0996ジュニアチームでは際立った成績を残せていなかったコナチャーだったが、1937-1938シーズンに14試合で23ポイントを稼ぐ活躍を見せるとNHLから注目され、1938-1939シーズンにボストン・ブルーインズに入団した。

1年目から爆発的得点力を見せ、47試合でリーグトップの26ゴール、37ポイントを記録。現代では大した数字ではないが、当時としては出色の数字である。

その後4年連続で30ポイントを記録する活躍を見せたものの、戦争の影響で1941-1942シーズンをもってキャリアが途切れ、1945-1946シーズンに復帰したものの、4試合しかプレーできなかった。

しかし、翌シーズンデトロイト・レッドウィングスに移籍すると完全に復活し、60試合で54ポイントを記録した。

続く1947-1948シーズンはシカゴ・ブラックホークスに移籍して少し成績を落としたものの、1948-1949シーズンに60試合で68ポイントを稼ぎ、アート・ロス賞を獲得。始まって間もないオールスターにも選出されている。

0995その後2年続けて50ポイントを記録したものの、1951-1952シーズンは12試合しか出場できず、同年限りで現役を引退した。

引退後はジュニアチームのコーチを務め、1984年に68歳で世を去った。

1998年に殿堂入り。弟のライオネルとチャーリーも殿堂入りを果たし、三兄弟での殿堂入りを達成している。

なにぶん昔の選手なので凄さがわからない人も多いだろうが、ゴーディー・ハウがルーキーの時にレッドウィングスで9番をつけていたといえば、凄さがわかってもらえるだろうか。