バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

2017年06月

タンパシリンは1000年ほど前に、バリ島独立への舞台となり、

グヌンカウイやティルタエンプルは、そのダイナミックな政治・宗教的な

精神が背景となり、創られた場所ではないか?・・・というお話をしました。

世界史的にみても、その地域が分野に関係なく、突然発展することは多いようです。

また突然、滅んでいく地域もありますね。


文化や文明の興隆は要素が多すぎて説明は難しいのでしょうけど、

景気の波と同じで、景気がよいときは多くの人の意識が高まり、

あらゆることに興味が広がる感じですよね。

バリ島が宗教的・政治的に独立するためには、それまでにはなかった公共工事や

新しい儀式が行われたはずです。

ワルマデ王朝によってバリ島は好景気にわき発展していった時期がある

のかもしれません。


想像でしか、ありませんが、それま人々の中にで「バリ島」という、独立した地域感覚は

なく、せいぜいジャワの○○王の姪っ子の所領地とか・・・・・・

バリ島が突然「バリ王国」すなわち、世界でも中心といえる、誇れる場所、

となったときの、多くの人々の興奮や新しい世界の到来の予感などあったに違いあいません。

自分達は先祖から神々のバリ王国の住人であり、国民となった。

※下写真はティルタエンプル寺院前の清流
DSC_3396

そんなワルマデ王朝の遺跡がティルタエンプル寺院となっています。

私たちがイメージする「バリ島」は、このワルマデ王国の人々によって

スタートしたのかもしれません。

下写真はティルタエンプル寺院の、ブアマジャという名前らしいのですが

ジュルックバリと似ていますが、たべるとおいしくないそうです。

(ジュルックバリはグレイプフルーツににて結構おいしい)

DSC_3401

こちらは入口にあるバリ語の石碑

他のお寺と比べデザインが独自かな?で迫力がありますね。

DSC_3406(1

入口右の銅像です。

DSC_3409 (1)

駐車場でもバナナをたくさん売っています。

ときどき強引なおばちゃんもいます。

DSC_3411

ティルタエンプル寺院

DSC_3430

山に囲まれた森に佇むティルタエンプル

DSC_0134 (1)

こちらの門が沐浴場の出入り口

DSC_0060

次々と沐浴を終えた人が出てくる

DSC_0106

沐浴場へのお供え物を運ぶ

DSC_0087

ティルタエンプルにも、お寺の専属ガイドとカメラマンがいる

DSC_0075 (1)

こちらは沐浴場

バリ島中から水を浴びに、水をくみにやってきます。

一番手前の噴射口まで、この日は40分以上、下半身水につかりながら待つ

これは修業ですね。

DSC_3490 (1)

赤ちゃんからお年寄りまで、出身や肩書も関係なしに並ぶ

神の前では本当に平等ですね。

DSC_3598 (1)

赤ちゃんは体力がないので水につけないでだっこする。

3

最も向こう側には古い石造が

古すぎて原型がわからない、しかし人気がありそう

DSC_3532

お祈り

DSC_9380 (1)

お供えものがてんこ盛り

DSC_9506 (1)

さらにここに置く

DSC_9622 (1)

おおきな龍の石造と象の石造が

何年か前に建立された。

何百年も前からあるように、かっこいい

DSC_9646 (1)

お祈り直後のこども

DSC_9655

お年寄りも1時間も水につかって

かつ、滝のように浴びている

先進国なら、とめられそう、

DSC_9737 (1)

全身に、ゆっくり、たくさん

あびている、ティルタ、聖なる水なので

神様と一体化できるイメージもあるそうです。

手の届かない遠い世界にいる神様ではなく、

常に近くに居て、相談できる身近な神様かな、

4

家族のように身近に意識できる神様

生活の悩みごとを聞いてくれる神様

DSC_0004(1

高校生

5

祈り

1

お供え物

2


→【ティルタエンプル寺院】タンパシリン静寂の源泉

DSC_3643 (1)


タンパシリン散策にはバリチリのチャーターカーでどうぞ

93992617[1]


バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!


バリ島のレストランさがしならこちら。




ポピーズⅡ通り、

レギャン通り、ベネサリ通り、

ビーチウォークときましたが、お次は

ポピーズⅠ通りからクタビーチにぬけ終点です。

下写真はベネサリ通り最終ポイントでポピーズ2の入口付近にある

新しいカフェCRUMB、シエラトン系のホテルができたので周辺も

お洒落になっていくのでしょうか。

DSC_3217

これならオージーのおじさんやサーファーだけでなく、

女性同士でもいけそう。

14900600_894645010670663_5350967070508017676_n

コンクリートの打ちっぱなし

天井に植物

ポピーズやベネサリもこんなお店が増えるのかな・・・

18301122_1018642978270865_1963015566641171585_n

アイスコーヒー

18342584_1020914258043737_363757291557081155_n

ブレイクファーストメニュー

ポピーズでこんなん食す時代!

18581637_1029769670491529_2557963043236770177_n

こちらがポピーズ2とポピーズ1の間にある

ギリシャ料理のお店

DSC_3224(1

ポピーズ近辺にも

パリの神様は、たくさんまつられています。

DSC_3221

うすぐらい建物と建物の間

あまりよくない環境のバルコニー

将来は九龍城のような場所も出てくるのでしょうか?

DSC_3228 (1)

旧ガンポピーズⅠ

DSC_3236 (1)

ロスメンホテルの代表格

マサイン

は立派なホテル。

DSC_3232 (1)

クタビーチに到着です。

クタビーチはサンセットタイムがもっとも混雑します。

DSC_3298 (1)

ビーチカフェの1件1件にサーフボードが置いてあります。

価格交渉でレンタルボードや

サーフィンスクールや

マンツーマンレッスンなどが可能です。

DSC_3282 (1)

飲み物が夕陽に綺麗に輝いています。

やわらかくキラキラキラ・・・・

DSC_3268 (2)

ビーチカフェは基本的に飲み物だけでも

座ることができパワソルの下に居られます。

DSC_3260 (1)

後ろには果物のジュースを売っていました。

いろんなフルーツが夕陽で大人のトロピカル・・・

DSC_3265

ビンタンビールもいい色に

こちらのビーチでは朝から昼から夕方までビールを嗜んでる方がいらっしゃいます。

ただし、暗くなる前にお店は撤収させてしまいますのでご注意、

DSC_3280 (2)

夕陽を観ながら、何も語らず・・・・

DSC_3304 (1)

夕陽がだんだん濃い色に・・・

DSC_3310 (1)

ハードロックホテル前のこちらのビーチの一角は

バクソ屋さんのパンタイワルンになっています。

DSC_3358 (1)

ビーチカフェでは食べ物はほとんどできないので、

こちらのバクソ屋さんが貴重

DSC_3312 (1)

こちらで食べても、各ビーチワルンにデリバリー可能

サンセットタイムのバクソは哀愁の香り漂うのか、

DSC_3324 (1)

ビーチワルンは暗くなる前に、撤収したいので、お店のお客さんがいないタイミングで撤収しはじめる。

哀愁の撤収か

DSC_3361 (1)

夕陽を目的のお客様は

本日は鑑賞可能だったのでよかった。

DSC_3363 (1)

【クタ散策:第四章/最終章】ポピーズ通りから夕陽のクタビーチへ

DSC_3372 (1)


クタ散策にはバリチリのチャーターカーでどうぞ

93992617[1]


バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!


バリ島のレストランさがしならこちら。


このページのトップヘ