4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

OG

アラン・ファニーカ ~Show Window~

0967フットボールはラインマンのぶつかり合いから始まる。それゆえラインマンはフットボーラーの中でも最も頑強な人種のはずである。

しかし、何事にも例外はある。アラン・ファニーカはまさに例外である。

ニューオーリンズで生まれ、ハイスクールでは陸上とフットボールでレターマンだったファニーカだが、体が弱く、15歳からてんかんの発作を起こすようになり、薬で発作を抑えることでフットボールをプレーしていた。

ルイジアナ州立大学に進み、1996年にはオールアメリカンに選ばれるなど活躍。ラストイヤーとなった1998年にはシーズン通じて1サックしか許さなかった。

同年全体26位でピッツバーグ・スティーラーズに入団。シーズン途中から先発に定着し、12先発。チーム新人王を獲得した。

故障が多く、若いころには先発を外れることがしばしばあったが、ランブロックに優れ、ジェローム・ベティスのブロッカーとして活躍を後押し。2001年にはプロボウルとオールプロに初選出された。

しかし同年のオフに右手首を故障し、プレシーズンを全休。2003年には故障の関係でLGだけでなくLTでもプレーするなど、欠場こそないものの故障がちな体質は変わらなかった。

ほぼ毎年プロボウルとオールプロに選ばれ続け、2005年にはスーパーボウルを制覇。2007年の第16週、ラムズ戦ではベン・ロスリスバーガーのレーティング158.3の大活躍を後押しするなど輝かしい活躍をつづけた。

2008年にはスティーラーズの75周年記念チームに選ばれたが、同年オフにニューヨーク・ジェッツに移籍。5年4000万ドルというOLとして史上最高額の契約を結んだ。

0968たぐいまれな技術と経験を活かしてジェッツライン人のリーダーとして活躍。ジェッツランオフェンスは劇的な進歩を遂げ、2009年シーズンは20ラッシングTDを記録。4勝12敗から9勝7敗まで成績を向上させた。

翌2009年シーズンは2756ヤード、21TDとさらにランオフェンスを向上させ、9勝7敗でワイルドカードを獲得。カンファレンスチャンピオンシップゲームまで進出した。

しかし、ジェッツはドラフト2巡目で同じラインのブラッド・デュカッセを指名。その影響でファニーカはカットされてしまった。

結局アリゾナ・カージナルスに移籍し、全試合に先発したものの、往時ほどの活躍を見せることはできず、同シーズンを持って現役を引退した。

故障に悩まされた現役時代だったが、プロボウル9回、オールプロ9回を数える功績は、いかにテクニックに優れていたかの証明であろう。

ボブ・カルス ~闘牛~

0735オクラホマ大学でオールアメリカンに選ばれたカルスは、1968年にドラフト9巡目でバッファロー・ビルズに入団した。

下位での指名であったが1年目からRGとして14試合に出場して9先発。チーム新人王に選ばれる活躍を見せた。

次代のビルズライン陣を担う存在として将来を嘱望されたが、余はベトナム戦争の渦中にあり、カルスは予備役将校としての義務を果たすために陸軍に入隊した。

少尉として第101空挺師団に配属され、ベトナムに赴き、作戦にあたっていたが、1970年7月21日、作戦中に迫撃砲による砲撃を受け、25歳にして還らぬ人となった。

カルスはベトナム戦争っで命を落とした唯一のプロフットボーラーであり、その死は全米に衝撃を与えた。

カルスが遺した妻と二人の子供はカルスのことを尊敬しており、その死にざまについて語ることはほとんどないという。

07362000年にビルズの殿堂入り。カルスの半生を描いたドキュメンタリー映画がエミー賞にノミネートされ、さらにイラクにある前線基地の一つには"カルス"の名が冠されている。

そのほかにも母校デルシティーハイスクールのホームスタジアムが"カルススタジアム"と名付けられるなど、母国のために命を失った英雄の名誉は、死してなおたたえられている。

ランドール・マクダネル ~The Power~

0601アリゾナ州立大を同大初のローズボウル制覇に導き、パワーリフティングではデッドリフトのNCAA記録を樹立したマクダネルは、1988年に全体19位でミネソタ・ヴァイキングスに入団した。

 

ルーキーイヤーからLGのポジションをつかみ、15試合に先発。オールNFCセカンドに選ばれた。

 

NFLでも屈指のパワーの持ち主で、ランブロッキング、パスプロテクション、リードブロック、何をやらせても一流で、ゴールライン近くではFBとしても起用された。

 

1989年は14試合の出場に終わったものの、初のプロボウルに選出。チームも地区優勝を達成した。

 

その後2000年までプロボウルに12年連続で選出され、オールプロにも7回選出。NFL最高のガードは間違いなくマクダネルであった。

 

ガードでありながら有資格ポジションでもしばしば起用され、2000年にはなんとレシービングTDを記録。チームも地区優勝を達成した。

 

しかし、2001年シーズンは全試合に出場したもののプロボウルに選出されず、同年限りで現役を引退した。

 

0602欠場は1989年の2試合だけで同年から引退まで続いた202試合連続出場はNFL歴代11位である。

 

引退後はミネソタで地域貢献活動に身を投じており、2006年にヴァイキングス、2008年にカレッジフットボール、2009年にプロフットボールの殿堂にそれぞれ殿堂入り。フットボーラーの頂点に上り詰めた。

 

さらに90年代のオールディケードチームにも選ばれ、時代を代表するラインマンの座を不動のものにしている。

ジョン・ハナ ~Greatest Lineman~

0555父のハーバートと弟のチャーリーもNFLOLというラインマン一家に生まれたハナは、OTとしてアラバマ大学に進学。19711972年とオールアメリカンを受賞した。

 

名将ポール・ブライアントいわく今まで見た最高のラインマンの評価を引っ提げ、1973年に全体4位でニューイングランド・ペイトリオッツに入団した。

 

入団後にOGにコンバートされ、1年目からLGのポジションを獲得。最終戦以外13試合にフル出場した。

 

身長188センチとラインマンとしては小柄だったが、それを補って余りある技術と俊敏さを持っており、ランプレーのブロッカーとして活躍。

 

LTのレオン・グレイ、TEのラス・フランシスとの左サイドは鉄壁で、チームは1978年にNFL記録の3165ラッシングヤードを稼いでいる。

 

故障も少なく、13シーズンのキャリアで欠場はわずかに5試合。そのうち3試合は契約の問題からホールドアウトで欠場したものであった。

 

0556長きにわたってペイトリオッツラインの要として仲間を守り続け、1985年には地区優勝を達成。スーパーボウルに進出したが、シカゴ・ベアーズに敗れ、それを花道に現役を引退した。引退後は高校のコーチを少し務めている。

 

プロボウル9回、オールプロ10回、70年代、80年代のオールディケードチーム、NFL75周年記念チームに加え、1991年には殿堂入りを果たし、さらに背番号73は永久欠番である。

 

チャンピオンリングは手にできなかったが、NFL史上最高のOLの呼び声も高い

ブラッド・ブッディ ~伝説のラインマン~

0287ドラフト1巡で指名され、オールプロに選出されたこともある一流のフットボーラー、エド・ブッディを父に持つサラブレッド、ブラッド・ブッディの名はUSCフットボール史に今なお燦然と輝いている。

 

戦後初めて1年目からスターティングメンバーに名を連ね、1979年にはオールアメリカンとビンス・ロンバルディ賞を受賞するなど、輝かしい成績を残し、3回もローズボウルに先発している。

 

1980年に全体11位でカンザスシティ・チーフスに入団。親子で1巡指名を受けたのはブッディ親子が初であった。

 

1年目から控えとして16試合すべてに出場し、3先発。さらにラインマンでありながらKRも務め、3回のリターンで28ヤードをリターンしている。

 

2年目からLGのレギュラーに定着し、16試合すべてに先発。チームも久々に勝ち越した。

 

0286その後も活躍を続け、1986年にはワイルドカードで初のプレーオフに進出。これを花道に同年限りで引退した。

 

引退後はUSCに戻り、理学療法を学び、理学療法士として働いたり、ハイスクールやカレッジのコーチを務めたりする傍ら、虐待児童を救う活動に熱心に取り組んでいる。

 

フットボール史に大きな足跡を残した偉大なラインマン、ブッディ。1998年にカレッジフットボールの殿堂入りを果たしている。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ