0987リック・バリーの二男として生まれたジョンは、ほかの三人の兄弟と共にバスケットの道を志した。

兄のスコットはNBAでのプレーには至らなかったが、ジョンはパシフィック大学とジョージア工科大学でプレーし、1992年に全体21位でボストン・セルティックスに入団した。

しかし、せっかく指名されたにもかかわらず契約で揉め、結局セルティックスでプレーすることはなく、トレードでミルウォーキー・バックスに放出され、バックスでキャリアをスタートさせた。

父親同様シュートの精度は素晴らしく、スリーポイント成功率が4割を超えたシーズンが14年で5回もあるが、レギュラーを獲得するには至らず、もっぱら控えとして選手人生を過ごした。

1995年にゴールデンステート・ウォリアーズに移籍したのを皮切りにアトランタ・ホークス、ロサンゼルス・レイカーズと渡り歩き、1998-1999シーズンにサクラメント・キングスに落ち着いた。

キングスでも控えであったが、プレーオフに強いということがわかるとプレーオフでは積極的に器用されるようになり、プレーオフでは2年連続で平均20分のプレイタイムを獲得した。

2001年にデトロイト・ピストンズに移籍。ピストンズでもプレーオフでは高いポテンシャルを見せ、2002年の1回戦第1戦、トロント・ラプターズ戦では3分で12得点を稼ぐ活躍を見せた。

09882003年にデンバー・ナゲッツに移籍すると、ホークス、ヒューストン・ロケッツと再びチームを渡り歩き、2006年にロケッツを解雇され現役を引退した。現在は解説者として活動している。

15年で821試合に出場しながら先発はたったの36試合、移籍すること実に8回。スーパーサブと呼ぶに相応しい選手ではないだろうか。