バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

カテゴリ:バリ島生活 > その他

バリ島でも、西部のジュンブラナ県だけでしか見ることができないムクプン。
水牛のレースです。

先週の日曜日(11/17)に、今シーズンの最後のレース、ジュンプラナカップが
ヌガラの西、トゥエッドというところで開かれました。
01
会場は、休耕中の田んぼ。
ジュンブラナ県を東西に分け、東が赤、西が緑で競います。
会場では、これまた、ジュンブラナ県の竹の楽器、ジェゴグが演奏され、雰囲気を盛り上げています。
スタートとゴールは同じ場所。
29
訪れた村の人たち・・・
観光客の姿もちらっとありました。
28
スタート地点に向かう水牛。頭に載せた飾りが何ともかわいい。
水牛は、赤と緑の旗をつけて、ジョッキーも赤い服、緑の服を着ます。
03
ツノもおしゃれして、首輪もつけて、晴れの舞台ですなあ・・・
04
スタンバイ中。こちらは西側
10
ジョッキーの持っているバチは水牛のお尻を叩くためのもの。
バチには、釘が打ってあります。
06
物見台で、レースの実況をしています。
各水牛車は、スタート地点からまっすぐ進み、途中で、四角く回って、
また同じ道を戻ってきます。距離は2kmほど。
参加の水牛車は、ランキングによって3つのグループに分けられており、
各、グループの得点の合計で、東西の勝敗が決まります。
11
ゴール付近の審判。
2つの水牛車が同時にゴールする時などに、判定をします。
12
では、走っている様子を動画で・・・

ジョッキーが水牛のお尻を交互に叩き、牛を走らせます。
馬ほどではないですが、けっこうなスピードで、水牛が通ると、地面の土が飛んできます。
16
手綱を調整して、右、左のバランスを取ります。
15
13
ゴール付近になると、立ち上がったジョッキーのズボンがずれ落ちたり、
水牛が、コントロールを失って、観客のほうにつっこみそうになったり・・・とハプニングも。
17
走り終わったばかりの水牛。
口から泡が・・・レース直後の水牛は、まだ落ち着かず、荒々しいです。
18
20
ジョッキーは10代の少年から、50代のおじさんまで。
水牛の持ち主=ジョッキーのこともあるし、水牛の持ち主が、
特別にジョッキーを雇っていることもあるそうです。
19
叩かれた、お尻が、痛々しい・・・
21
レースを終えると、飾りを外して、放牧してやります。
しばらくすると、落ち着いて草を食べ始め、いつもの穏やかな牛の姿に戻ります。
27
バリ島でもジュンブラナ県でしか見ることができないムクプン。
1930年代ごろから、既に行われていたようです。
一説には、スラバヤの先、マドゥラ島の水牛レースが伝わったものとも言われています。

近年では、ムクプン用の水牛の飼育や、練習やレースに参加するためのコストが
かかるなど、費用面の問題などもありますが、ジュンブラナ県では、
行政がバックアップしていく、方針のようです。

レースが見られるのは、毎年8月ごろ~11月の間の隔週の日曜日。
ジュンブラナ県内の村で(場所が毎回変わります)開かれます。
南部エリアからだと、およそ3時間ほどの道のりですが、興味のある方は、ぜひ!

→ヌガラのムクプンのご感想はバリチリFBへ


こんにちはー!
本日は、バリ島のカラオケ事情をご紹介しちゃいます。

え~っと、その前に、インドネシアのカラオケについての予備知識をば…。
大別すると2パターンございます。
まず、カラオケクラルガ(Karaoke Keluarga)と呼ばれる、家族や友達と楽しめる、いわゆる日本のカラオケボックス的なカラオケ屋さん。
こちらは健全なバージョン。
女子同士で行った時のショットなぞ…。
image1

システムは日本と全く同じです。
日本の歌も、結構新しいものも入ってますよー。
あ、でもバリ島在住のワタクシにとっての新しい曲なので、日本の皆様が、古いのしかあらへんやん!…って思われたりしたら、年輪感じてショッーク!

さて、そんな健全バージョンに対抗した不健全なバージョンは…というと、いわゆる通称カラオケ(Karaoke)となり、お姉ちゃんが着席してくれるキャバクラ的なものとなります。
そもそもインドネシアでは、こちらの不健全バージョンが先にできているため、前述の方には、わざわざクラルガ(家族)という単語がカラオケの前につけられます。
カラオケクラルガに関しては、バリ島ではほんの数年前に普及したばかりな気がします。なので、7,8年前に、バリ島在住の日本人女性の方でカラオケ大好きな方が、お姉ちゃんがいてもなんでもいいから歌いたいものは歌いたい!女が行って何が悪い!客だぞー!…てな感じで気持ちいいほど開き直り、カラオケへよく通っているという話をよく聞いていたものでした。

そんなわけで、本日は、元祖カラオケ!
クラルガがつかない方のカラオケ!
…をちょっとドキドキしつつもご紹介したいと思いまーす!

この日行ったのは、クタの大型円形交差点、シンパンシウール脇にあるその名もクタティムール(Kuta Timur)というカラオケ屋さん。
DSCN6610

暗い!外観写真も、そらブレますわー!ってなほど暗い!
店に入るともっと暗い!暗いぜベイベー!
この暗さとタバコ臭さが怪しさと緊張を煽りますぜ。

暗い建物の中へ入ると、大型スクリーンでカラオケができる大広間的な場所がありました。
その光と音響とタバコの臭いにクラクラしていると、間もなくお部屋に案内されました。

たいして広くもないし、ややこしくもないのに、ドキドキからか、トイレ行ったらこの部屋へ戻ってこれるのかという妙な疑問にさいなまれる、千鳥足で小心者のわたくし、アラフォー女。

そして、またゾロゾロと部屋を出てどこかへ向かう私たち一行…。
眩しい部屋が奥にあり、そこには、体のラインがはっきりとわかる服を身に着けた女の子たちが座っているひな壇が!

ありまーーー!すごいわーーー!と驚く私を尻目に、ここの常連だという連れが、女の子を2人選び、またゾロゾロと部屋に戻る私たち。そしてその後ろから先ほど選出された2人の女の子たちも続いて部屋に入ったのでした。

私も先ほど話した7,8年前の女性と同様、花より団子?で女の子たちよりも自分が歌うことに必死になり、女の子たちと連れの男どものことは、放っておりました。
しかし、歌いたい歌が見つかると、ワタクシなぜか(…酔っぱらってたからか?)彼女たちに選曲ブックを掲げて、数字を指で指して伝えておりました。笑顔ですぐに曲を入れてくれたし、日本語も堪能で優しかった~。可愛かったしね。
image

そして、誰の曲も入っていない時には、程よく自分の曲も入れて歌うという一幕も。しかも私が日本人だからと、日本語の歌もさりげなく歌ってくれるとは!歌も完璧!すごい!日本人のお客さんが結構来てるってことですよねー!?
DSCN6594

そんなこんなで、カラオケに関して言えば、日本の歌もそこそこ入っていました。
DSCN6626

オハコのアンルイスのwomanが入ってなかったのは、地味に気持ちが鬱になったけど…。

もちろんインドネシア語の歌もたくさんありました。
DSCN6606

全然知らない歌ばっかだったけど…。
彼女たちも、やっぱインドネシア語の歌の方がウマかった。
面白かったのは、日本語の歌の時はバラードで、インドネシア語の歌の時は、激しいアップテンポな曲調でした。そらせやわね。速いと歌詞追えんもんね。
…というわけで、彼女たちが立ち上がって、踊りながらインドネシア語の歌を歌い出すと、連れの男どもも大盛り上がりー!なのでした。
DSCN6613

さてさて、そんなこんなで宴もたけなわ…。
2時間の利用としていたため、1時間50分くらいの時点で、たぶんスタッフが入ってきて、延長しますか?という感じのやり取りがあったんだろうと思いますが、私たちはこれにて終了ー!

お会計を済ませて、カラオケを後にしたのでした。

ちなみに、そのお会計の内容ですが、ビンタンビールの大瓶が1本Rp50,000。ギネス黒ビール大瓶に関しては、1本Rp76,000でございました。流石のご立派価格!
女の子の着席代金としては、Rp60,000/1時間/1人あたりでございました。
上記全ての価格に22,5%のサービス料金と税金が別途必要です。(2013年10月現在の価格)

あ~、おもしろかった!
また行きたいっ!

じゃ~ね~ん!

きんこんおみち

ちょっと前に、サヤさんに誘ってもらって、サヌールをサイクリング。

おお~。
サヌールにもまだ、こんな景色が・・・!

062212_01

途中に立ち寄った、村営の「ゴミ銀行」

集まってきたゴミをオーガニックとそうでないものに分別中

062212_02

バリらしいのは、お供えものが多いこと。

062212_03

酸素を混ぜて熟成中。

062212_04

風でゴミを飛ばします

062212_05

乾いたあと、堆肥に。

062212_06

堆肥は購入可能です。

iPad がほしいと思っていて、お店にいって、あまりにわたしが値切るので、
Galaxy を勧められて購入。

わたしのGalaxy を見ると、みんな 「あ、iPad」と言うので、
別に、iPad でも Galaxy でも、どっちでもよかったんや・・・と思ってます。

バリ島では、Wi-Fi Free のレストランやカフェが多くなりました。
スピードもけっこう速くて、助かります。

060212_02

Wi-Fi 接続の ID とパスワードをお店の人に教えてもらいますが、
一部のお店では、フリーパスで使えちゃうところもあります。

ID とパスワードですが、お店の人が書いてくれた、
字が読めないことがあります(泣)@ジンバランのマクドナルド

060212_01

数年前にバリ島へ旅行で来たときに買った安いローカル携帯を、バリ島に住みだしてからも2年近く使っていました(ケチってたわけです)
カメラ無し、日本語変換機能無し、ネットもできないけど、不自由なし
日本人相手にメッセージを送るときはローマ字で、自分的には問題ない

それが数ヶ月前のある日、充電器が壊れたようで携帯の充電ができなくなってしまい、泣く泣く買い換えることに
いや、充電器だけを買い換えるという手もありましたが
アンドロイドにしようか、ブラックベリーにしようか、iPhoneにしようか
しかし、iPhoneの値段は驚きでして、インドネシアとシンガポールだと2万円ぐらい、インドネシアの方が高いんだそうです
ご近所さんに安い携帯屋さんを教えてもらい、大雨の中、デンパサールにある携帯屋さんまでバイクに乗って買いに行きました
店内を軽く物色したあと、携帯電話の知識が何も無い私は、アンドロイドはどこにあるの?一番安いのはどれ?などと店員さんにきいて、サムスンの2番目に安い携帯1万3千円程度を購入

なにせ、日本のものではないので、グーグルの日本語変換機能をダウンロード
ご近所さんが教えてくれた便利なアプリをダウンロード
携帯なんて通話とメッセージができれば良いよーなんて思っていた私だったのですが、時代の波に乗って良かった

アンドロイドを買ってからパソコンを使わなくなったという友人に、麻婆豆腐の作り方を聞かれたので「こんなのあるんですよ!」と3分クッキングのアンドロイドアプリをおしえてインストールしてあげたり
天体観測のグーグルスカイや、月の満ち欠けがわかる月齢カレンダーをダウンロードしたら、星座や夕陽の時間、日没時間までわかるようになって、便利

画像は上側が以前使っていた携帯、下側が現在使っている携帯です
P5310018

ちなみに、上側の携帯は、現在でもそこらへんで売られていて、安く買えます
そんな携帯を今でも使っているバリ島在住外国人(日本人含め)もけっこういるので、持ってても恥ずかしくありませんよ

それはそうと、回線の繋がりが悪いことが、ままあるのですね
電話をかけたいのにかけられない
メッセージを送ったつもりが、相手に届いてない
だからって違う通信会社で携帯を2つ持つ気にもなれない私


そういえば日本では、花火大会で大勢の人が集まっていると、D社は繋がらない、でもA社は繋がるなんてこともありましたね

モバイル事情とは全く関係ない話ですが、日本の花火大会に行きたいということで、締めくくる


福岡 サヤ

今週のテーマは、『バリ島のモバイル事情』です。

困りました。モバイル事情とは・・・
私は普通の携帯(サムソン)しかもっていません。

携帯も、ドコモが世に現れてそれほど
長い時間は経っていない気がします。

それがもう「スマホ」にとって代わる時代が到来しているのでしょうか。

DSCN0925

デンパサールのこの通りは携帯屋さんがたくさんあります。

DSCN0923

お客様がたいへん多く込み合い、店内で案内してくれる
スタッフを待つことが多いのです。

DSCN0928

DSCN0932

待っていてもなかなか来ません。

DSCN0933

お店の真ん中にはブラックベリーの専用ブースが
あり、やはり一番人気ですね。

DSCN0931

facebookなど盛んですね。

DSCN0926

どれがいいのかな?

DSCN0934

ところで今回最も気になったのが上記の自動販売機。

以前はバリ島に自動販売機はなかったのですが
最近どんどん増えています。

使用はイマイチですがなんとか
買えます。

日本の自販機はすごいですね。

それでは。

今週のテーマは、『バリ島のモバイル事情』です。
それでは、改めまして…モバイルとは何ぞや…。

コンピュータシステムへのリモート接続を前提とする携帯用コンピュータ端末機器の総称、またはそれらの機器を使用して、機動力を持たせたコンピュータシステムを指す。

…なるへそ…。

現在私が持っているモバイルと思われるものは、スマホ(BlackBerry)、ラップトップくらいでしょうか…。
302513_143004162469958_1507915839_n[1]

ちなみに、上の写真の左がBlackBerryで、右に写っているのは、BlackBerryを使うまで使っていたケイタイ。元に戻れと言われたら、う~ん…追い詰められます…。

という訳で、現在私が愛用中であるBlackBerryのお話をば…。
私が購入したのは2011年11月末のこと。特にFacebookをするのにとてもお世話になっているので長い付き合いのような気もしなくもありませんが、まだ全然半年経っておりませんでしたねぇ。

そして、その頃、インドネシア国内では一番人気。
私が購入した同じ頃に、こんなニュースまであったようで、すんごい人気をうかがわせます。
まさに「インドネシア市場ではまだイケイケです。」でした。
…少なくとも私の知る限りでは…。だからBlackBerryを購入した訳ですよ。

しかし、その後わずか数か月で、私の周りには、iPhone支持率が一気に急上昇。な、なんと、BlackBerryを別々に勧めてきた友人2名+友人1名までもが、今年に入ってBlackBerryから、まさかのiPhoneへの乗り換え…。なんてこったい!
しかも3名とも、口をそろえて、「iPhoneの方がいいよ~!」…って、即答かい!!!
「アプリがいっぱいあるし!」…ってなんなのそれ!?アプリってナニよ???
アプリの必要性に駆られたことのないワタクシは、やっぱBlackBerryでええね…。

いやさ、確かに私も11月の時点でiPhoneも候補としておりましたが、やっぱシェアが少ないってことと、BlackBerryが3-4万円程度に対して、iPhoneは6万円くらいという風の噂を聞いてしまい、迷うことなく、3-4万円程度のルピアを握りしめ、BlackBerryショップへと直行した次第でございますがな。

さらに、私にとっては全くもって未知との遭遇である、惑星アンドロイド…いや違った…Androidもガンガンシェアを拡大中っつーじゃありませんの!
現時点では、機能面よりは、価格で消費者の心をつかんでいるとのことですが、今後機能面での充実を図り、機能で選ばれるということを根付かせたいアンドロイド。2012年の残り半年、インドネシアでのアンドロイドの動向(上昇率)に注目です。(…って、疎いので受け売りです…。)

インドネシアだけでなく、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどでも好調だったシェアが大きく落ち込んでいるとのこと…。ダメージの要因は、やっぱAndroideやiPhoneというライバルによる打撃なんですってねぇ…。

BlackBerryよ…、もっとガンバレ!
オバマさ~ん、まだ持ってはりますか~???
でも、オバマさんの支持率とともに、BlackBerryの人気も低下しているという話も…キャー!

現在、BlackBerryをこよなく愛用しているワタクシ。
しかし、いったいそのBlackBerry熱もいつまで続くことやら…。

だって、今欲しいと思っているものは、iPadやったりして。ヘヘヘ…。
iPadでも、iPad2でも、第三世代iPadでもなんでもいいので、(…というか違いが不明…そして使いこなせるかどうかも不明…)とりあえず欲しい…。使ってみたい…。いや、触らせて…。

Kuta-20120520-01440
ねえ、ちょっとだけやらさせてよぉ~…。

…と、最近は、小さな子供までもがiPadやスマホやFacebookで楽しむ姿をチラホラと見られるようになったバリ島モバイル事情、きんこんおみちの何とも、まとまりのないリポートでございましたあ~。

ビーチは暑いです
legian1
パラソル屋さんは儲かりますね
legian2

ビーチじゃなくても暑いのですが、エアコンの効いたお店が沢山あるので、涼みがてらウインドウショッピング

バティック屋さんのピテカントロピスは、お買い物をすると、お水をくれます
と言っても、ウブドでも同じサービスですが

もう2年前のことですが、ディスカバリーショッピングモールにて、友人がピザを食べたいというのでピザハットへ
pizza hat

その後、私がアイスクリームを食べたくて、コールドストーンアイスクリームへ
cold stone

珍しくないじゃんごめんなさい

パドマ通りにある、レストラン、MozzarellA

mozzarella
友人が食べたティラミスであります
mozzarella tiramis
料理も美味しかったし、お店の雰囲気も良かったです
mozzarella sealing

同じくパドマ通りにある、居酒屋、TAKE2号店
take 2
汚い画像ですみません

take 2 dorayaki
デザートのどら焼きです中身はアイスクリーム

クタを歩くと暑いので、アイスクリームがやたら食べたくなって、仕方ないのです
福岡サヤ

今週は、バリ島のサカ暦の新年、ニュピ週間(?)です。
そのため、バリチリオフィスは23日が臨時休業となりますので、今週は本日月曜日からブログをスタートいたします。

さてさて、今週は「匂い」がテーマです。
まず、バリ島の匂いといえば、空港に降り立った瞬間を思い出します。

IMG_2877

南国の湿気を帯びた空気と、植物と、お祈りに使われるお線香と、言わゆる「アジア~」な香りなどなどが、ごちゃ混ぜになったような、エネルギーのこもったような、独特でちょっと濃ゆい匂いが鼻をくすぐります。
この匂いがイヤじゃない方は、「バリも好きになる人なのでは…!?」と勝手に思い込んでいるワタクシ。
皆様は、いかが…?お好き…?どう…?

そして、続いてご紹介するのは、スフダップマラムという植物の匂いでございます。
スダップマラムの詳細につきましては、こちらでもご紹介いたしておりま~す!
http://www.bali-chili.com/center/campur/33tuberose.html

Kuta-20120211-00788

ほんの1本あるだけでも驚異的に、けれども上品に魅惑の香りで鼻孔をくすぐります。
しかも夜だけ…っていう儚さというか、潔さというか、ドラマティックさもなかなか素敵でじゃあ、ありませんの。惚れ惚れしてしまう大好きな植物でございやす。

そういえば、ウブドのデウィシタ通りにある、KOUという石鹸屋さんですが、スダップマラムの香りの石鹸が販売されておりましたっけ…。今度試してみよ~っと。

きんこんおみち

気分転換は、"いつもと違うことをする!"   です。

といっても、特別なことをするのではなく、
いつもと、ちょっと違うことをするだけなんですが。

会社から帰るときだったら、いつもと違う道を通る、寄り道をする。
仕事中だったら、いつもと違う手順でやってみたり。
家に帰ったら、テレビやPCのスイッチを入れないで、掃除をしちゃったり。

そんな簡単なことでも、けっこう気分転換になります。

仕事帰りに立ち寄った、ビーチ。
サンセットに間に合った~!

031612_01

雨季は雲が多いけど、雲が多ければ多いで
サンセットが美しかったりすることがわかり、ラッキー。

ビーチでは、こんな美女たちの集団に会えたりもして、これまた、ラッキー!

031612_03

帰りに、ウブド方向に行ってみたりすることも。

ふと視線を横に移すと、ウブドでも夕焼けがきれいで、それだけで嬉し。

031612_02

普段はあんまり行けない、和食のレストラン「竹」に行くっていうのも
めっちゃ、気分転換。

031612_05

「竹」さんの入り口にある看板。
「TAKE」ってね、「テイク」って読んでる人いると思うんだよね。

031612_06

さてさて、本日の気分転換は、どうしよっかな~

このページのトップヘ