123
バリ島には、タンジュンブノアだけでも主なマリンスポーツ催行会社が30社以上あります。他エリアまで含めると、どれくらい数があるか?無数にあるように思えます。そんな無数のマリンスポーツ会場の中で、旅行者の皆さんはどうやって1つの会場を選ぶのでしょうか?

 

まず、地元のインドネシアの自家用車のお客様用には、格安のパッケージが用意されているところもあります。また、これらのお客様は直接交渉で、料金を下げていることを聞きます。これが最安値のパターンかもしれません。

 

しかし外国人ツーリストは、上記のパターンはなかなか難しく(グラブやタクシーで乗り付けても外国人は外国人料金を設定されてしまうことが多い)これを踏まえた上でも、マリンスポーツ催行会社は、お客様がインドネシア人中心のところ、中国人が多いところ、最近はインド人が得意なところ、と傾向があるのですが、日本人全盛期は日本人をメイン、またはサービスが充実しているところもあったのですが、最近はこの意識で選ぶことは難しく、むしろどのマーケットをしていても、設備やサービスや人気で選んだ方がよさそうです。

 

外国人が突然、その日に出向いても、あまり安くなることは少なく、ハイシーズンなどは公示料金で販売されることもあります。外国人(日本人)は前もって予約することをお勧めします。

 

自身でパンフレットを観て、電話でイドネシア語か英語で、予約も可能です。ただしバリ島事情に自信がない場合は、旅行会社をおすすめします。まず、旅行会社では前もって、商品やパッケージがたくさん見ることができます。また外国人としては、割引が最大級です。エリアにもよりますが、ホテル送迎が無料であったり、昼食がついてくるパッケージもあります。

 

旅行会社に頼んで最も良いところは、前日や当日の変更などが臨機応変であることや(マリンスポーツは事前払いをおすすめしません)、予約の追加割引や、忘れ物の対応など、旅行会社に頼めます。また、不運にもケガなどの場合、病院などの選択は日本人担当者がほとんど在籍していない、マリンスポーツ会社がほとんどの中、旅行会社担当者に相談できた方が安心です。またイザというときの保険は、ほとんどのマリンスポーツ会社で加入していますが、イザ請求などのプロセスでキチント納得の説明がなされないところがあり、病院の担当者が代理で保険内容を説明することが多くあります。多くの旅行会社はマリンスポーツの保険内容、旅行会社の保険、お客様本人加入の保険などを相談でき、バリ島の治療、日本での治療に適切な保険を相談できます。

 

このようにイザという場合のときのためにも、マリンスポーツは旅行会社経由をお勧めします。

 

また、マリンスポーツ催行会社のお勧め選択は、ヌサドゥア宿泊の場合とサヌール宿泊の場合で違ってもきます。またマリンスポーツの希望の種目が、最新の機材などの場合によっても違います。

 

さらにダイナミックにお客様が多い聖地のような場所か、比較的静かで穏やかな場所か、さらにはバリ島周辺の離島でのマリンスポーツかによっても違います。また時間帯によって会社ごとに催行できないことがある(潮や工事)

 

可能でしたら、事前に相談し計画的に予約されることをおすすめします。くどくど、つまらない説明とも思われますが、バリ島のマリンスポーツには必要と思われます。

バリ島のマリスポーツ催行会社選択の参考にしてくださいね!

93992617[1]