4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

ジョン・バリー ~孝行息子~

0987リック・バリーの二男として生まれたジョンは、ほかの三人の兄弟と共にバスケットの道を志した。

兄のスコットはNBAでのプレーには至らなかったが、ジョンはパシフィック大学とジョージア工科大学でプレーし、1992年に全体21位でボストン・セルティックスに入団した。

しかし、せっかく指名されたにもかかわらず契約で揉め、結局セルティックスでプレーすることはなく、トレードでミルウォーキー・バックスに放出され、バックスでキャリアをスタートさせた。

父親同様シュートの精度は素晴らしく、スリーポイント成功率が4割を超えたシーズンが14年で5回もあるが、レギュラーを獲得するには至らず、もっぱら控えとして選手人生を過ごした。

1995年にゴールデンステート・ウォリアーズに移籍したのを皮切りにアトランタ・ホークス、ロサンゼルス・レイカーズと渡り歩き、1998-1999シーズンにサクラメント・キングスに落ち着いた。

キングスでも控えであったが、プレーオフに強いということがわかるとプレーオフでは積極的に器用されるようになり、プレーオフでは2年連続で平均20分のプレイタイムを獲得した。

2001年にデトロイト・ピストンズに移籍。ピストンズでもプレーオフでは高いポテンシャルを見せ、2002年の1回戦第1戦、トロント・ラプターズ戦では3分で12得点を稼ぐ活躍を見せた。

09882003年にデンバー・ナゲッツに移籍すると、ホークス、ヒューストン・ロケッツと再びチームを渡り歩き、2006年にロケッツを解雇され現役を引退した。現在は解説者として活動している。

15年で821試合に出場しながら先発はたったの36試合、移籍すること実に8回。スーパーサブと呼ぶに相応しい選手ではないだろうか。

@snakamu様フォロー記念  ~Barry Family~

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

様がフォローしてくださいましたので、今日から3日間特集を組みます。

リック・バリーとその息子たちを特集しますので、どうぞお楽しみに

0993

お知らせ:更新の再開

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

ほとんど放置気味になってしまい、申し訳ありません。

取りあえず明日から更新を再開いたします。

様はリクエストを追加いただきたいのですが、ご連絡がないので飛ばさせていただきます。ご連絡しだい執筆しますのでご連絡ください。

スコット・スカイルズ ~助ける人~

0985ハイスクール時代から有名選手だったスカイルズは、ミシガン大学でもたぐいまれな得点力で暴れに暴れ、カンファレンスMVPを獲得し、同大学のシーズンと通産の得点記録を樹立した。

しかし素行はあまりよくなく、麻薬や飲酒運転での逮捕歴があり、15日服役したこともある。

1986年に全体22位でミルウォーキー・バックスに入団。しかしルーキーイヤーは13試合しか出場できず、1年でインディアナ・ペイサーズにトレード。さらに1988-1989シーズン終了後にエキスパンションドラフトでオーランド・マジックに移籍した。

マジックでは控えとして積極的に起用され、わずかなプレイタイムで平均7.7得点、4.8アシストを記録。翌シーズンからはスターターに抜擢された。

PGとしては出色の得点力も魅力だったが、なんといってもスカイルズはパスセンスが優れていた。1989-1990シーズンは12月30日のデンバー・ナゲッツ戦で1試合30アシストのNBA記録を樹立。平均17.2得点、8.4アシストの大活躍を見せてMIPを受賞した。

一躍名を知られる存在となったスカイルズの活躍は目覚ましく、1992-1993シーズンにはキャリアハイの平均9.4アシストを記録した。

1994年にワシントン・ブレッツに移籍。翌シーズンはフィラデルフィア・76ersに移籍したものの、肩の故障で10試合しか出場できず、シーズン終了後に解雇。NBAからは誘いを受けず、スカイルズはヨーロッパへ渡った。

ギリシャの名門PAOKテッサロニキに入団したが、故障もあって思うような成績を残せず、フランス人のミシェル・ゴメスHCと対立し、シーズン途中に解雇。しかし、これが思わぬ形でスカイルズを救った。

当時PAOKは低迷しており、そのため球団はゴメスHCをシーズン途中に解任。後釜に選ばれたのはなんとスカイルズであった。

0986スカイルズはここで思わぬ好成績を収め、ギリシャリーグ優勝を達成したうえ、ユーロリーグにも出場。シーズン終了後にこの実績を手土産にフェニックス・サンズのコーチに就任した。

1999-2000シーズンからHCに昇格。1年目からいきなりプレーオフに進出し、ディフェンディングチャンピオンのサンアントニオ・スパーズを撃破する大番狂わせを見せるなど手腕を発揮し、3シーズンで2回プレーオフに進出。しかし2001-2002シーズンを最後に解任されてしまい、シカゴ・ブルズのHCに就任した。

当時のブルズは若いチームであり、スカイルズはこの若いチームを堅守のチームに育て上げた。

26試合連続100失点以下のNBA記録を樹立するなど有能であったが、2007-2008シーズン途中に解任。ジョン・パクスソンGM曰く難しい選択だったらしいが、その後のブルズを見る限り、悪い選択ではなかったようだ。

一方スカイルズは翌シーズンから古巣バックスのHCに就任。2009-2010シーズンにはプレーオフ進出を果たしたものの、現在に至るまで苦しいシーズンが続いている。

@aokeshi様フォロー記念特集

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。長い間更新を休んでしまい申し訳ありません。

様がフォローしてくださいましたので、今日から特集を組みます。

リクエストの通りNBAの選手を紹介予定です。どうぞお楽しみに
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ