2009/12/29

バビグリン

いよいよ年末ですね~・・・。
皆様どのような年末をお過ごしですか?


仕事もお休みになって今頃はお掃除に大忙し?^^
正月食材の仕入れ等でお忙しい頃でしょうね・・・


今日は、バリのお祝い行事に出される、
バビグリン(=ブタの丸焼き)のお話・・・・。

この写真は、バリ島クルンクン県で行われた
バリ人の結婚式の際に振舞われた
バビグリンの調理風景です。


インドネシア語で「バビ」は、ブタ。
「グリン」は、回す。
直訳すると「ブタを回す」・・・という意味になります。

写真のように、(ちょっとグロテスクだけど・・・^^)
ブタさんのお尻から棒を差し込み、^^
ブタさんの鼻から出します・・・

お腹の中には、バリの調味料とバリの野菜などを詰め込み、
下から火でブタさんをクルクル回しながら焙ります。


で、数時間後に出来たのが、コレ↓

バビグリン

こんがり焼きあがりました・・・・

でも・・・・・ブタさんの顔が・・・・っ、


怖いっ


顔や耳、足はとっても美味しいんですよ^^
沖縄でもブタの耳は「ミミガー」と言われる食材で、
とても美味しい食材として扱われています。
バリも同じです・・・。

豚足は4本しかないのでみんなで切り分けして食べます。

ママ:『足食べたい人~だれですかぁ~??』

子供:「ハイ、ハーイ、ハーーーイ \(o ̄∇ ̄o)♪ボクボク~!」

みたいな・・・

そんなに夢中になって食べる程のものなのか?(・_・?)

興味深々・・・食べてみると、

これまた、なんとも「美味っ!」
とっても美味しい(*^_^*)。

ついでに、耳も・・・・・・・、

「激旨っ!」\(◎o◎)/!

ブタさんの香ばしく焼きあがった皮と
コリコリとした軟骨さんがとってもマッチング!

是非お試しあれ~ぇ・・・

バビグリンを食してみたい方は、

お気軽に当社のガイドにお申し付けくださいね。




バリ島カーチャーターならSAMAD BALII