0961バンクーバーの郊外に生まれたウォーカーは、多くのカナダの少年がそうであるようにNHL選手を志し、野球は夏場にだけプレーしていた。

ゴーリーとしてジュニアリーグでプレーしていたが、16歳の時に競争に敗れてチームを去り、このころから野球に専念。ほぼ素人だったがが身体能力を武器にユースのカナダ代表に選ばれ、そこでの活躍がモントリオール・エクスポズのスカウトの目に留まり、1984年にドラフト外でエクスポズと契約した。

元ゴーリーだけあって動体視力に優れ、速球には強かったが、変化球がまるで打てず、膝のけがもあって1年目から解雇を心配していた。

しかし、フロリダの教育リーグに送られてそこで一気に成長。故障も癒えたことで徐々に出世し、1989年にメジャーデビューを果たした。

新人王資格を残して臨んだ1990年、打率.241、19HR、51打点、21盗塁の成績で新人王投票に9位に入りブレイク。1992年には打率.301、23HR、93打点、18盗塁を記録し、オールスター、ゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞を受賞。MVP投票でも5位につけた。

強打者にして好打者で、足が速く、守備もうまく、肩も強い万能選手であり、1994年にはリーグトップの44二塁打を記録。オフにコロラド・ロッキーズに移籍した。

打者有利のクアーズ・フィールドはウォーカーのベストプレイスだったのだろう。1997年には打率.366、49HR、130打点、33盗塁という圧倒的成績でMVPを獲得。さらにいずれもリーグトップの出塁率.452、長打率.720、12捕殺、さらにスタン・ミュージアルの持つリーグ記録の409塁打を記録した。

さらに同年のオールスターではランディ・ジョンソンと対戦。頭の後ろを通る暴投を食らったが、ヘルメットを前後逆に被り、左打ちでありながら右打席に入るパフォーマンスで対抗した。

0962翌シーズンは打率.363で首位打者を獲得し、最優秀カナダ人アスリートに贈られるル・マーシュ賞を野球選手として初受賞。翌シーズンも打率.379で首位打者を獲得し、年俸は1200万ドルを超えた。

続く2000年は故障で87試合しか出場できず、打率.309とやや数字を落としたものの、2001年には打率.350で首位打者に返り咲き、MLB最強を誇ったロッキーズ打線の中心としてその名をとどろかせた。

しかし、その後は徐々に成績を落としていき、2004年シーズン開幕前にはテキサス・レンジャーズへのトレードが打診されたが、ウォーカーは拒否した。

同年打率.298を打ったものの怪我で82試合しか出場できず、結局シーズン途中にセントルイス・カージナルスにトレードされた。

"毎日クリスマスの朝のよう"と評されたに陽気な性格で、チームにすぐなじんだが、チームはリーグチャンピオンシップシリーズでヒューストン・アストロズに敗れ、それを最後に現役を引退した。

引退後は趣味のサッカーを楽しむ傍ら、2008年にカージナルスのキャンプで臨時打撃コーチを務め、フルタイムでもオファーを受けるなど指導者の才能を発揮。2009年にはWBCカナダ代表のコーチを務め、2011年にはパンアメリカン大会カナダ代表のコーチを務めている。

通算打率.313、383HR、230盗塁、ゴールドグラブ賞7回の実績は金字塔である。カナダ人史上最高の野球選手と言っていいだろう。