バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

2013年06月

ウブドのベベ・ブンギルレストラン。
1990年のオープンのウブドでは老舗のレストランです。
ベベは"アヒル"、ブンギルは"泥をまみれ"の様子をいいます。
Bebek Bengil は英語ではDirty Duck と表現されていました。

こちらのレストランでは、インドネシア料理から、
インターナショナル料理など、メニューの種類はとっても豊富ですが、
店名にもなっている通り、クリスピー・ダックが人気No.1 のメニュー。
画像 050
お店は、奥に長く、ベベ・ブンギル所有の田んぼもあります。
この日の田んぼは、刈り入れ後でした。
画像 034
中庭で、グンデルの演奏をしてくれています。
画像 035
ダイニングは1階席と2階席があって、どちらも風が吹き抜けて気持ちいいです。
スタッフの制服もバリ島の正装クバヤを模したもの。
落ち着いた色合いですね。
画像 037
2階席。
画像 036
では、定番のクリスピー・ダックを・・・
主食はごはんか、ポテトかが選べます。
サンバル・メラ、サンバル・マタ、ケチャップ・   があって、
お好きなものをつけて、いただきます。
アヒルのお肉は、骨が多いのですが、淡白な味で揚げると旨味が増して美味です。
画像 039
それから、こちらも忘れてはいけない、ココナツ・クリームパイ。
ココナツの入ったパイ生地に、カスタードクリーム。
メレンゲがふんわりとのかっています。
画像 041
ダイニングの他に、広い敷地内には、バレ(東屋)もあって、
こちらも人気で、全部、埋まってました。
画像 044
目の前の田んぼに、アヒルがいて、泥遊びをしていました。
画像 043
バレではのんびりくつろいじゃいますね。
画像 046
帰り際、キッチンを覗かせてもらいました。
たくさんのキッチンスタッフが忙しそうに動き回っていました。
画像 047
クリスピーダックを揚げる人。
下味のついたものをオーダーが入る前から、ひたすら、揚げていました。
画像 049
インドネシア内での人気も高く、常にたくさんのお客様がいるイメージがあります。
ベベ・ブンギルは、バリ島ウブドの本店の他、ヌサドゥアのBTDC内、
ジャカルタのウブドビル内にもあります。
でも、田んぼで泥遊びをしているアヒルを見ながらの食事はウブド店ならではです。

ベベ・ブンギル(ウブド)
Jalan Hanoman, Padang Tegal, Ubud
Tel: 975489
営業時間: 10:00-23:00(ラストオーダー22:00)

今年も猛暑になりそうですね、日本…。
皆様、熱中症にはお気を付けくださいねー!

それでは、今日も…、いや年中毎日が暑いバリ島からお届けいたします。

さて、暑い季節、夏…といえば、夜店!…まー…バリ島にもそれっぽいものがあったりします。露店といった方がいいのか…?
こちらは、スミニャックの名門レストラン、ラ・ルッチオーラ
DSCN4344













車でルッチオーラへ行く場合、駐車場代金(Rp2,000)を払って停めます。
そして、その駐車場は海を望み、そこからルッチオーラへは簡単な桟橋を渡って入店するわけです。
…が、今日はルッチオーラのご紹介ではございやせん。

その駐車場のビーチ際で、夕方17:00頃からどこからともなく、ワラワラと集まってくる地元住民。そして彼らを当て込んでパラパラと集まってくる露店をご紹介~。
DSCN4368























ワラワラ、じゃんじゃんビーチを目指してやってくる地元住民たち。
夕方のビーチは、日差しも和らぐため、涼をとりながら遊ぶのに最適な場所なんですね~。

DSCN4362













すんごいたくさん集まってきたー!
こりゃ商売繁盛しそうやー!

そいでは、出店者様のご紹介をば…。
まずは、冷たいお飲物など…。
DSCN4372























コーラも、ファンタも、スプライトもコップに入れて小分け販売ー!
ところで、おっちゃん、ラッツアンドスターのリーダーじゃないよね?

冷たいものといえば、こんなものまでございます。DSCN4354
























アイスー!
約30円ー!
バニラ、チョコ、ミックスから選べちゃうという!

そして、定番焼きもろこし~!
DSCN4370























めっちゃええ匂いをさせており、反則販促やー!(我ながらウマいっ!)

めっちゃええ匂いの反則販促といえば、こちらもそう!
DSCN4361













インドネシアのソウルフード、サテ。
ガッツリ薫ってきます。美味しさも文句なし~♥

これはなんだかわかりますか?DSCN4360
























ソーセージや練り物などの串揚げー。
一つ約10円というお手頃価格!
あまりにも発色が素晴らしい(笑)ので、目をつぶって思い切って食べてみると、まあまあ、まあまあ、まあまあ…ってとこです。(分かり辛いし)

そして、なんと、クレープまで!DSCN4375
























おっちゃんがけっこう本格的な感じでせっせと作ってはります。
DSCN4376























そして、お値段は、約30円か約40円のいずれかのみ!安うううっ!そしてシンプルうううっ!

他にも撮影しそこねましたが(なんでやねん)ほうきなどを売ってる生活雑貨屋さんなども来ておりました。
チラ見しただけでもこんなにいろいろ出てたので、しばらくいたら、もっといろんなお店屋さんがきてたかも?
また行って冷かしてきまーす!(笑)

では、また来週!
DSCN4373













ニャー!!!

きんこんおみち

WhiteBox ヌサドゥア支店に行ってきました。
IMG_0831
バイパス沿いより、目印となる看板です。
看板の案内に従って、5メートルほど進むとまた、こんな看板があります。
IMG_0832
駐車スペースはとても広いです。
何台も車が駐車出来そうなほどの広さでしたよ。
IMG_0833
ヌサドゥア店の入り口です。
ウブド本店とは、また違った感じでオシャレな雰囲気ですね。
IMG_0844
店内にはスイーツと、たくさんの絵画が飾られています。
DSC_0798
もともとミュージアムだった場所をそのままお店にしたとのこと、、
ティータイムの合間にちょっとした鑑賞も出来て、両方楽しめますね♪
IMG_0843
ひな壇のようなディスプレイで、とっても見やすいですね。
ケーキの取り出し口は、ケース天井部のようです。
これらのケーキは、毎日ウブドからこちらのお店まで、運んできているとのことです。
IMG_0840
ヌサドゥア店では、タルトなどが豊富に揃っています。
タルトタタンは、カラメリゼされたリンゴが、甘いもの大好きな方に
おススメの味ですよ、とのことでした。
IMG_0841
左上に写っている"メルティングポット"という名の緑色のムースは、一番人気だそうです!
ピスタチオクリーム、バニラクリーム、チョコレートクリーム、3層の組み合わせが
なんとも言えないハーモニーを奏でている、絶妙な美味しさです。
IMG_0835
店内用のメニューもあり、絵画を眺めながら、
外でお庭を眺めながら、などのティータイムも楽しめるようです。
IMG_0834
ケーキのショーケースの反対側には、マカロニやラザニア、
スープなどの様々なメニューが揃っています。
全て店内で温めなおしてくれるので、ちょっとお腹が空いたときに便利ですね。
IMG_0846
今なら、ちょっと追加料金を払うだけでこんなプレートに仕上げ
店内でキッシュが食べれるようですよ!
ちょっとお得な感じですね。
IMG_0836
6月中のキャンペーンで朝の11時までに飲み物を注文すると
おまけでクロワッサンが付いてくるそうです!
この日は、クランベリークロワッサンが既に品切れとなっていました。
DSC_0791
入り口とは反対側のドアを出てみると、中庭がありました。
こちらの席も良さそうですね。
DSC_0793
緑がたくさんあり、ここだけ別の空間のような静けさでした。
夜になると、ここで暮らしている蛙の合唱が聞けるらしいですよ。
DSC_0795
店内に飾ってある絵の中で、この絵は一番高いものになるとのこと、
お値段は、日本円で○○億ほどするようです。
DSC_0796
色々なタイプのテーブル、席が店内にはありますよ。
今日はココ、次回は中庭という感じで座れてしまいそうですね。
DSC_0799
今度来た時は、シュークリーム並んでいると良いな~

モーリー。


WhiteBox ヌサドゥア支店
Jl.Petanahan sari no.2A
By pass Jimbaran, Nusa dua
Tel:0361-778711

営業時間:9:00-21:00

バリ島の開発プロジェクト(その一)は海上道路と
新空港をご紹介しました。
http://blog.livedoor.jp/balichili/archives/51949489.html


第3弾
シンパンシウールの工事
先日完成のウパチャラ(儀式)が終了しました。
IMG_0660

身近な影響といえば圧倒的にシンパンシウールでした。
毎日渋滞と信号待ちのこの1年、長かったー

おかげで最近はシンパンシウールがラクチン
クタの中心部への道まで渋滞が緩和されたような・・・・
すごい成果です!今のところはですが・・・
IMG_0661

IMG_0681


デワルチ像も気持ち嬉しそう・・・
IMG_0723

デワルチのうしろからの図
スミニャック方面からクタ方面へ
IMG_0686

今まではバリでない光景ですね。
IMG_0691



上記のトンネルを体験動画でどうぞ。




第四弾
たくさんの場所でホテルとショピングモールが工事中なのは
大型クレーンがあるのですぐわかります。

大型ショピングモールはこれからが本番で、カルティカ通りにも
サンセットにも建設中ですが、ビーチウォークの近くにも
大型モールがさらに進出予定で、ポピーズ通りの一部などが
なくなってしまう可能性も出てきました。

ホテルは世界中のブランドがさらに進出して
建設予定ホテルも無数にあるそうです。
日本からは星野リゾートさんも進出です。

クタの土地の値段はここ2-3年で
2-3倍になる場所も珍しくなく急激な土地高騰が始まっています。

東南アジアが世界の成長センターとなり
インドネシア経済が絶好調、
バリ島は上記の恩恵の他に世界中からリゾートエリア
として高い評価。何重にも追い風が吹いています。

この変わり様、なんだか夢を見ているようでもあります。
(よい夢でありますように)

第五弾
おまけ

下写真はブノアに突然現れた中国寺院。
バリ島には今までみたことのない風景も広がろうとしていますね。
IMG_0565


バリ島の開発がよいものとなりますように、パチ、パチ、


APEC2013に向けて、急ピッチで拡張工事が行われているバリ島の空の玄関口、グラライ国際空港。
そして、ベノアとヌサドゥアを結ぶ有料高速道路建設。そして、タンジュンブノア港の拡張工事などの3プロジェクトが現在行われております。
そして、バリ島を訪れたことのある方なら絶対1度は通過している、デワルチ像のある巨大交差点のシンパンシウール。こちらは先月、地下道が開通し、一気に慢性渋滞が解消しました。

どんどん開発が進むバリ島…。
素晴らしいですね~。

しかし一方、やはり古き良きバリ島の魅力を知るバリ島リピーターの旅行者の方々にとってみれば、その変わりゆく姿に大腕振っては喜べない…というのは、無理もない話ですよね。

かく言う、バリ島に住み始めて10年近くになるわたくしは…と申しますと、発展していってくれてる現在、近代的になり、生活も便利になるという恩恵を間違いなく、かな~り受けとります。
食べたくて食べたくて仕方がなかった一杯のうどんを、日本食レストランへ食べに行ったら、どんなに贔屓目に見ても乳麺にしか見えずに、淡白なお出汁と共に涙を飲んだ思い出…。
インターネット環境が劣悪で、電話回線でピーゴロゴロゴロゴロゴログギャー…とすごい音を鳴らして、回線を繋ぎ、それでも一回一回つなげるのに時間がかかり、課金されるため、クッキーでネットサーフィンをしていたこともありましたっけね…。
ううう…涙なくしては語れない…。
でもね、全然こんなもんじゃありませんで。他にどんなことがあったか聞きたい方は、ぜひバリチリオフィスへお越しください。あんなことやこんなこと…全て弾き語りして差し上げます。(なんでやねん)

しかし、バリ島生活を開始するにあたり、自分自身、多少不便で不衛生な環境下でも、刺激的でおもろいんとちゃうか?…と、まあまあ何とか順応してやっていけるという自負があったし、それなりに元気に、かつ能天気にやっていたのは確かです。
いや、もともとそういう、結構おいしい話に化けるネタがいっぱい落ちていたアジアが好きだったりもしましたしね。

なので、正直、物価が上がり、インドネシア人がどんどん洗練されて能力のある人材が育成され、インドネシア国内からの観光客数の増加加減、日本を始め各国の企業がインドネシアでの新規事業展開を開始し、海外の投資家もこぞって上陸し、プロパティマネージメント会社が軒を連ねている光景などなどが見たくなくても目に入ってくる実情下にいると、その巨大なパワーや時代のうねりに圧倒されたり、ワクワクしたりはもちろん、なんだか出遅れた感、波に乗れてない感もありで、焦りや戸惑いを抱える自分もいたりするのは確かです。

…と、そんなエゴを抱えたワタクシの個人的なちっこい胸の内をうっかり吐露してしてしまいましたやん。

というわけで、全然収集つかなくなってまいりましたので、まだまだおいしい感じのバリ~な適当ショットを、これまた適当解説付きで本日は〆たろかいなーと思います。

DSCN5108













ワルンに並べられたフルーツと、なぜぶら下げてディスプレイ?お砂糖たっぷり、子供ウケ抜群の粉末ドリンク。

DSCN5280













理髪店にて。ひえー!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!どれもイヤー!…っていうか、イメージしづらいわ!

DSCN4981













パパイヤ一切れと、すいか一切れおくれー!…って、車からじゃ買いにくいわ!

DSCN4781













いつかはチビッコに混ざって至近距離で物色してやろうと思うけど、羞恥心が邪魔をしてなかなか実現できない、小学校の校門前に下校時の生徒を待ち受ける玩具屋さん。近いうちに必ず大人買いしてやるー!

DSCN4939













あらあら、いい大人が昼間っからトランプですの?…って、おっちゃん相手の切り札待つ目、鋭過ぎてるでー!

image1













一応お客様やねんから、くわえたばこヤメテー!@コピー屋さん

DSCN4561













いやいや、むっちゃくちゃ過積載やろー!しかもガスやし!無駄に車間とってまうわー。

DSCN5228













店番の兄ちゃん。携帯見てニヤつくのヤメてー。…でも、何か幸せオーラやからえっか…(笑)

DSCN5150













バリの子供はみんな、棒アイスの袋をすぐ捨てずに、棒まで下してアイスを食べます。…なぜだ…。

DSCN4933













ぐーすか、ぴーすか、ぐーすか、ぴーすか、ぐーすか、ぴーすか…。
たぶん結構早起きして、家族のために市場に出かけ、ごはんを作って、仕事に出かけて…。というおばちゃんにとっては、お昼前でも既に一日の仕事をほぼ終えた状態なんでしょうね。…いや、たぶんね…。

DSCN4228













グアー!
バリ島のお供え物のチャナンと、食べ散らかし番長の、のどかな図…。

ほな皆様、また来週~
きんこんおみち

いつも買い物をしているスーパーで、人参が2本で400円・・・
これは、困ったなあ・・・
・・・
思い立って、朝の6時、クタのパサール(市場)に行ってきました。
まだ薄暗いです。
DSCN8161
市場の表でもいろいろなものが売られています。
狭い通路を通って市場の中へ。
DSCN8190
中に入ると、「トン、トン、トン」と包丁がまな板を叩く音が響いています。
お肉をぶつ切りにしている音なんです。
DSCN8167
お肉はお肉、野菜や野菜、とはまとまっていなくて、お肉の横で野菜が売ってたり
します。
DSCN8174
お肉については、一つのお店で、豚も牛もというふうにはなっておらず、
豚のお店は豚だけ・・・
DSCN8175
魚やさん
DSCN8176
みんな触りながら熱心に選定します。
DSCN8188
その場で、うろこや内臓を取ってもらえます
DSCN8177
売り子さん、お休み中・・・
DSCN8169
食料品の他に、雑貨や日用品、衣料などもあります。
市場に来る人たちがほとんど持ってる市場バック。
カラフルでかわいいです。
DSCN8165
お供え用のお花が売っているのがバリ島の市場の特徴かな。
DSCN8180
できあがったチャナンも売ってます
DSCN8192
市場といえば・・・食べ物。
バリの人は、朝ごはんに、もち米やお米などで作ったお菓子とコーヒーを
食べたりします
DSCN8191
お粥も。バリ粥は、ココナツが入っていて、普通のお粥とはちょっと違います。
DSCN8171
豚肉のサテ。甘いタレがついていて、それにピリ辛のサンバルをつけて、
ロントンと一緒に食べると美味し~
DSCN8197
魚やら、お粥、サテやらを買って、肝心の人参を買い忘れてしまったよお・・・
人参も1本から、お魚も1匹から買えるし、これからは、もうちょっと市場を
利用してみようと。

こちらは、サヌールにシンドゥ市場。
数年前に立て替えられて、整然としていて明るくてきれい。
でも、ちょっと味気ない気がしたんです。
DSCN8105
こちらは、カルフールの食料品売り場。
市場って、いずれは、こういうふうになっちゃうのかなあ?
carefour
クタの市場の隣のお宅のサンガ。
金ぴかでした。
DSCN8199

あたらしい時代が本当にはじまる気配です!!

バリ島の開発プロジェクト(その一)
第一弾目

【バリ島海上道路、7月開通】国家プロジェクトでもあり
海上をクタ(空港)、ヌサドゥア、ブノア(デンパサールの入り口)を有料道路で結びます。開通式にはユドヨノ大統領も参列するそうです。

今後20年間にバリ島中に新道路建設やシガラジャに国際空港建設など目白押しの大型プロジェクト。海上道路開通は次のバリ島20年の始まりと言えそうです。

上記は先日Facebookでの記事ですが、
インドネシアにとっては歴史的な工事です。

cover

知らないうちに海に道が完成していました。
下写真はブノアからクタ(空港)へのびる道です。
手前の道路はデンパサールのセセタンの信号にすぐつながります。
IMG_0575


IMG_0580


下写真はクタの空港近くのもとグラライ少佐銅像あとの信号から伸びている
道路でやはり完成が近いようです。
料金所が急ピッチで仕上げられていました。
IMG_0593


第二弾目
新空港ももうすぐ完成とのこと!!
これは通りがかりに一目瞭然。
旧空港のお店の閉店の連絡と新空港テナント
抽選が行われているようです。
IMG_0595

下写真大きな屋根、入り口でしょうか?
IMG_0606

空港に段々、これは?
IMG_0609

大屋根に人の姿・・・
IMG_0617

この形、バリ島のあたらしいイメージでしょうか?
IMG_0619

IMG_0641


バリ島の開発プロジェクト(その二)は、来週です。

そのⅡはこちらです!!
http://blog.livedoor.jp/balichili/archives/51949605.html

本日は、昨年末頃から、ずーっとバリ島在住日本人の間で話題沸騰のムリアのランチビュッフェを本日はご紹介~!
「もうムリアのビュッフェ行った?」が合言葉になるほどの話題性で(ほんまか?)私も話題に乗り遅れちゃならねぇぜ!と、バッチリ行って参りました。
え~っと、なぜか温存し過ぎて、実は半年ほど前の出来事だったりするんですが。テヘヘ。(テヘヘとちゃうし)

さて、まずはムリアってなんじゃい?…ってことかと思いますので、ムリアを簡単にご紹介。
ムリアとは、2012年12月にヌサドゥアにオープンしたThe Mulia, Mulia Resort & Villas Nusa Dua Baliというバリ島初の6つ星リゾートなんです。
ムリアとは、インドネシア語で「高貴」を意味する言葉で、ゲストは贅を尽くしたいろいろなサービス(割愛…)を心行くまで堪能できるリゾートホテルなんですねぇ。

そして、そのムリアで、毎日行われているランチビュッフェ。
これは、もうステキじゃない訳ありませんやん!…ってことで、意気揚々と行って参りましたよ。

こちらは、ムリアロビーから海を望むショットでございます~。
DSCN3563













ババーーーン!!!ってなってて、すんごく眩しいーーーッス!!!

広っ!
会場も広い!!!
DSCN3599













…それでは、まずはご利用条件につきまして…。
■平日
曜日:月-金
時間:12:00-15:00
料金:大人- Rp190,000+21%(税サ) / 子ども(3-8歳)- Rp120,000+21%(税サ)
料金に含まれるもの:お食事
料金に含まれないもの:お飲物

■週末
曜日:土日
時間:12:00-15:00
料金:大人- Rp279,000+21%(税サ) / 子ども(3-8歳)- Rp167,000+21%(税サ)
料金に含まれるもの:お食事、お飲物
料金に含まれないもの:アルコール類、コーヒー類

平日に飲み物を2,3杯オーダーすると、何気に土日料金を上回ったりするので、どちらがお得かは、人によって違うかと思います…というところが平日か週末のチョイスのポイントですかね?

さて、それでは撮ってきた写真たちをご紹介~。

生ガキぃ~♥
DSCN3576













一体これを何個食べたのか…。とにかく食べまくりました…。並べてあるやつ、全部食べてなくしてしまったらどうしよう…という心配が脳裏をよぎりながら…。

そして、刺身や寿司もございます~♥
DSCN3578













DSCN3577













パスタコーナーDSCN3593














好きな食材と好きなソース、そして好きなパスタの種類を指定して、オリジナルのパスタを作ってもらえます。
しかし、私は、某ソースに対して独創的過ぎる食材をわんさか欲張って合わて頂いちゃったので、やや微妙な仕上がりに…(涙)
きっとオーソドックスなよくある感じのものを作っていただいた方が、いいのやも…?

中華コーナー。DSCN3585














たぶん春巻きの皮を作っていらっしゃる…の図。イヤ、豚まんの生地か…?
後方にぶら下がった北京ダックちゃんとか、焼き豚ちゃんが、イケました。
もちろんその他本格中華たちも♥
DSCN3575














こちらはインドコーナー。DSCN3588
























カレーが何種類もあり、どれが何だかわからなくなるほどでございました。
しかし、どれも絶妙~♥インドコーナーオススメどえす!

ええと…こちらのシェフはたぶんタイ料理だったはず…。いや、韓国だったっけか…?
DSCN3574













何か作ってもらった気がしますが、思い出せない…。

というか、頂いたお皿の上の料理を全然撮ってないあたくし…。
白状いたします…。食べることに真剣になり、ちょいちょいカメラを取り出して撮影することが億劫だったんです。すみませんんん(必死過ぎやし)

しかし、ムリアビュッフェほんまに凄いですなぁ。(急におっさん口調)
ご紹介しました通り、日本、イタリア、中国、タイ、韓国、インドネシアなどの世界各国のブース(?)があり、本格的な世界の味がいろいろ行って楽しめちゃうのは本当に面白いです。
一緒に行った友達と、「インドの○○がウマい!」「タイの○○食べてみ~!」とか言いながら少しずつですが、まんべんなく、いろんな種類頂いてきちゃいました。

ですが、まだまだ終わりませんよ~!
〆は、やっぱりデザート!

何と、デザートコーナーは、奥まったスペースに設けられており、その場一体がデザートコーナー空間だったりして、甘いもの大好き人間のあたくし、何かすんごく贅沢な感じで大喜びでございました。
中でも、これ!DSCN3594














酔っぱらっている時に出会わなくて、ホントよかった。
ゆっくり回転させているデカいジェラートマシーン。
酔っていたら回転と中のジェラートが気になり過ぎて乗っかって、宇宙飛行士の訓練風景みたいになってたところでした。フー、危ねえー。(なんでやねん)
中のジェラートもめちゃめちゃ美味しかったです。

そして、チョコレートタワー。DSCN3596














マシュマロとか、フルーツを付けていただけます。楽しい~♥

そして、宝石のようなスイーツたち。DSCN3580














ガラスケースに入れられており、キラキラピカピカしてなんと可憐なことでしょうー!

〆のデザートでお腹を膨らませた後も、後ろめたい気持ちで生カキ2つ頂いてしまいましたが、これにて終了~!

ああ、美味しかった!
満足満足ー!

「ありがとうございました!また来てねっ!」DSCN3601














ごちそう様でした。

関係ないけど、ロビーからレストランまで行く途中に飾られていた不思議なオブジェ。
DSCN3602













何百個分もの時計でできてます。
そして、これを全身全霊で死守する厳しい警備員のおっちゃんが印象的でした…(笑)

きんこんおみち

ウブドにある、ホワイトボックスです。
IMG_0537
素敵な白い外観が目を引きます。
ガラス張りなので、開放感がありますね。
IMG_0539
パーキングスペースに駐車していると、こんな黒板が目に入りましたよ。
いろいろ、種類があるんですね!
IMG_0538
と思ったら、こっちにも黒板が。
甘いものとちょっと軽食が食べたいなって時も、どっちも
叶えてくれそうなラインナップですね!
IMG_0541
こんにちは~
素敵な笑顔でむかえてくれました。
ちょうどこの日は良いお天気で、店内がすごく明るい印象です。
IMG_0540
たくさんスイーツが並んでいますね。どれも美味しそう!
色とりどりで、食欲をそそりますね。
ホワイトボックスは、シュークリームを良くガイドブック等で見かけますが
この日はあいにくの売り切れでした、、とてもざんねん。
なんでも、「1日に3個しかつくらないのよ」っという、スタッフさんからのアドバイス。
朝一番でくれば買えるかな?!
IMG_0553
こちらは、ベーカリーコーナーもあります。
ディスプレイはキレイに並び、ラップで保護されていましたよ。
IMG_0557
パンスイーツ達も、美味しそう!
IMG_0547
パンと合わせてスープもいかがでしょうか。
こんなパックでちょっとずつスープも買えたりしますよ。
たくさん入っていないので、ちょっとずつ試したいときにぴったりですね。
IMG_0559
ケーキのお隣のショーケースには、ピザやキッシュなどが並んでいます。
キレイにひとつひとつが個装されているので
店内で食べるも良し、お持ち帰りにするにも良しですね!
IMG_0565
またまた、ケーキコーナーに戻ってきました。
チョコレートケーキ、おススメだそうです。
IMG_0564
販売されているケーキは、毎日、さきほどのスタッフさんを含め
3人ほどで作っているそうです。
IMG_0566
ちょっとしたアフタヌーンティーの時間にテーブル席でひと休み。
さきほどのケーキを食べながら、一息するのも良いですね。
IMG_0549
お土産も買えたりするようです。
IMG_0552
赤いリボンがキュートな印象のレモンマドレーヌ。
しっとりと、上品な甘さで、とても美味しいです。
IMG_0567
また、シュークリーム買いに来ますね~

モーリー。

WhiteBox ホワイトボックス
Jl. Raya Andong, No.22-24, Ubud
Tel:0361- 979059
9:00-21:00

朝、時々、出勤前に立ち寄るのがクタのトゥバンにあるブブール・アヤム(鶏のお粥)。
ラヤ・クタ通りにあるNasi Pecel Bu Tinuk の向かいに朝は、5:30から営業しています。
DSCN8112
こちらは、日本のテレビでも紹介されたことがあるNasi Pecel Bu Tinukですね。
DSCN8108
この道は、ラヤ・クタ通りからバイパスに抜けられるため、車やバイクが通ります。
お粥を食べている横をバイクが音を立てて通っていくので、
アジアの喧騒・・・?って感じがします。
DSCN8152
鶏のお粥。
レバーとうずらの卵を煮て串に刺したものが一緒についてきます。
このお粥、見た目には普通なんですが、鶏の出汁が効いていて、美味しいんです。
お粥というと、やわらかくて、物足りない感じがするかもしれませんが、
エビせんべいや、豆もあるので、歯ごたえもあって、一杯で満足です♪
DSCN8110
ちなみに、うずら卵だけの日もあります。
DSCN8148
出勤前の人が立ち寄って、食べて行ったり、
家から、家族の分を買いにきて、持ち帰りにする人も多いです。
子どもと一緒に来てたお母さん。家が近いので、よく来るんだそうです。
DSCN8113
ジャワ島のマラン出身のお父さんと、バリ島出身のお母さんが切り盛り。
お父さんは、もともと中華料理のコックさんで、レストランで働いていたそうです。
今でも頼まれるとパーティーのケータリングなどで、料理をしています。
DSCN8154
お父さんが手にしている秘伝のスープ。
中華料理のレシピとスパイスを組みあわているものです。
DSCN8145
朝、3時から煮込んだお粥。
1日、5リットルのお米を使うんだそうです。
お父さんは、この場所からすぐ近くに住んでいて、家で煮込んだお粥をバイクに乗せて
運びます。ワルンでは、下から、ガスで温めています。
DSCN8147
あったかいお粥を食べると、お腹がほっこりあったかくなり、元気が出ます。
お父さんもお母さんも忙しいので、黙々と働いています。
でも、ここに座りなさい、って、空いている席をみつけて、
お粥を運んでくれたり、正直会計だったり、優しさを感じるワルンです。
お父さんの目標は、中華料理のレストランを開くこと。
DSCN8157
Bubur Ayama
ブブール・アヤム
営業時間:5:30am-11:00amぐらい
住所:Jl. Raya Kuta
不定期で休みになります

このページのトップヘ