バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

カテゴリ:バリ島・食べ物全般 > ナシチャンプル

毎日、食べても飽きない(?)ナシチャンプル。
リピートするワルン(お店)は、美味しかったり、好きなおかずがあったり、場所が行きやすかったり・・・などなどですが、”ワルンのおばちゃん”も一因だったりします。

一見、強面のおばちゃんだったりすることもありますが、顔見知りになると、
何かしら声をかけてきてくれます。

「あら、久しぶりね」
「ブンクス(持ち帰り)にしないで、ここで食べてきなさいよ」
「こんな時間にお昼?」
「新しいクルプック入ったよ」

なんてことはない、ひとことなのですが、ちょっと元気になります。
ワルンを後にするときには、お腹も一杯、心も一杯・・・なんてときもあります。

ところで、ナシチャンプルですが、味付けやメニュー、盛り方なんかが
おばちゃんの性格と重なってくるような気がしています。

おばちゃんとナシチャンプルの写真ですが、どのおばちゃんが作ったナシチャンプルかわかりますか・・・?


cumi3bali2solo2
solobalicumi

し~らん・まあらん

バリ島のナシチャンプルを説明する際、私は大衆食堂さんを思い出します。

「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽さんです。定食屋はセットメニューですがナシチャンプルは白米をもり、その上にお好みのおかずを盛り合わせるので定食ではないのですが、家庭のおかずの多品種を白いご飯と合わせるので本質的に大衆食堂ではないでしょうか。

 

バリ島に住み始めて多年になりますが、ナシチャンプル屋さんは重要です。

日本のように便利で安いスーパーも少なく、食材が肉野菜など日本の料理は困難で高くつきます。一人暮らしならなおさら自炊が面倒なので安い外食の志向が高まります。

安い外食で屋台系でバクソ(肉団風スープ)やソトアヤムやサテなどポピュラーはありますが毎日では飽きてしまいます。恐らく多くの日本人が最も飽きずに頼りにしているのはナシチャンプルではないでしょうか。
IMG_7496

私が週3回以上通うナシチャンプル屋さんはとにかく毎日、おかずの種類を多くそろえています。それぞれ違う味で、1品1品こだわりが感じられ、多くのおかずが他にないうまみ(グリー)があります。単に化学調味料のうまみではなく何かから出汁をとったグリーがあるのです。写真の見た目は正直おいしくなさそうですが、味は違います。かつ、毎日日替わりで野菜などのおかずがかわります。

たくさんのおかずは個人的にほとんどはずれがありません。ごはんは独自の炊き方でいつもアツアツ。カンクンなどの辛くする野菜はおいしくだすためサンバル(からし)1回1回わけてまぶします。カンクンとサンバルはまぶして置いておくと水分の関係でおいしくなくなるそうです。こんな気の使い方をしているナシチャンプル屋は他に知りません。多くのおかずのなかでおすすめは辛めのサピ(牛)です。アツアツごはん大盛りで塩気を調節しながら食べられるので大食いには本当にすばらしいナシチャンです。

 

もちろん地元のお客様もたくさん訪れ、お昼の時間帯は行列も頻繁にできていて、時間のない日はあきらめています。こちらに通い始めて3年目ですが飽きることなく今日もランチに行こうと考えています。

 

メリー西山

ナシチャンプルを知っていますか?
ナシチャンプルは、インドネシアの独特な料理の一つです。
「ナシ」というのは、「ご飯」で、「チャンプル」というのは、「混ぜる」です。
いろいろなおかずが入っていて、店によっておかずも違います。
例えば、鳥肉、魚、タマゴ、野菜、豚、肉などが入っています。
バリでは、ナシチャンプルのワルンが沢山あって、味は別です。

私は、ナシチャンプルが一番好きで、安くておいしいですよ。
ほとんど昼ごはんの時には、ナシチャンプルを食べています。

IMG_9166

ナシチャンプルの値段は、だいたい10,000ルピアですが、ワルンによって値段は別です。

お勧めのワルンは、バリチリのウェブサイトに入っているので、どうぞ見てください。または、ガイドさんに聞いてみてください。よく知ってると思います。

バリにいらっしゃる間に、是非ナシチャンプルを食べてみてください。

ぐでサーティー

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフ5人が日替わりで、リレー形式に綴っていく「バリチリ家の人々(仮題)」を今日からスタートさせて頂きます。

バリ島生活にまつわる週ごとの「お題」に対して、5名がそれぞれ綴ります。

というわけで、早速ですが、記念すべき第一週目のお題は、「ナシチャンプル -nasi campur-」です。

それでは、月曜日担当のワタクシ、キンコンおみちが一発目いかせていただきます。

さて、ナシチャンプルについてですが、簡単に言っちゃうと、ご飯といくつかのおかずがのった一皿のことを指します。

たとえば、コレ。
IMG_7331
鶏肉のナシチャンプルです。
甘めに煮つけられた鶏肉が柔らかくて、ご飯が進みます。
手前に写っているピーナッツがなにげに香ばしい風味で、ナシチャンプル自体の味を引き延ばしてくれるのもポイントです。
そして、味付け卵もいい塩梅です。

こちらは、ウブドのナシアヤム・クデワタン・イブマンクーというお店のナシチャンプルです。旅行者の方にも有名で、ガイドブックなどにも掲載されている人気店です。
IMG_7327

初めてのナシチャンプル挑戦者にも喜ばれる味かと思いますので、是非、ウブドへお出かけの際には、お立ち寄りをば。

さて、このナシチャンプルというお題についてですが、バリ島(インドネシア)料理の中でも、一番人気のあるお食事の一つに挙げられる存在やと思われますので、たぶんまた今後もこのお題は、登場することでありましょうて。

キンコンおみち

このページのトップヘ