バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

2015年01月


バリ旅行スーパーでお買いもの!■第一弾、ビール、チョコ、コーヒーを買う!

http://blog.livedoor.jp/balichili/archives/52010900.html



バリ旅行スーパーでお買いもの!■第二弾  定番おみやげ 果物 石鹸 ホディバター

http://blog.livedoor.jp/balichili/archives/52011115.html


今回の第三段は調味料、サンバル、ドライフルーツ、紅茶、アメ などです。

DSC_0813

こちらはカップ麺、インドネシア人は相当な麺好きで、インスタント麺好きです。

ずらーーーーと、ポップミーが多いかな、
DSC_0634

インドネシアの真の主食?

日本からラーメン屋さん、うどん屋さんは出店は

バリ島で将来、数十店舗(ブランド)になるに違いありません。
DSC_0641

こちらサンバル各種
DSC_0646

ABCが有名かな
DSC_0661

サリワンギ
DSC_0650

BOH
DSC_0652

あめ
DSC_0696

これ毎日なめてます。
DSC_0697

甘めの豆
DSC_0698

サイのジューズ
DSC_0701

カチャン
DSC_0704

ドライフルーツ
DSC_0707

サラックもあった
DSC_0709

おみやげに重宝
DSC_0713

カレー
DSC_0714


DSC_0716

ナシゴレンのもと

DSC_0718

ブンブ
DSC_0721

次回のご旅行のおみやげは?

→ご感想はFBへ
DSC_0725

→バリ島のチャーターカーでお買いもの!

バリ島旅行のオンライン「おすすめブランド」を集めました!
01




 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


クタ地区のローカルストリートにはワルン(小さな食堂)がたくさんあり、庶民の台所となっています。クタエリアは特に観光関係に従事する人達が多いのです。そんなクタエリアのみで30年ナシゴレンをついくっているバッパ(おじさん)がいます。

30年間おなじ仕事、夫婦、料理、お客さん、ナシゴレンを通してこの場所からよいものが広がっていったに違いありません。小さなコミニティーともいえますね。

「ワルン・ブ・カルディ」とあり、「カルディ婦人の食堂」ですが料理担当は旦那さんです。
DSC_1062
夕刻です。タイトルの通りナシゴレンと電信柱です。

この電柱の目の前で調理します。

ほぼナシゴレン専用の大きな鍋が2つ、いつもこうしてブンクス(お持ち帰り)のお客さんが待っています。だいたいお客は夫婦の動きを観ているか、世間話をする程度、しかしこんな何気ない会話が豊さの本質かもしれません。ゆっくりただ待っているだけの空間、あたりまえに坦々と料理をする夫婦、神経を使う必要のない関係、なんとなくうっすらボーとしていることが許される場所。こんな場所で調理されるナシゴレンなのでなんとなくまた買いたくなるのかもしれません。
DSC_1066

はじめてワルンに入るとき、まず野菜をみて生鮮野菜の量が豊富なお店にします。

だいたい客数と比例するのであたります。

この生卵の数、いかにお客が多いかわかります。
DSC_1068

このごはんの量、すごい、一晩でナシゴレンに使われるそうです。

一晩でこのご飯の量、ただものではありません。
DSC_1073

じゃじゃーん、こちらのバッパです。ブ・カルディの旦那さん

注文のほとんどがナシゴレンのため長い時間この姿勢・恰好をしています。
DSC_1078

電柱の目の前が大きなフライパン鍋ので電柱に油が見事にかかって濡れて見えます。

よけいな動きがなくほとんど動いていないように見えます。

多分よけいな無駄な動きがなく合理的なのだと思います。
DSC_1080

ところでこのナシゴレンですが、中華風のチャーハンではなく昔からバリのワルンで売られているオレンジ色で野菜がキャベツ程度の下町ナシゴレンです。見た目は少し寂しいナシゴレンですが、食べなれると具だくさんで豪華なチャーハンとは明らかに違うおいしさがあるのです!

ツーリストの方はほとんど目にすることはないかもしれませんが、この下町ナシゴレンはライス中心でこれ自体ライスの代わりとなっているようです。食べなれると生活の一部のような・・・ライス同然に食べられています。
DSC_1088

1回で4-5人分調理します、長年のカンのもりつけをサクサクこなします。
DSC_1103

日本語で「夫婦」ですが、夫婦で長年仕事をするのは・・だいたい家でも一緒、仕事場も一緒です。これを30年ですから、先進国は離婚や家庭内別居など家族という形の維持が難しくなっていますが・・・昔は日本でもあたりまえのように八百屋さんや豆腐やさんなどたくさんいらっしゃったようです。「個人」という単位が世界中グローバルに普遍的な単位だと日本にも浸透していますが「家族」「地域」などを壊し過ぎると「個人」という単位が怪しいものに観えてくるのかもしれません。
DSC_1106

なぜならこちらのご夫婦がなんらかの近代化のプロセスの未熟過程には見えず、すでに「完成」した家族・夫婦労働の形であり、むしろこれから不幸にも崩れていく可能性があるように見えるからです。
DSC_1110

この電柱はこのご夫婦の在り方を毎日眺めています。

何百回とナシゴレンの油と水蒸気を浴びながら・・・・
DSC_1120

馴染みのお客さんを近所の子供のようにただ目線で見送ります。
DSC_1126

ちなみにこのナシゴレンははじめて食べる人にとっては「薄い」と感じる方が多いかもしれません。また口あたりが軽いと感じます。正直最初の1口目で「おいしー」と感激するものではありませんが、2回目3回目から「このナシゴレンおいしいかもしれない」と思うのです。こんな体験ありませんか?そう感じた人がこちらのリピーターとなります。

いつまでもお元気で!!
DSC_1129

お次はナシチャンプルの屋台です。

こちらも仕込みのご飯の量が多いので発見しました。
DSC_1036

もっと簡単なオカズとおもったら・・・あなどれない感じです。
DSC_1006

おばちゃんが毎日たっています。ほとんどブンクスですが横に2席ほどのテーブルもあります。

サンバルも2種類、クセのないオーソドックスナシチャンプルでおいしいのです。

またクタの深夜勤めの方の食事処にもなっています。
DSC_1012

おばちゃんも、いつもいそがしいのにフレンドリー商売は少しの

夜のナシチャンプルはもっとお店が増えていけばいいと思いました。

夕食の用意もせずルーズにかつ栄養のある食事ができます。

ローカルストリートではおいしいナシゴレンやナシチャンプルを100円程度で食べられます。

おばちゃんもがんばってください!

→ご感想はFBへ
DSC_1017

→バリ島のチャーターカーで食べ歩き

 バリ島旅行のオンライン「おすすめブランド」を集めました!
01


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

国内のツーリスト、アセアンからツーリスト、中国からのツーリストが増えていく対応として大型モールの計画が目白押しです。ビーチウォークやリッポーモールは始まりの始まりかもしれません。将来のクタのイメージはジャカルタとシンガポールとハワイのミックスされたリゾートでしょうか?現在のハードロックホテルから始まるジャランパンタイクタがハワイのワイキキビーチでクタからスミニャックにつらなるカルティカ通りやサンセット通りは巨大ホテルやショッピングゾーンなどが立ち並ぶメインストリートかな?これは妄想にすぎません。クタの街が巨大化するのはしかたがありませんが、せめてリゾート感あふれるクタになってもしいのです。広範囲の埋め立てによりさらに巨大なモールやショッピングゾーン、巨大アトラクション施設、将来Baliディズニーランドやラスベガスのようなギャンブル施設、インドネシアの金融特区としてバリ・・・・・・・・・遠い将来は全く違うリゾートになるのかもしれません。DFSギャラリアと併設している【モル・バリ・ギャレリア】は昔からのバリっぽい最初のモールといえるかもしれません。マタハリデパートやハイパーマートやACEなどが入っています。
DSC_0610

現在のハイパーマートのレジ風景

最近ではリッポーモールの地下にもハイパーマーケットが入りました。
DSC_0817

場所がら、このスーパーはツーリストのお土産が充実しています。
DSC_0617

この鉄のハンドメイドも見かけるようになりました。

ユーモラスな魚です。
DSC_0618

このネコさん達、最近ではどこのお土産屋でも、多種おいてあります。
DSC_0620

皆様は「ネコ」購入されましたか?

こんなにたくさん置いてあるということは売れるのです!

思った以上に売れていて驚きです。
DSC_0622

アタバックもスーパーでもこの品数、すごい時代になりました。
DSC_0626

こちらはバテックやバックでしょうか
DSC_0629

スーパーなので野菜やフルーツ、バリ島の食生活も覗けてたのしいのです。
DSC_0671

フルーツはローカルもたくさん買います。

ツーリストは気になったものをホテルのお部屋で食べるものよいかもしれません。
DSC_0673

大きなパパイヤ

これはレストランで注文した方がよいかもしれません。パパイヤジュースなど、
DSC_0675

アボガド、ローカルはアボガド&チョコレートジュースが大好き、
DSC_0682

ドラゴンフルーツ

この超南国らしいドラゴンフルーツはおすすめ、、みためとは全く違う中身と味、甘味も少しであっさりしているの

最初はボンヤリ?と感じるかもしれませんが、冷やして、かつ繰り返して食べるとこのあっさりが「病みつきの品」

に感じられます。私だけ?
DSC_0683

マンゴーはバリ島で最もポピュラーで最もおいしい果物かもしれません。うちの庭にも木があり無料で食べられ

ます。この時期のジュースマンガは最高です!まよったらフルーツはマンゴーですね。
DSC_0684

こちらはスネークフルーツ【サラック】

こちらも見た目と味食感が違う、食べなれるとリンゴのように日常あたりまえに食べてしまう味かもしれません。
DSC_0692

おさかな、BBQ用が多いのですが、昔より鮮度管理ができるようになりました。
DSC_0694

ellipsは専用のコーナーがありました。

ローカルにも旅行者にも大人気!
DSC_0742

こちらがインドネシアellips のパッケージ。

日本で発売されているものより細身でしょうか。
DSC_0731

小分けバージョンは、ばらまきみやげでしょうか。
DSC_0735

CITRAもたくさん種類があります。
DSC_0738

スクラブでしょうか
DSC_0740


【しんずい】おみやげにはよいのでしょうか

日本の昔の石鹸のパッケージみたいですね。
DSC_0747

ブラッドワンギ石鹸(マサコ石鹸)

スーパーで購入できるのですね。
DSC_0752

よくみかけるBali Soap
DSC_0756

こちらのブランドがたくさんありました。
DSC_0763


「ボディーバター」というネーミングの商品がたくさん
DSC_0765

ココナッツオイルも
DSC_0770

これもボディーバター
DSC_0775


DSC_0776

こちらはボディーマッサージ用とフットマッサージ用クリーム
DSC_0779


おみやげコーナーは種類豊富
DSC_0785


果物入れや籠
DSC_0793

また、ボディバター
DSC_0801

これは・・・
DSC_0803

アロマ・・
DSC_0805

マッサージオイル

→ご感想FBはこちら
DSC_0809

→バリ島のチャーターカーでショッピング!


 バリ島旅行のオンライン「おすすめブランド」を集めました!
01

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

バリ舞踊は旅行者にとって圧倒的にウブドが有名です。

サヌールのタンジュンサリでも不定期ですがバリ舞踊をやります。

またハイシーズンは金曜と土曜日がナイトマーケットをやっており、伝統的な食べ物もありビーチ沿いが楽しい空間になります。

よるのサヌール遊歩道もなかなか味がありますよ。

夜のジュクンは楽しいような怖いような玩具の兵隊のように動き出しそうです。
DSC_7184

タンジュンサリのナイトマーケットはビーチと遊歩道をはさんで行われるので独特感じ・情緒があります。
DSC_7199

楽団はビーチで演奏
DSC_7205


この女の子が小気味よい動きでかわいい!

また目つきや体のキレなどプロっぽいのでなおさらかわいいのです。
DSC_7210

4人が息がぴったりなのとこの小さな女の子の「気迫」はなんでしょう、

大人同様のプロ意識もありそうです。

おもわず見入ってしまいます。
DSC_7229

幼稚園の年長さんの子が・・・
DSC_7236

左・・・
DSC_7255

右・・・
DSC_7279

大人の凛とした表情が顔に出ています。
DSC_7305

夜の遊歩道とタンジュンサリ
DSC_7314

ナイトマーケットは楽しそう!

ナシチャンプル1つ!
DSC_7320

お客さんは座りながら、食べながら、飲ながらじっくり、くつろぎ鑑可能です。
DSC_7327

このビーチにお座敷タイプは趣があります。
DSC_7370

ホテルのお客さんと遊歩道からの立ち寄りの方も写真を撮っています。
DSC_7375

レゴンダンスです。
DSC_7417

今回の最優秀ダンサーの登場です!
DSC_7482

私もなんとなく各地の舞踊を観させていただいていますが、

この子は凄い迫力!!
DSC_7483

体の動きやスピードもですが、表情は自信に満ち溢れたアーティスト?
DSC_7487

こんな小学生っているのでしょうか?

カリスマ小学生ダンサーであり、演技派の女優といった感じでしょうか、
DSC_7510

小学生と幼稚園の子供がプロフェショナルに観えます。
DSC_7514

自信に満ち溢れた表情
DSC_7538

さすがタンジュンサリ!よいものをみせてくれました!

→FBにご感想をどうぞ!
DSC_7543


→バリ島のチャーターカーでサヌール散策!


バリ島旅行のオンライン「おすすめブランド」を集めました!

01

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

【バリ旅行スーパーでお買いもの!】

■第一弾、ビール、チョコ、コーヒーを買う!

年末年始のご旅行でスーパーをご利用された方も多いのでは?

ホテルでビンタンを飲むと高い・・・・スーパーに来たら半額以下だったなんて

ビール大好き人間はもう10本飲んだから・・・2000円節約できた!なんて、つい考えてしまいます。

どこのスーパーでもこのビンタンビールを売り出しています。
DSC_0612

こちらはカロリーゼロのもの
DSC_0643

この写真はビンタンの缶ケースが積んであったので・・・・・壁紙にしてください。
DSC_0677

こちらがビンタンのレモン・・・といっても甘いのです。

ビールではないですよね。
DSC_0699

こちらは缶
DSC_0729

次はバリ島でもお土産の定番になりそうなチョコ
DSC_0664

たくさん必要な方は袋に入っているものも
DSC_0667

TimTamはオーストラリの会社かな?
DSC_0663


最近コーヒー屋さんのパワーがバリ島を席巻しています!

コーヒーカフェが異常に増えた!

コーヒーの農家農園も増えた!

コーヒーのお土産も増えた!
DSC_0656

特にこのルアックコーヒーのお土産が多い!
DSC_0710


こちらはトラジャコーヒー
DSC_0657

こちらはバリの元祖蝶のマーク

将来、バリ島は「コーヒーの島」と呼ばれるときが来るかもしれません。

→ご感想はこちら
DSC_0659

→バリ島のチャーターカー・カーチャーターでショッピング!

バリ島旅行のオンライン「おすすめブランド」を集めました!
01





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ