0990リック・バリーの4人の息子の三男、ブレントは兄弟の仲で最も素質ある選手だった。

オレゴン州立大学でプレーし、1995年にデンバー・ナゲッツが全体15位で指名。直後にロサンゼルス・クリッパーズにトレードされ、クリッパーズでキャリアをスタートさせた。

父や兄弟同様のシューターでありながら優れたパサーであり、ダンカーでもあるという万能選手で、1年目から44試合に先発し、平均10.1得点、2.9アシスト、1.2スティールという好成績を記録した。

さらにスラムダンクコンテストに出場し、フリースローラインから踏み切ってダンクを決め、白人として同コンテストを初制覇する快挙も達成し、オールルーキーセカンドに選ばれた。

しかし、その能力の割に先発の機会を得ることができず、控えとしてマイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズとチームを渡り歩いたが、1999-2000シーズンにシアトル・スーパーソニックスに移籍すると、ついにブラントは本格化した。

1年目から80試合中74先発を果たし、平均11.8得点、4.7リバウンド、3.6アシスト、1.3スティールを記録。翌シーズンは大学の先輩にあたるゲイリー・ペイトンの控えになったものの、その後はポジションを転々としながら先発をつづけた。

本職はSGであるが、パスセンスや視野の広さを生かしてPGをやれば長身で他のPGを圧倒でき、さらにやろうと思えばSFもできるなど、この時期につぶしのきく選手に成長していった。

0989平均アシストが5を超えるシーズンも複数あるなど、ソニックスの中心として活躍していたが、2003年にサンアントニオ・スパーズに移籍した。

スパーズでは2005年と2007年にリングを獲得し、3例しかいない父子での優勝を達成。控えに戻ったものの依然チームの中心として活躍をつづけた。

2008年に父リック、兄ジョンに次いでヒューストン・ロケッツに移籍したものの、満足な成績を残せず、1シーズンで解雇。そのまま同年を持って現役を引退した。現在は解説者を務めている。

リック兄弟で一番成功したのがこのブレントである。父子殿堂入りも夢ではないかもしれない。