4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

2B

デニー・ドイル ~Nohitter Killer~

0739モアーヘッド大学から1965年にドラフト外でフィラデルフィア・フィリーズに入団したドイルだったが、メジャーデビューは1970年と比較的遅かった。

1972年にセカンドのレギュラーに定着したが、打率.249、1HR、26打点と非力であった。

しかし、ドイルは時として恐るべきバッティングを見せることがあった。

1972年7月18日のサンディエゴ・パドレス戦、パドレス先発のスティーブ・アーリンはフィリーズ打線を沈黙させ、9回2死までノーヒットであった。

最後の打者になるかと思われたドイルだったが、勝負強い打撃を見せてシングルヒットを放ち、フィリーズの面目を守った。

さらに1970年4月18日にはニューヨーク・メッツのノーラン・ライアンから初回にシングルヒットを放った。その後ライアンはフィリーズ打線をノーヒットに抑えた。

さらにシンシナティ・レッズのゲリー・ノーランからもノーヒッターを破る2ランホームランを放っており、都合3回もノーヒッターを阻止している。

0740とはいえノーヒッターがかかる場面でしか打たないというわけではなく、1973年には打率.273を記録している。

1974年シーズンにカリフォルニア・エンゼルスに移籍。エンゼルスでは本職のセカンド以外にもサードやショートでも起用された。

1975年シーズン途中にボストン・レッドソックスにトレード。同年レッドソックスで89試合に出場。打率.310の好成績を残し、チームのワールドシリーズ進出に貢献。MVP投票で23位に入った。

その後レッドソックスでもセカンドのレギュラーを獲得して活躍。1977年に現役を引退した。

意外性の男、ドイル。現在は同じくメジャーリーガーだった兄とともに野球教室を経営している。

ビル・ドーラン ~The Rocket~

シンシナティで生まれ、マイアミ大学で活躍したドーランは、1979年にドラフト6順目でヒューストン・アストロズに入団した。

 

1982年にメジャーデビューを果たし、1983年に1番セカンドのレギュラーを獲得。抜群の選球眼と華麗な守備を武器に打率.2718HR12盗塁、出塁率.371を記録し、新人王投票で5位に入った。

 

0593ファイトにあふれ、常に全力でプレーするドーランは大の人気者で、アストロドームでは常に一番の大歓声を受けていた。

 

最初は少なかった盗塁も徐々に増加していき、1986年には自己最高の42盗塁を記録。

 

1987年にはキャリアハイとなる打率.28316HR79打点、31盗塁、出塁率.365を記録。

オールスターには選出されなかったが、どこに出しても恥ずかしくないアストロズの顔であった。

 

クレイグ・ビジオと並ぶアストロズ最高の二塁手で、守備ではビジオに勝るほどであったが、1990年シーズン途中に地元シンシナティ・レッズにトレード。レッズでもハッスルプレーは相変わらずで、ファンは同じシンシナティ出身のピート・ローズの姿をドーランに重ねた。

 

1993年にミルウォーキー・ブルワーズに移籍。同年限りで引退した。

 

0594引退後は指導者となり、カンザスシティ・ロイヤルズ、レッズのコーチを歴任。現在はレッズのディレクターを務めている。

 

アストロズの同僚であったノーラン・ライアンとは親友で、息子にライアンと名付けたほどであった。

 

ちなみにそのライアンも野球選手となり、2009年にはレッズのマイナーでプレーした。

ダグ・フリン ~Midnight Massacre~

05781971年にシンシナティ・レッズにドラフト外で入団し、1975年にメジャーデビューを果たしたフリン。当時から守備には目を見張るものがあり、レッズではもっぱら内野の守備要員であった。

 

当時MLB最強を誇ったビッグレッドマシンの守備要員として19751976年と世界一を経験。このまま便利屋として生きるのも一興だったが、フリンの人生は1977年に大きく変貌を遂げる。

 

当時、ニューヨーク・メッツには大投手トム・シーバーが君臨していた。高齢ではあったがまだまだやれるというのが世間一般の見解であった。

 

しかし1977年、当時のトレード期限ぎりぎりの615日にレッズと41の大型トレードが成立。これが悪名名高い” Midnight Massacre(真夜中の虐殺)”という事件である。

 

シーバーはレッズで大活躍を見せ、トレードは大失敗に終わったというのが一般的だが、交換相手の若手選手達もニューヨークで奮闘した。

 

その中でもフリンは最も成功したといってもいい。打率は二割台前半と打撃は非力だったが、華麗な守備を武器にセカンドのレギュラーを獲得。1980年にはなんとゴールドグラブ賞を獲得した。

 

0577しかし、1981年にテキサス・レンジャーズにトレード。レンジャーズでは控えに回ったものの、守備は健在で、チームになくてはならないスーパーサブとなった。

 

1982年シーズン途中にモントリオール・エクスポズにトレード。

 

エクスポズでは本職のセカンド以外にもショートも頻繁に守り、レギュラーとして活躍した。

 

1985年シーズン終了後にエクスポズを解雇され、デトロイト・タイガースに移籍。しかし開幕前に解雇され、そのまま現役を引退した。

 

フリン以外の選手もかなりの活躍を見せている。決して高い買い物ではないと私は思う。

ティート・ファンエス ~Cuban Tito~

0536キューバで生まれたファンエスがサンフランシスコ・ジャイアンツと契約したのは1962年、18歳の時であった。

 

折しもキューバ危機直前のことであり、これ以降キューバ人選手は亡命せねばMLBと契約できないようになった。

 

1965年にメジャーデビュー。当初はショートで起用され、1966年には打率.261を記録し、新人王投票で3位につけた。

 

1967年にはセカンドのレギュラーに定着したものの、打率.209と不調を極め、1968年にはシーズンをマイナーで過ごした。

 

1969年に何とかメジャーに復帰し、1970年まで内野を転々としながら過ごした。

 

1971年にセカンドに再定着し、打率.273を記録。31敗で敗れたピッツバーグ・パイレーツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦に決勝2ランを放ち、パイレーツに一矢報いた。

 

1971年、1972年ともにナ・リーグのセカンドで最多のエラーを喫してしまったが、1973年は絶好調で、ナ・リーグの二塁手記録となる守備率.993をマーク。自己最高の66打点も記録し、MVP投票で20位に入った。

 

1975年にトレードでサンディエゴ・パドレスに移籍。移籍1年目に打率.280を記録するなど活躍し、1977年にFAでデトロイト・タイガースに移籍した。

 

0535タイガースでは自己最高の打率.309を記録したが、ルー・ウィテカーの台頭から1シーズン限りで解雇され、モントリオール・エクスポズと契約したものの、開幕前にふたたび解雇された。

 

結局無所属で開幕を迎え、6月にオークランド・アスレチックスと契約したが、14試合で打率.140に終わり、同年限りで現役を引退した。引退後はサンフランシスコで解説者を務めている。

 

キューバ革命以後キューバではプロ野球が廃止され、現在も選手たちは準公務員として安い給料でプレーしている。

 

亡命せずに正規の手続きでアメリカに渡り、多額のサラリーを得ることができたファンエスは幸せ者である。

デイビー・ロープス ~Best stealer~

0447カーボベルデ系の両親の間に生まれ、1968年にドラフト2巡目でロサンゼルス・ドジャースに入団したロープスは、1972年にメジャー初昇格を果たした。

 

スピードとパワーを併せ持った二塁手として売り出し、1973年から一番セカンドに定着。打率.2756HR36盗塁を記録。新人王投票で6位につけた。

 

バッティンググローブを打撃ではつけず、塁に出てからつける変わり種だったが、党対技術は筋金入りで、19751976年ともに盗塁王を獲得。1975年には38連続盗塁成功という当時のMLB記録を樹立。数字以上の恐ろしさを持った選手であった。

 

1978年には打率.27817HR47盗塁でオールスターとゴールドグラブ賞に初選出。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでも敗れながらも2盗塁を記録した。

 

1979年には自己最高の28HRを記録。1980年には打率.25110HR23盗塁と数字を落とし、1981年にはさらに成績を落とし、58試合で打率.201と最悪の成績に終わったものの、ポストシーズンで復活。打率こそ低いものの、16試合で10盗塁を荒稼ぎし、チームの世界一に貢献した。

 

1982年にオークランド・アスレチックスに移籍。移籍1年目に28盗塁を記録するものの、同僚のリッキー・ヘンダーソンが138盗塁というとてつもない成績を残したため目立たなかった。

 

しかし、ヘンダーソンは移籍してきたロープスから盗塁についての多くを学んだという。

 

04481984年シーズン途中にシカゴ・カブス、1986年シーズン途中にヒューストン・アストロズに移籍し、1987年に現役を引退した。

 

その後は指導者の道を歩み、オリオールズ、パドレスの一塁コーチを歴任。

 

2000年にミルウォーキー・ブルワーズの監督に就任するが、今一つの成績に終わり、2002年に解任された。

 

その後パドレス、ナショナルズ、フィリーズの一塁コーチを歴任。一塁コーチとしての技術は最高で、フィリーズではMLB記録のチーム盗塁成功率87.9%をマーク。ストップウォッチを片手にコーチボックスに立つ姿はMLBのちょっとした名物であった。

 

2011年からドジャースの一塁コーチに就任。現在に至る。

 

通算557盗塁は歴代25位にすぎないが、成功率は83.7%に達している。最高のベース・スティーラーの呼び声も高い。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スマートパス
4大スポーツ列伝 MLB、NFL、NBA、NHLの四大スポーツの選手を紹介しています。フォロー、リンク、リクエスト大歓迎です。
最新コメント
H.I.S.
U-NEXT
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ