ポピーズⅡ通り、

レギャン通り、ベネサリ通り、

ビーチウォークときましたが、お次は

ポピーズⅠ通りからクタビーチにぬけ終点です。

下写真はベネサリ通り最終ポイントでポピーズ2の入口付近にある

新しいカフェCRUMB、シエラトン系のホテルができたので周辺も

お洒落になっていくのでしょうか。

DSC_3217

これならオージーのおじさんやサーファーだけでなく、

女性同士でもいけそう。

14900600_894645010670663_5350967070508017676_n

コンクリートの打ちっぱなし

天井に植物

ポピーズやベネサリもこんなお店が増えるのかな・・・

18301122_1018642978270865_1963015566641171585_n

アイスコーヒー

18342584_1020914258043737_363757291557081155_n

ブレイクファーストメニュー

ポピーズでこんなん食す時代!

18581637_1029769670491529_2557963043236770177_n

こちらがポピーズ2とポピーズ1の間にある

ギリシャ料理のお店

DSC_3224(1

ポピーズ近辺にも

パリの神様は、たくさんまつられています。

DSC_3221

うすぐらい建物と建物の間

あまりよくない環境のバルコニー

将来は九龍城のような場所も出てくるのでしょうか?

DSC_3228 (1)

旧ガンポピーズⅠ

DSC_3236 (1)

ロスメンホテルの代表格

マサイン

は立派なホテル。

DSC_3232 (1)

クタビーチに到着です。

クタビーチはサンセットタイムがもっとも混雑します。

DSC_3298 (1)

ビーチカフェの1件1件にサーフボードが置いてあります。

価格交渉でレンタルボードや

サーフィンスクールや

マンツーマンレッスンなどが可能です。

DSC_3282 (1)

飲み物が夕陽に綺麗に輝いています。

やわらかくキラキラキラ・・・・

DSC_3268 (2)

ビーチカフェは基本的に飲み物だけでも

座ることができパワソルの下に居られます。

DSC_3260 (1)

後ろには果物のジュースを売っていました。

いろんなフルーツが夕陽で大人のトロピカル・・・

DSC_3265

ビンタンビールもいい色に

こちらのビーチでは朝から昼から夕方までビールを嗜んでる方がいらっしゃいます。

ただし、暗くなる前にお店は撤収させてしまいますのでご注意、

DSC_3280 (2)

夕陽を観ながら、何も語らず・・・・

DSC_3304 (1)

夕陽がだんだん濃い色に・・・

DSC_3310 (1)

ハードロックホテル前のこちらのビーチの一角は

バクソ屋さんのパンタイワルンになっています。

DSC_3358 (1)

ビーチカフェでは食べ物はほとんどできないので、

こちらのバクソ屋さんが貴重

DSC_3312 (1)

こちらで食べても、各ビーチワルンにデリバリー可能

サンセットタイムのバクソは哀愁の香り漂うのか、

DSC_3324 (1)

ビーチワルンは暗くなる前に、撤収したいので、お店のお客さんがいないタイミングで撤収しはじめる。

哀愁の撤収か

DSC_3361 (1)

夕陽を目的のお客様は

本日は鑑賞可能だったのでよかった。

DSC_3363 (1)

【クタ散策:第四章/最終章】ポピーズ通りから夕陽のクタビーチへ

DSC_3372 (1)


クタ散策にはバリチリのチャーターカーでどうぞ

93992617[1]


バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!


バリ島のレストランさがしならこちら。