バリ島のブログ!バリチリ家の人々

バリ島現地旅行会社バリチリのスタッフが、
バリ島情報をあれやこれやとご紹介いたします。
週替わりのテーマに沿って、それぞれが自由にお伝えしていきます。

カテゴリ: タンジュンブノア

南国リゾート、バリ島に来たらぜひ、挑戦してみたいものの一つがマリンスポーツ!
この度、人気のマリンスポーツが激安で利用できるパッケージができました。

初めての方や、スリリングなものはニガテ・・・という方にお勧めなのがAコース。
パラセイリングやバナナボート、スノーケリング。
ビーチで過ごすとなぜがお腹が空くのですが、ランチもついてなんとUSD30ぽっきり。
もちろん、南部エリアのホテルへの往復送迎もあります。
Acourse
そして、スリリングもへっちゃら、というあなたには、
定番のパラセイリングとバナナボートに、
空中に浮かぶフライフィッシュ、遠心力を利用して回るドーナツ、海の上を走る
ジエットスキーが加わった5種目のコースを。
バリチリの割引価格で予約すると通常はUSD94になるこれらの種目が
ランチが加わって、USD78とお得になります!
Bcourse
*このお得なパッケージは2名様以上でのご利用になります。
*マリンスポーツの場所は、バリ島のマリンスポーツのメッカ、
タンジュンブノアになります。催行会社は日本語堪能なスタッフがそろった
バリコーラル社です。

ご予約はこちらの予約フォームからどうぞ!

以下に、タンジュンブノアでのマリンスポーツの様子をご紹介していますので、
ご参照ください。

「タンジュンブノア」は高級ホテルが立ち並ぶヌサドゥアに隣接するエリアで、
パラセイリングをはじめとするマリンスポーツの世界の中心的(?)ともいえる、場所です。

皆様パラセイリングはご存じでしょうか?モーターボートで引っ張られた
パラシュートがふわっと空中に浮かぶと、眼下にバリ島の美しい景色が広がります。
ここ、タンジュンブノアを午前中に訪れると、
パラセイリングのパラシュートがいくつも上がっている光景に目を奪われます。
DSC_1152
バリ島の海ではサーフィンやダイビングも人気がありますが、
サーフィンやダイビングが習熟やライセンスが必要なのに比べると、
ビーチでのパラセイリングや、マリンスポーツは
気軽に「常夏の海」を体験できるものといえるでしょう。

午前中のタンジュンブノアのビーチの様子。
特にハイシーズンというわけではないのですが、たくさんのボートと人で
活気があります。
DSC_1052
まずは、安全器具をつけて、しっかり金具が止まっていることを確認。
DSC_0922
スタート時は小走りになりながら、タッ、タッ、タッ・・・砂浜を駆け、
DSC_0994
ふわっと浮き上がると、
DSC_0996
あとは、ぐいぐいと空中に上がって行きます。
空中に浮かぶと、爽快!
眼下に広がる景色を楽しみます。
DSC_1004
ビーチで待機しているスタッフが手を上げるのが見えたら、
そのスタッフの手と同じ色のひもを引っ張り、着陸態勢に入ります。
(ひもの色は、赤と青があります)
ひもを引くときはかなり力がいるので、両手で思い切り引っ張ります。
DSC_0974
パラシュートがゆっくりと、降下し、現実世界に戻って行きます。
砂浜では何人かのスタッフが待ち構えてくれているので安心です。
DSC_0980
タンジュンブノアのぶーちでは、常に降りてくるパラシュート、
上がっていくパラシュートが見えます。
DSC_1124
ビーチではその他にも、楽しいアクティビティがたくさんあります。
マリンスポーツといえば・・・バナナボート!
DSC_1154
フライフィッシュ。空中に上がて海の上を飛びます。
一度、着水し、それからまた空中に上がります。
DSC_1340
乗っているほうは、落ちないように必死でひもをつかびんでいますが、
驚くべきは、マリンスポーツのスタッフの方たち。
平然と立ったまま、何ももたずにバランスを取っているのです。
DSC_1265
ドーナツ。ボートに牽引されて、遠心力でぐるんぐるん回ります。
DSC_1550
こちらも人気のジェットスキー。
マリンスポーツのスタッフの方が同乗してくれるので、初めてでもすぐに乗ることができます。
このスピード感がやみつきになる人も、多数。
DSC_1471
タンジュンブノアのビーチでは、マリンスポーツをしないで、
皆の楽しそうな様子を眺めたり、木陰でビーチを見ながら涼むのも、ありです。
DSC_1563
常夏のバリ島。世界中の人が集まる活気のあるビーチで、
定番のマリンスポーツはいかがでしょうか?

バリ島のマリンスポーツならこちらで予約可能!

バリ島のマリンスポーツ・タンジュンブノアはこちら

93992617[1]

バリ島旅行を充実させるためにオプショナルをどうぞ!

バリ島は「サーフィン」「ダイビング」「マリンスポーツ」は世界的な大観光地です。今回はヌサドゥアのお隣「タンジュンブノア」ですが実はここパラセーリングをはじめとするマリンスポーツの世界の中心的会場なのです。

皆様パラセーリングはご存じでしょうか?以下の写真の通り、パラシュートをモーターボートで引っ張り、高く上昇しながら進むマリンスポーツです。似たスポーツのパラセーリングは動力なしに風力のみで上昇しロープもないライセンスを必要とするものですが、パラセーリングはライセンスは必要ありません。

10年前は世界のどこにでもあるマリンスポーツ会場だったのですが近年、国内外からのツーリストでビーチ数キロに渡って数十件の催行会社がのきをつらね世界的な大パラセーリング会場となっています。【バリ島は世界的マリンスポーツ会場「タンジュンブノア」】
DSC_1152
やはりバリ島は熱帯の海のイメージでしょうか、実際そうですが、そのイメージそのままのパラサーリングやマリンスポーツの人気が大きくなっています。サーフィンやダイビングのように熟練性やライセンスが必要ない旅行者にとってはお手軽に「熱帯の海」を体験できる場所かもしれません。

シーズンに入り混雑してくるとこのビーチの光景は驚くべきものがあります。これらの写真はローシーズンのものですがかなり熱を帯びた感じになっています。
DSC_1052
パラセーリングを体験された方いらっしゃいますでしょうか?
「緊張しますね」特に前にやっているお客様が高くとびたちミルミル小さくなっていくのを観ると・・・・

「怖い・・」なんて怖いのでしょうか、これ罰ゲームかな?イヤイヤ、自分でお金を払って申し込んだんだっけ・・・できれば今からキャンセルしたいのが本音・・・怖い・・
DSC_0922
しかし、イザ空中に浮かんでしまうと・・・・もっと怖い・・ではなく爽快&開き直りの方も多いかもしれません。ジェットコースターも同様ですが、早く終わりたいと思う方、ギャーと叫びつつ何回も乗る方・・・かなりの非日常感で空から海やビーチを一望します。
DSC_0883
事前に説明されるのですが右と左に青と赤の手袋をして着陸前に誘導員の旗を見て、赤の手袋側を引っ張り体重で引きます。写真は左側に指示が出たので引っ張っていますが、これにより安全な着陸のため調整に参加します。
DSC_0974

着陸時にはたくさんのスタッフ下で待ち構えています。このときの安堵感がたまらないのかもしれません。
DSC_0980

スタート時は小走りになりながら、タッ、タッ、タッ・・・
DSC_0987

フワッと
DSC_0990

浮いた・・
DSC_0994

空中へ・・
DSC_0996

あっという間に高い空へ「あああああ・・・」ここから先は人により反応が違います。
DSC_1004

常にたくさんのパラセーリングがグルグルしています。
DSC_1110

ビーチではどんどん降下してきて、またどんどん上昇しています。凄い光景
DSC_1124

また降りてきましたが、こちらも左側をひぱっていますね。
DSC_1136

バナナボート昔からの定番ですね、簡単なイメージですが意外とスリリング
DSC_1154

こちらもパラセーリングのスタート模様
DSC_1169

助走をしながらタッタッタ・・・・
DSC_1174

浮いた・・・・すごい笑顔、余裕、
DSC_1176

大きい声で空に向かい「あーーーー」ものすごくうれしそう・・・
DSC_1179

もの凄く楽しそうだったので最後までみさせていただきました。最後までニコニコ、こんなにパラセーリングが大好きな方が実際いらっしゃるとは自分の中では発見でした。(個人的はこころから楽しめないので・・・
DSC_1213

フライフィッシュ
DSC_1265

これは怖そうですね。好きな方はリピートするそうです。
DSC_1340

マリンスポーツ会場では昼食はもとより、お待ちの方も海を眺めてドリンクもまたよし・・・・
DSC_1343

タンジュンブノアの海はバリ島マリンスポーツのメッカですね。
DSC_1370

パラセーリングは下から見るより上からの方が高く感じるといいますが、これは本当に高そうですね。
DSC_1425

ジェットスキー
DSC_1471

パラセーリングをけん引するモーターボート
DSC_1489
ヌサドゥアのお隣タンジンブノアはたしかにマリンスポーツのメッカとして熱かったのでした。バリ島のイメージそのものかもしれません。ビーチはとにかく、まぶしく、熱く、ハイテンションな場所でした。
DSC_1550


→バリ島のマリンスポーツは世界的会場「タンジュンブノア」の感想はこちら
DSC_1563

バリ島のマリンスポーツならこちらで予約可能!


バリ島のマリンスポーツ・タンジュンブノアはこちら


93992617[1]


バリ島旅行を充実させるためにオプショナルをどうぞ!




このページのトップヘ