7月にはいり、サヌールもハイシーズンの季節です。

ローシーズンは比較的しずかなサヌールも

サヌールメインストリートのダナウタンブリンガンや

ビーチの遊歩道はツーリストであふれてきました。


ハイシーズンでお客さんが増えると、

そのときだけ臨時にオープンするお店もあるくらいです。

さて本日は2つのサントリアンの間、グリアサントリアンから

プリサントリアンまでのお散歩道をご紹介します。


写真はグリアサントリアンの入口です。

こちらのホテルは当初、コテージのスタイルからはじまった名残りをのこ

して、そのコテージ風がなんとも落ち着きます。
DSC_4303

こちらは新しくできたスパの塔です。

ラマシタスパ・・・・この一角は高級ホテルの雰囲気

DSC_4306

プールをぬけてビーチにでますと、すぐ、こんなオープンなソファーが置いてありました。

ヨーロッパのおじいちゃんとおばあちゃんのホテルのイメージですが、

グリアサントリアンもあたらしい流の家具をとりいれはじめています。

DSC_4309

グリアを遊歩道に右に進みますますと、以前ご紹介したカフェ「ヌラヤン」があります。

ヌラヤン=漁師、なので漁船ジュクンの素材を使用したテーブルや椅子がありました。

DSC_4341

その先にはヒンドゥーのあたらしめの碑

DSC_4345

その裏にはセレモニーの場所

漁師さんが多いのかな・・・・

DSC_4348

サヌールビーチは漁船のジュクンがたくさん見かけることが可能です。

DSC_4354

その先にはロータイドにはサッカー場ほどのビーチが出現する場所も

サヌールビーチはそもそも遠浅で、波のパワーがなく、安全にビーチ遊びができるビーチです。

DSC_4365

その先には遊歩道に

遺跡のような味のある門に遭遇します。

DSC_4394

サヌールのジュクンは今や、バリ島を代表するほどの観光資源のひとつかもしれません。

カラフルでかわいく、素朴で絵になりますね。

DSC_4398

犬が好きな方は、楽しいビーチ

サヌールビーチは犬の散歩道なので

首輪のない犬がたくさん遊んでいます。

DSC_4402

旧ハイアットのビーチ

DSC_4429

このビーチ施設はお安く使用できます。

ときにクルーザーやスピードボートが集結

DSC_4461

広い長いビーチで、利用者も多くないのがもったいない・・・・

DSC_4423

さらに進むと、かわいいものをそろえているショップがありました。

サヌールの遊歩道では新しい大きな変化です。

DSC_4474

そのお隣さんはスパ

ビーチサイドのスパ「NEST」

こちらもサヌールビーチの中では革命的にお洒落なスパかもしれません。

DSC_4497

キチント受付があり、新鮮!

DSC_4491

その隣にはカフェ

サヌール遊歩道も将来はスミニャックみたいなカフェやレストランがたちならぶのかもしれません。

DSC_4487

さらに進むと、ここはスティッフチリ・・・・

何年か前にスポーツバーに変身、以前のカフェ・スティッフチリは「バリ島カフェ史」そんなものがあったとしたら、

景観やイタリアンのメニューなどトップランクに入る素敵カフェだと確信していました。

残念!!(個人的趣向)

しかし、このサヌール遊歩道には、さらに素敵なカフェが、たくさんできる予感もしますよね。

さようなら以前のスティッフチリよ・・・・・

DSC_4515

バクソ屋さん

DSC_4516

ダイビングのボンベの数、すごいね、

DSC_4520

その先には、こんな自由なスペース、

サヌールビーチっぽいハンドメイドな空間も健在です!

→グリアサントリアンからプリサントリアンへのサヌール散歩道【前編】のご感想はこちら!

DSC_4529



サヌール散策にはバリチリのチャーターカーでどうぞ

93992617[1]


バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!