4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

このブログについて

当ブログはMLB、NBA、NFL、NHLの過去の名選手をエピソードや管理人ballgamerの主観を交えて紹介するブログです。

誤字、脱字、内容の間違いなどもあると思いますが、どうかご勘弁のほどをよろしくお願いします。

読みたい選手の記事をお探しの際は、ポジションからはカテゴリで、所属球団からはタグで、名前からは以下の目次でお探しください。

ご意見、ご感想、ご指摘、リクエストがありましたらコメント欄やTwitterにぜひどうぞ。フォローやリンクも大歓迎です。

Major Legue Baseball
:目次
:Index


National Basketball Association
:目次
:Index

National Football League
:目次
:Index

National Hockey League
:目次
:Index

ロイ・コナチャー ~兄の力~

0996ジュニアチームでは際立った成績を残せていなかったコナチャーだったが、1937-1938シーズンに14試合で23ポイントを稼ぐ活躍を見せるとNHLから注目され、1938-1939シーズンにボストン・ブルーインズに入団した。

1年目から爆発的得点力を見せ、47試合でリーグトップの26ゴール、37ポイントを記録。現代では大した数字ではないが、当時としては出色の数字である。

その後4年連続で30ポイントを記録する活躍を見せたものの、戦争の影響で1941-1942シーズンをもってキャリアが途切れ、1945-1946シーズンに復帰したものの、4試合しかプレーできなかった。

しかし、翌シーズンデトロイト・レッドウィングスに移籍すると完全に復活し、60試合で54ポイントを記録した。

続く1947-1948シーズンはシカゴ・ブラックホークスに移籍して少し成績を落としたものの、1948-1949シーズンに60試合で68ポイントを稼ぎ、アート・ロス賞を獲得。始まって間もないオールスターにも選出されている。

0995その後2年続けて50ポイントを記録したものの、1951-1952シーズンは12試合しか出場できず、同年限りで現役を引退した。

引退後はジュニアチームのコーチを務め、1984年に68歳で世を去った。

1998年に殿堂入り。弟のライオネルとチャーリーも殿堂入りを果たし、三兄弟での殿堂入りを達成している。

なにぶん昔の選手なので凄さがわからない人も多いだろうが、ゴーディー・ハウがルーキーの時にレッドウィングスで9番をつけていたといえば、凄さがわかってもらえるだろうか。

スタン・ミキタ ~Captain Black Hawk~

0997スロバキアで生まれたミキタだったが、幼少期に社会主義を嫌ってカナダへ亡命した。そのせいで訛りがひどく、いじめられて少年時代を過ごした。

だが、ホッケーの才能があったミキタはいじめをはねのけるためにホッケーに熱中し、ジュニアチームで活躍。1958-1959シーズンにシカゴ・ブラックホークスと契約を果たした。

2年目の1959-1960シーズンから先発に定着し、67試合で8ゴール26ポイントを記録。翌シーズンには53ポイントを記録し、プレーオフではプレーオフ最多の6ゴールを記録。チームのスタンレーカップ獲得に大きく貢献した。

僚友ブレット・ハルの隠れがちだが、たぐいまれなテクニックを持ち、数知れない賞を受賞している選手であり、1966-1967シーズンには当時のNHL記録である97ポイントを記録している。今や100ポイントは珍しい数字ではないが、当時は信じられないことであった。

若いころは乱暴なプレーが多く、ペナルティが多い選手であったが、娘の指摘でプレースタイルを改めるとペナルティは激減。1967年、1968年のレディービング記念賞を受賞している。

また、当時は義務化されていなかったヘルメットをミキタは率先してかぶっていたことでも知られている。

099860年代最高のセンターであり、その後も長きにわたって軽く80ポイントを稼ぐブラックホークスの中心として活躍を続け、数多い記録を塗り替えていったが、長年背中の故障を抱えており、それがもとで1979-1980シーズン途中に引退を表明。1394試合はヨーロッパ人フォワードとして歴代最多記録である。

引退後はホークスの大使を務め、背番号21はホークスの永久欠番になり、1983年にはホッケーの殿堂入り。さらには2002年にはスロバキアホッケーの殿堂入りを果たしている。

2011年に口腔がんであることを公表。現在闘病中である。一日も早い回復を祈りたい。

リック・バリー ~Under Throw~

0992選手であった父と兄の厳しい指導の下バスケットを学んだリックは、長身もあってメキメキと素質を開花させていったが、意外にも野球の方が好きであった。後の背番号24はウィリー・メイズにちなんだものである。

ハイスクールでは野球とバスケットで素晴らしい成績を残し、後の代名詞となるアンダースローをこのころ身に着けたが、気性に難があったためしばしば問題を起こした。

寒さを嫌ってあえて当時弱小校だったマイアミ大学に進学。弱小ゆえにさまざまな不便を強いられる中、ブルース・ヘールHCの熱心な始動と人柄に薫陶を受けたバリーは人間としても選手としても大きく成長した。

最終学年の1964-1965シーズンには平均37.1得点という大活躍でDiv.Iの得点王を獲得。通算成績は平均29.8得点、16.5リバウンドというものであった。

全体1位もあると目されていたが、細身な体とと気性が問題視され、1位指名権を持っていたニューヨーク・ニックスはビル・ブラッドリーを指名して。バリーはサンフランシスコ・ウォリアーズが2位指名で獲得した。

この指名が納得できなかったバリーは怒りをプレーにぶつけ、平均25.7得点、10.6リバウンドという成績で堂々の新人王を受賞。前年17勝に沈んだチームを一気に35勝まで立て直した。

2年目には平均35.6得点というとてつもない成績をマーク。当時得点王を7年連続で受賞していたウィルト・チェンバレンから得点王を奪い取った。

さらに翌シーズンはオールスターでMVPを獲得し、3年前はぼろぼろだったチームをチームをファイナルまで導くという偉業を達成した。

ファイナルではフィラデルフィア・76ersを相手に1試合50得点を決めるなど暴れに暴れたが、2勝4敗でリングには手が届かなかった。

身長2メートルを超えながらガードと見まがうスピード、高いシュート精度に堅いディフェンス、苦しい場面になるほど燃える激しい闘志と、あらゆるものを備えたSFであり、NBAの宝であったが、1967年に大事件が起こる。

当時NBAを追い抜くべく誕生したABAは、NBA選手を引き抜くことに必死になっていた。

バリーはオークランド・オークスに3年50万ドルともいわれる巨額の契約金を掲示された。さらにバリーが第二の父と慕うヘールHCをオークスは招聘し、バリーをついに引き抜くことに成功した。

0991ウォリアーズのミューリーオーナーはバリーの移籍に嘆き悲しみ、バリーのユニフォームをオフィスに飾ってバリーを取り返すことを誓ったという。

この事件は裁判沙汰になり、1967-1968シーズンをバリーはABAでプレーできないことになったが、解説者として登場してファンを喜ばせた。

しかし、バリー不在のチームをヘールは指揮する羽目になり、バリーの復帰を待たずに解任。しかし復帰したバリーは暴れに暴れた。

だが、悪いことは続くようで、1969年の12月にひざの靭帯を切る大怪我を負い、無理に出場しようとしてさらに悪化させ、長期の離脱を余儀なくされたが、バリー抜きでも圧倒的な強さを見せて、ABA優勝を達成してしまった。

しかし客入りが悪化し、ついにはオーナーが交代。チームはワシントンに移籍することになり、ワシントン・キャップスと改称された。

移転初年は怪我を押して出場したが、交通の便の悪さから過密日程を余儀なくされ、チームは低迷。それにイラついたのかプレーオフで乱闘沙汰を起こして退場処分を受けている。

その後チームは移転してバージニア・スクワイヤーズとなったが、南部批判ともとれる発言で批判を浴び、ニューヨーク・ネッツに放出された。

ニューヨークでプレーしたがっていたバリーにとっては願ったりかなったりだったが、ひざの故障で思うように動けなかったが、スリーポイント採用の影響もあって得点王を獲得。NBAとABA両方で得点王を獲得したのは史上初の快挙であった。

本人もネッツでの生活を気に入ってたが、ウォリアーズのミューリーオーナーが再び裁判を起こしてネッツの契約を打ち切らせ、ウォリアーズに復帰した。

故障持ちになったバリーは俊敏さを失っていたが、パワーと技術を磨いて補い、1972-1973シーズンには当時のNBA記録の平均4.9アシスト、フリースロー成功率も90.2%でリーグトップをマークした。

チームメンバーを入れ替えて臨んだ1974-1975シーズン、バリーはついにチャンピオンリングを手にしたが、その後はチームケミストリーを悪化させ、1977-1978シーズンを持ってヒューストン・ロケッツに移籍した、。

バリーの活躍でロケッツは大井に成績を向上させたが、1980-1981シーズンのロースター縮小に伴い、高齢を理由に解雇され、そのまま現役を引退した。

アンダースローから投じた通算フリースロー成功率.893は歴代6位の大記録である。

引退後は解説者に転じたほか、マイナーでの指導も行った。さらに、フリースローが下手なシャキール・オニールにアンダースローを伝授しようとしたが、格好悪いということでシャック自ら断りを入れたという。

背番号24はウォリアーズの永久欠番、殿堂入りも果たしている。

ブレント・バリー ~White Dunker~

0990リック・バリーの4人の息子の三男、ブレントは兄弟の仲で最も素質ある選手だった。

オレゴン州立大学でプレーし、1995年にデンバー・ナゲッツが全体15位で指名。直後にロサンゼルス・クリッパーズにトレードされ、クリッパーズでキャリアをスタートさせた。

父や兄弟同様のシューターでありながら優れたパサーであり、ダンカーでもあるという万能選手で、1年目から44試合に先発し、平均10.1得点、2.9アシスト、1.2スティールという好成績を記録した。

さらにスラムダンクコンテストに出場し、フリースローラインから踏み切ってダンクを決め、白人として同コンテストを初制覇する快挙も達成し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

しかし、その能力の割に先発の機会を得ることができず、控えとしてマイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズとチームを渡り歩いたが、1999-2000シーズンにシアトル・スーパーソニックスに移籍すると、ついにブラントは本格化した。

1年目から80試合中74先発を果たし、平均11.8得点、4.7リバウンド、3.6アシスト、1.3スティールを記録。翌シーズンは大学の先輩にあたるゲイリー・ペイトンの控えになったものの、その後はポジションを転々としながら先発をつづけた。

本職はSGであるが、パスセンスや視野の広さを生かしてPGをやれば長身で他のPGを圧倒でき、さらにやろうと思えばSFもできるなど、この時期につぶしのきく選手に成長していった。

0989平均アシストが5を超えるシーズンも複数あるなど、ソニックスの中心として活躍していたが、2003年にサンアントニオ・スパーズに移籍した。

スパーズでは2005年と2007年にリングを獲得し、3例しかいない父子での優勝を達成。控えに戻ったものの依然チームの中心として活躍をつづけた。

2008年に父リック、兄ジョンに次いでヒューストン・ロケッツに移籍したものの、満足な成績を残せず、1シーズンで解雇。そのまま同年を持って現役を引退した。現在は解説者を務めている。

リック兄弟で一番成功したのがこのブレントである。父子殿堂入りも夢ではないかもしれない。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ