ではサワインダ・ヴィラや眺めのいいレストランをご紹介しました。

バリ島東部のシドメンの中に最もバリ島っぽいものがあるみたいな話でしたが、東部の山々は、いにしえよりバリの信仰の中心、ブサキ寺院やアグン山などの信仰の中心が点在しています。

シドメンはそんな信仰の山々に囲まれた里山。広大なライスフィールドから富士山のようなアグン山を大迫力で臨めるポイントもあります。

また少しだけ高い場所などでちょっと涼しい気がします。(ウブドと同じくらいかな?)山々や田園などの景色が日本の夏にも似ています。

ここに来て昔の日本を想いだす方もいらっしゃるようです。また村人の素朴さも昔の日本に似ているのかもしれません。(何回もいってる)

こちらは前回からのカフェのジョグローデウマからの眺め、山裾に田んぼがみえます。大自然の山々と人の生活が感じられる里山の両方をみます。
DSC_1046

こちらのカフェはハイシーズン日中お客さんが多いこともありますが、ローシーズンは結構かしきりのごとく利用できることが多いと思われます。お客が自分1人であっても、シドメンのスタッフはやさしく素朴に対応して頂けるので(昔のウブドカフェのイメージ)リラックスしてよい感じでいることができます。

この景観ならなにを飲んで食べてもよい感じなのですが、テンションが高くなりつつありますので、ビンタンを注文しました。そして本当に素朴にサーブして頂きました。
DSC_0911

ビンタンも海と山では違う顔ですね。背景によってビンタンも人もかわりそうです。山々と神々に「カンパーイ!」ですね。神様と自分にお神酒です。

DSC_0924

この景観はしばし誰でも、見入ってしまうかもしれません。特に早朝、太陽が昇る前の薄暗いときから、この里山をみると晴れている日は、太陽の光が山々を照らしはじめる、光が広がっていく瞬間をみることができます。

この現象についていろんな形容をされていますが、まったく動かない「物」が光を浴びた瞬間に「生き物」になって生命を与えられた瞬間にみえます。

その光が移動し多くの命が増えていくようにも見える瞬間は多少鈍感とも思える方であっても大きな何かを感じるかもしれません。古来からの太陽信仰をじっかんできる気がします。

DSC_0955

この建物がジョグロといわれるお隣ジャワ島の伝統的な建築です。バリ島のシドメンにもいくつかみられたので、ジョグロー関係者はバリ島だけでどれだけ儲けたかわかりません。皆様はこのつくりに魅力を感じますか?
DSC_1055

ナシゴレンをオーダー、お値段はワルンというよりレストランでした。この景色にジョグロなら完全なツーリズムですね。
DSC_1011
犬はワルン風、ごろん、クルップをあげても食べず鶏肉だけ食べていました、意外とグルメ。
DSC_1022
そのお隣にはシンケンケンという名前のヴィラ
DSC_1060
とてもよい景観のヴィラ、ここは里山ヴューだけでも価値がありそう!
12010640_1177128668970732_1573784472345824751_o
かわいいお食事スぺース
57363236
やはり絶景、川までみえますね、ながめは最高です。ここから朝陽を観たい!
57384517
こちらはよい部屋で一泊50-60万ルピアでした。シドメンはまだまだ割安ですね。シドメンは景観がよい場所がたくさんありますが、ここもリストアップですね。
57384525
こちらもアコモ、シドメンまでホテルラッシュとはバリ島は気が遠くなりそうです。
DSC_1063
周辺はちょっとだけトロピカルな森林
DSC_1077 (1)
ここで別のアコモを求めて川の方へ向かいます。途中田園をたくさん観れますが、ちょうど穂がよい感じでした。ここ本当にすばらしいですね、今が旬!いかにもシドメンらしい田んぼビューでした。DSC_1084
到着、ホテルはリバーサイ、川沿いリバーサイド、のダルマダホテル
DSC_1114
文字道理開放的なロビー
DSC_1116
中庭の道
DSC_1118

DSC_3340

こちらはリバーサイドのレストラン
DSC_1126
耳を澄ますと川の音がサラサラ聞こえてくる、花や草の向こうが川
DSC_1135
これは文字通り日本の山の清流っぽい写真ですね。
DSC_1173
山間にサラサラながれる清流・・・・・シドメンは川が綺麗
DSC_1179 (1)
16時ごろ、リバーサイドのガーデン
DSC_1222
ガーデンの花
DSC_1212
レストランは半オープンスタイルで庭や川や山々が望める
DSC_1238
内から入口を観る
DSC_1240
ポットでお茶
DSC_1244
中庭は一見素朴なガーデニング
DSC_1245
このレストランは基本のアランアランが魅力的!
DSC_1252
こちらはキャッロットケーキ、ここは本当にお茶とケーキだけでも長居したい!素敵なリバーサイド、ローシーズンは貸切状態時間も多い!
DSC_1258
川を観る席
DSC_1278
L字のソファーが落ち着く感じでした。ちょっと前先客ゲストが楽しそうにいらっしゃいました。
DSC_1289
ちらりと川が、いいですね。レストラン前の川土手スペースはハイシーズンなどオープンシートをおいて、さらに愉快な空間であることもある。よさそうな空間!日本で流行りのちょっとキャンプ椅子や簡易テントなどもよさそう・・・・というかここで本物のキャンプしたいね。
DSC_1295
いいですね。
DSC_1298
ありがとうございました。
DSC_1299
ホテルの中庭
DSC_1304
さようなら、また来るね。
DSC_1310
16時ごろのシドメンの田園は日没にむかってどんどんいい色になっていきます!
DSC_1336
シドメンや、ああシドメンや、シドメンや、といった感じの田んぼ風景
DSC_1313

→東部【シドメン】アコモとカフェ後編のご感想はこちら
DSC_1326


→シドメンン方面へのチャーターカーはバリチリでどうぞ!

93992617[1]


バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!