オベロイ通りをはじめクロボカン地区はレストランの大激戦区!

新しいホテルやヴィラやビーチクラブなどバリ島でも投資が最も集中している場所、

当然レストランやカフェやバーも、たくさんできては消えている場所。

そんな中ではクロボカン地区では老舗といっても過言ではないレストラン【ビク】に久しぶりにいってきました。

過去のビクの記事
http://www.bali-chili.com/center/enak/110biku.html

もう10年以上前、この通りに畑やワルンそして牛さんもいた、ときから

ビクはあって、すでにお客さんはたくさん入っていた記憶があります。

写真はパーキングからです。

DSC_2933 (2)

現在では当然ツーリストのお客様も増えています。

ビクの入口のパーキングはいつも満車のイメージです。

胡蝶蘭が印象的です。

DSC_2938

昼間お客様が少ないときはこんな感じ

20160326_175012

この日は木曜日の19時ごろでしたが、すでに満員で40分まち

ソファー席の優雅な待合も1組あります。

DSC_2949

そんなときはビクのセンスで集められたギフトショップを眺めながら待ちます。

DSC_2953

ビクはかなり昔からアフタヌーンティーでも有名で、たぶんこのカフェ・レストランはどうしても長居して、ゆっくりしたい気持ちになります。よってアフタヌーンティーはコンセプトがぴったりです。

DSC_2956


こちらのオーナーさんはかつてウブドのヴィラを運営していました。

だからかわかりませんが、スタッフは今でもフレンドリーでリピーターには家族のよう、

DSC_2961

日中も屋外席などよい感じですが

夜はメインの室内テーブルは独特の空気になります。

DSC_2968

下写真のテーブルの花は、ほとんど

近所にあったさりげないものを飾っています。

DSC_2976

そしてビクの定番メニューとしてナシチャンプルはこんなの

Nasicampurmid

建てものからすべてがアンティークでウッドか石で構成さています。

このちょっと狭い感じもよい効果がありそう。

DSC_2964

明らかにおいしそうです。

ビクは本当に料理上手ですね。

何百種類メニューがあるかわかりません。

そしてだいたいおいしい

2016-12-24

アフタヌーンティーにはこだわりがあり

メニューも常に豊富

2017-02-01 (1)

イギリスでしたっけスコーン、を生クリームやをはじめ、いろいろぬって食べる

下写真、ジャムと生クリーム

2016-07-15 (2)

朝食メニューも豊富なので

クロボカン地区のホテル宿泊の場合は

ビクで朝食は楽しみになりますね。

17265009_1247112282031706_6367841558761375607_n

屋外席はうなぎの寝床ですが

日中とくに、光りの具合が魅力的な空間になっていますよ。

昼間から秘密基地でお茶をのむような隠れ家感があり

大人も楽しい

2017-02-07

午後のひととき、お子さんをつれて、

屋外席で長居して楽しめます。

IMG_20160328_130147

夜はどんな客層も十分もてなせる、

ダイナミックなレストランになる。

Wホテルやアリラスミニャック、アイルバリなどにご宿泊でしたら、すぐ近くですよ。

レストラン激戦区クロボカンの老舗【BIKU】ビク

DSC_2947


※料理の一部はビクのHPより


バリの充実カフェにはバリチリのチャーターカーでどうぞ

93992617[1]


バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!


バリ島のレストランさがしならこちら。