4大スポーツ選手列伝

MLB、NFL、NBA、NHLの4大スポーツの選手のエピソードを紹介していこうと思います

RB

ショーン・アレキサンダー ~大切な仲間~

0977ハイスクールで3年間通算6657ヤード、110TDという虚位的な成績を残し、多くの大学からオファーを受けたアレキサンダーだったが、兄がブラスバンドをしているノートルダム大学と最後まで悩んだ末に、温暖な気候を理由にアラバマ大学に進学した。

大学でもハイズマン賞候補に選ばれるなど素晴らしい成績を残し、2000年に全体19位でシアトル・シーホークスに入団した。

1年目はリッキー・ワターズの控えとしてプレーし、313ヤードしか走れなかったものの、翌シーズンワターズが引退すると正RBとなり、1318ヤード、リーグトップの14ラッシングTDを記録。オークランド・レイダーズ戦ではチームレコードの226ヤードを走るなど、一躍シーホークスオフェンスの中心に上り詰めた。

その後もシーホークスが誇る強力ラインに守られて好成績を上げ、2003年にはプロボウルに初選出された。

続く2004年にはニューイングランド・ペイトリオッツのカーチス・マーチンとリーディングラッシャー争いを展開し、最終戦を前にしてマイク・ホルムグレンHCにボールキャリーの機会を増やしてくれるように直訴したが却下され、惜しくも1ヤード差で敗れた。

これで発奮したのか、2005年はリーグトップの1880ヤード、NFL記録の27ラッシングTDを記録し、MVPに選出。チームのスーパーボウル進出の原動力となった。

オフにRB史上最高額となる8年6200万ドルの契約を結び、マッデンNFLのカバーに選ばれるなどバラ色のオフを過ごしたが、プロボウラーOGのスティーブ・ハッチソンの移籍でラインが弱体化したこともあってか開幕3試合目で左足を骨折。戦線を離脱した。

結句よくこのシーズンは896ヤード、7TDと先発定着以来自己最悪の成績に終わり、マッデンの呪いに引っかかった形となった。

0978翌シーズンはセンターのロビー・トベックが引退。ラインがさらに弱体化し、開幕戦にアレキサンダー自身も左手首を骨折。前年よりさらに成績を落とし、翌シーズン開幕前にシーホークスを解雇された。

同年10月にワシントン・レッドスキンズと契約したものの、全盛期の姿は見る影もなく、そのまま解雇され、現在に至るまで移籍先を探しているが、契約には至っていない。

ラインが弱体化するにつれて成績を落としていくアレキサンダーの姿は、ラインがいかに大切かを教えてくれた気がする。

バリー・サンダース ~雷神~

0970ハイスクールではそれなりの活躍をしたものの、小柄だったことからあまり奨学金のオファーを得ることができなかったサンダースは、数少ないオファーの中からオクラホマ州立大学を選び、入学した。

当初はサーマン・トーマスの控えであったが、トーマスがプロ入りした1988年に先発に定着すると、NCAA記録となる2850ヤード、42TDというとてつもない成績を残し、トロイ・エイクマンを抑えてハイズマン賞を受賞。同年全体3位でデトロイト・ライオンズに入団した。

ライオンズは当初ディオン・サンダースの指名を検討していたが、デトロイトでのプレーを嫌がっていたディオンは拒否を考えており、ウェイン・フォンテスHCの進言もあってばりーを指名した。

とはいえ天然芝のフィールドでは活躍できないのではという懸念があり、さらに契約が遅れてキャンプに参加できなかったが、サンダースのポテンシャルは群を抜いていた。

身長173センチにもかかわらず体重が93キロあるのは足が異常なまでに太いせいで、重心が低く、爆発的な加速力とクイックネスでフィールドを疾走。シーズン通して1470ヤード、14TDを走る大活躍で新人王を獲得。プロボウルとオールプロにも選ばれた。

翌1990年シーズンには1304ヤードを走ってリーディングラッシャーとなり、1991年には16TDで最多TDを記録。フランチャイズレコードの12勝を挙げて地区優勝を達成し、弱小ライオンズを一躍プレーオフの常連に仕立て上げた。

脆弱なライオンズラインを問題とせず、一人の力で距離を稼いでしまうサンダースはライオンズにとってかけがえのない宝であり、サンダースなしでは90年代前半のライオンズは成り立たなかったといってもいい。

0969その後しばらく低迷したものの、1994年には1883ヤードを走ってリーディングラッシャーとなり復活。最優秀攻撃選手に選ばれた。

その後4年連続で1500ヤードを走る快挙を達成し、特に1997年には歴代3位の2053ヤードを走り、ブレット・ファーブとともにMVPを受賞。90年代最高のRBの名を不動のものとした。

しかし、この頃から練習や勝利への意欲を巡ってチームと対立するようになり、1998年に1491ヤード、4TDと自己最低の成績に終わると、翌シーズン開幕前に引退を表明。ウォルター・ペイトンの持つラッシングヤード記録に1500ヤードまで迫っての引退であった。

まだ4年も契約が残っていたため、サラリーの一部を巡って球団と裁判沙汰となり、550万ドルの支払いを命じられるなど、晩節を汚す形になってしまったのが悔やまれる。

だが選手としての実績はずば抜けており、15269ラッシングヤードは歴代3位、1試合当たり99.8ラッシングヤードは2位となっており、2004年には殿堂入りを果たしている。

デトロイトのスピードスターサンダース。背番号20はライオンズの永久欠番である。

マーシャル・フォーク ~羊馬~

0971ニューオーリンズで生まれたフォークは、サンディエゴ州立大学で1429ラッシングヤードの1年生記録を樹立。オールアメリカンに3回選ばれ、NCAA歴代8位となる通算62TDを記録。1994年に全体2位dえインディアナポリス・コルツに入団した。

1年目からたぐいまれなスピードとレシーブ能力を披露し、1282ラッシングヤード、52レシーブで522ヤードを記録。攻撃新人王とプロボウルMVPを同時に獲得する快挙を達成した。

翌シーズンも1078ヤードを走る活躍を見せたが、プレーオフで首を故障。AFCチャンピオンシップゲームを欠場し、ランオフェンスの要を欠いたコルツはピッツバーグ・スティーラーズに敗れた。

翌シーズンはかかとの故障で13試合、587ラッシングヤードと不本意な成績に終わったものの、1997年シーズンには復活。続く1998年シーズンには1319ラッシングヤード、86レシーブ、908ヤードでリーグトップの計2227ヤードを記録した。

しかし、若返りを図るチーム方針の影響で翌シーズン開幕前にセントルイス・ラムズへトレード。本人いわく"何かの誤解"というほど衝撃的なトレードであった。

7年4520万ドルというラムズ史上最高額の契約を結んで迎えたシーズン、カート・ワーナーとともにラムズ大躍進の両輪となり、1381ラッシングヤード、RBの最高記録となる1048レシービングヤードの計2429ヤードでNFL記録を更新。スーパーボウル制覇の原動力となった。

0972翌シーズンは故障で2試合欠場したにもかかわらず、リーグトップの18TDラン、8TDレシーブでNFL記録の計26TDを記録し、MVPを受賞。2001年シーズンもワーナーに次ぐ2位の得票を得て、ラムズ黄金時代の象徴となった。

しかし、その後は故障と年齢から衰えが激しくなり、2006年にはシーズンを全休して解説者として活動。結局復帰することはなく、2007年に引退を表明した。

通算19154ヤードは歴代4位であり、10000ラッシングヤード、5000レシービングヤードは他にマーカス・アレンとティキ・バーバーしか達成していない。

背番号28はラムズの永久欠番となり2011年には殿堂入りを果たしている。

コーリー・ディロン ~Drag Star~

0948ハイスクールではフットボールでオールアメリカンに選ばれた他、バスケットではオールステートに選ばれ、野球ではキャッチャーとしてサンディエゴ・パドレスから指名を受けたディロンは、フットボールの道を選び、ガーデンシティ短大に進学した。

ルーキーイヤーから1651ヤード、16TDを記録して頭角を現し、翌シーズンはディキシー州立短大に転向。1999ヤード、20TDを走る圧倒的成績を残し、短大の最優秀オフェンシブバックスに選ばれた。

翌シーズンはワシントン大学へ進み、1996年には1695ヤード、24TDの成績を残し、大学記録を更新。NCAAタイ記録となる1クォーター305ヤードランも記録した。

1997年にドラフト2巡目でシンシナティ・ベンガルズに入団。1年目から1129ヤード、10TDを記録。テネシー・オイラーズ戦ではルーキーレコードとなる246ヤードを走るなど、一気にベンガルズオフェンスの中心となった。

ひとたび調子に乗ると止められない爆発力の持ち主で、ベンガルズでは6年連続で1000ヤードランを達成。1999年から3年連続でプロボウルに選出されるなど、低迷にあえぐベンガルズの数少ない希望の星であった。

2000年には1435ヤードランを記録し、デンバー・ブロンコス戦では当時のNFL記録となる1試合278ヤードランを記録。ベンガルズのみならずNFLを代表する素晴らしいRBであった。

しかし2003年には故障で13試合の出場に終わり、541ヤードで1000ヤードランを逃した。

ディロンの故障を受けてベンガルズはドラフトでルディ・ジョンソンを指名。ディロンは解雇され、ニューイングランド・ペイトリオッツに移籍した。

移籍1年目は15試合の出場ながらキャリアハイとなる1635ヤード、12TDを記録。プロボウルに返り咲くとともに、チームのスーパーボウル制覇に大きく貢献した。

0947その後は年齢もあってフル出場はできなくなったものの、ここぞという場面で必ず起用され、2005年には733ヤードながら12TDを記録。

翌シーズンもローレンス・マロニーとの併用で812ヤードに終わったが、キャリアハイとなる13TDを記録。同年を持って現役を引退した。

余力を残しての引退であり、ベンガルズやタンパベイ・バッカニアーズでの復帰もささやかれたが、そのまま現役を引退した。

通算11241ラッシングヤードは歴代17位、82TDは16位の大記録である。

引退後は西海岸で悠々自適の生活を送っていたが、2010年に妻へのDVの容疑で逮捕されている。

ティキ・バーバー ~Giant Step~

0883バージニア大学で活躍し、1997年にドラフト2巡目でニューヨーク・ジャイアンツに指名されたバーバーだったが、身長178センチとあまりに小さく、ファンブルが多いという難点があったため、3rdダウン専用のRBとして最初は起用された。

1999年にはPRとなり、44リターンで506ヤード、1TDを記録。さらにKRで266ヤード、ランで258ヤード、パスレシーブで609ヤードの計1639ヤードを稼ぎ、一躍名を売った。

翌シーズンからはRBとしてもスターターの座を勝ち取り、1006ヤード、8TDを記録。さらに70レシーブで719ヤード、1TD、39PRで332ヤード、1KRで28ヤードを稼ぎ、チームのスーパーボウル制覇に大きく貢献。オフに6年の長期契約を勝ち取り、"ニューヨーク一の幸せ者"を自称した。

売りは縦横無尽のクイックネスとパスレシーブの能力で、ランで1000ヤード以上、レシーブで500レシーブ以上を同時に記録するジャイアンツオフェンスの稼ぎ頭であった。

2002年からはPRを辞めてRBに専念し、ランで1387ヤード、11TD、レシーブで597ヤードを記録。しかし一方で9ファンブルを喫し、いまいち安定感に欠けるところがあった。

しかし、2004年シーズンに就任したトム・コーグリンHCの指導のもと、ラグビーを参考にボールの持ち方を変えるとファンブルが減り、ランで1518ヤード、13TD、レシーブで578ヤード、2TDを記録してファンブルは3。総獲得ヤードは2096ヤードに達し、リーグ最多を記録。プロボウルに初選出された。

しかし、バーバーはコーグリンのコーチングを快く思っておらず、しばしば二人は対立した。

ともあれ30手前でバーバーは全盛期を迎え、2005年にはランで1860ヤード、9TD、レシーブで530ヤード、2TDを記録。総獲得ヤードは2390ヤードに達し、マーシャル・フォークに次ぐ歴代2位の記録を樹立。プロボウルに加えてオールプロにも選出された。

0884翌シーズンもランで1662ヤード、レシーブで465ヤードを稼ぎ、プロボウルに選出されたものの、年齢もあって気持ちが前に行かなくなり、同年限りで現役を引退した。

17357通算獲得ヤードは歴代12位、10449ラッシングヤードはチームレコードとなっている。

引退後は解説者として人気を博し、劇俳優としてミュージカルに出演するなど幅広い活動を展開していたが、離婚問題で人気を落とし、解説者としての地位を失ってしまった。

そのことから2011年シーズンにカムバックを表明。トレーニングを行っていると報じられたが、今のところ獲得の意思がある球団はないという。

いくらなんでも5年のブランクは長いが、双子のロンデは今でもバッカニアーズでプレーしている。可能性はあるかもしれない。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
プロフィール

ballgamer

当ブログについてご意見、感想、苦情、あるいはリクエストなどございましたら、コメント欄までよろしくお願いいたします
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ