バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

カテゴリ:バリ島・食べ物全般 > 飲物

ラヤトゥバン通りといえばクタのローカル観光客花盛りなストリート、当然ローカルワルンの激戦区でもあります。

屋台といってもこちらは昔カキリマ(移動屋台)から今こちらのルコのたてものに入ってしまった進化系カキリマであります?

お客さんが多すぎてカキリマ屋台ができなくなったようです。【WARUNG BU RIMA】リマおばさんの店、看板には「NASHI BEBEK」アヒルとごはんの店とあります。AYAM鶏やLELEナマズがあとから同様に売れるようになったのでしょうか。

この夕方の時刻はお客様が少ないのでお勧めです。といってもすでに普通に入っています。

屋台・・・・に電球・・・アジアンな醍醐味があります!楽しみ!
DSC_2233

道路からはカキリマ屋台をそのままに観えます。これならツーリストの方にも一目瞭然、たくさんのお客さんもいるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
DSC_2238

昔のカキリマ屋台本体、今でもここで調理しています。派手な色ですね。
DSC_2255
お客さんはこんな感じで皆さん手で食しますが、無理せずスプーンとフォークがあります。

夢中ですが確かに夢中になる味なのです!
DSC_2250
「ジャジャジャジャーン!」これです、看板からすると地味な色の料理です。

鶏やアヒルに特製カレーソースと赤い特製サンバル、この2つが売りです!

まず、特製カレーソースですが・・・コクがあり複雑で辛みがあるだけでなくうま味もあるのですが一番の特徴といたしまいて「インドカレー」の風味と味がするのです!!インドネシアのカレー風味というよりは複雑で複数のスパイスの「インドカレー」のソースに近いのです。
DSC_2260

次に赤いサンバルですが、これも大きな特徴があり、これがインドネシアのサンバルというより「韓国のキムチ」に近い風味とうま味がするのです。この2つが他店と違う特徴ではないでしょうか?

この「インド」と「韓国」の辛みの競演・・・・屋台というよりはレストランの凝ったソースでした。この他店にない特徴的なハーモニーこそ、ローカルリピーターを虜にさせているものでしょう!

これは日本人でもかなり「旨い!」と絶賛する方は多いと思われます!うまい!凄い!うまい!
DSC_2273


子供が無理やり食べさせられてる!ちょっとかわいそう。
DSC_2344

ここで調理しています。
DSC_2346

こちらレレ LELE ナマズ、

ナマズはすごくポピュラーでみなさん平気で食べます。

淡泊な白身で食べやすいのです。
DSC_2323

リマおばさんかな?おおきい!おいしいもの自分でつくれる!
DSC_2364

夜がふけるほどに客が増えていきます。

→バリ島のチャーターカーで屋台めぐり

→ご感想はこちらのFB
DSC_2377

バリ島のオプショナルで旅行を充実!

バリ島旅行のオンライン「おすすめブランド」を集めました!
01


昨日、家に帰る途中で、ストロベリージュースを飲みました。
IMG_9493


























その店は、ジュースの他に、いろいろな果物とか、お菓子とか、飲み物も売っています。
IMG_9487














その店は、MOENA fresh といって、デンパサールにあります。
だいたい朝8時から、夜10時頃までやっています。
IMG_9489















デンパサールの他に、MOENA fresh のアウトレットは、バリにたくさんあって、ウブド、クタ、サヌールにもありますよ。
バリ人だけではなく、たくさん外国人も来ます。

生水の氷ではないので、お腹にも安全ですよ。
そういう訳で、外国人にも心配ないので、ジュースを飲みに来ます。

MOENA FRESH は、いろいろな果物ジュースが売っていて、値段は果物によって違います。
昨日飲んだストロベリージュースは、とても美味しくてフレッシュでした。

ストロベリーや果物の畑はブドゥグルという高原リゾートに位置しています。
バリでは、ブドゥグルもお勧め観光地ですよ。

デンパサールから車で2時間くらいかかります。もし、ブドゥグルへ観光する時は、どうぞ忘れないで、ストロベリーや果物の畑に寄ってみてください。

バリで美味しい、美味しいフレッシュジュースを飲んでみてください。
IMG_9484















ぐでサーティー

飲み水のことを「アクア」というぐらい浸透しているのがこちら、DANON社から出ている飲料水「アクア」です。

アクアは、ペットボトルや大きなガロンで売られているほか、アクア・グラスといって240mlほどのグラスのようなかたちをした、プラスチックの容器に入ったものもあります。

画像 029

このアクア・グラスですが、飲む際は、小さくて細いストローをブスっとフタに刺していただくのですが、このストロー、刺さりにくいことがあります。

ブスっと刺そうとした際に、失敗してストローの先が折れてしまうと、その後は使い物になりません。ビニールのフタをそのままべりっとはがそうとしても、思うようにはがれず、ストローは刺さらないしで、なかなかやっかいなことになります。なので、アクア・グラスにストローを刺すときはいつも一瞬、緊張します。

中には、「アクアのストローを刺すのが得意!」という人もいます。
この人は100発100中、ストローを刺すのに成功するだけでなく、先が折れてしまったストローでもうまく使いこなすことができるという、ひそかな特技の持ち主です。

バリチリでは、オフィスに遊びにきてくださったお客様をはじめ、セールスにいらっしゃる方などにも、このアクア・グラスをお出ししています。おもしろいことに、日本人は、フタの真ん中にブスっとストローを刺しますが、インドネシアの人は、フタのすみっこのほうにストローをちょこんと刺すんです。

し~らん・まあらん

”暑いときに、すっきるすために何が飲みたい?”
答えは、”エス・チャンプル!”
Es Campur 2
エス・チャンプルは暑い時に飲むとすっきりして、ちょっと幸せな気分になります。
すっきりするのは、ナンカ、アボカド、パパイヤ、パイナップル、トマト、スイカ、メロンなどの新鮮なフルーツが入っているからです。
フルーツの他には、チンチャウ(海藻から作ったゼリー)、コラン・カリン、おいもなども入っていて、フルーツと一緒に大き目のグラス、または、小さめのお椀にのせます。
それにお砂糖を混ぜ、上から練乳や、時にはチョコレート味の練乳をかけます。
Es Campur1

エス・チャンプルは暑い時もお勧めですが、ちょっとお腹が空いた時に飲むこともあります。
エス・チャンプルは、たいていのワルンで注文できるので、ぜひ試してください!

ミス・スリペース


IMG_9237

カルフールで毎週買い物をしていることは先週書きましたが、

インドネシアのジュース(スーパーで販売している)は日本のそれに比べてやはり種類が少ないのです。

 

ソフトドリンク(コーラ、スプライト、ファンタ)などの占める割合が多く多くの場面でソフトドリンクが中心です。

 

100%の野菜ジュースなど高級品売り場に行かないと手に入りません。100%のフルーツジュースも日本のように濃縮果汁なのか、砂糖も含めたものなのか基準がよくわかりません。

 

基本的にあますぎるものが多いのですが、今回おすすめするのがチェレスの赤ブドウ味です。写真の通りなのですが、飲んでみると「自分のなかで100%ジュースはこんな味」のものでした。なんとなく生々しい塩味だこと。お試しあれ! 23000ルピーぐらいです。


メリー西山

 

数年前のワタクシがバリ島へやって来てしばらく経ったある日のランチ時、いつものようにワルンへ食事をしに行きました。

いつもアクア(ミネラルウォーター)を注文していたのですが、ちょっと違うものでも頼んでみようかな・・・と思い、メニューを見て、オレンジジュースを頼むことにいたしました。

・・・待つこと3分・・・。
おっと~。色、薄!?
IMG_5989
な色素の薄~い飲み物がワタクシの前に置かれたのでありました。しかも、要注意!とガイドブックに書かれている定番の「ワルンで出される氷」がたっぷりと入って、今私の目の前に!!!
ヤバイぞ!!!どーする!?

とは言いつつも、とりあえず、そのオレンジジュースを頂いてみることに・・・。

・・・チュル~・・・。
・・・う~んと、これはオレンジジュースじゃないねぇ~。・・・オレンジ味の水だねぇ~・・・。

「甘み十分で、ちょっと危険を感じさせるナゾの自称オレンジジュース飲料」として、当時のワタクシの胸に刻み込まれたものこそ、現在バリ島在住歴を更新中のワタクシのワルンランチには欠かすことのできない、マストドリンクになっております。

ビビットな辛さと濃い味を兼ね揃えたナシチャンプル。そして、甘みとスッキリ感を兼ね揃えたこの飲み物の組み合わせは、妙にマッチするように思われるのであります。

もしランチでワルンに行って「コレ」をオーダーしたにも関わらず、本物(果汁100%とかの)オレンジジュースが出てきた日にゃあ、微妙に泣きたくなります。
ちゃうねん!酸っぱさじゃないねん!甘みと清涼感やねん!と・・・。(どんなこだわりやっちゅうねん)

でも、なんとなく「コレ」を飲むのは、ワルンでのランチ時のみです。
なので、自分では作ることもなく、内容物については、なんとなくわかるくらいで、あまり興味もなく、ちゅうか知りたいという欲求もございませんねん。
オレンジシロップなどの糖分数値を知るのが、なんちゅうか、怖くて見て見やんふりやったりして。

さて、今週のバリチリ家の人々のテーマは、「飲み物」です。
そして、ワタクシがご紹介した飲み物は、「エスジュルック」といい、直訳すると、「氷みかん」という飲み物です。
そうやん、みかんジュースに近い味やん。

バリ島でワルンランチする機会がありましたら、是非ともこのみかんジュースをお試しあれ。
ちなみに、ワルンで要注意!と書かれている氷ですが、幸いワタクシは、現在までのところ、あたったことはございませんで。

キンコンおみち

このページのトップヘ