見かけました。有名どころも作ってましたね。
ただ、メーカー品のラインナップがすでにある程度あったので
有名どころ以外は苦戦していたようにも感じられました。

個人的にはディータ?とかもっと作ってほしい(;゜∀゜)=3
今回、なのはネタだととらの穴用に起こされたイラスト「へたれなのは」とでも
いいましょうか、3人娘のキットを購入。こちらは完売していたようです。

あとは、FATEが根強くモチーフにそれぞれ工夫がされていて、そろそろ
落ち着いてきたかな?
本当ならタイミングさえ合えば「ハルヒ」がすごいことになっていただろうけど、
申請時期と盛り上がり時期がずれていたのが痛い。

結果、来年冬ごろには市販キットも色々出てくるようで今回の企業ブースの
情報からは個人には厳しい出品となるかも。

自分的には「キミキス」とか誰かやってくれんかなぁ〜とかおもったり。
摩央ネェがホスイわけですよ。


:お昼も過ぎて…
すでに写真撮影モードになり、会場もある程度落ち着き、武夷氏と
会場を昼食を探しつつ散策。

Aブロックから回るが、小物系をオリジナルで作る方も多く見かけ
その手のセンスのない自分にはうらやましい次第。
あと、有名原型師さんのキットとかでもまだ残っていたりとちょっと
驚きなとこもありました。それ相応に数があるのでしょうが…。

ホント、完成品が前提のお客さんが多くなったことを毎度のごとく
感じさせられます。

:取材ですか?!
そういや、ウチのブースにテレビカメラを持ったおっさんとナレーター
らしいいかにもな格好の女の子が襲来。

商品を撮った後、色々聞かれる。

「これを作っているのは誰ですか?」
「いつからこういうイベントにでていますか?」

など。なんとなく、仕事柄、普通に答えてしまったが、その前にまず
名乗ってほしかったなぁ。後で企画担当者が名刺と番組を説明は
していたけど一番不思議だったのは、目の前でおっさんが女の子に耳打ちして
質問内容を教えてる様は、こっちにしたら

「事前にそれくらい覚えておけよ」

とかおもうわけですよ。これ何のコント?って感じで。
先におっさんが「こんな質問しますので答えてもらえますか?」とかいえば
いいのに。

番組名を聞いて、TBSでなくってよかったとはおもった。
またイタイおたくキャラとして使われた日には目も当てられん。

:アレッ?こんなところで…
撮影モードになったあたりで自分のブースにいたら、会社の同僚が
撮影に来た。声をかけたら相手も驚いていた。
どうやら、彼もディーラー参加してたらしい。世間は狭いね。
ほかにも、専門学校でしりあった講師の方や、アニメーターさんも
発見。ただし、こっちも別のお客さんと話していてはなせずじまい。

ただ、アレだけでかい会場でも人と会う時はあうもんなんですね。
自分のねたも教えたけど、果たして休み明けにいった会社でどう
とられるのだろうか。

:ハイ、ハイ、ハイ!!
最後に企業ブースにご挨拶もかねていこうとDブロックへ。
グットタイミングといいましょうか連合ブースでハルヒ役の声優さんが
出演。熱唱されてました。

CDで聞いたよりもさすがにパワーダウン。走り回りながら歌うわけだし
しょうがないか。あまり気にせず新作情報をチェック。

視界の端のほうで、合いの手うって
    ジャンプするファンが見える'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、

すげえ、息の合い方( ゚Д゚)ポカーン

そのあとメイドルックの永遠の17歳が登場。
上段から降りてくるわけだが、下にいるこっちにしたら複雑な気分。
個人的にはデビュー作のエレクトラさん以外の何者もないので
早々にその場を撤収。

帰り際、リボルテックコーナーを物色、
パトレイバーは塗りがあまりよくなかった。反対に造形に不安のある
レヴィも見れるくらいであることを確認。
いや、似ているかといわれると全然ですよ。

しかし、続々と色々なネタを商品化するらしい海洋堂の戦略には
怖いものすら感じます。我々の財布を飢餓状態にする気ですかヽ(`Д´)ノ

:さて、5時ですが・・・
すでに3時くらいでサンプル提出のギブアップとなった冨樫氏を待ちつつ
撤収作業。
最後のアナウンスで「ワンフェス2006夏、終了です。お疲れ様でした〜」
と聞きつつ、拍手で終了。

やっぱりあっという間だし、回りきれなかったとこもいろいろあったんだろうけど
この感じがまた次回も参加しようとおもわせるんだろうなぁ。


:ハーメルンの…
6時前には、実行委員会に出せるものと後日のペナルティに対する対応も
確認し、20名を越す人数でいざ新橋へ。

サラリーマンの町を重装備で歩く、オタを率いながら町を横断する
姿はさながらハーメルンのバイオリン弾き?

毎度のことながら、白○木屋を襲撃ですよ。
3時間近くおりまして呑みも呑んだり生ビールだけで68杯。
お会計は12マソオーバー。

色々馬鹿話とエロ話で盛り上がり、大盛り上がり。
ホント、このときが一番楽しいなぁ。


色々ありましたが、やっぱり次もどんなカタチであれ参加したいですね。
さぁ、次のネタを考えよう〜。




WF2006夏 レポ その1 明日はどっちだ〜

WF2006夏
















数日すでに経ってしまいましたが、夏といえばイベント。イベントといえば
ワンフェス。ガレキ甲子園に参戦してきました。
残念ながら、今回は販売はまったく振るわず、胸像という選択肢の難しさを
痛感させられました…_| ̄|○
まるまる残った在庫はそのままWHF横浜にとおもってますがこのままという
のもつまらないので、残ったシリコンも使う意味で、顔の修正や追加パーツを
作るなどしていきたいとおもってます。

プチイベント感覚?みたいな|´ω`)y-~

この反省を活かし、次回へ…といいたいところですが、残念ながら今回サンプル
提出がメンバー内で達成できず、これまでの参加の歴史において2度目の
ペナルティとなりましたため、版権モノのエントリーは出来なくなりました。

さすがに、来年の夏のことを会場で話す状況ってかなりブルーですね(´・д・`)

知人からは版権フリーな作品としてガイナックス作品を作っては?とは
アドバイスをもらったのですが、あまり作りたい作品もないのと、エヴァとなると
正直生存競争に勝てるほど、テクも知名度も何もないのでちょっと腰が
引けてしまいます。

今の時点では、年内のWHF横浜、有明と参加予定ですので、WHFでの
シャナの版権条件が再販時に完成品を要求されるかどうかで、有明まで
持ち込むか検討中。ただ、正直数が動く商品とはなりがたいので、見切りは
どっかでつけないといけないでしょう。

新作を来年の夏に照準合わせるというのも奇妙な話ですが、意外に
サラリーマン的には時間もそうないので、たまったキットの完成品作業を
しつつのんびり手を動かしてもおつりがこないかもしれないくらい。

今回の反省から、次回のテーマがいくつか

仝況燭呂發辰繁瓩海
>いつも時間がないので、あまり注力してませんが結果型のもちが悪くなる
 原因なのは明らか。今回、複製パーツはある程度の技量のある方なら
 ストレスなく組めるくらいにまではいったので、次の課題がこれ。

△呂辰燭蠅陵く作品をチョイスしよう
>正直、型とり作業に自信もないので原型製作時のデザインや構図を
 おとなしめにしてきましたが、次回はそのあたり気にせず進めて
 ひょんなことから見えてきた複製依頼ルートですすめようかと。

とりあえず、出しても通らないかもとはおもいつつ、作りたいものを
チョイスしないと締め切りが見えない作品に手をかけるのは精神的には
しんどいので今のところ以下を視野に入れてます。

*サンデー系
 絶対可憐チルドレン
 聖結晶アルバトロス
*マガジンGX
 カルドセプトからナジャラン

ナジャランは立体栄えするイラストばかり。ただ技量が伴わないと
厳しい高いハードル。加えて、承諾されるかもよくわからず。
サンデー系は最近、小学館が寛容なのか、それとも原作サイドか
すこしづつ開いてきているので面白いかも。

といった感じで、これからどうするかは、もうしばらく完成品キットを
組みながら考えよう。

で、WFレポは?ってところでその2へ続く|´ω`)y-~



2006年08月11日

途中経過&PG公式HP立ち上げ

シャナ


























また、ライブドアー機能で何もないブログになってしまったのでイベント
前情報などなど。

このたび正式にPeach GardenのHPを立ち上げました。
(といってもまだ、ほとんどが工事中ですが・・・)

で、今回の卓番号はB44-06となります。
すでに、カタログは発売されているようなので、多少なりとも
見ていただける方がいるとウレスイ(〃∇〃)

で、肝心のネタはといいますと、先週の時点で型の破損限界と気力の
続くところまで複製を行いました。
残念ながら販売予定数までは達しませんでしたが、まぁそこはそこってことで。

明日・あさっての2日で完成品を2個(黒シャナ・赤シャナ)をつくり
1つはそのままサンプルとして提出の予定です。

今日は会社で夜遅くから会議なので、その前に模型店にいって
塗料の調達などしておこうかと。

いよいよ一週間をきろうかというかんじで、イベントモードでハイテンション
にいかんとなぁ〜

 


2006年07月30日

抜けたーーー(;゜∀゜)=3

3b49cca7.JPGふと気がつけば、夏らしく、セミがようやく鳴き始めました。
土曜日は湿気でかなり参りましたが、今日は風もあり
すごしやすい日だったので製作作業も好調です。
ただし、暑いのでかなり速いスピードでキャストが固まって
参りました。

ですが、何とか数回のテストの末、全パーツが複製完了〜♪
←の画像が組み立てた奴。

…すいません、会社にデジカメ忘れて携帯カメラで撮りました_| ̄|○


組み立ててみての感想。
髪の毛のパーツはおおむね良好でかけている箇所もほとんどなし。
そういう意味では今回のパーツはほとんどが気泡等による
欠けがありませんでした。
唯一、リボンがパテで埋めてもらいたいところがところどころ。

といっても、あくまで見たところなのでそこはそこってことで(笑

組み立てに際しては、メロンパンを持たせる左右の腕のバランス
調整に原型時と複製時のパーツの合いの違いで時間をかけたほうが
よさそうです。

それと、色を統一するので白くなってますが、あほ毛はキャストでなく
チューブの針金です。本体にも添付します。
予定では、チューブをはずして針金だけで使うつもりでした。

完成品は、いまだ未開封のクリアーキャストをつかってアラストールを
別に複製しようか思案中。あけたが最後、9割がたキャストが余って
しまうのが難点。

組み立てての反省点としては、正面から見て右側の髪の毛を別パーツで
つけているんですが、バランス的にもう少し一体感を設けるべきだったかと
いまさらながらおもったり。

でも、許された時間の中で進めた割には、色々と成果もあったので
これはこれで満足。

あとは来週複製作業、翌週完成品を作って、その次がイベントですよ!!



途中経過〜|´ω`)y-~

さて、土曜日からやり直しとなった作業ですが、おもいのほか
すすみました。

第一陣で完成したシリコンはテストショットの一発目でOK。
ここ何回か、すんなり抜けず苦闘の連続だったのでこれはうれしい。
おまけに、無駄なキャストを出さなくすすめられたのもポイント。
ながら作業で複製が5個まで進んだ。

同時に、肝心の型どりはパーツをひとついれわすれるという
ハプニングがあったが全部流すことも終了。朝にはがっちり
取れてるでしょう。
問題は型がチャント外れるかだが、ブルーワックスは難しい
パーツもあったので実績のあるフッ素系のスプレーを採用。

今度こそ、うまくいってほしい。現時点でシリコンの残数は3缶とすこし。

で、その合間に色々物を買ったり頼んだり。
届いたところだと、メガハウスのシェリス。
前日、中野ブロードウェイではサラを1体みただけで、どこにも
なかったので、てっきり台風で入荷が遅れている他社と同様かと
ばかりおもっていたら到着。

なんか、スパッツの食い込み具合がすげぇ〜〜(;゜∀゜)=3
その昔かったガレキを作るのを忘れさせる出来だ(オイ
こういうのをタイムリーにイベント限定オパンツ下半身とか
出してくれるとなお良し!なんだが、どうですかメガハウスさん。


あと明日にはコトブキヤのリューナイトが到着するはず。
最近だと、ハイコンのサザビーも抑えたり、台座として使えるそうで、
星矢のスタンドを思わずアマゾンオーダー。

続けて、ウルトラ兄弟変身セットを買ってしまう自分'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、
いい加減にしろって感じですね。

でも、メビウスとかで熱く芹沢前隊長を送り出すシーンにウルトラ五つの
誓いを立てた日には買わなければいけないじゃないかヽ(`Д´)ノ

「1つ、天気のいい日は布団を干す事」
「1つ、腹ペコのまま学校に行かぬ事」
「1つ、道を歩くときは車に気をつける事」
「1つ、他人の力に頼らない事」
「1つ、裸足で走り回って遊ぶ事」








2006年07月27日

また、やってしまった・・・l||li _| ̄|○ il||l 

WFまで一ヶ月をきり、サラリーマンモデラー的には後のない
今日この頃、さらに後がない事態に陥ってしまいました(泣)

先週末に型に埋めて昨日の夜までに反面まで流し、もう反面
その日の夜に流して翌朝を迎えたのですが、4つあるうち
出社前に試しにあけた2つのうち1つが使い物にならないという事態が(;´Д`)

どうも、毎回シリコンの間に使うフッ素系の離型スプレーのチョイスを
誤ったようです…。以前あったシリコンタイプのスプレーではないのですが
性質的にイマイチだったようで。

一つ目は、きれいにとは言わずともとりあえずはがれたのですが
もう1つは部分的に「もげる」感じではがれてしまい、使い物にならず。

朝から心はグレー、長雨状態の日本のようです。

出社してチェックしたところでは買ったタイプはユウビ造形の
フッ素系だったのですが、「流れやすい」のがうりらしくそれがあだに。
こんなことなら、実証済みの小さいけれどBe−jの奴にせめてすればよかったと
後悔しきり。

まぁ、これ以上うだうだいっても時間だけが過ぎるので状況を改めて整理。

使用したシリコン…9缶で型4つ 
手元在庫は残り1つ

おそらく、型4つのうち残りの3つは全滅の恐れアリ。
せめて、原型が壊れないことを祈るしかない。
すでに、型は一応取れたパーツで、指が折れるという事態も発生。

やっぱりもう10缶セットでかうしかないかなぁ。
(この時点で完売でも赤字ケテーイ)

日程的には
 28日夜…ねんど埋め作業(またかよ!
 29日AM…片面流し
   夜…もう片面ながし

 30日…溝ほり&テストショット
 5.6日…複製
 12.13日…完成品作業
 19日…前日最終準備

というかんじでいけるといいなぁ。
今回の反省を活かし、やっぱりブルーワックスもオーダーしようかと。
アレはアレで、集中しないといけないからいやなんですが、
人間手間は惜しんではいけないですね、ウンウン(⌒o⌒;A

なんだか毎度のことながらスマートに行かない感じがイベントらしくて
いいかななんて、ちょっとおもってしまうマゾッケ発言の今日この頃でした。



2006年07月22日

またいつのまにか・・・

夏がきたんですねぇ( ´∀`)・∵,
世間では子供たちは夏休みみたいですが、
まだ梅雨があけていないような気が…。

自分の頃を振り返れば、夏休み前も結構授業でプールがんがん
はいっていたような思い出があるんですが今年は
そういうわけでもないようです。

ちなみに、私は結構泳げるほうでした。(アレ、過去形?
小さい時からスイミングスクールとかさりげなく言ってましたので(⌒o⌒;A
泳げる人の証、クイックターン(それも背泳ぎから)とバタフライは
まぁ、なんとなく抑えてました。

当時から近眼まっしぐらだったので、周りがよく見えず
今にして思えばもったいないことをしたと後悔しきり(オイ
当時の自分に、せめて度入りゴーグルを是非渡してあげたい×(`□´)×

そうしたら健全な道もまたあったんですかねぇ(シミジミ

とりあえず、戻ってこない昔はさておきこれからのお話ということで
夏のイベントワンフェスです。
早売りの模型誌でイベント情報も出てきて、夏の盛り上がりも必至ですね。

自分のネタの状況としては、原型の磨き作業をもう一度したいところ。
そのあと、型どり→複製→完成品作業とすすむかと。

複製作業は販売用に15個、サンプル・提出・展示用など入れると
最低20個は抜かないといけません。
今回は型の厚みを一層厚くしないといけませんね。


スケジュール的には

 7/22…磨き作業
 7/23…型どり作業
 7/29…型どり作業&テストショット
 7/30…複製作業
 8/5.6…複製作業
 8/12.13…完成品作業
 8/19…写真・ぱっけ作業
 8/20…イベント当日

型が失敗したら、結構ヤバイ日程です。最悪、今日出社している分の
代休と夏休みを伝家の宝刀でださないといけないかも〜。






2006年07月16日

時をかける少女

15日劇場公開となりました「時をかける少女」の初日舞台挨拶の回
にいってきました。

諸事情もあり、見に行かないといけなかったので久しぶりに行列に
並ぶことを覚悟で参戦しやした|´ω`)y-~
都内で公開が新宿のテアトル一館となんともさびしいお話で
かなり競争率が高いだろうとはおもってましたが、当日の熱狂振りは
すごかったです。初回が終わった時点で3回目まですべて満員だった
ようです。

自分自身、夜11時に会議が終わり(オイ
同僚の飲みに新宿で合流。その際に覗いたらすでに4人ならんでいたので
始発時間より早く行けば確実に取れるだろうとおもいいったん、先輩の
自宅へ仮眠もかねてご厄介に。

早朝5時には劇場に着くとさすがにそこまで並んでおらず自分の位置も
指折り数えられる順番でした。

で、実際の内容ですが舞台挨拶で監督以下、スタッフが登場。
それぞれ、挨拶といつの間にかキャッチコピーになったらしい「胸きゅん」
な最近の体験というネタフリをスタッフに行い、エピソードを披露。

キャラデザの貞本さんの、プチ拉致で缶詰状態にされてホテルで
監督とともに過ごした一週間が胸キュンだったというのがうけました。

監督はこうやって多くの皆さんにおいでいただけたことに、ただただ
感謝で胸キュンですとコメント。

一同盛り上がったところで早速放映。
以下、ネタばれ大いにありなので見たくない人はスルーしていただければ。
一応画像を間に入れておきますね。
公開前にボルテージを上げていくために必須だった主題歌CDとサントラ。

時をかける少女






















放映時間はおおよそ100分。事前に試写した人のコメントからは
「泣ける」というキーワードがあったので、少々構えすぎたのが
素直に感動できなくなったという意味でもったいなかった。

評価としては「清清しい」とみなが評するところに同感。
中身としては今年の夏の劇場作品でも上質なものとなったとおもいます。
ブレイブストーリーとゲドも見ないことは性急な判断下せませんが
試写会による前評判は本作のほうが断然上とおもわれますね。

本編構成としては前半はタイムリープで過去にいけることを
ついてなかった数日を取り返すために何度も使い楽しむ主人公。
コミカルにタイムリープのたびに空を飛び、さかのぼった過去に
前転でんぐり返しでクルクル回りながら登場する姿は笑いを誘いました。

今はやりな女子高生スタイルなのでもちろんスカートも短いし
そんなことしたら見えちゃんはずなんですがそこはお約束。

当然やり直したことにひずみで深刻な事態に直面し、思いがけない
展開を迎えるわけですが、そのあたりは本編をみてもらいやしょう。
で、個人的には最後に男友達の関係から好きの対象と見るように
変われる主人公の心の中でのきっかけにもう少し力を入れてほしかった。

最後は、さわやかに別れたわけなのですが、いつあえるともわからない
永遠の別れとも取れる終わり方を簡単に許容できるものかな?と
その点はひっかかってます。

結構、永久の別れみたいな時空、世界を隔ててお互いが別れてしまうって
話はありがちで、予想外に再会するって落ちもマンネリ化しているから
そういうところにはもっていきたくなかったのかなぁとも考えちゃいます。

すべてを語ることがOKなのか意見が分かれるでしょうが、あえて
好きな人との別れを選択しなければいけない事情を膨らませる背景を
話の中でもっと織り込んではほしかった。

それでも良質な作品であることは確かだし、見終わった後で主題歌CDを
聞き返すと本当主人公の心情がすごくわかっていいですね(;゜∀゜)=3

もう一度今度は、早朝からならばんでも見れるところで落ち着いて
鑑賞したいとおもってます。
夏ならではの作品としてヒットすることを祈ります。




2006年07月08日

とおりました♪

無事、WF結果が届きOKがでましたъ( ゜ー^)
いや、よかったよかった。

で、考えたらあまり日にちがないですね。
え〜っと土日だけで数えると
7月8・9・15・16・17・22・23・29・30
8月5・6・12・13・19・20

7月は22日が出社日で、15日は自社作品の劇場公開なので
初日を覗きに行くつもり。

三連休で完全に原型を作り終えて、型どりをはじめられるくらいに
したい。髪のパーツが細かいのでうまく抜けるか心配だし
早めに進めよう(一応、意思表明|´ω`)y-~



いいんちょ



2006年07月02日

新番組スタート

いつの間にか、7月。上半期も終わり、W杯もおわり?夏も
もうすぐという感じで|´ω`)y-~
でも、海もプールも夏のアバンチュールも(古
関係ございません。

まぁ、せめて気分くらいは湘南気分をと、FM横浜を
かけつつ今日も作業作業。

で、そんなことと関係なく、7月の番組構成でまたアニメが
ちらほら。
今週すでに始まったところだと、赤ずきんと貧乏姉妹を視聴。
赤ずきんはなんかテンポが遅いというかコマが変というか違和感
ありでした。
あとお決まりのおもちゃグッズうりたいオーラがいやでしたなぁ。

貧乏姉妹は、以前知り合いから紹介されて原作を読んでいたのですが
まぁ無難にアニメ化作品に上がりましたというとこでしょうか。
局がテレ朝であまり恵まれた作品作りにならなそうなので流して
みていこうかと。
一話目で花火の話を持ってくるともうあまりいい話が思いつかない…

ちなみに終わった話だと、ブラックラグーン、吉永さんち〜。
ラグーンは最終回だと気づきませんでした(笑
この4月作品でトップレベルの作画力だったかと。
吉永さんちは、ママ最強ということがよくわかりました。
主人公の女の子がパワー不足で、それといって若槻ボイスで
ガーゴイルが引っ張るわけでもなく、突き抜けない感じで終わったかなぁ。

今のところ、4月作品だと
ダントツ1位がハルヒ、2位が、今のところ暫定でARIA。
3位が彩雲国物語 4位にブラックラグーン。

逆にだめっぷりでいくと、牙・リングにかけろ2。
いや、もっとひどいのもあるのだが、中途半端に見ている分がっかりなのが
このあたり。
牙は、お話がよくわかりません( ゚Д゚)ポカーン
主人公いいとこないし、登場人物が中途半端におおくなっては
説明ないままリタイヤ。これで一年やっていくほうがすごいよ。
リングにかけろは原作知らんので原作がアレならしょうがないが、
作画もそれに加えてひどい。

この状況だとさらにハルヒが際立ってきてしまいますね。
誌面や店頭もハルヒ一色。これあら暮れから年明けには立体物系も
多くでてくることでしょう。楽しみ楽しみ。

画像は、怒涛のお買い物から一品
リベンジとなったボイスドールのルナマリナ。造形としては
非常によいですね。これで我が家のルナマリアも5人目です。


ルナマリア



2006年06月26日

やっぱりARIA

ここしばらくのアニメ放送作品の中で、お気に入りといえば
ハルヒとこのARIAですかね。

今月発売で第一シーズンのDVDがすべて発売となるARIA。
ほとんど、DVDなぞ買わない私もこのシリーズだけはしっかり
コンプで、最終回までの残り3話をじっくり鑑賞させていただきやした。

最初が、先輩ウンディーネの昔話。

「あのころはよかった」でなく、「あの頃もよかった」

過去のよかった思い出にとらわれて、今の楽しさに
気づかないなんてもったいない。

そんなゆとりのある
人生を過ごしたいもんだなぁとしみじみしちゃう回。
最後に、ついつい今日の別れを惜しんで、我慢できず主人公が
橋の上から見送ってしまうシーンはグッときます。

おそらくシリーズ最高の演出ぶりかも。

続く、2話目はオリジナル。ここでオリジナルかよ!と
当時はおもったけど見たら、これまたエガッタ(;゜∀゜)=3
いまのアクアが出来るまでのさまざまな人の苦労と思いを
まとめたお話。

アクアは、手作りの星。みんなの汗と苦労と思いが呼んだ奇跡の星。

まじめに考えれば、火星をテラフォーミングしたわけだから
その年数は尋常じゃないでしょう、実際。
最後に、未来から来たことに気づいて

 「さよなら、私のアッペニーレ」

といって主人公を送り出すあたりは、別の時代からきたことを
気づきつつも核心を言葉にしないニクイ言い回し。

そんでもって、最終回。
放送当時はまんま季節感も一緒な分、この3話はどれもシンクロする
要素が多かったですが、この回はパーフェクト。

広場で、みんなで年越しをして、初日の出をみるまでのくだりは
ガチですね(;゜∀゜)=3
毎年大晦日から年越しはこれを見てすごしてもいいくらい。

確かこれ見ながら今年がよき年であるように祈願し、心あらたかに
迎えたはずなのですが…、アレッ?半年もうすでに経っているけど
「アウグーリボナンノ」なんて今年の暮れにいえる自分がいるのかなぁ?

まぁ、とりあえず未見の人は見ておくべし。
夏に見るより、秋から見るほうが20%感動Upは間違いない。




2006年06月21日

なんかいつの間にか・・・

6月も終わりが近づき、手元の手帳でスケジュールを振り返った
のですが、そうですかもう半年おわったんですねぇ(;´Д`)

こうやって無駄に時間が流れていることにあとから
気づきながら歳を経ていくんですかねぇ。

まぁ、瞬間瞬間をかみしめる意味で今日も昼飯がてら新宿まで。
目的は、とらの穴。お店があるとは気づかずはじめていきましたが
目的はハルヒのCD。なにやら特典がついているとか。

明日、アキバで呑むのでそれでもいいかと思ったのですが予想以上の
人気もあって心配になり突撃。

・・・どうやらそれが正解だったようで、明日にはまずなくなっているだろう
ペースで消費されてました。
ホント、この作品では営業戦略的な部分と作品展開・演出がきめ細かに
なされていて、一丸となった姿勢には頭が下がります。

このCDに入っている歌を発売直前の話数で公開。おまけに気合入れすぎだろ!
っていうくらいの作画スタッフの投入。
そして、その気配を感じさせない商品情報の統制と、やっていたらおもしろい
けど普通は出来ないことをやってのける京都アニメーション、でっかいすごいです。

今日は帰宅したら即効視聴して、もう一度12話も見直さなければ(〃∇〃)




2006年06月14日

今週は・・・

なんか、あまり予定が入っておらず暇だ。
まぁ、暇といってもすることはチョコチョコあったりするが
精神的に余裕があるという意味では暇だ(笑)

とりあえず、8月決算なのでそろそろ来期のことも
考えないといかんねぇ。
採用とか、来期の設備投資とか、システム改善とか
やることはいろいろあるけれど、さてどこからしようかのぅ。

採用といえば最近専門学校の取材を何件か受けて、そのうちの
1件から出来上がったカタログが届いた。
予想以上に装丁に金がかかっていて、なんか掲載して貰うのが
申し訳ない感じ。
かなりえらそうに語っているからねぇ(*´д`*)

まったく関係ないが、仮面ライダーSPIRITを読み直し。
その勢いで買って置いたソフビ魂を撮影。
ライダーマンと旧一号がまだ手に入ってない。一体1000円するのね
定価だと。新1・2号がでるのが楽しみ。ココまできたら10人ライダー
そろえたいですわ。


ソフビ魂



2006年06月11日

WF作業進捗

シャナ




















とりあえず、途中経過|´ω`)y-~
いまだ、台座をこのまま行くか、ちょっとした演出をするべきか
思案中。この二日、途中寝たり・ケーブルテレビみたりしつつ
作業を進めこんな感じ。

まだまだ、完成には遠いですが、広告に載せる画像ってことで



2006年06月05日

季節の変わり目恐るべし(;´Д`)

振り返れば、5月っていう季節には、なぜかいたって
健康体(毎日青汁のんで、サプリメント摂取をおこたらないわが身)
の自分が毎年なんかしらで体調崩してます。

前職の会社自体も、原因不明の高熱を急に出しダウン。
まぁ、これは忙しかったという理由もあるけれど。
このときおそらく8.7度。
で、その会社で2年目は、異常な痛みで歯がおかしくなり
調べたらばい菌が入って歯ではなく歯ぐきが腫れるという
事態に…。そして、今年は連休最後に高熱出してダウンし、
毎年のこともこれで終了かと思いきや、きましたよ
もっとでっかいのが×(`□´)×

今回は高熱+下痢+胃痛というコンボ技。さすがに一週間
会社をお休みしました。腹痛を伴う風邪という診断ですが
下手すると食中毒系?と思うほど下痢と後半は胃痛が…。
胃痛が周期的にくるので、寝ようにも寝れない、このもどかしさ。
飯は下手に食えないし、胃痛で何も出来ないという最悪ぶり。

不摂生とかなら今後の反省ともなるんだろうけど、まったく
心当たりなしで防ぎようがございません。
いまも、薬を飲んでるせいで膨満感状態でおなかが減ることない感じ。

もう、季節の変わり目は怖くてかないません。
休んだけど、体を休めていたので精神はあまり休んでおらず。
まぁ、この間に「キミキス」ようやく2人クリアはしたけどね(・∀・)