バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

カユマニス ウブド プライベート ヴィラのパートⅡです。前回のご紹介ではウブドのスパ・エステは得にすてきなものが多くカユマニス・ウブドのスパをご紹介しました。今回はレストランとバーのご紹介です。

ウブドのサヤン渓谷エリアにはフォーシーズンズやアマンリゾート、リッツカールトンなどが立地を選んだ場所でラグジュアリーなリゾートを目指すなら確かにサヤンは適した場所かもしれません。

そんなサン渓谷の坂道、のぼりはじめでフォーシーズンズ・ウブドの手前にカユマニス ウブド プライベート ヴィラは位置します。カユマニスグループの一号店、このヴィラのオープニングの際にはこじんまりしたお部屋、レストラン、リザベーションで他になくとにかくかわいい造りとウッディーなつくりが印象的でした。

現に日本のお客様には大好評でかつフォーシーズンズやアマンよりもお求めやすい価格で、当初は大手旅行会社ではなく口コミで評判を呼んでいきました。

カユマニス・ウブド・プライベート・ヴィラ・・・スパ&カフェ(前編

最近は日本の旅行会社さんはウブドは宿泊よりツアーなどがメインになっていますのでカユマニスウブドの素晴さが伝わりにくかもしれません。ツアーやスパ・エステなら気軽にお立ちよりされることができるかもしれません。

以下写真はスパ施設に向かう前にあるヴィラ内の橋
f843c82a[1]
前回バリ島ウブドのスパ・エステとしてカユマニスウブドをご紹介しましたが本日はレストランカフェです。昔からこちらはタイレストランとしてユニークなコンセプトでしたが今はインドネシア料理やインターンナショナルも幅広く対応できそう・・・高級酒の肴の・・・
DSC_6900
カユマニス ウブド プライベート ヴィラのレストラン2階にはワインバーもあります。このこじんまり感とワインと景観は大人の贅沢のはじまり・・・・
13100849_1113397405368032_1349165683401472213_n[1]
こちらはで昼でも夜でもワインを楽しめる場所です。
9945d75f
ワインは夜のイメージですがこんな眺めなら昼からワインですね。奥のソファーはよさげでした。
904f7a56[1]
ここで2人
a96e1e92
レストラン1Fにおりて良さそうな席を物色・・・・
904f7a56
一番奥がまず目立つ
DSC_7050
カユマニス ウブド プライベート ヴィラのハイティー・・・おいしそう、おすすめはサンドイッチ(個人的)でなつかしい味がする。
fa5dd3a3
バリ島のスパ・エステをお探しならカユマニスウブドのスパ・・・・スパ終了後がさらによし、こちらのレストランでお茶すべし、スパとお食事のパッケージならなおさらよし・・・・写真は抹茶オレ(試作品)甘くなくてバリ島では光るはず!
9e4158f7
アイスティーとアイスコーヒー
c8cdfd11
ここは2番目の角席ですが一番よさそう!
63567732
新鮮、癒し、そそる、
caae71c6
カユマニス ウブド プライベート ヴィラのメインレストラン全貌
f0b45c31
夕方から夜
13131373_1121417374566035_6614935180386177323_o[1]

→カユマニス ウブドのスパのご予約はこちら

バリ島のスパ・エステはカユマニス ウブド プライベート ヴィラ・・・・スパ&カフェ(後編のご感想はこちら
13256484_1126821410692298_6330462804064967209_n[1]



→バリ島のスパ・エステ予約ならバリチリこちら

93992617[1]

バリ島の楽しいオプショナルはこちら

バリ島のウブドにはラグジュアルなスパ・エステがある。スパアットマヤマンゴーツリースパ・バイ・ロクシタンやロイヤルキラーナやフォーシーズンズのスパなどきりがないほどです・・・・そんなラグジュアルスパ激戦区にカユマニススパのウブドがあります。

こちらのカユマニスというヴィラですが、フォーシ-ズンズ・リゾート・バリ・アット・サヤンやアマンリゾーツなどがウブドにヴィラを創設していったときあと、これを商機ととらえ地元資本が上記ホテルより安価でよりラグジュアルなヴィラをと設立したのがカユマニスウブドです。のちにヌサドゥア・ジンバラン・サヌールなどアコモが広がります。

フォーシーズンズとほぼ同じ場所にアマンよりこじんまりしてよりウッディーにさせた「かわいらしいヴィラ」をオープンさせました。のちのバリ島ヴィラブームを回転させはじめたヴィラかもしれません。

日本人にはカユマニスヌサドゥアやジンバランがかつて大手旅行会社のパッケージに組まれたのでご存知の方も多いかもしれません。よって素敵なバリの才能が含まれています。



そんなヴィラのスパのご紹介です。場所はウブド、下写真はイメージですが毎朝いたるところでこんな光景はみられます。

カユマニス ウブド プライベート ヴィラのイメージ「朝、田園を歩く男」
5
ヴィラのスタイルはシンプルで木素材を多用した。バレをオープンリビングにしてあるのは素敵、カユマニスウブドはヴィラブームを先導した。おもいでのある方も多いのではないでしょうか。
川をわたるための橋もかわいく見える。

タイレストランもかわいい造りになっている。
下写真カユマニス ウブド プライベート ヴィラのトリートメントルームです。ワクワクさせる造りです。
1
現在のバリ島のスパ・エステはウブドエリアにラグジュアルの多くを感じてしまいます。ウブドの自然あふれる景観が背景にあるいのに違いありませんね。

下写真はカユマニス ウブド プライベート ヴィラのトリートメント棟、この解放感とラグジュアル・・・
12
テラピストさんも神様とお客様のためにヴィラ内でお祈り

カユマニス ウブド プライベート ヴィラの各ヴィラ入口にある水瓶
16
セラピストさんの技量も当然ですが、バリ島ラグジュアルスパ・エステは環境も重要ですね、こちらはレセプション横のオブジェ・・・・渋い・・・
25733442
カユマニス ウブド プライベート ヴィラの基地内に橋
cd19be9c
橋を渡るとスパのレセプション、自然そのものの環境にあるかわいいレセプション
DSC_6750
スパ・エステ施設の周辺にはガーデニングも豊で小川を通して小さい滝にしてあったり・・・
DSC_6757
カユマニス・ウブドのプールは川のほとりに位置している、ジャングルの中でプールとプールデッキやバレで大人の時間が過ごせる・・・
85443b37
お隣のリッツカールトンウブド(マンタパ)やサマヤウブドはスロープにカートが通り川まで下れるが、カユマニス・ウブドは歩きだ。その変わりにそのままの自然に近いガーデニングを楽しめるのかもしない・・・
c139358e
スパ施設の周辺はバリの村の小道のよう、
c1e47505
スパ・エステ施設の塔に到着、こんなヴィラタイプの施設は理想的です。昔のデザインは本当にラグジュアルたっだですね。
1e93e41e
セラピストさんがお湯をはっている図
DSC_6797
このスパの川沿い森林ビューは最高!ここリノベーションして森林カフェにして、1塔に1テーブルのみのプライベートカフェにできたら最高だね(採算合わない)
a644f33c
カユマニ・ ウブド・プライベート・ヴィラのスパ塔に常備のバラの花びら&フランジパニ
DSC_6796
ここでスパされる方は幸せ・・・・
139545a9
こちら使用されるプロダクト
98d8a16f
さっきの花びらがマッサージベットの顔穴から・・・・うーんバラの香り・・・
dc4f9b94
シンプルで使い心地よさそう
DSC_6825
バリ島のスパ・エステは花びら&フットマッサージの導入が定番、疲れた足を癒す、気持ちいい・・・
DSC_6845
カユマニス ウブド プライベート ヴィラのテラピストは何となく紳士淑女?マッサージをシクシクとこなす腕のいい職人さんのようでこなれた動き・・・・に見える、
DSC_6859
ひじですね、
DSC_6864
肘のマッサージは手よりより強く深く、骨まで届きそう
DSC_6880
現在のカユマニス・ウブドのスパは写真の流木風の手すりがまっすぐな木に変更されています。このお風呂は両サイドのカーテンも閉められます。これだけ自然を目の前にしたトリートメントはウブドでも特有です。
12694670_1050033375037769_8723331773629225919_o[1]
バリ島のスパ・エステはウブドでヨガやメディテーションと融合して、自然景観を取り入れたすばらしものに発展しています。さまざまな理由で4年ほど前から日本の大手旅行会社はウブドに消極的な展開をしていますので、ウブドのスパが利用される機会が少なくなっていますのでもったいないことです。ウブドツアーやチャーターカーなのでよさそうなスパを予約されると大きな発見があるかもしれません。
89e223e0
カユマニス・ウブドのヴィラ入口のドア、この色彩はバリ島東部の旧王国を意識したデザインと思われます。
DSC_6896
お仕事をする前に神様とお客様のためにお祈り
18


→カユマニス ウブド プライベート ヴィラのスパ予約はこちら

→【バリ島のスパ・エステ】カユマニス ウブド プライベート ヴィラ・・・スパ&カフェ(前編
11


→バリ島のスパ・エステ予約ならバリチリこちら

93992617[1]

バリ島の楽しいオプショナルはこちら


クタの地元の民家で砂の庭を石畳みにするための工事での職人さん
DSC_1405
セントロにぬける路地
7fe9faf1[1]
ビーチでうるためものを頭に
DSC_1412
クタの住民も花が好き
678edce6[1]
各家で盆栽や花がさかん
5488a8f4[1]
小さなお店も健在
DSC_1422
セントロ到着、中国とインドネシアのお客さんは多い
DSC_1430
バリ島観光でのバーガーキングはごはんを注文
DSC_1434
セントロのビーチサイドのドな真ん中の店
DSC_1621
バリ島のどまん中に「ハワイのビストロ」のお店
DSC_1458
セントロでもここは解放感あり
DSC_1488
クタビーチの波を観ながら食事可能

AHI POKI マグロにごま油が基本かもしれません。今回こちらのお店をご紹介したのはこのハワイのポキがお酒の肴に最高だと思い、かつクタビーチで大胆にビールはできなくともセントロなら・・・・・またクタビーチの目の前の高台から・・・・・また来ます。(キノコも入っていたりとちょっとセントロらしくない風情が新鮮)
117ce213[1]
天井もアランアランでバリ風とハワイ風
DSC_1540
ハワイといえばロコモコ、ハワイのナシチャンプル?ではありませんが、こちらのロコモコはスープに出汁がでており、ただのお子様のごはんにみえますが大人がおいしいのです。
62975624[1]
ちょっと乱暴にたおしてみると・・・・すこしおいしそう、
DSC_1595
海が目の前、潮風をあびながらビンタン、観光中気分のど真ん中、
DSC_1614
セントロの前のガン
DSC_1651
路地
DSC_1683
セントロの近くの子供
DSC_1694

セントロでお買いものならバリチリチャーター

93992617[1]

バリ島旅行を充実させるためにオプショナルをどうぞ!

チャングーのはしっこパンタイセセ

広大な田園エリアここはウブド?

チャングーの果てには【セセビーチ】があります。
ジャラン・ラヤ・タナロットからセセビーチに向かう道がジャラン・ラヤ・セセです。

最近チャングーはバリ島でももっとも速い開発がされてきましたが、タナロットにもうすぐのセセビーチはそれほど昔と変わっていません。ヴィラはちらほらできていますがカフェやショップなどはまだ来ていません。

田んぼとヤシの木がほとんど「気持ちいい」
DSC_0493 (1)

ジャランセセにはヤシの木の道があります。南部ではめずらしいでしょか、
69d2f0d7
広大な田園とその先には小さくビーチ
3dde8415[1]
雲、雲、雲、ホンワカ、ホンワカという世界が南部にのこっています。
DSC_0463
ヤシの木の幹
86015f71
田んぼのはしにはバナナ
8ca8d010
田んぼとヤシの木林
fa860e4b
田んぼにはバリ島特有なものも・・・・
DSC_1053
インドネシア語GEMITIRを田んぼの横で育てています。
DSC_1072
世界遺産は文化形態ですが、スバックの田んぼの用水路は最重要の項目!
DSC_1150
バリの田圃にはすべて竹でできた神さまにお供え物をする場所
DSC_1105
1000年前からかわらないかな?
DSC_1192
バナナの葉
DSC_1195
こちらがパンタイセセ(セセビーチ)
DSC_1238
ツーリストがまだ少ないのでウエディングなどの撮影にはよい(何のシーンでしょうか?)
DSC_1255
セセビーチにはまだレストランなどほとんどないのでバクソ屋さんがカフェ代わり
DSC_1299
バクソは常に熱い
DSC_1297
今回は巨大バクソ(中まで火が通っていないと怖い)
DSC_1302
凧あげのシーズンはこんな大きな凧も子供がだけ

→チャングーの果てセセビーチはバリ島感健在!
DSC_1307

→セセビーチへはバリチリのチャーターカーをご利用ください!

93992617[1]

バリ島旅行を充実させるためにオプショナルをどうぞ!

修繕期間が終了し、フランジパニ・エステティックスの本館がリニューアルされました。またクレープのメニューが豊富な「MOMI&TOY'S」が本館内にオープンしてパワーアップしました。大げさですがバリ島のスパ・エステの明るい話題といえます。

ハイシーズンやゴールデンウィークは早い段階で満室になることが多いので早めのご予約をお勧めします。街スパの老舗で名前は変わりましたが来年で20年目になります。この10年だけ観ても人気はトップを維持しています。

なぜでしょうか?総合力であることは当然ですが、特徴である長いトリートメントや割安感などは他店にもたくさんあるのです。しかし一定時間一定料金の内容として最も高く評価されているに違いありません。

フランジパニ・エステティックスはファシリティやプロダクトも自信をもって取り入れているかもしれませんが、最も重要なのはトリートメントそのものかもしれません。当たりませかもしれませんが・・・・すなわちテラピストのマッサージ技術やホスピタリティに根拠があるに違いありません。

バリ島のスパ・エステを語るときにフランジパニ・エステティックスは避けて通れませんが、テラピストのマッサージ技術やホスピタリティにどれほどの違いがあるかは個人的な好みもありますがバリ島のスパが大好きなリピーターさんは多いのですがテラピストさんの技術についてはあまり語られていません。

今回バリ島のスパ・エステのテラピストさんの秘密を探ろうとしたのですが、自身の能力的に無理でした。ただし基本的な施術をどれだけ真剣にシンプルに行っているかは鍵となるかもしれません。しかし基本的な施術がどれだけ違いがあるかもやはりわかりませんでした。やはりお客様の感想や意見が最も重要となるのですがくやしいのでセラピストがどんな手つきで具体的に施術しているかの写真は撮ってきました。

リピーターの方は経験のみでお好みのスパを言及できますが、初めてのスパの方は感想を読み込むかランキングを探すか、SNSの活性度などで人気をイメージするか・・・・また多くの写真からそのイメージを決められてもよいかもしれません。昔のLP版レコードのジャケ買い(ジャケットの好みだけでレコードを購入すること)よりは好みのスパ・エステを選べるかもしれません。

以下写真はフランジパニ・エステティックスのスンバヤンのチャナンなど・・・・
db964aac
以下写真はフランジパニ・エステティックスの新館リニューアルのスンバヤンのスタッフ記念写真・・・・セラピストやスタッフは聡明にみえたりしますでしょうか・・・
13000152_991124927607998_1103520767032293637_n
こちらはリニューアルされたフランジパニ・エステティックス本館入口付近
DSC_4125
クレープ屋さん「MOMI&TOY'S」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000064-minkei-asia
先日ヤフーニュースに掲載されていました。よいタイミングでバリ島にクレープ屋さんが入ってきましたよ。
DSC_4132
フランジパニ・エステティックスのメインのドアを開けるとリニューアルされたリザベーションと待合のソファーが目に飛び込んできます。ちょっと和風でしょうか・・・・
ac514ed8
蓮の鉢
DSC_4114
半屋外の傘&テーブル
DSC_4098
ジンジャーたっぷりのバリ島らしいウエルカムドリンク、バリ島のスパ・エステのサービスにおいてトリートメント前にジンジャーはよく合いますね。

なぜ?またこのかわいらしい茶器、その後ろにあるフランジパニの花びらのさらにかわいらしい何気ないサービス、ここら辺は潜在的にスパ・エステのトリートメントの評価にもつながっているのに違いありません。
DSC_3601
バリ島の定番スタイルをしていただきました。
df7604ad[1] (1)
「MOMI&TOY'S」のカウンターも完成!
カフェ専任のスタッフ「キラリ!」
DSC_3622
クレープブランドを名乗るだけあって豊富な種類ですね。
DSC_4148
アイスクリームもあって嬉しい限り・・・・と思われる方が多いはず!「おいしそー」
DSC_4152
ギフトも多種
DSC_3635
自社ブランドの「ロハス」オーガニックソープ
DSC_3633
バリ島の象徴かな、ソカシ(銀)お土産用
DSC_3612
これはかわいいミニソカシ
DSC_3615
2階への踊り場にみてなごむ花
b9b8dc85
バリ島のスパ・エステの代表、フランジパニ・エステティックスのVIPルーム、バリ島のスパ・エステの最新のお部屋
DSC_3655
リニューアルで新しく、ぴっかぴっか
DSC_3659
まず足からのフランジパニ・エステティックスのセット、
よくみるとフランジパニの花がたくさんアレンジしてある。
DSC_3668
マッサージ台の頭をのせる部分を上から覗くと・・・・・やはりお花のアレンジ、
DSC_3722
下にはこんな花びらが置いてあります。かわいい演出、トリートメントで気分もよくなりますが、花びらの演出ひとつでもさらに気分が違ってきますね。
DSC_3742
フランジパニの花、あちこちでみる・・・
DSC_3748
使用するプロダクト
DSC_3765
テラピストさんこそスパ・エステの良し悪しの最重要項目ですね、
DSC_3778
フランジパニ・エステティックスのテラピスト教育は独自なものです。教育トレーニングの詳細は語れませんが、テラピストさんの労働環境や待遇はとてもよいと思いました。安心して働けるということですね。バリ島のスパ・エステの労働環境では十分によいといえると思われます。
DSC_3781
DSC_3788
お客様のお着替えの洋服入れ
444e13a0[1]
こちらのお部屋はツインのバスタブ、
584bd93d[1]
シャワールーム、VIPルームはヴィラのお部屋そのものですね。
DSC_3816
こちらは化粧台は女性2人で一緒に使える
b862e69d[1] (2)
テラピストが指先に集中する意識がすべてかもしれません。満足度が高いトリートメントはどんなものでしょうか?テラピストさんの経験による体力は重要かもしれません。テラピストさんは結構マッスルお姉さんが多いですね。

指先に集中するときっと全身の力が必要なのかもしれません。最近のスパ・エステの傾向は長時間トリートメントになっているのでマラソンランナーのような持久力も必要かもしれません。よって卓越したセラピストはアスリートの雰囲気をかもしだしているかもしれません。
DSC_3828
この手・・・・この手にすべての秘密が・・・・・スパ・エステもラーメン屋さんと一緒でスープの工夫が重要なようにトリートメントの技術は工夫を重ねているのでしょうね・・・・・インドネシアでは「おいしい」も「気持ちいい」もENAKと表現します。お客様にENAKと感じさせる工夫を重ねていくしかないのでしょうね、
DSC_3837
4-5時間のトリートメントは真剣なテラピストにとってはハードなスポーツの体力と精神力が必要なようです。
DSC_3843
テラピストはかなり強靭ですね。
DSC_3849
そして1回1回のタッチはより繊細正確に
DSC_3851
この手の置き方
29b57592[1]
マッサージするというより触れて手を置いていくような
DSC_3895
手の腹から体に何かが伝わっていくかのように・・・・・
DSC_3898
もむというよりあてていくというような・・・・
DSC_3904
ここにフランジパニ・エステティックスの秘密があるのか?
DSC_3916
秘密を知った方はトップスパを開業できるかもしれません・・・・
DSC_3920
「うーん」わからなーい
DSC_3947
フェイシャルでのツボでしょうか、
DSC_3957
フランジパニ・エステティックスの秘密はトリートメントを受けた方がわかりやすいかもしれません、お疲れ様でした・・・・
DSC_3984
リニューアルした本館2階と3階にVIPルーム、このお部屋はテラスとつながっているタイプ
DSC_3999
こちらのお部屋のお食事はこちらで、いいなーこの眺め!!
03d7b35e[1]
この眺めはシービュー正確には湾ビューでしょうか、海上道路のヌサドゥアが見えています。
77810da9[1]
バリ島のスパ・エステというカテゴリーでは現在最も人気があるかもしれません。ご予約はできるだけ早い時期が得策です。現地からの予約は非常に厳しい状態です。
DSC_4064
こちらもお食事を頂くお部屋、さわやかー
DSC_4082

→フランジパニ・エステティックスのご予約はこちら!

→【バリ島のスパ・エステ】新フランジパニ・エステティックス!本館リニューアル完成!
DSC_3608


→バリ島のスパ・エステ予約ならバリチリこちら

93992617[1]

バリ島の楽しいオプショナルはこちら



このページのトップヘ