バリ島で伝統的に一部バンブー(竹)は使用されるが、ウブドのグリーンスクールやバンブーインダーホテルのごとく徹底的にエコロジーを追及したバンブーをモチーフと素材にした建築の試みです。

グリーンスクールには世界中のエコに関心がある人達が見学に訪れ、見学が多すぎて決まった時間帯にツアーのようになっています。予約はグリーンスクールのホームページからのみです。

こちらのオーナーをはじめバリ島には「エコロジー」エコを推進する会社や個人が多くいらっしゃるように思われます。エコといっても地球温暖化から地球にやさしいなど個別の社会問題や市民活動や広義の思想のながれにまでなっていますが、90年代のリオや京都の国際会議前後は世界的に盛り上がっていたかもしれません。

ウブドは芸術やヨガやオーガニックも盛んですが「エコ」や「動物保護」なども盛んですが、どれもウブドとい場所に似合った前衛的で少しお洒落なものになっているような気がしまなす。欧米人が推進しているからか、カフェなどが情報発信源だから、そうみえるのかもしれません。

バンブーインダーホテルはサヤン渓谷にあります。「インダー=美しい」「バンブー竹」という意味です。

写真のたてものはレストランやリザベーションがあるメインの棟です。

屋根の上にいろいろ動物がいますね。
DSC_9581

こちらは入口、全部バンブーですね。

DSC_9249

こちらは「クブ」で竹で編んだものです。

マンダパにも川沿いのレストランでも使われていましたね。

この中がリザベーションです。

なんとも伝統的なリザベーションです。

DSC_9592

お部屋は小さな村のイメージの庭にあり、

下写真のように小川のような池が流れています。

こちらのガーデニングもいろいろ凝って造った感じで、お部屋のテラスはよさそうです。

16389060 (1)

ホテル内に田んぼもあって里山情緒ビューのお部屋ですごせます。

またビレッジツアーなどに参加しなくても小さいビレッジ体験です。

建物はジャワの造りです。

大変味がありますね。


DSC_9576

田んぼの目の前にはパラソルとデッキチェアーが置かれています。

やはり、リゾート内の敷地ですね。

DSC_9401

川のような池には竹の橋がかかっています。

昔の人は竹で橋も造ったようです。

DSC_9413


ジャワから昔造られた木造住宅を分解して運び、こちらで組みなおす。

独特の高床テラスが、狭いながらに、居心地よさそうです。

ここからは夕陽が障害物なしにそのまま鑑賞できるので、やはりかなりスペシャルばテラスです。


3e5cd537

そのお部屋のテラスのすぐ前に崖っぷちの渓谷ビュー!凄い!

なんという贅沢なテラス。

下写真は渓谷鑑賞のための椅子、夕陽鑑賞の際にどうぞ。

DSC_9432

下の写真をみるとわかりますが、

「ある意味、本物」なのですね。

DSC_9451

目の前の渓谷ビューには広大な田んぼも含まれます。

また下写真のスペースはヨガにぴったり・・・・というかヨガのためですね。

この座布団の沈黙の空間でも、ゆっくりおしゃべりしても、どちらでも最高ですね!

DSC_9457

こちらはテーブルと椅子

こちらの夕陽は宿泊者だけの特権、最高!

3cb2fcc8[1]

こちらの椅子は普通の椅子とデッキチェアーの中間ぐらいのもの?

朝から夕方にかけて時間とともに景色もかわりそう・・・・・

DSC_9487

屋根と瓦は少し疲れていますが・・・・・という価値観ではなく、この疲れ具合こそリアルでエコ!

建築もほとんど自然素材を使用、その上使えるところまで徹底的に使う!

だから本物の古民家のリアリティが醸し出せる・・・・決してボロイわけではありません。

結構な値段の古民家をわざわざもってきて、新しい瓦や新しい屋根なら興醒めと思われるからです。

本当に古いだけだったらごめんなさい。

DSC_9494

オーガニックの畑にヤシの木、そして古民家のお部屋・・・・・このパッケージはかなりいい感じですね。

映画にでてくる熱帯の某国某島?のとある村の設定のセットのよう・・・・・

DSC_9495

うーん、いいお庭ですね、

みてください、敷いてある石もあまり加工してないものを使っています。

このこだわり!

DSC_9498

最も端はまた竹素材のガードが並んでいます。

端の道もコンクリートでかためるのではなく分厚い木の板をならべています。

DSC_9523

いい眺め!

サヤン渓谷でもこの辺りはまだ里山の田んぼがみえるくらいな場所、

DSC_9506

中央にあるユニークな屋根の造りはスマトラ方面のものでしょうか、この棟ではヨガができます。

DSC_9532

こちらは崖っぷちに面した大きなテラス?の椅子とテーブルが日陰で気持ちいい

c30b645b

サヤン渓谷の景観

DSC_9562

バンブーインダー敷地内ではオーガニック農園がある、バリ島ではこんな敷地内菜園が多くみられる、野菜を栽

培する畑と観賞用の花や樹木がミックスされた庭は楽しい。

ミニ農園と観賞用植物をミックスしたガーデニングは世界中にある形態だと思われますが、

昔、私の実家もそううでした。

なんとなく豊かで落ち着く感じがするんですよね。
DSC_9567

こちらはレストランの階段下のテーブル

カッコイイ椅子が待っていました。

意外にもテーブルには胡蝶蘭がありました。

DSC_9250

となりの椅子はボックスタイプで、小さいお部屋?ですね。

こんな小さいお部屋タイプのテーブルが3つ

中国っぽいアンティークな感じでした。
DSC_9354


こちらがレストラン奥への絵ですが、いい色満載ですね。

DSC_9260


本日のメニューは手書き、

これは紙などを無駄にしないで黒板を、という意味か?

バンブーインダーがやるとカッコいいね。

DSC_9274

一番奥が厨房で忙しくスタッフが動いています。

DSC_9276

こちらはお水はフリーで

ハーブなお茶は1杯25,000です。

DSC_9278

ブラウニーもバナナの葉のうえに鎮座

DSC_9280

こちらは奥から入口の方をみた絵

中央のテーブルは大きな竹をテーブルにしたもの

DSC_9283

ワインやビールは常にブロックアイスで冷やされて用意されてる。

スタッフさんは、めんどうだろうけど、おいしそうに見えてリゾート感があふれる!

DSC_9288

これが2階への階段、これもバンブー(竹)だけで造られている。

どれだけ竹に凝っているか、ですね。

DSC_9299

これは何でしょうか・・・・・これはなんとトイレでした。ドアがないので見えてしまいそうですが貝のような構造になってグルグル回ると便座があります。入る前にひもを張って「入ってます」の印、とてもユニークなトイレです!バンブーインダーにお越しの際は体験されたし!

DSC_9301

レストランのテーブルのうえは、かわいい色彩のチャナンのセットと、これまた自然色に相性がよさそうなナフキ

ン、そして竹の鉢に入った胡蝶蘭などがあります。

DSC_9305

オーガニックの人参とオレンジのジュース、のめるかなと思っていましたが「おいしい!」なんと、とてもおいしか

たのでびっくり!凝りに凝って味まで旨いとは!ここはやるね!

DSC_9317

天井を眺めると竹ばかりですが、自然素材にしっくりくる照明のデザイン

DSC_9341

この長いテーブルも竹でできている。

DSC_9344

夕方に近くなるとテーブルも独特の空気になる

DSC_9351

「おまたせしました!」

スタッフも洗いざらしの白いシャツ、深緑のウダンなど好感がもてる。

79a7855f

ジャジャーン!これがバンブーインダーのナシチャンプル、オーガニックで味もよし、センターに赤米のナシトゥン

パン、お皿もシックで派手でない色は落ち着きます。

DSC_9365

バリ島のサンバルマタや野菜やカチャンも美味でした。

DSC_9383

卵や地鶏など味は1つ1つ信念を感じるのでした・・・・オーガニックなのに味もよし・・・・・最高!!

DSC_9391

興奮して注文しすぎて、不本意にも残してしまったのでブンクス(お持ちかえり)をお願いしたら、なんとバナナの

葉で包んでくれました。これは洒落ていると思いましたが、バンブーインダーではプラステック製品は極力、使用

しない思想信条から、当然の流れでバナナの葉なのでした。

DSC_9588

「また来てくださいね!」

スタッフはけっこうラフで自然な感じでしすが、やさしく対応してくれました。

→サヤン渓谷のバンブーインダー【ウブド地区】のご感想はこちら!

DSC_9590


→ウブドのスパはこちらでご予約可能です


→ウブド方面へのチャーターカーはバリチリでどうぞ!

93992617[1]


バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!



ウブド1日ツアーウブド1日ツアー
大人8,900円
時間 9:00-22:00 / 食事 昼夕
- ゴアガジャ
- ティルタエンプル
- テガララン
- ウブド王宮、市場
- ウブド自由散策
- バリ舞踊鑑賞
ウブド半日ツアー
大人6,800円
時間 13:00-22:00 / 食事 夕
- ゴアガジャ
- テガララン
- ウブド王宮、市場
- ウブド自由散策
- バリ舞踊鑑賞